タグ「富士山」が付けられているもの

8/11 ペルセウス座流星群撮影帰りに、朝霧高原で富士山撮影する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8/11 ペルセウス座流星群撮影帰りに、朝霧高原で富士山撮影しました。山中湖と花の都公園で雲の中に隠れた富士山も河口湖、鳴沢で姿をみせていたのです。
朝霧高原中途のさわやか駐車場でタッキーが車を停めました。

朝霧高原日の出前
朝霧高原日の出前 雲が赤く焼けています。4時半に花の都公園を抜けて6時前に朝霧さわやかパーキング。順調なのでここでとっても8時には自宅に帰りつけるでしょう。

朝日当たる
朝日当たる 私たちが撮っていると、ほかの車も3台ほどはいってきて。皆さん同じ事を考えているんだなと思いました。

雲たなびく
雲たなびく 高原のさわやかな気配を感じながら。

愛車への映り込み
自撮りしてみました。

日の出
日の出 午後から天気が崩れるようですが、午前中は暑くなりそうです。山中湖19度、朝霧21度。

トイレに二人立ち寄って、再び車にエンジンをかけて朝霧高原→白糸の滝→芝川→R52→興津→清水ICでわかれました。
午前6:50 家に帰ってシャワー浴びて朝食、7:30から30分社長机で寝て仕事しました。

8/10 平日ですが仕事の後にペルセウス座流星群を撮りに山中湖へ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8/10,平日ですが仕事の後にペルセウス座流星群を撮りに山中湖へ行ってきました。本来、ペルセウス座流星群の極大日は8/12の夜から8/13の朝にかけてですが、晴予報がここだけなのでやむを得ず。午後6時に自宅をでて9時前に山中湖パノラマ台の200m上の窪地に車を納めてタッキーと合流しました。ここから撮影開始。

ペルセウス座流星群は三大流星群の一つ。夏の唯一の大流星群で7/20~8/20くらいの広い期間でみられます。私も7/23に撮影しています。

雲の流れ
雲の流れ 到着直後は天の川などが良く見えていましたが、雲がわいてきました。長時間露光を賭けたら雲の流れが面白かった。

いったん、天が雲に覆われたので仮眠に入ります。11時ころに起きだして再度撮影開始。


富士山頂に天の川出現
富士山頂に天の川出現 午前0時ころ、雲がうごいて天が見えるようになりました。チャンス到来です。あとは流星が写真に入るのを待つだけ。

急転直下
急転直下 AM01:07 天の川を切り裂いて、ペルセウス座流星群の落下が撮れました。

ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群 その後も撮影するも、午前3時過ぎに富士山が雲に隠れました。まさかの展開


ペルセウス座流星群の撮影ノウハウを動画化しました。
3時半、パノラマ台を降りて花の都公園。しかし、ここでも富士山は雲の中。平日なので仕事に間に合うように静岡に向けて車を走らせました。午前5時に山中湖湖畔をたてれば下道でも、午前8時に自宅に帰れそうです。







台風前の朝焼けを狙って3時起き

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

連休を直撃する台風前の朝焼けを狙って3時起きしました。一つ大失敗。初めてのことですが一眼レフのバッテリを忘れました。最近カメラ用鞄を変更したのが災いしました。
しかし容赦なく明るくなってきます。チャンスの予感がします。そうかipadがあった。遠征したときでなくてよかったと自分に言い聞かせてipadの性能改善に写真の命運を賭けます。

朝焼けの予感
朝焼けの予感 この繊細な藍と微妙なグラデーションの世界の表現が一眼レフの方が勝りますが仕方がありません。またipadではこれ以上明るくしようとすると画質が劣化します。

茜に染まる雲
茜に染まる雲 なんどもいいますがこの微妙な藍、この微妙な明るさがうまくだせません。ざらつきを個性ととらえられるように撮影します。

駐車場にて
駐車場にて 機材も中途半端だったのと本命の撮影でなかったので帰ろうと思いました。でも、と思いとどまりました。


水辺のリフレクション
水辺のリフレクション この構図は以前から試してみたかった構図です。残って正解です。

夜明け
夜明け。 焼けたくも富士山と木々のシルエット。一体となって美しい時間です。

台風は本当に来るのでしょうか

母を富士市雁堤ひまわり畑につれてゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

母がひまわりを見たいというので、母を富士市雁堤ひまわり畑につれてゆきました。午前8時に出発しました。

雁堤はひまわりだけでなく秋桜も咲いていました
雁堤はひまわりだけでなく秋桜も咲いていました 

秋桜さく夏
秋桜さく夏 赤い秋桜は印象的です。

ひまわり畑からの富士山
ひまわり畑からの富士山 少し遅かったようで下を向いてしまった。

母とひまわり畑
母とひまわり畑 ゴッホが見たらどう描くでしょうか。

今年もひまわり畑をみれてよかった。

山中湖への富士山旅5/6(河口湖ラベンダー編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日午前2時から撮影を慣行してきましたが最後の撮影場所です。2週間前にもラベンダーの撮影に来ていますが。サイド訪問です。

白鳥草(ガウラ)咲く湖畔
白鳥草(ガウラ)咲く湖畔 いつ来ても美しく。なぜか誰も撮ろうとしないから不思議です。

ラベンダーの夏
ラベンダーの夏 夏らしい爽快な青空です。ラベンダーの香りも心地よいです。

色とりどりの湖畔
色とりどりの湖畔 花の名は知らず。色彩的に華やかなのでつい撮影したくなります。


お腹がすいてきました。

山中湖への富士山旅4/6(富士山遥拝所 天空の鳥居編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

山中湖を出て、花の都公園が雲でいまいちだったので標高をあげようということになりました。
二十曲峠からの富士山
二十曲峠からの富士山 高齢者がたむろしていました。タッキーが高齢者(茨城県ナンバー)になんで俺の横に停めるんだと因縁をつけられたため感じが悪いので奥に移動して撮りました。

忍野村にくだり、バイパスを経由して御坂道の下にでました。

河口湖にきました。午前7時前です。河口湖浅間神社に立ち寄り500円を支払って撮影する許可を得ました。宮司曰く「本当は無料でもいいが、マナーの方がいるので許可制にしました」とのこと。全然、われわれ平気です。1年制の許可です。

山道を曲がりくねりバックで坂の下の駐車所に車を納めます。
林の中の駐車場
林の中の駐車場 落ち着いた場所です。

天空の遥拝所
天空の遥拝所 FBでときどきみる風景です。広大な風景ですね。

天空の聖域
天空の聖域 いかにも結界のような風情を備えています。

鳥居ごしの富士山
鳥居ごしの富士山 鳥居の前は三脚禁止です、でも手持ちでOK

すがすがしい気持ちで次の撮影場所に向かいます。

山中湖への富士山旅2/6(GOTO山中湖流星編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8時過ぎに愛車で仮眠を始めましたが。隣に入庫した車がなにやら不振な動き。エンジンをふかしたりライトをつけたり。どうも動画を撮っているようです。トイレにいったあと、撮影者に「眠れないんだけれど」と告げやめてもらいました。再び眠りにつき、午前2時過ぎにウィンドウをノックする音に起こされました。タッキーが到着したようです。

この日(7/22)は2時過ぎまで満月が残るので、その後に天の川撮影の開始です。日の出がAM4:45ですから二時間弱のチャンスをものにしないといけない。

長時間露光
長時間露光 左側に月が残る2時過ぎ30分ほどバルブ露光しました。星の運行が撮れました。

月沈む
月沈む 予想が少し外れて3時前に月が沈んだ ここからが天の川の時間です。

ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群 天の川が富士山から立ち上がりました。暫く天の川をターゲットにして撮影していたところ天の川の横に流星が小さく光った。
シャッタ切った13秒の露光中でしたので「しめた!」撮れたのは周りを見ても私だけでした。

ペルセウス座流星群は7月20日頃から8月20日頃にかけて出現と聞きましたのでピークとなる8/13前に撮影に成功です。

週末、夜遊び富士山紀行2/3(西臼塚編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

精進湖から、富士宮市に戻り、富士山二合目西臼塚を目指します。標高1250m。
車を降りて、半そでのシャツでは寒いから、ジャケットを羽織りました。静岡を出た時は31度だった。今は17度。差引14度。さてさて撮影開始。

カシオペア方面の天の川と富士山
カシオペア方面の天の川と富士山 ちょうど精進湖の反対側。精進湖は南西方向に富士山と天の川がある。西臼塚は北東方面に天の川がある。こちら側からみる天の川は、薄い天の川。光の玉は富士登山富士宮口の山小屋の明かり。

北極星と富士山
北極星と富士山 30分の星の軌道を撮影すると北極星を中心に円を描く、右下の太い線がカシオペア座。左下の太い線が北斗七星。中心が北極星。
30分の撮影中に左下を流星が飛んだが感度が低いので写真に入らなかった。
ISO感度がいいと画質がいい。よって、富士山が赤いってのが夜でもわかる。また、長時間露光で登山する人のランプが糸を引く。

南天の天の川
南天の天の川 背中側、後ろを見上げると精進湖でみた天の川がいた。精進湖標高が910m,ここは標高1250m。空気が澄んでいるからより綺麗に見える。

さあ、本命の撮影だ。


週末、夜遊び富士山紀行1/3(精進湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

土曜日の夜、夕飯を食べてPM06:30に家を出た。PM08:30前に精進湖につくはず。ちょうど富士山山頂に天の川が、という思い。
ひとつ重要なことを忘れていた。月齢と月没時刻。朝霧高原で、そのことに気が付く。半月が欠けた月が西の空にまだ残っていた。

星のリフレクション
星のリフレクション 精進湖に8時過ぎに到着。右に3人カメラマン。左にバイクの二人連れ。そして3~4人の写真の集団。いつもにくらべたら圧倒的に少ない。

先に話した通り、月があるので天の川撮影を1時間遅らせることに。そうすれば山の影に月が沈む。

ISO100/F11/3600秒 で星の軌跡と湖へのリフレクションを撮る。画面右上のもやっとしているのが天の川である。

月が山の端に沈んだ。カメラ設定を変える。

ISO6,400/F5.6/13秒。天の川撮影である。
天の川が立ち上がる夜
天の川が立ち上がる夜 1時間遅れの撮影だ。最初は角度が低く富士山山頂にかかっていた。画面右上に赤い星、アンタレスが見える。
もう少し解説すると、この天の川は銀河の中心部を太陽系(銀河の端っこ)からみている図式である。

画質の違いはISOの影響を受ける。感度を揚げるほど画質が下がる。こればかりは仕方ない。
ある目的を秘めて富士宮市まで139号線を戻る。

7/11 河口湖にラベンダーを撮影に行く 1/4(モーニング編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7/11 河口湖にラベンダーを撮影に行いったのですが、往路すべてのか所で富士山は雲の中でした。でも予報を信じて、三脚だけすえつけ。ダート駐車場の片隅でお湯を沸かし朝食を食べます。
道の駅でトイレに立ち寄る
道の駅に往路途中立ち寄りました。朝焼けが来て晴れ間が来ているのでチャンスだと思いました。

富士山頂はまだ雲の中
富士山頂はまだ雲の中 でも少しずつ。

お湯で御飯とビーフシチューを暖めて食事して富士山を待ちました
お湯で御飯とビーフシチューを暖めて食事して富士山を待ちました 半調理素材、うまいです。

花は見守っている
花は見守っている 

さあ、富士山は撮影できるでしょうか

仕事帰りに夕焼けと富士山を撮る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

東部地区の帰り道。夕焼けがでました。富士山も傘雲があるもののみえています。
沼津-富士バイパスで赤信号につかまりました。暫く信号が変わらないので、窓を開けて座席横に置いてあるipadで撮影しました。

富士と傘雲
富士と傘雲 車線が中央車線でした。黄色い線なので右折レーンに写ることができなかったのが残念。

まあ、これはこれでよかったということで。

6/12 甘利山にレンゲツツジと富士山をねらえ 2/3(レンゲツツジと雲海と富士山編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

午前3時に目覚めました。前日から標高1700mの甘利山駐車場に車中泊。見回すと周囲(駐車場)は30台ほど車が停車しています。
空を見上げると曇りだと思うのですがうっすらと星が見えるので少し希望をもって靴を登山靴に履き替えて、背中にはカメラとレンズを入れたリュック。ライトと三脚をもってまずは甘利山のあずまやを目指します。

眠りの街と雲海富士
眠りの街と雲海富士 意見すると肉眼では富士山は見えない。あずまやに人が6人くらい。レンゲツツジの状態が悪いので人がいないのだ。念のためにカメラを場所取りした三脚に設置して撮ると。「いたっ!」

1枚撮り終えると、タッキーに提案。「高度をあげましょう。高度を上げると雲海の上に富士山の裾野が出るはず」
タッキーは即座に同意、さすがに忍者。頭の回転が速い。でも、セジュール氏がついてこない、セジュール氏はライトを持っていない。おいてくると登ってこれない。タッキーに連れてきてもらいます。3人で頂上を目指します。

目覚めの時刻
目覚めの時刻 頂上に向かう途中できれいな株をみつけました。他の2名には先に行ってもらい。この構図を決めます。薄暮になりかけた空、薄明りの中にレンゲツツジが美しい。

【技術的解説】
1.NDフィルター使いました。画面上部(富士山、朝焼け、夜景)と手前(レンゲツツジ)で明暗が3段階以上違います。普通だと手前が真っ黒になってしまう。よって明暗調整のフィルターNDフィルターをかまして明暗の調整を撮る。だめだったら、レンゲツツジにライトを当てる予定でした。
2.RAW現像 JPEGで撮影せず、RAWモードで撮影。RAWの場合、暗部を持ち上げることができます。目いっぱい持ち上げると粗もみえそうなのでほのかにレンゲツツジの存在感を出すことを決意


撮影環境、周辺の雰囲気をご理解いただけると思います。

壮絶な朝焼け
壮絶な朝焼け 雲があるがゆえに不思議な明暗ができました。

夜明けの甘利山
夜明けの甘利山 空もきれいに色づきました。甘利山,富士山,雲海,レンゲツツジ,朝焼けの5条件は見事にそろいました。

満足が得られたので下山します。





6/11 甘利山にレンゲツツジと富士山をねらえ 1/3(往路/ウサギ編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

6/11 甘利山にレンゲツツジと富士山をねらいます、色々な情報を参考にして撮影日を決定します。

【参考にした情報】
 ・タッキーの甘利山情報(6/6 日) 雨上がり、富士山は見えたが、花がいまひとつだった。(今年は花の開花状態が良くないかも'[地元民談])
 ・韮崎市の情報 本週末(6/12)ごろ見ごろ。
 ・天気情報 当初、土日曜日 雨もしくは曇り→週の途中から6/12午前6時まで晴れにかわった

【自分の考え】
 ・昨年は花の見ごろの終盤が6/12だった。今年は早い。
 ・ウィークデイの半日を休みにして(休日出勤もしているので)天気の良い木曜日朝に撮影しようか
 ・仕事が立て込んできたのとビジネスチャンスが推してきたのと、天気予報がかわった。水曜日の段階で金曜の夜出て土曜日の未明に勝負と決定。
 ・仲間を募集

【行動計画の決定】成功確率20%ですが。6/12に撮りきらないと甘利山のレンゲツツジはだめと決断。
 ・参加者は セジュールN氏(自分の同行者)、忍者タッキー(別動隊)
 ・6/11 17:30自宅集合 国道1号→52号経由韮崎、甘利山到着21:00の予定
 ・1時間後 仕事を終えた忍者タッキーが合流
 ・6/12 AM03:00起床、撮影開始。

ところが甘利山へ直行ルートが道路工事でふさがっていて、う回路の案内板がないため迷子に。最後の手段としていったん韮崎市まで下山して、白州まで走り青木鉱泉経路で甘利山.
時刻は22:00でした。


途中でウサギをはねそうになりました。

駐車場に自分たちを含めて4台しか車はいなかった。さっそく、三脚を起きに行って開花状態を確認。開花はあまり良くない。一応三脚を置いておき、最後は甘利山頂上付近で勝負と決意。山を一旦下るとタッキーが合流。飯を食べて寝ることに。

鮭の押し寿司で遅いディナー、みそ汁付き
鮭の押し寿司で遅いディナー、みそ汁付き 車中でいただきました。

甘利山夜景
甘利山夜景 遠く甲府盆地の夜景のむこうに富士山がみえて一安心。photoshopの霞除去機能を使ってクリアに画像処理しました。

ISO1600/F8/30秒

とりあえず坊主はない。覚悟を決めて車中泊


 

日本平に皆既月食を撮りに行くがはずれて、富士山と夜景を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本平に皆既月食を撮りに行くがはずれて、富士山と夜景を撮りました。

皆既月食は久しぶりなので晴れを期待してゆきました。でも、月は出てきません。
タッキーも仕事帰りで合流
タッキーも仕事帰りで合流 

清水夜景と富士山
清水夜景と富士山 ブルーアワーです。

夜がとばりが降りて、月光浴の方々が集合
夜がとばりが降りて、月光浴の方々が集合 コミュニケーションをとります。

親子のうち娘さんにポーズをとっていただきました
親子のうち娘さんにポーズをとっていただきました

皆既月食は残念でした。

AAPCHSアジア小児心臓血管外科学会で、私の富士山写真が使われました。

静岡県にお住いの公的病院にお勤めのFacebook友達から依頼を受けて、富士山の写真を無償提供することにしました。

facebookの記事
facebookの記事 ご報告をいただけました。ありがとうございます


オープニング写真
オープニング写真 学会長のご挨拶の画面らしい。


学会のあいさつでつかわれた写真
学会のあいさつでつかわれた写真 

人の役に立つことは憂いしいことです。

5/9 南アルプス市中野棚田で富士山早朝撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5/9 天候に不安はあるものの、久しぶりに南アルプス市中野棚田で富士山早朝撮影することにしました。同行者はセジュール.Nさんです。午前02:30我が家に集合。セジュールさんのプリウスで向かいました。午前4:40現地到着

人気の中野棚田
人気の中野棚田 駐車場は指定されていますが、いい加減に皆さんとめられるので、停車できず、しかたなく路駐となりました。一番遠い方は宇都宮ナンバーです。

棚田と夜景
棚田と夜景 空が映り込んでいて、美しいです。しかし富士山は見えません。残念。

ブルーアワーの棚田と富士山
ブルーアワーの棚田と富士山 しばらくして富士山がうっすらと現れてくれました。青い時間好き(色を付けてはいません)

セジュールさんと
セジュールさんと記念撮影、セジュールさんうまくとれたかな、結構難しい撮影だったのでそう思いました。

坊主は逃れたようだが、後の画像加工が課題だな。ああ難しかった
坊主は逃れたようだが、後の画像加工が課題だな。ああ難しかった

家に帰ってポテトオムレツを妻と食べました。

5/4 旧芝川町柚野地区に田植えと富士山のリフレクションを撮りに行く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5/4 旧芝川町柚野地区に田植えと富士山のリフレクションを撮りに行きました。午前8時15分すぎ、静岡市の奥地を出発。10時前にR1号、52号線経由で柚野着

アヤメ咲く柚野
アヤメ咲く柚野 興徳寺の近くに咲いていました。

柚野の田植え前の水張り
柚野の田植え前の水張り この日の富士山はややもやって昨日ほどのクリアーさはないものの、雲もなく終日姿が安定してみえていてよかった。また、風もすくなくきれいにリフレクションが撮れました。

愛車TANKと棚田
愛車TANKと棚田 私の足となって駆け回ってくれています。

菜の花と蓮華畑
菜の花と蓮華畑 とても平和な風景と出会えました。

雄大なリフレクション
雄大なリフレクション  それぞれの田んぼを尋ねながら、その都度、車を降りて撮影します。結構撮影場所多いですね。

田植えのころ
田植えのころ 5月3日に来たときは代搔きをしていました。翌日の今日は、ちょうど田植え。おそらく兼業農家だろうから、ゴールデンウィークはちょうどよい時期なのでしょうね。

気持ちよい撮影をしてお昼12時前に自宅にへ帰り着きました。




5/3 GW,母を連れ出して富士山撮影ドライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5/3 GW,母を連れ出して富士山撮影ドライブしました。三か所巡り。
三か所訪問なのですけれども、富士山撮るなら南から優先的に撮るのが有利が私の考えで、理由は雲に隠れる前に撮れ!

■富士市富士岡南地区の蓮華畑
 いつもは浮島釣り堀公園近くで撮るのですが、GWはこちらがよいという読売新聞の記事がありましたので。

蓮華畑を疾走
蓮華畑を疾走 蓮華もフレッシュな状態でうれしかった。青い空が気持ちよいです。

縦列駐車の車群と母
縦列駐車の車群と母 畦は足の悪い母には難所です。このため座り込んでいます。「結構、新幹線が通るんだねえ」といっておりました。縦列駐車の前の車両は「大宮ナンバー」。母は「遠くからくるんだねえ」といっていました。

■大渕笹葉
私は今季、三回目の訪問。なかなかここでの富士山が撮れませんが。

新緑の笹葉
新緑の笹葉 午前9時半、とうとう雲が出始めてしまいましたが、なんとか撮影できました。どこを1番に撮影するかが課題ですね。

母も頑張って歩きました。
母も頑張って歩きました。私たちがなんでもない坂が足の悪い母には課題です。

■芝川柚野の棚田
139号線にでて、芝川柚野の棚田を目指しますが,139号線はおそらく本栖湖のシバサクラ渋滞。わずか2kmが遠い。仕方ないので富士宮市の市街地に降りて芝川柚野の棚田を目指します。
芝川柚野の棚田は水張が完了
芝川柚野の棚田は水張が完了 頂上付近がほとんど隠されています。無念、母は「富士山の撮影は難しいんだねえ」といっていました。
さらに、この日、タッキーが朝焼けをここで撮っていましたよと話したら「滝さんはいまどこで撮っているんだろうねえ」といいました。

ここから芝川駅に降りてゆきますが道が狭いので対向車と道を分かち合いながら自宅に帰りつきました。ちょうど12時ちょっと前です。

5/2 雲海を狙うもかなわず。富士山と新茶の撮影。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雲海と富士山と新茶の撮影を計画して、大嵐の後、清水区に撮影に出ました。

3時起床、3時半出発。4時過ぎに現地到着。強風ゆえ、雲海なし。富士山は綿帽子の中。でも、風が強いから時間がたてば雲はとびそう。下段で4人。中段で2人撮影し提案していました。高齢者だろうか狭い農道で駐車は辞めてほしい。せめて窪地にいれれてね。ぶつけないように避けて頂上へ。先着の撮影者がいましたので彼に挨拶して、一緒の場所へ縦列駐車。


日の出
日の出 雲海はないですが、すがすがしい気持ちになれました。

喫茶
喫茶 茶畑でお茶を飲む。これをやってみたかった。お湯とお茶とバナナを持参。同行のお年寄りにもふるまいました。

茶の新芽
茶の新芽 美しい静岡の風景です。

渓谷の茶畑
渓谷の茶畑 茶畑に朝が来ました。


タッキーと出会う
タッキーと出会う 帰路に下段で撮影するタッキーと出会い撮影を同行しました。縁とは奇遇なものです。

青い富士、新緑の茶畑
青い富士、新緑の茶畑 日が昇り始めました自宅に変えることにします


気持ちの良い朝でした

国道52を北上せよ!(甲府への道)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

甲府商工会議所で仕事をいただいたため、国道52号線を興津から北上します。天気が悪いので富士山撮影はしない方向で、南アルプス市の棚田の状態だけ確認しました。
南アルプス市の旧若草町でパン屋によって、朝食の調達です。

■ブーランジェリー・プチボヌールでパン購入
ブーランジェリー・プチボヌール
ブーランジェリー・プチボヌール 午前7時45分到着。8時に開店だそうで、駐車場で待ちます。評判が良いのと8時開店なのでゆきました。

■遊・湯ふれあい公園
車通りが激しいので遊・湯ふれあい公園へ
遊・湯ふれあい公園からの富士山
遊・湯ふれあい公園からの富士山 傘雲ができていました。予報通りなら天気が崩れるのでしょう

野良猫が多い公園でシアt
野良猫が多い公園でした。ついでにゲートボールのお年寄りも。

パンでモーニング
パンでモーニング お湯をもっていって正解。スープと落としたコーヒーでパン食。グラタン風のパンは正解でした。おいしい。

孫家荘で油淋鶏
孫家荘で油淋鶏 甲府商工会議所で仕事を終えて担当者と情報交換。

今度は精進湖ブルーラインで家に帰りました。