伊豆の葛城山に登ってツツジと富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

県外に出れないので、取りあえず静岡県内でなにか撮りたい。疫病にかからないために、誰もいない場所を探して撮りに行きました。場所は今、ツツジが満開な葛城山。本来ならばロープウェイが稼働しているはずなのですが今年は稼働しません。それがある意味ありがたい。頂上直下まで到達して、車を収めて30分登山します。

登山口からの紅富士
登山口からの紅富士 空が赤くグラデーションになって紅富士タイム。これを撮影してから登山道にはいります。

一目千本のツツジと駿河湾越しの富士山
一目千本のツツジと駿河湾越しの富士山 青と赤と緑と白の美しい世界。この見晴らしの良さが好きで毎年ここで撮ります。

富士山遠望
富士山遠望 ここはもう少しで満開でしたね。

葛城山ロープウェイ駅からの富士山
葛城山ロープウェイ駅からの富士山 山頂から少し下ってロープウェイ駅付近からの撮影

気をつけながら山を下りました。





コロナ退散アマビエ様がいる。街角

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コロナ禍、街角は静まり返っています。いち早い経済、疫病の蔓延鎮静化を望むばかりです。

疫病退散、アマビエ様
疫病退散、アマビエ様 Tシャツ屋店頭のショーウィンドウのアマビエ(疫病退散の妖怪)

龍のイラスト
龍のイラスト コロナをやっつけてほしいですね。

奇妙なイラストのあるビル
奇妙なイラストのあるビル 新ビル建築直後にこの災厄。耐えて頑張ってほしいです。

我が家は緑茶の免疫力アップで生き残ろうとしています
我が家は緑茶の免疫力アップで生き残ろうとしています

皆様のご健勝をお祈りします。静岡がまた活気のある街になるように


コロナ禍で自宅回りの撮影が多くなる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コロナ禍で皆さんの経済が停まっている。私も出て仕事ができなくなる。必然的に自宅回りの撮影が多くなるわけです、かつて、リーマンショックも、金融統合などの不況も乗り越えて、震災意外にあまり影響がなかったのですが・・・このためAIの研究を進めているのですが、部下が来る前に自宅の前の花々を撮影します。

ジャスミンの花
ジャスミンの花 とてもいい香りのする花です。青空と白い花は良く似合います。

白い整列
白い整列 花が一直線に並んで咲くというのはめずらしい。

シクラメン
シクラメン 朝日をスポットライトを浴びてきれいです。黒い背景をバックに撮影しました。

蘭の花さく
蘭の花さく 梅雨の前、GWの前後にランの花は一斉に咲きだします。ピンクが上品でした。

花に癒されて、自分の技量を磨く日々です

嵐の後、密集を避けて雲海と新緑の茶畑を狙った富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

嵐の後、雲海と新緑の茶畑を狙った富士山撮影にゆきました。実は、昨年訪問した長野県阿智村の花桃などを撮りにゆきたかったのですが、緊急事態宣言で県外にでるのは憚られます。そこで家から30kmの静岡市内の山の上を撮影場所に選定しました。感染症は三密が悪いのだとか。この場所では三密ありえません。

午前、3時半におきて4時に家を出ました。5時に現地。もう十分明るくなっています。

渓谷の日の出
渓谷の日の出 山の端から太陽が顔をのぞかせました。期待した雲海を少ないですが、綺麗な風景だと思います。

200419nunosawa_00001_08.jpg
揺れ動く大気。太陽熱が加わると気流が発生します。そして湿気が雲となり渓谷を漂い始めます。

光芒
光芒 太陽から発せられた光が帯をなして地に降り注ぎます。

新茶の新芽
新茶の新芽 もうすぐ茶摘みが行われることでしょう。それにしても凄い急傾斜の斜面。作業のご苦労がしのばれます。

茶畑の朝
茶畑の朝 茶畑の曲線の美しい場所を見つけました。また、人もいないし、来てみたいと思いました。

ちなみに吉原の例のスポットには県外ナンバーが集結していたとか。(後日談)
 園主も常識のなさにこまって、駐車場閉鎖を決意したようです。
慎重にギアをローにいれて下り坂をおりてゆきました。帰宅AM07:25

奇跡のイチゴをいただく。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

鳥取県琴浦町の村上さんから奇跡のイチゴを御頂きました。
この苺はあきひめ種でモーツアルトを聞かせて育てたイチゴで、他のイチゴに比べても粒が大きく腐りにくい。

奇跡のイチゴ
奇跡のイチゴ 村上さんが丹精込めたイチゴ。大粒です、通常のイチゴの倍の大きさがあります。精気みなぎる雰囲気がありますね。

父母に半分あげたので。下をパンフで!

イチゴパフェにしてみました、下に敷いたイチゴの大きさと比べてください
イチゴパフェにしてみました、下に敷いたイチゴの大きさと比べてください

春の命をいただきました
春の命をいただきました

村上さんありがとう


春の命をいただく・タケノコ料理

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今年は沢山のタケノコをいろいろな方々からいただきました。ありがたく春の命をいただきます。

タケノコの柔らか煮
タケノコの柔らか煮 妻が鶏肉と一緒に煮込んでくれました。大変に柔らかく春の味覚をかみしめました。タケノコはfacebook友達からいただきました。交換にノンアルコールビールをお渡ししました。

オリジナルメンマ
オリジナルメンマ 副惣菜として、テーブルの賑わいになりました。

酢豚
酢豚 むろん肉も好きなのですが、私は玉ねぎの甘みとたけのこの歯ごたえが楽しみだと思っております。

王道タケノコごはん
王道タケノコごはん 炭水化物ダイエット継続中ですがこのご飯だけは別です、おかわりしました。タケノコは妻の実家からいただいたものです。

タケノコの味噌汁
タケノコの味噌汁 あっさりとして、日本人が好む春の味覚と思います。

春の味覚ですね。味がわかることの幸せを改めて知りました。

stay in home(morning編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨今の風潮として「感染症予防」として家から出ないようにしましょう!ということで家にいることが多い。そんな週末のモーニング。

金曜日の朝は残り物カレーだった
金曜日の朝は残り物カレーだった 温野菜と血液サラサラタマネギつき。

嵐の土曜日の朝はハムエッグと金曜夜の残り物鳥団子
嵐の土曜日の朝はハムエッグと金曜夜の残り物鳥団子 右隅は茶殻のポン酢和え。茎がみえるでしょう。安いお茶。やっぱり茎が邪魔

日曜日のモーニングは昨晩の残りメンチカツ
日曜日のモーニングは昨晩の残りメンチカツ スープも美味いが、コーヒーもおいしかった。

今年はイチゴが高い
今年はイチゴが高い 観光農園では余っているという噂もあるが。デザート

とりあえず元気です。




2020年4月の駿府城公園近隣の花(2)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市の自宅周辺の花々、色々な色彩や表情に感動です。季節の移り変わりを撮影します

■ソメイヨシノも見納め
静岡市の桜もこれが見納めでしょう 土曜日には嵐が来ます。そうしたら散ってしまうかも。
静岡市の桜もこれが見納めでしょう
静岡市の桜もこれが見納め 青空に桜似合いますね

八重桜
八重桜 桜の時期の最終版に八重桜がきます。てまりのような花房ですね

■青空に笑う花々
チューリップ
チューリップ 花壇にチューリップが咲いていました。

シャガ
シャガ 本来は日陰の花ですが日なたにさいていました。

ネモフェラ
ネモフェラ 群生するときれいですよね。

ドウダンツツジ
ドウダンツツジ 紅葉もきれいです。

どうだんでしょう


2020年4月の駿府城公園近隣の花(1)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

しばらく花の写真を撮っていなかった。それはわかっていたのですが撮りたい写真があった。そこで、ランニングと朝食を終えて、社員が出社するまでの時間に周辺に咲く花の写真をとってきました。

我が家のクンシランが咲きました
我が家のクンシランが咲きました 集団で咲き華やかであるのと撮影しやすいという印象。

シラン
シラン 紫蘭、紫色のランですからね。

ツツジの季節
ツツジの季節 白、赤、紫色と多彩です。

ハナミズキ
ハナミズキ ハナミズキみると、一青窈の歌を思い出す。自己犠牲を歌ったせつない歌ですね。

この日は悪天候になる前に晴れてくれて沢山撮りました。

桜海老漁解禁です。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡県の周辺では、コロナウィルス対策として緊急事態宣言がでてくるようになりました。この時点で7都道府県が緊急事態宣言でした。
快晴だったので、早朝自宅を出て富士川河口にゆきました。おそらく人もいないだろうし、濃厚接触はありえないので・・・

■富士山と桜海老
富士川加工で待つことしばし。1台の軽トラックがテトラポットの向こうを走り去るのが見えました。もしや・・
富士山と桜海老干し
富士山と桜海老干し あっという間の早業、テトラの向こうでしたので気が付かなかった。でも、今日は「撮れなかったのだな」と半分諦めていたからうれしかった。2年ぶりくらいに撮れた!
いつもなら、河川敷一杯にピンク色が広がるのに、今日は10畳程度の収穫だったようです。


■桜海老と水問題
昨年は桜海老は禁漁でした。理由は不漁が続いたので、資源確保のため。

赤い宝石、桜海老
赤い宝石、桜海老 

サクラエビが取れなくなった理由は多々あります。水温の問題。水質の問題。特に水質の問題が静岡県では取り上げられていて、富士川の上流域で産廃業者が不法投棄したとか。あるいは工場の排水の問題とのこと。いずれにしても、桜海老で産業が成り立っていた由比地区は悲惨で倒産する会社もあるほどです。今日も水揚げが少なく、4月後半まで再び禁漁となりました。

飲食店は地元の素材が手に入りにくいほか、コロナの問題もあって二重打撃です。

そうそうに撮影を切り上げて8時15分くらいに自宅。朝食。仕事をしました。