タグ「富士山」が付けられているもの

二十曲峠、忍野、山中湖の秋の風景

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

河口湖でコキアを撮影した後に移動しながら、二十曲峠、忍野、山中湖の秋の風景を撮影します。

二十曲峠
二十曲峠 ススキがいい感じでした。撮影終えてくだろうとすると、園児を乗せたバスが来るから駐車場で待機していてくれ(すれ違えない)というので協力しました。

忍野にて
忍野にて 忍野から花の都公園に続く直線道路にて

山中湖では紅葉が始まっていました
山中湖では紅葉が始まっていました 標高が1000mの山中湖。紅葉が早いです。

いざ御殿場へあc
山中湖では紅葉が始まっていました 山中湖から篭坂峠を越えて御殿場に入ります。

少しずつ仕事モード

芝川(富士宮市)に富士山とアサギマダラを撮りに行く(芝川の秋 1/3)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

この日は本当は、河口湖で富士山とコキアを撮るつもりでした。気合を入れて3時におきて、インターネットをタブレットで見ると曇っています。「・・・」もう1時間寝て様子をみることに4時半に起きてみると「・・・」朝霧高原だけよさそうです。仕方がないのでストレッチとスクワットを終えて4km走りました。走っているうちにFacebookの記事の中に「興徳寺でアサギマダラ」というのがあったことを思い出しました。

家につくと妻が「行かなかったの?」と聞くので、「今から出る」と答えました。今なら道路も空いているのでちょうどいいはず。運がよければ富士山とアサギマダラが撮れるはず。

国道1号→興津から国道150号。洪水の影響もなくなっていました。途中の内房(うつぶさ)から芝川です。
内房、刈穂の風景
内房、刈穂の風景 興徳寺までの道すがら富士山を撮ります。

棚田の風景
棚田の風景 この棚田は芝川から柚野(旧芝川町)へ向けて坂を上るのですが、そこにある棚田。右下に柿の木がありました。

ススキ越しの秋
ススキ越しの秋 目の前の山の下が富士宮市です。左に坂を登れば田貫湖や白糸の滝。

柿の木と富士山
柿の木と富士山 秋らしい風景が撮れました。


10/3 大朝焼けを撮るために車で市内を撮影する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日曜日の朝起きて、空はあまり芳しくない状態でした。念のため、ストレッチとスクワットをしながらネットをチェックすると。空が焼ける予感がします。
失敗しました。予測できなかった。日本平も間に合いそうもありません。富士山がしっかり撮影できそうな身近なポイントリストを頭の中から呼び起こし、車に機材を積み込んでエンジンをかけます。

日本平方面の空
日本平方面の空 最盛期はもっと焼けていました。結構信号機に捕まったのがいたいです。

長沼陸橋の上からの静岡市街と富士山
長沼陸橋の上からの静岡市街と富士山 最初に思い出したのがここ。そこで、ファミレスの駐車場があいていたのでそこに車を納めて陸橋を徒歩で登って歩道から撮りました。

いつもならあきらめていたのですが、このポイントで撮る方法はないかなとか記憶しておいてよかった。家から自動車なら10分~15分でこれます。
もう1か所やってみたい場所があったので、車通りの少ない朝のうちに下見をすることに。

沓谷愛宕霊園です
沓谷愛宕霊園です いつもとおる北街道と1本通りを外れるためあまりしっかりチェックしていなかったが、意外に駐車しやすいのでびっくりです。
特に最上段は桜もあることから、桜の時期に来てみてもいいかなとおもいました。

ピンク色のヒガンバナ
ピンク色のヒガンバナ ここのヒガンバナは遅いらしく、さき始めでした。

三重塔と富士山
三重塔と富士山 以前、戸塚さんと来て以来訪れていなかったのですが、一応、それっぽく撮れます。

なるほど、困ったらここにこよう。すぐくこれるし。

10/26 国師ケ岳登山 3/4((下山編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

国師ケ岳からの下山をお話ししましょう。
国師ケ岳(2592m)からいったん、くだって、木道をもう一度登ると前国師岳(標高2570m)に到達します。
前国師岳山頂
前国師岳山頂 ここからハードな下りがあります。岩場をがつがつと下る。

前国師岳からは真正面に南アルプスの山々が現れます。
前国師岳からは真正面に南アルプスの山々が現れます。 

前国師岳からの富士山
前国師岳からの富士山 前国師岳からの富士山は国師ケ岳に少し隠される感じです。この岩場に登山中はだまされてルートを見失いました。

ここからやや下ると夢の庭園という場所が現れます。何が庭園なのかは不明ですが。
夢の庭園からは金峰山(きんぷざん)のオベリスク(岩の頂上)がみえます
夢の庭園からは金峰山(きんぷざん)のオベリスク(岩の頂上)がみえます 登山家はあこがれるのでしょうね。国師とこちらを1日で制覇される方がいるそうですが、私には無理です

シロキクラゲ
シロキクラゲ このあたりは湿気ているのかキノコが多かった。

駐車場に降りてきほっとしました。
駐車場に降りてきほっとしました。 これから上る方々が準備をしています。

自分はおなかがすいたので朝食を作って食べます

10/26 国師ケ岳登山 2/4((富士山編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

国師ケ岳登頂に成功した私は、夜空を撮影して富士山の登場を待ちました。少しずつ、雲が飛んで富士山が見え始めます。

夜景から日の出までの動画を撮りました。
未明の富士山
未明の富士山 朝焼けが静かに近づいています。

光さす
光さす 太陽の光が山肌にあたりはじめます。とても良い時間です。

日の出
日の出 太陽の力は偉大です。今までの寒さが吹き飛んでゆきます。

国師ケ岳2592m
国師ケ岳2592m 撮影終えて、ぶどうパンをたべてから下山を始めます、

無事に降りるまでが登山。

富士市浮島釣り堀公園で新幹線と富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

富士川楽座の撮影のあと、富士市と沼津市との境にある。浮島釣り堀公園にゆき車を駐車させます。

浮島釣り堀公園
浮島釣り堀公園 今日の狙いは新幹線と富士山です。


新幹線と富士山の動画です。

のぞみ号疾走
のぞみ号疾走 黄金色の田園風景をのぞみ号が疾走します。

刈穂の田と富士山
刈穂の田と富士山 日本の秋ですね。収穫時期です。

満足して帰りました。

早朝3時半に起きて、大朝焼けを撮る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

早朝3時半に起きて、富士山撮影にゆきました。普段9月前半は撮影するものがなくなる時期。でも「あるアイデア」があって撮影に出ました。

富士川楽座
富士川楽座の裏山 ある撮影家から教えていただきました。初めての場所です、もしかすると楽座の観覧車が絵になるかもしれない。最悪でも東名高速道路のヘッドライトがいい味だすはずです

動画です、撮影現場まで、そして朝焼けのタイムラプスをお楽しみください。

駿河湾の朝焼け
駿河湾の朝焼け 真っ赤に東の空が焼けました。

大焼けの朝
大朝焼けの朝 真っ赤に焼けました。さすがに朝だったので大観覧車の明かりはなかったですが満足です。


次の撮影場所にゆきます。

8/27 陣馬の滝とチカラシバ富士

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖でダイヤモンド富士撮影の後、数キロ圃場させて、チカラシバと富士山の撮影に向かった。

チカラシバの野と富士山
チカラシバの野と富士山 昨年もこの地にきて撮影した記憶があります。この地のチカラシバも刈り取られていました。唯一残っている野をみつけて撮影。

その後、帰り際に陣馬の滝によりました。

そのおりの動画をどうぞ。

陣馬の滝は意外にも10台程度の車が駐車。川遊びをする家族もいました。
川霧沸く陣馬の滝
川霧沸く陣馬の滝 朝日を浴びて、もうもうと川霧が沸き立っています。

光芒
光芒 光がさして神々しい雰囲気です。

帰宅午前8:45、自分で朝食造り、食べ、母を買い物に連れてゆきました。そして昼寝しました。

8/20 田貫湖にダイヤモンド富士を撮影に行くも雲に阻まれる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8/20 田貫湖にダイヤモンド富士を撮りにいきました。静岡市の自宅を出るときは富士宮市でも静岡市でも富士山はライブカメラで見えていました。
撮れそうだなという予感はしていました。気候も安定していますし。ただ、午後から雨というのが気にかかっていました。

朝焼けのころ
朝焼けのころ 田貫湖に到着すると、富士市等では山頂が見えていたのに傘雲になっていました。しかも真東につるし雲がある、このままいくと太陽は東から登ってくるのでダイヤモンド富士は難しい。

光彩の時間
光彩の時間 傘雲は飛びました巨大な東の吊るし雲が絶望的なくらい動きません。
午前6時10分
午前6時10分 バックライトを浴びて富士山の影富士が真上にできています。

残念ながら、最近はダイヤモンド富士を田貫湖で撮れたことないです。

8/17 朝霧高原で富士山傘雲三連発。その後、雨

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

山梨県で仕事をもらいました。午前10時までに商工会にいればよい。当然、身延線(静岡駅8:15-甲府駅10:25)では到着不可能です。よって車で動きます。
さて、気になるのは田貫湖のダイヤモンド富士ですが雨予報なので無理と分かっていました。でもまあ、ライブカメラではなぜか富士山が見えているからR139線を選択。気に入った風景を撮影しながら動く計画です。

田貫湖の傘雲、つるし雲
田貫湖の傘雲、吊るし雲 この状態ですからダイヤモンド富士は絶対無理。でも傘雲と吊るし雲が面白い。今日のテーマはこれで決定です。移動中撮り続けてやろう。
どう変化するんだろうか。

草原地帯の傘雲、吊るし雲と富士山
草原地帯の傘雲、吊るし雲と富士山 車を退避帯に収めての撮影です。撮影しているとバスが入ってきました。邪魔ですかとジェスチャー。運転手は「いやいや、違う」とジェスタy-。名刺交換しました。そして撮影の途中から雨になり始めました。

ここからR139から山梨県道75号へ。旧上九一色村(富士ヶ嶺)に向かいます。
巨大吊るし雲と富士山
巨大吊るし雲と富士山 傘雲には自分は恐怖を持たないのですが、この吊るし雲が生き物のように思えるのです。雨強くなりました。

鳴沢、河口湖経由で御坂峠を超えました。

9/15 朝焼けを予想して、日本平ホテルで富士山撮影する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

朝焼けを予想して、日本平ホテルで富士山撮影しました。

大焼けの予感
大焼けの予感 雲がスクリーンとなって焼け始めています。どきどきします。念のためにホテルフロントに撮影許可をとっておきました。「どうぞ」とのこと

清水港朝焼け空
清水港朝焼け空 富士山登山のヘッドライトや星も消えて、焼けの時間が来たようです。

perfect refrection
perfect reflection この構図を狙っていたのです。

カメラマン
カメラマン 右の方に「ホテルの許可とりました」とお伝えしたら、「あなたのブログを読んでいます」とのこと。ありがとうございます。

気持ちよく自宅に帰りました。

8/11 流星を狙う撮影旅4/5(河口湖大石公園で富士山撮影)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

花の都公園から忍野経由で山越え。河口湖大石公園へ急行しました。富士山撮影ともう一つの目標です。

コキアの秋に向けて
コキアの秋に向けて 秋に備えて植え替えが行われました。赤い燃えるような火炎がみえることでしょう。

ガウラと富士山
ガウラと富士山 白鳥草と青い富士、白い雲と湖畔のハーモニー。

花咲く湖畔
ヒモゲイトウと富士山。変わった形状ですね。

セイヨウフウチョウソウと富士山
セイヨウフウチョウソウと富士山 いつもと違う角度で撮影しました。

さあ、おなかがすきました。

8/10 流星を狙う撮影旅1/5 (満月と彩雲の撮影編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ペルセウス座流星群を撮りに8/10に仕事を終えて山中湖に向かいました。
■ペルセウス座流星群について
ペルセウス座流星群は8/12の夜から8/13にかけてピークを迎える三大流星群の1つです。しかし、天気予報は台風の影響によって雨予報でした。唯一晴が出そうな8/10夜から8/11に勝負をかけた次第です。
■場所選定について
理想は。高度が高く富士山に近い場所。ペルセウス座流星群が良く見える場所を検討しました。
 1.水ヶ塚駐車場(標高1200m)/西臼塚駐車場 登山者の車での来訪、車中泊で明るすぎて流星撮りは難しいと判断
 2.山中湖パノラマ台(標高1100m)駐車場にはトイレもあり。光害も少なくかつて何度かペルセウス座流星群の撮影に成功している。しかも、天の川と一緒に撮れたことがある

そこで、今回も山中湖パノラマ台を撮影場所として選定しました。
■当日について
午後6時半、夕食風呂をつかって、自宅を出ました。朝霧高原で雨にあいました。青木ヶ原樹海手前の富士jヶ嶺で富士山が見えました。鳴沢、河口湖、富士吉田、山中湖湖畔で富士山がみえました。パノラマ台にいってみると。霧に包まれて何も見えません。実は大月や神奈川県側から滝雲がやってきて山を越えてパノラマ台を包んだのでした。
即座に山を下ることを決意して。山中湖湖畔の長崎親水公園へ

富士山夜景(山中湖)
富士山夜景(山中湖) 富士山登山者のヘッドライトが見えます。

満月未満
満月未満 二日後に満月を控えたほぼ満月の月

動画です 動く雲、見え隠れする月。美しい彩雲です


13夜の月と彩雲
13夜の月と彩雲 満月の光を雲が受けてスクリーンとなり光を反射する。幻想的な風景が出来上がります。

ネーチャーフォトは出かけてみないとわからない世界です。



7/31 日本平で富士山の早朝撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

午前3:15におきて日本平にいってきました。

朝間詰めの清水港
朝間詰めの清水港 港が一望で来て気持ちの良い場所です。

動画はこちら。きれいですよ!

朝焼けのころ
朝焼けのころ 立木を入れて撮影してみました。

早朝のリフレクション
早朝のリフレクション ほとんど日本平の山頂にあって池のような風景を撮影できるのはうれしいことです。

撮影する二人
撮影する二人 私の到着前から撮影していたかたがた熱心ですね。

暑くなりましたが気持ちのよい朝でした。AM05:40自宅に帰り着きランニングをしました。

7/23 5年ぶりの安倍川花火2/2(祭りの後)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5年ぶりの安倍川花火の祭りの後が面白かったので、巻末として掲載します。

動画です。いけなかった方お楽しみください。

大団円
大団円 最後のスターマイン。そして、尺玉が来て花火大会は終わりです。

一端、三脚を畳んで自分の自動車に帰ります。しかし、帰れないことが分かった。山道を車が充満している。しかも、路上駐車で狭くなっているところですれ違いをしようとしています。焦っても仕方がない。そこで、もう一度、徳願寺山の花の木台ピークにいくことに。もしかすると富士山が見えているかもということもありました。

祭りの後の余韻(富士山)
祭りの後の余韻(富士山) 花火前には見えなかった富士山が見えていました。霞んでいたのでphotoshopの霞除去機能をつかい画像処理をかけています。

輝く街
輝く街 静岡市のオフィス街を撮影します。静かに見えますがまだ、帰り道を急ぐ方々がうごめいているはず。

20分程度の撮影を終えて車に戻ると渋滞は嘘のように消えました。安全にゆっくりと山を下り国道1号線に出て、家路につきました。

山原、新東名、雲海越しの富士山、夜景から日の出まで

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7月23日、土曜日早朝、静岡市の山原で撮影することに。午前3時起きして3時半集合。地元の方の先導で撮影場所へ。


まずは動画をどうぞ。

闇に浮かぶ富士山。雲動く
闇に浮かぶ富士山。雲動く 新東名、新清水ジャンクションのみえるミカン山からの撮影です。富士山の上に雲がはい回っているようです。

朝焼け来る
朝焼け来る 中部横断道がみえはじめました。左の光の帯

日の出
日の出どき 雲が焼けています。雨上がりの風景です

今日も暑くなりそうです。一度帰って寝ます。

7/2 山中湖、河口湖からの富士山 2/3(河口湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

次の目標は河口湖からのラベンダーと富士山でした。山中湖から河口湖へむかうとき、最近は忍野八海の入り口から右折して、忍野八海を横断しないで、山越えルートをとおり直接富士吉田経由で河口湖北岸へ向かうこと覚えました。その方が早い(三角形の1辺を行くのと同じ)。


河口湖湖畔でカメラをかまえていると声をかけられました。

清水区のFB友達との再会
清水区のFB友達との再会 おはようございます。富士吉田で忠霊塔を撮っていたようです。

ラベンダー咲く
ラベンダー咲く。 ラベンダーに朝日が当たった瞬間を撮影しました。

ガウラ咲く湖畔
ガウラ咲く湖畔 上品な白い花(白鳥草)が湖畔の夏を告げます。

もう少し撮影します。

6/27 久しぶりの吉原での富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雨が降った後なので雲海が期待できる展開。立ち寄らないようにしていた吉原V字谷にいってみました。
夏は朝が早い。午前3時におきてV字谷。でかけるときは暗いが撮影ポイントに行くころは明るくなっている。先着1名は豊橋からの方。
月いまだ残るころ
月いまだ残るころ 雲海も期待していたほどではないがでている、隣人は午前1時ころからいるそうで「夜はもっとあったぞ」とのこと。

雲海うごめく
雲海うごめく 富士宮市の夜景、雲海。富士山山頂の傘雲。今日の配剤がこれかと思いながら撮る。

茜色に染まる空
茜色に染まる空 綺麗に焼けてくれた。

光芒の朝
光芒の朝 車を崖からおちないように展開して、家に帰って仕事した。

またくるかな

朝霧の傘雲とモーニングコーヒー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

河口湖で早朝の撮影をした際に、傘雲の形を見て、朝霧高原の方で撮影したほうが美しく撮れそう、と考えて帰りがてら朝霧高原まできてみました。

美しい傘雲
美しい傘雲 傘雲は自然の美しい造形だと思っています。

おなかがすいたので、小腹の準備をします。
モーニングコーヒーと小腹用のパン
モーニングコーヒーと小腹用のパン この日は家で朝食を食べる約束をしていたので、軽くコーヒーとパン。


自由な時間は楽しい
自由な時間は楽しい 良い撮影もできました。あとは無事に帰って母の買い物を手伝うだけです。

いただきます


6/18 深夜、新道峠を登山して、レンゲツツジと富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

深夜、新道峠を登山して、レンゲツツジと富士山を撮ってきました、1人だけの単独登山です。
金曜日の夜、出発して、新道峠にとりつきます。21:00

駐車場から歩いて40分。新道峠に達しました
駐車場から歩いて40分。新道峠に達しました 富士山は見えていますが、さそり座もみえます。ここからさらに高度をあげて黒岳方面へ。

新道峠のレンゲツツジ
新道峠のレンゲツツジ 何とか間に合いました。2秒だけライトを当てます。このレンゲツツジは2年ぶりに撮れました。

22:00すぎに新道峠1610mをくだって、駐車場が23:00到着。山を下り、河口湖大石公園で寝ます。

ブルーサルビアの朝
ブルーサルビアの朝 4時に起きた時は焼けていなかったのに。4時20分起きたら焼けていたので焦ってカメラと三脚を持ち出し撮影です。

ディエテスイリディオ
ディエテスイリディオ 傘雲の富士山と合わせました。

傘雲の形が朝霧方面で綺麗そうなので、そちらに移動します