タグ「河口湖」が付けられているもの

5/18 梅雨前に天の川を求めて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

桜や新茶、ネモフィラを追いかけて撮影してきたので、梅雨前に天の川の撮影がしたくなりました。ちょうど新月に近く天気も良さそうなので5/18午前0時出発を計画しました。5/19(日)は天気が悪そう。実は寝過ごしを警戒して、前日iに家をでて駐車場で寝て登山して新道峠に行く予定でした。でも予定がくるった。
前日、検査をしたらポリープが見つかり麻酔をかけて切除しました。看護師の方に伺うと、道路交通法では麻酔をかけた日は運転してはいけないということらしい。仕方ないので午後7時半に寝て0時におきてでかけることに。でも、多分、体が寝ろということで自然に午前1時におきました。また数日は過激な運動も禁止らしいので新道峠の登山は断念して西湖を目指します。

■西湖
西湖着2時33分でした。
逆さ富士をとる
逆さ富士をとる 画面右上のもやっとしたのが天の川です。ただ、雲多いのと天の川が富士山の右にかたよっているので、20分の露光としました。

この晩は鹿が多く、鹿をよけながら河口湖へ。

■河口湖
午前3時半ころ河口湖大石公園着。雲がどき始めて天の川が肉眼で見えている。
雲うごく
雲うごく 撮影してたのが2人、私が3人目。その後、2人精進湖でうまく撮影できずに移動してくる。

天に星、地に花
天に星、地に花 画面右上に天の川 ネモフィラと撮ったのは初めて。
Nikon D850,Nikkor24~70mm f2.8 RAW,三脚、レリーズ,f4/シャッター10秒/ISO6400

さらに3人到着。皆天の川に気が付いていない様子。教えてあげる。

朝焼けのころ
朝焼けのころ 少し焼けが来た。午前4時半ころ。もう梅雨前で朝が早い。4時ころには天の川は撮影できない。

もうすこし撮影を続行します。

4/28 ピカリンと行く富士山一周の旅3/4(河口湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖から本栖リゾートを経て、河口湖に入ります。

■ネモフェラ
SNSから情報を得て、ネモフェラが咲いていることを知りました。大石公園にゆきます。
青き世界
青き世界 ブルーに染め上げられた湖畔に感動しました。
ここからもう一か所行きたい場所がありました。大石公園から車で20分の場所にあります。

■創造の森
河口湖の恋路交差点を南下します。富士山山麓の森を進むと「創造の森」があります。
ミツバツツジと富士桜咲く場所
ミツバツツジと富士桜咲く場所 青とピンクと色。感動的な風景でした。

hujizakura
富士桜 GWのころの可憐で可愛い花が咲きます。

野を染める桃色の景色
野を染める桃色の景色 豪快な富士山と繊細な花びらの世界が春の野を演じます。

さあ、さらに次の場所まで移動します。

4/15 精進湖、河口湖、富士吉田からの春富士

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

4/15 精進湖、河口湖、富士吉田からの春富士を撮影できました。

■精進湖
ここは朝の時間完全逆光になりますので、結構、難しい撮影になります。浜に車を停めると、同じ方向に走り出す人が、富士山写真の第一人者のM氏。
彼と同じことを考えていたようです。

春めく湖畔
春めく湖畔 第一人者が左側の枝をとっているので、邪魔してはいけないし。右側がいいと思ったので独り占めでとっていました。
撮った時はこんなにきれいな写真になるとは思いませんでしたが、軽く、帰宅して補正したら今まで撮影したことの似合い気持ちの良い写真となりました。

華やぐ精進湖
華やぐ精進湖 上の段の駐車場からの撮影です。こちらは色とりどりの桜が綺麗でした、

■富士吉田市
忠霊塔を撮って、ハナモモをとりにきました。
笑いさざめく春
笑いさざめく春 色とりどりのハナモモが咲き乱れていました。ハナモモがここよりきれいに撮れる場所は根羽村のハナモモの里くらいでしょうか。


■河口湖
いつも撮影する木をとってみました。
桜の枝越しに
桜の枝越しに ここは独特の枝ぶりゆえの構図になります。精進湖、富士吉田でとってまわりこむと絶好の光線になります。




河口湖湖畔の紅葉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

午前も遅い時間になると河口湖は渋滞をはじめます。このため8時前には撮影を完了する必要があります。
産ヶ屋崎にまず向かいます


動画はこちらです

産ヶ屋崎の秋
産ヶ屋崎の秋 紅葉が気持ち良いです ただ、動画を見ていただければわかるとおり、狭い空間に50人くらいがひしめきあって撮った写真です。
写真からはわからないと思います。

河口湖北岸の紅葉
河口湖北岸の紅葉 この場所も昔は知る人ぞ知るでしたが、いまや有名スポット。河口の北岸のあちこちで撮影禁止が行われているため、
おのずと多くの方が集中するようになってしまったのです。まさにオーバーツーリズムです。

レーズンパンで朝食
レーズンパンで朝食 3か所で一通り撮影をおえて東屋で持ち込んだパンとサラダでモーニング食べました。

もう二か所回って、帰路につきます
富士山を見ながら、朝食を食べました。

もう二か所回って、帰路につきます

天下茶屋と西川林道 (紅葉と富士山編4/5)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

午前9時、朝食でお腹を満たして、好天を活かした撮影を行います。次のターゲットは紅葉に光が回った天下茶屋

祝福する秋
祝福する秋 さあ、撮ってご覧というように紅葉が迎え入れてくれました。


全山紅葉
全山紅葉 天下茶屋の奥、太宰治の碑の近くから雑木の美しい紅葉が撮影できるのです。

ここからもう一度、三ッ峠方面、分岐を西川林道へ。三ッ峠、天下茶屋、西川林道は至近距離で絶好の紅葉が撮影できるはず。
唐松の黄葉と河口湖
唐松の黄葉と河口湖 西川林道に向かう途中数台の車と出会いました。三ッ峠に早朝向かうときもそう。相当数の人が早朝にここで撮影していたと思われます。このときは私のみ。

さあ、午前10時を回りました。岐阜県からのHさんが河口湖畔か二十曲峠にいるはず、合流したいのですが、まだ連絡はありません






10/14 コキア染まる河口、大石公園

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コキア染まる河口、大石公園を期待したのですが、富士山がお留守。朝の良い時間を雲海の上に立ち、御坂峠で富士山を撮っていました。
大石公園に下ったのですが、まだ、雲海がどくのに時間がかかりそう。

富士山出待ちでラーメンを食べる
富士山出待ちで野菜入り餃子ラーメンをつくり食べる 


時間の経過を動画でどうぞ
姿を現す富士山
姿を現す富士山 江戸時代の芝居なら「よっ、待っていました」と掛け声が飛ぶことだろう。

西コキア会場
西コキア会場 西と東は駐車場から遠いので撮影者が少ない。

撮影中、オラオラ系のご夫妻が前に立ちふさがりヘタな斜視をスマホで撮っている。こういう人はなぜか同じ写真を10枚以上とってどかない。
撮るのは自由だが、人が撮っているのを邪魔しないでほしいなと思いつつ10分ほど一向に動かないので、「申し訳ないが撮らせてくれ」といってやった。

やっぱ、ジャイアンのような人は周囲の人や雰囲気を察知する能力に欠けるのだなと思った次第。
もう1か所まわります。

移動しながら夏富士の撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

伊勢崎に午前9時、どうみても4時間は高速を使ってもかかるので5時以前にでなくてはいけません。
宋であるなら3時に起床、3時半に家を出ました。

静岡市→富士市→富士宮市→朝霧高原(県道52号線)→鳴沢(ひばりが丘交差点)→河口湖北岸→大石公園→中央道富士吉田ICのルートをたどります。
こうすれば、①片道高速代が7000円あら4100円ですむ、②富士山が撮影できる。調度夜明けの時刻というわけです。③コース予定は
河口湖まで自宅から2時間、30分撮影、富士吉田から狭山まで1時間ちょっと、PAで30分食事、1時間でクライアントの会社の予定。実際に3時半出発8時15分に到着です。

翼のような雲を従えて
翼のような雲を従えて もう10分到着が早ければと思うこともありますが、撮影旅ではないので。

赤富士と雲たなびく
赤富士と雲たなびく 河口湖北岸で撮影しました。少し風があったので逆さ富士が乱れました。ただ、この場所は最近まで工事をやっていたので久しぶりの撮影です

ラベンダーの香りに包まれて
ラベンダーの香りに包まれて もう刈り取ってしまったのかと思いきや、残っていました。

フウチョウソウの湖畔にて
フウチョウソウの湖畔にて 小舟が浮かび、いい仕事しています。

さて、安全運転で群馬県を目指します。


車中泊で富士山撮影。河口湖でラベンダー咲く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

車中泊で富士山撮影。河口湖でラベンダーを撮りに行きました。金曜日の夜に出発。大雨の中、河口湖の大石公園の駐車場で車中泊です。
午前2時50分におきてみると大雨がやんで。
未明富士
未明富士 富士山の裏側の雨雲が消えない。このため星は見ええず。富士山山頂付近には登山者の灯りが見える。ヘッドライトを当ててラベンダーを撮影する。ラベンダーの香りが印象的だった。

朝まだきのラベンダー畑より
朝まだきのラベンダー畑より 午前3時半をすぎると夜が次第に明るくなってくる。 青い時間の到来だ。

花笑うとき
花笑うとき 日の出があり、陽の光をさえぎっていた山肌を越えてラベンダー畑に光が差す。わらいさざめくような明るさが廣がある。

カサブランカ咲くラベンダー畑より
カサブランカ咲くラベンダー畑より 毎年大きな花を咲かせるカサブランカ、見頃の時期をとらえることができた。

早朝から撮影していてお腹が減りました。

6/17 赤富士編(河口湖でモーニングとブルーサルビア富士影 3/4)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

山中湖方面から、午後5時半に移動開始、花の都公園、忍野経由で河口湖、西湖と帰路に従い撮影します。

花の都公園
花の都公園 少し赤富士の片鱗が残っています。黄色い花はなんだろう。

河口湖に到着、あずまやでラーメンを茹でます
河口湖に到着、あずまやでラーメンを茹でます

ラーメン、野菜炒め、サラダ、目玉焼き
ラーメン、野菜炒め、サラダ、目玉焼き いただきます。

ブルーサルビアと富士山
ブルーサルビアと富士山 もうすぐ、ラベンダーが咲きそうです。

バラも綺麗でした
バラも綺麗でした

ここで西湖経由で139号線をめざします。

西湖の湖畔
西湖の湖畔 まだ午前7時半、静岡市でもうひと撮影できそうです。

静岡市撮影のため望遠レンズを積んでいます。

河口湖の春

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今年の桜は各所で1週間早く、河口湖でも桜が咲き始めました。

湖畔の桜
湖畔の桜 インバウンド復活の年であることを示すように、各所駐車場はどこも満杯。とりあえず、とめられるスペース近くの桜を撮りました。

青空に映えて
青空に映えて 青い空と桜がよく似合いますね。青と桃色とは補色関係でよい相性の色通しです。

梅とレンギョウ
梅とレンギョウ 大石公園は駐車スペースが多いので、大石公園に車を停めて5分ほどあるくと変わった風景と出会えます。

ユキヤナギと梅
ユキヤナギと梅 珍しい花との組み合わせが撮れました。

毎年、河口湖で撮っています。今年は込み合うので、深堀りをしにくい状況です。


富士山を撮りつつ移動して、花の都公園、忍野八海、河口湖およびメスティンでご飯炊く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

富士山を撮りつつ移動してします、山中湖から花の都公園、忍野八海、河口湖までまず移動して。
この時点で7時半が計画通りだった。そこでメスティンでご飯炊いてお外ご飯します。

花の都公園
花の都公園 一面野はまっしろでした。
しばれ
しばれ 植物の呼吸が凍るのでしょうか不思議な造形を見ました。

忍野八海ではケアラシが発生していた
忍野八海ではケアラシが発生していた ただ、霧氷はなかった。氷点下9度では、十分ではないのだろうか。

メスティンでご飯炊いてカレーを食べる
メスティンでご飯炊いてカレーを食べる 野菜サラダとゆでたまごは持参。お外ご飯はおいしい。この時点で8時半前。

河口湖
河口湖 クライアントの事務所までほぼ1時間。1時間半あれば安全運転できる。

御坂峠をのぼります。まっすぐ下って、黒駒の交差点を右折すれば勝沼へゆける。

大雪の前々日、移動中の富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市から甲州市勝沼への移動中です。満月なので天の川も撮影できないし、まあ、うまく撮れても撮れなくてもいいや、と一応カメラ機材を車に詰め込んで、出張に出ました。

■富士ヶ嶺での撮影
以前、コンサルしたコテージの改修状況を知りたくて(以前から、撮影許可をとっている)。久しぶりにいってみました。
未明のコテージ
未明のコテージ 富士山の上に不思議な雲があり、さらに頂上にも雲をまとっています。なんとも

さらに前進して河口湖湖畔へ

黎明の逆さ富士
黎明の逆さ富士 湖畔にいたカメラマンに一声かけてなかよくなりました。すごい方で、元テレビ局の照明ディレクター部長。写真もインスタに投稿していてすごいです。賞もとっています
ギターの話で盛り上がったのですがこちらもすごい、プロギタリストの石川鷹彦さんのお友達でした。石川鷹彦さんはかぐや姫などの曲のギターアレンジをやった方。
ご本人もギターに1千万円以上かけたらしく、すごい高級ギターを持っていらっしゃった。

日の出
日の出 そこへ福岡県からのカップル2組が来て、写真を撮ってほしいというので記念撮影してあげました。

ベンチで湯を沸かしパスタをゆでて朝食を食べました
ベンチで湯を沸かしパスタをゆでて朝食を食べました おいしかった。

これから仕事へ向かう活力を得ました。

ガイドの仕事3 河口湖でのもみじ撮影、忍野八海、山中湖

最高の天気、富士山コンディションです。ガイドの仕事も好調。お客様も大満足
■産ヶ屋崎
ホテル街に実は潜む紅葉と富士山の絶景ポジションがあるのでご案内します。
紅葉の湖畔
紅葉の湖畔 逆光になりますが、うまく紅葉がカバーしてくれるのです。ちょうどこの時間(11時ころ)は紅葉のライティングも最高で、自撮り、富士山撮り、居合わせたわんちゃんとのショットなども撮っていただきました。出会う人、皆期限が良くハッピーです。

河口湖撮影の跡、ラーメンを所望されました
河口湖撮影の跡、ラーメンを所望されました しなそばケンが満員状態なので、別の店にご案内。

忍野八海へ
忍野八海へ ラーメン食べに富士吉田まで来たので、忍野八海。しかし、完全逆光なのと観光客が多すぎて、写真派の満足は得られませんでした。

アイスをごちそうになりました
アイスをごちそうになりました 作戦会議。夕日を撮りたい(Sun setといっていた)らしいので山中湖がを推奨しました。

山中湖残照
山中湖残照 朝6時から夕方5時まで。ホテルに送ろうかといったら、その必要はないといわれてここでお別れです。

動画です
お疲れさまでした


ガイドの仕事1 もみじ回廊からスタート

東京オリンピックで法規改正になって、素人でもガイドができるようになりました。ただし、自分の車に乗せることができない。このため、クライアントにはレンタカーでついてきていただきます。
撮影場所ガイドと撮影の助言です。仕事はSNS経由できました。

チャットで綿密に打ち合わせ、旅行代金を振り込んでもらったら。銀行が「海外から入金されている。マネーロンダリングでは」と聞いてきました。
当日、午前中は雨予報で、午後から晴れる予定。自宅を出た時も雨でした。

もみじ回廊
雨でも紅葉が美しい場所をご案内します。河口湖の紅葉回廊。

落葉の美
落葉の美 インバウンドの方は直前に軽井沢にいらしたようです。軽井沢は冬枯れで、紅葉が見れなかったの、とのことで喜んでいただきました。

色彩多彩
色彩多彩 日本の四季、特に秋は様々な色彩が楽しめて美しいと思います

ここで、移動を描けます。

御坂峠で姿を見せる富士山
御坂峠で姿を見せる富士山 直前までの雨が富士山山頂に雪をもたらせて美しい富士の姿をみることができました。
インバウンドの方、大興奮。

なんでも黄色いウェアの方のバッテリがきれたので、宿によりにかえります


11/19 「晩秋の輝き」二十曲峠、忍野、河口湖、精進湖からの富士山と紅葉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

11/19 前日の雨で富士山の雪が積もっているはず。紅葉と綺麗な写真が撮れそうで休日なので撮影にでました。午前4時スタート。
しかし、第一目標は精進湖でしたが、霧に囲まれていて撮影できない。そこで富士山の見える高い場所が良い。忍野村まで走り二十曲峠で撮影を考えました。

■二十曲峠 紅富士冬景色
ちょうど日の出どきに間に合いました。
冬景色紅富士
冬景色紅富士 大雲海に出会うことができました。どうりで精進湖や河口湖で撮影できないはずです。雲海が出て着るということは晴れなんです。だから標高1100mのここまできました。

雲海が消えかけているので下山します。
■忍野村
気温は氷点下1度です。驚きの風景を見て思わず車を道路に停めてしまいました。
霧氷の原野
霧氷の原野 草原が霧氷で真っ白です。富士山が霧の中から姿を見せています。私の後続の車も続々ととまり撮影を開始し始めました。


動画です。

■河口湖産ヶ屋崎の紅葉撮影
三番目の撮影場所はです。
産ヶ屋崎の秋
産ヶ屋崎の秋 ちょうど雲海が消えかけている雲海。美しい風景です。

精進湖の赤
精進湖の赤 西湖に途中立ち寄りましたが、西湖のカエデの巨木は昨夜の雨で散っていました。同じく精進湖の小さいカエデ2本も。先週から赤かったこの巨木が最後まで残っていました。

さあ、最後の目的地、白糸の滝まで旅は続きます。このとき午前10時です。

11/03 西湖、河口湖の紅葉物語

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

朝食を食べ終えて8時。まだ撮れるのではないかということで撮影を継続。基本お昼ご飯に帰る約束をしていたの9時半ころまでに河口湖当たりを出ればよいということです。

西湖野鳥の森
西湖野鳥の森 古民家と大カエデの紅葉が撮れました。ほとんどとる人がいないので不思議です。西湖ってキャンパーには人気なのですが。

桑崎のカエデ越しの富士山
桑崎のカエデ越しの富士山 駐車場は夏場閉鎖されていましたが解放されていました。ありがたく使います。

赤く染まる湖畔
赤く染まる湖畔 コキアとカエデの紅葉のコラボレーションです。

コスモスの入り江
コスモスの入り江 二週間前のカエデは緑色一色でした。季節が進むのが早いですね。

大満足の撮影でした、再び西湖経由でかえります。11時45分自宅到着でした。


10/20 出張前に河口湖大石公園でコキア撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

御殿場への出張前に河口湖大石公園でコキア撮影 しました。この日は3時におきて5時に河口湖到着。

赤富士とコキア
赤富士とコキア 湖面には寒いのでケアラシがおきています。鳴沢で気温が1度でした。

係留地のある入り江
係留地のある入り江 混雑する大石公園を少し離れて、静かな撮影をしたくてきました。

コスモスのある入り江
コスモスのある入り江 日の当たるまで10分ほど待ちました。ここは紅葉も楽しみです。

コキアの赤
コキアの赤 典型的なコキアと河口湖富士です。

大石公園の秋
大石公園の秋 青空と青い富士山、気持ちが良かったです。

仕事までまだ時間があります。撮影しながら前に進みます。

8/11 流星を狙う撮影旅4/5(河口湖大石公園で富士山撮影)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

花の都公園から忍野経由で山越え。河口湖大石公園へ急行しました。富士山撮影ともう一つの目標です。

コキアの秋に向けて
コキアの秋に向けて 秋に備えて植え替えが行われました。赤い燃えるような火炎がみえることでしょう。

ガウラと富士山
ガウラと富士山 白鳥草と青い富士、白い雲と湖畔のハーモニー。

花咲く湖畔
ヒモゲイトウと富士山。変わった形状ですね。

セイヨウフウチョウソウと富士山
セイヨウフウチョウソウと富士山 いつもと違う角度で撮影しました。

さあ、おなかがすきました。

7/2 山中湖、河口湖からの富士山 2/3(河口湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

次の目標は河口湖からのラベンダーと富士山でした。山中湖から河口湖へむかうとき、最近は忍野八海の入り口から右折して、忍野八海を横断しないで、山越えルートをとおり直接富士吉田経由で河口湖北岸へ向かうこと覚えました。その方が早い(三角形の1辺を行くのと同じ)。


河口湖湖畔でカメラをかまえていると声をかけられました。

清水区のFB友達との再会
清水区のFB友達との再会 おはようございます。富士吉田で忠霊塔を撮っていたようです。

ラベンダー咲く
ラベンダー咲く。 ラベンダーに朝日が当たった瞬間を撮影しました。

ガウラ咲く湖畔
ガウラ咲く湖畔 上品な白い花(白鳥草)が湖畔の夏を告げます。

もう少し撮影します。

富士山と農鳥

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日は富士山と農鳥の話をします。簡単に話すと「農鳥」とは「鳥の形をした雪渓のこと」です。図解してみましょう。

農鳥とは
農鳥とは 河口湖から富士山をみて、真ん中にアヒルの格好の設計があります。これが農鳥。なぜこのような名前なのかというと、田植えの目安だから。
河口湖には田んぼがないと思ったら、河口湖浅間神社の近くにたんぼありました。

河口湖北岸の入江の逆さ富士
河口湖北岸の入江の逆さ富士 河口湖北岸は入り江になっており、逆さ富士が出現しやすい環境です。河口湖としては珍しく西湖のような野性味のある富士山が撮影できます。

農鳥のうかぶころ
農鳥のうかぶころ この日の河口湖はまれにみるきれいな逆さ富士が望めました。

気持ちよく車をすすめます。