タグ「撮影」が付けられているもの

仕事帰り、日本平を回って帰る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

清水区で仕事して帰る際に、天気がいいので日本平をドライブ。

港の見える風景
港の見える風景 富士山の雪もめっきりここ数日で減ってきました。夏ミカンの花が見えました。

ミカンの花
ミカンの花 白い小さな花を咲かせます。みたことありますか?果物はあっても花は見たことない方多いのではないでしょうか


日本平旧道からの富士山
日本平旧道からの富士山 いったん日本平の頂上に出て少しだけ旧道を下るともうひとつの撮影スポットがあります。

午後の茶畑
午後の茶畑 逆光りで撮影しました。

同じ場所にライダーが2名、100mくらい離れた位置で記念撮影していました。下に降りてガソリンを入れてかえりました。

リッター110円です。

豊橋市二川でモーニングのあと、仕事前に花の撮影。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

仕事で豊橋市二川を訪問。モーニングのあと、仕事前に花の撮影しました。

cafe ロークアットでおにぎりモーニング
cafe ロークアットでおにぎりモーニング 前回と同じメニューのように思いました。合計600円でした。

ランの花
ランの花 お客さんとこに到着。時間が早いので少し撮影に。徒歩で出ます。

路傍の花
路傍の花 なんてなまえの花なのでしょうか。

アヤメ
路傍の花 紫色がきれいに出ました。

名前を知らず
名前を知らず 海岸でみるような花ですね。

紫蘭
紫蘭 知らんとはいわせません('笑

気持ちよく仕事します。

富士市浮島釣り堀公園でハナショウブを撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

富士山撮影がいまいちだったので、富士市浮島釣り堀公園でハナショウブを撮って帰ることにしました。

黄色いハナショウブ
黄色いハナショウブ 花菖蒲と菖蒲などの違いをもう一度復習してみましょう。

花菖蒲(ハナショウブ) 花の真ん中が黄色です
菖蒲(ショウブ) 花びらがありません。水芭蕉の芯の部分のようなものが花です
キショウブ 黄色い
アヤメ 真ん中が網目模様です
カキツバタ 真ん中が白です

湿原に咲く
湿原に咲く 浮島釣り堀公園のあたりは名前の通り湿地帯です。

清楚
清楚 今年のGWはコロナ騒ぎで、県外に出れなかったですが、反面道路もすいていて、撮影場所にも人がおらず静岡県内の富士山撮影を堪能できました。

復習するは我にあり。

休日に撮り残した写真と来年への下見を兼ねて早朝撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

休日土曜日です。雨予報があるので、GWに撮り残した富士山写真と来年への下見を兼ねて早朝撮影にでました。本当は出るかでないかは天候次第だったのです。しかし、ネットを見ると富士山が出ているようなので午前4時半に家を出ました。

■富士市大渕次郎長
ここは本来は茶畑とツツジが撮れるはず。
新緑の茶畑
新緑の茶畑 2年前はこの撮影ポイントを忘れて迷子、昨年は次期ハズレ。今年も少し遅かったようですが。茶畑は綺麗に撮れました。

白髭神社に立ち寄る
白髭神社に立ち寄る 近くに神社を見かけたので車を止めて、ハザード出して軽くお参りです。よろしくです。

大渕公園
大渕公園でつるし雲を撮る 期待しないで立ち寄りましたが偶然富士山右側にできた吊るし雲が撮れました。

ここから、一気に高度を落とします。

富士市浮島地区
富士市浮島地区 レンゲ畑も遅かったようですね。GW中に撮っておけばよかったが後悔先に立たずです。

撮影というものは、撮れるときに撮るが鉄則です

5/7 桜海老出漁情報はいり、富士川河川敷で桜海老干しを撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

桜海老出漁情報はいり、富士川河川敷で桜海老干しを撮ってきました。
T氏(タッキー)情報によると午前7時に桜海老を積んだ車がくるはず。

そのとき、午前6時50分、私の駐車中の車の後ろから軽トラックが来て目の前を通り過ぎてゆく。その二台には満載の桜海老が!
しめた。来た来た。T氏とアイコンタクトをして軽トラックのあとをつけます。

桜海老干し
桜海老干し 青空、富士山、静岡名物の桜海老。と思いきや。桜海老ではないみたい。でも撮影できてよかったです。

桜海老は1.5tだったそうです
桜海老は1.5tだったそうです 桜海老よりも少し小さく、赤いようです。

静岡の春の風物詩
静岡の春の風物詩 禁漁となるこの時期ならではの風景です。雪も残っていてよかった。今年2回目の撮影です

ピンクのじゅうたん
ピンクのじゅうたん 河川敷をピンクに染めて美しい。2度干しの二日目は色が褪せてしまいます。


動画もどうぞ!

時刻は午前7時35分、急いで車に帰りエンジンをかけて会社まで

5/7 桜海老出漁情報はいり、富士川河川敷にいってみる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5/7 桜海老出漁情報はいりました。金曜日で平日だったのですが、勤務時間までには帰れそうだったので富士川河川敷にいってみました。起床午前4時

朝焼けの富士山
朝焼けの富士山 富士川河川敷で堤防のうえから撮影です。(午前5時ころ)

駿河湾の朝焼けと愛車
駿河湾の朝焼けと愛車 富士山よりも駿河湾方面の方がきれいに焼けていました。

堤防下の河川敷にピットイン。

富士川河川敷地図(google map)
富士川河川敷地図(google map)  状況を説明します。★1は河川敷(堤防の下)。上記の写真2枚はこの堤防の上からの撮影。
私は静岡市(国道1号左側)からやってきて、河川敷手前の富士川ICをおりて★1まできました。

前回の失敗は★2の駐車場にはいったこと。ここにくると、テトラがあって★1方面が見渡せません。このためテトラ上部で桜海老干し作業があっても出遅れるということです。
そこで今回は★1で張っておいて、桜海老漁の軽トラックが通過したら追う作戦です。

T氏も到着、私の後ろにはフォトコン常連のM氏も到着
T氏(通称タッキー)も到着、私の後ろにはフォトコン常連のM氏も到着 T氏の会社はコロナ騒ぎで仕事が減って木金休みだそうです

T氏「昨日もきたんだよね、そしたら干していて、今日は午前7時にくるといっていた」
私「情報は正しかったんだな」
T氏「来ると思ったよ」
私「君に言われたくないなあ」
T氏「でもさあ、情報によると今日も凄く水揚げが少なかったらしい」

だんだん不安になってきました。果たして。桜海老積んだ軽トラックは来るか!

静岡市河川でカワセミ撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市河川でカワセミが撮影できる情報が入り、GWにいってみることにしました。4時に起きだし、スクワット+ランニングしてから車で出かけます。
5時に現地到着、あたりをつけるために河川の土手沿いを下見します。
マメ科の植物咲く土手
マメ科の植物咲く土手 


問題は駐車場がないこと、どこに停めるか迷っているとTさんがきました。Tさんは前日下見に来ていたらしく。駐車できる場所を教えてくれました。

カワセミの登場
カワセミの登場 T氏が昨日見た場所に三脚を据え付けます。すると、聞きなれた「チー!」という鳴き声とともにオスのカワセミが登場。このとき、6時15分です。
この写真はトリミングなしの状態。距離は15mくらい。カワセミは小さいですから望遠レンズつかってもかなり小さい。

socialdistance
socialdistance こんな感じで布陣しました。

急降下
急降下 予告なく水面に飛び込みます。

水面から登場
水面から登場 この水しぶきがカワセミ撮影の醍醐味です。

柴犬の散歩
柴犬の散歩 ランニングする家族、散歩する人、犬を連れている人、それぞれの日曜日です。

常連たちの登場
常連たちの登場 手前が動画、後ろが写真の方です。

家路に帰る
家路に帰る 一直線に家路に帰ってゆくカワセミ。私も帰ります。

8時前に家にたどり着き。妻と朝食を一緒しました。

富士宮市下之坊で富士の花と富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

富士宮市下之坊で富士の花と富士山撮影。毎年、藤の花は磐田市豊田町の「熊野(ゆや)の長富士」か藤枝の「蓮華寺公園」で撮影していましたが、コロナ禍で駐車場などの制限がありそうなので下之坊をチョイスしました。柚野の棚田、朝霧高原のダイヤモンド富士とセットにすれば容易に回れると判断したのです。

下之坊は日蓮宗のお寺です。なぜ下之坊かというと、大石寺を上之坊とするからです。

下之坊の藤棚
下之坊の藤棚 青空に富士の花もきれいだと思います。天気が良くてよかった。ここは5年前に一度きたことがあります。

藤の造形
藤の造形 どうやってこの形を作るのかな。

藤だなごしの富士山
藤だなごしの富士山 毎回このパターンでもやってしまう、なかなかすっきり撮らせてくれません

ツツジ越しの富士山
ツツジ越しの富士山 もうすぐツツジも満開でしょうか。

三か所回りましたが、いずれも一人だけの撮影でした
三か所回りましたが、いずれも一人だけの撮影でした

給油して、8時過ぎに自宅に帰り妻と食事しました


静岡市の森にオオルリを撮りに行く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡市の森にオオルリを撮りに行く。オオルリは、4月頃日本に南方から渡ってくる夏鳥で、オスは青い背中と白いお中の対比が美しく、美声の野鳥です。

57BA0AC3-D066-4972-9F21-3ABAD654A60C.jpg
秘密の森にゆきました。午前8時半スタートです。野鳥は朝早い方が出現確率が高いから。

私の装備
私の装備 Nikon D850/Nikkor 300mm f2/8 /テレコンバータ/三脚です。もうオオルリは来ているでしょうが、果たして、見付けられるか。

メスのオオルリ
メスのオオルリ この数分前、オオルリらしい影が木の間を追いかけっこしているのが見えたのです。飛んだ方向をみるとオオルリのメスがいました。そうであればオスもいるはず。
そんなとき、オオルリの鳴き声が近くから聞こえました。通常は樹上のてっぺんにいるのですが。

いました。雄のオオルリです。ほぼ真上にいました。
いました。雄のオオルリです。ほぼ真上にいました。 

初夏を告げる
初夏を告げる この青い背中が目印です。とても美しい声、そしてフォルム。毎年撮りたくなる鳥です。


動画もどうぞ。

撮影に満足して帰りました。

極力、人の来ない場所を訪ねて富士山と茶畑を撮影する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

極力、人の来ない場所を訪ねて富士山と茶畑を撮影したいと思いました。

■杉田
工場の裏手にある、茶畑は扇風機も電線も家もなく富士山がでっかく撮れる場所。
早朝の茶畑の風景
早朝の茶畑の風景 斜光を浴びて茶畑の畝の陰影が色濃くでて気持ちがいい。他の撮影者は0名です。明星山と同様に風景独り占め。

朝日に輝く茶の新芽
朝日に輝く茶の新芽 マクロで撮りました。毎年こんなの撮っていますが撮りあきないです。

もう一か所くらい狙えそうです。

■大渕笹場
ここからの写真は、静岡県知事室に飾られているという有名な場所。今年2度目の訪問です。
快晴、茶畑の風景
快晴、茶畑の風景 小さく赤く見えるのはつつじです。

ハナモモも少し残っていました
ハナモモも少し残っていました 一週間前に撮影したハナモモも少し残っていましたのでマクロ撮影です。


本当はもう一か所寄りたかったですが時間切れ。妻と朝食の約束をしているので帰ります。
自宅近くのSSで給油。1リットルが114円になっていました。まさに需要と供給のバランスです。

富士市今宮で富士山と茶畑の撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

快晴で、美しい茶畑を撮影できそうな予感がしたので、富士市今宮にいってきました。特に駐車場は閉鎖されておらず、ガードマンが1名いたので挨拶して撮影しました。

青空に耀く茶畑
青空に耀く茶畑 茶の新芽がみずみずしく美しい。

新茶の季節
新茶の季節 茶畑の畝の直線が美しい模様を描いています。

富士市は茶畑からの富士山撮影には適地なのですが電線と建物および扇風機が邪魔、だけど今宮はそれら障害物がないのが人気の秘密でしょう


コロナ禍で自宅回りの撮影が多くなる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コロナ禍で皆さんの経済が停まっている。私も出て仕事ができなくなる。必然的に自宅回りの撮影が多くなるわけです、かつて、リーマンショックも、金融統合などの不況も乗り越えて、震災意外にあまり影響がなかったのですが・・・このためAIの研究を進めているのですが、部下が来る前に自宅の前の花々を撮影します。

ジャスミンの花
ジャスミンの花 とてもいい香りのする花です。青空と白い花は良く似合います。

白い整列
白い整列 花が一直線に並んで咲くというのはめずらしい。

シクラメン
シクラメン 朝日をスポットライトを浴びてきれいです。黒い背景をバックに撮影しました。

蘭の花さく
蘭の花さく 梅雨の前、GWの前後にランの花は一斉に咲きだします。ピンクが上品でした。

花に癒されて、自分の技量を磨く日々です

嵐の後、密集を避けて雲海と新緑の茶畑を狙った富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

嵐の後、雲海と新緑の茶畑を狙った富士山撮影にゆきました。実は、昨年訪問した長野県阿智村の花桃などを撮りにゆきたかったのですが、緊急事態宣言で県外にでるのは憚られます。そこで家から30kmの静岡市内の山の上を撮影場所に選定しました。感染症は三密が悪いのだとか。この場所では三密ありえません。

午前、3時半におきて4時に家を出ました。5時に現地。もう十分明るくなっています。

渓谷の日の出
渓谷の日の出 山の端から太陽が顔をのぞかせました。期待した雲海を少ないですが、綺麗な風景だと思います。

200419nunosawa_00001_08.jpg
揺れ動く大気。太陽熱が加わると気流が発生します。そして湿気が雲となり渓谷を漂い始めます。

光芒
光芒 太陽から発せられた光が帯をなして地に降り注ぎます。

新茶の新芽
新茶の新芽 もうすぐ茶摘みが行われることでしょう。それにしても凄い急傾斜の斜面。作業のご苦労がしのばれます。

茶畑の朝
茶畑の朝 茶畑の曲線の美しい場所を見つけました。また、人もいないし、来てみたいと思いました。

ちなみに吉原の例のスポットには県外ナンバーが集結していたとか。(後日談)
 園主も常識のなさにこまって、駐車場閉鎖を決意したようです。
慎重にギアをローにいれて下り坂をおりてゆきました。帰宅AM07:25

2020年4月の駿府城公園近隣の花(1)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

しばらく花の写真を撮っていなかった。それはわかっていたのですが撮りたい写真があった。そこで、ランニングと朝食を終えて、社員が出社するまでの時間に周辺に咲く花の写真をとってきました。

我が家のクンシランが咲きました
我が家のクンシランが咲きました 集団で咲き華やかであるのと撮影しやすいという印象。

シラン
シラン 紫蘭、紫色のランですからね。

ツツジの季節
ツツジの季節 白、赤、紫色と多彩です。

ハナミズキ
ハナミズキ ハナミズキみると、一青窈の歌を思い出す。自己犠牲を歌ったせつない歌ですね。

この日は悪天候になる前に晴れてくれて沢山撮りました。

桜海老漁解禁です。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡県の周辺では、コロナウィルス対策として緊急事態宣言がでてくるようになりました。この時点で7都道府県が緊急事態宣言でした。
快晴だったので、早朝自宅を出て富士川河口にゆきました。おそらく人もいないだろうし、濃厚接触はありえないので・・・

■富士山と桜海老
富士川加工で待つことしばし。1台の軽トラックがテトラポットの向こうを走り去るのが見えました。もしや・・
富士山と桜海老干し
富士山と桜海老干し あっという間の早業、テトラの向こうでしたので気が付かなかった。でも、今日は「撮れなかったのだな」と半分諦めていたからうれしかった。2年ぶりくらいに撮れた!
いつもなら、河川敷一杯にピンク色が広がるのに、今日は10畳程度の収穫だったようです。


■桜海老と水問題
昨年は桜海老は禁漁でした。理由は不漁が続いたので、資源確保のため。

赤い宝石、桜海老
赤い宝石、桜海老 

サクラエビが取れなくなった理由は多々あります。水温の問題。水質の問題。特に水質の問題が静岡県では取り上げられていて、富士川の上流域で産廃業者が不法投棄したとか。あるいは工場の排水の問題とのこと。いずれにしても、桜海老で産業が成り立っていた由比地区は悲惨で倒産する会社もあるほどです。今日も水揚げが少なく、4月後半まで再び禁漁となりました。

飲食店は地元の素材が手に入りにくいほか、コロナの問題もあって二重打撃です。

そうそうに撮影を切り上げて8時15分くらいに自宅。朝食。仕事をしました。


4/10 富士吉田諏訪の森公園と河口湖北岸で桜と富士山を撮影する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

富士吉田諏訪の森公園と河口湖北岸で桜と富士山を撮影しました。

■富士吉田諏訪の森公園
冬きて、木立の雪景色が美しかったので春にゆくぞと決めていました。

青春の群像
青春の群像 春を楽しむ若い女性が遊んでいました。私が冬に見た期はコブシでした。


フジサクラ
フジサクラ 河口湖、富士吉田、山中湖付近の固有の桜で小さい花を咲かせます。

■河口湖北岸
富士吉田諏訪の森公園30分ほどの、円形ホールへ
河口湖湖畔
河口湖湖畔 毎年撮る桜の一つです。

もう一本毎年撮る桜があります。
長崎の桜
長崎の桜 プロも撮る桜。コロナの影響で待たずに撮影できました。

大石公園のベンチでランチして仕事にむかいます。

4/10 田貫湖と狩宿の下馬桜で富士山と桜を撮る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

AI行脚の旅。アポ訪問前の2時間を使って田貫湖と狩宿の下馬桜で桜満開との情報を得て、富士山と桜を撮影しました。

■田貫湖
先に富士市の岩本山へ立ち寄りましたが、残念ながら葉桜になっていました。このため田貫湖へ
田貫湖は満開でした。

もう一か所撮れそうな時間だったので

■狩宿の下馬桜
源頼朝が富士周辺で巻き狩りをやったときに立ち寄ったという井出家の桜。丁度満開という情報を得ていました。お客さんの方向にありますし、田貫湖から至近です。
うららかな狩宿地区
うららかな狩宿地区 菜の花、桜、富士山。日本の春です。
狩宿の下馬桜
狩宿の下馬桜 上品な山桜の古木です。

狩宿の下馬桜狩宿の花
狩宿の下馬桜狩宿の花 山桜は小さい花をつけて、赤い葉が同時に出ます。

下馬桜と富士山
下馬桜と富士山 シンプルな構図を作ってみました。

200410tanukiko_00001_03.jpg
大空に咲く 雲も飛び気持ちの良い富士山となりました。

富士市にAI普及いってきます。


4/7はスーパームーンの日

月が地球に大接近して、通常よりも大きく見えることをスーパームーンといいます。
望遠レンズにテレコンを付けて、三脚をもって自宅の外に出ます。三脚上に2.8kgのレンズ+テレコン+1kgのカメラ。

仰角は45度ほど、でもカメラとレンズが重たいので不安定になります。こういう場合はもう1本一脚があって、カメラのお尻から支えると安定します。

スーパームーン
スーパームーン 月のクレーターの模様がしっかりみえました。

月を撮影しているとお近くのレストランの奥さんが出てこられて少し会話をしました。

富士市から春の富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いつも行く龍巖淵をスルーしても撮りたい風景がありました。春の桜のシーズンは一斉に咲くので、すべての場所で撮ることは困難です。昨年撮り逃がした風景の中にどうしても撮りたい風景がありました。
ランニングしていると快晴。これなら午前中であれば、しかも富士市くらいの近距離であれば確実に撮れそうと思い。朝食を食べ午前8時に出発しました。

■富士市森林墓園の桜
ここの桜は見事という情報。高速道路(新東名)新富士ICから北上。大富士ゴルフ場の北でした。
絢爛豪華な春
絢爛豪華な春 ボリューム感のある桜並木と富士山。気持ちよく撮影できました。

■大渕笹葉
先ほどの富士市森林墓園で知り合った方からの情報「大渕笹葉でハナモモがきれいらしい」。以前から、このハナモモ、撮れそうで撮れない。タイミングがあわないのです。
ここから⒑程度、しかし、到着したとたんに富士山は雲に覆われます。15分程度まつが雲は増えるばかり。ベテランの撮影者も「今日はもうだめだよ」といっているので諦めて帰路についてバックミラーを見ると富士山が再びでている。
今来た道を引き返しいそそと撮影です。

ハナモモ咲く茶畑
ハナモモ咲く茶畑 山頂の雲が飛んで気持ちの良い撮影となりました。茶畑の新芽が楽しみですね。

なかなか撮影できない風景を2つ撮影できました。たった2枚の撮影ですがうきうきして帰りました。

韮崎市からの富士山撮影(わに塚桜/新府桃源郷)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

韮崎市からの富士山撮影(わに塚桜/新府桃源郷)を試みました。

■わに塚さくらからの早朝の富士山
昨年は、夕暮れ時に撮影しました。今年はコロナウイルスの関係でライトアップなし。このため、早朝に撮影です。
わに塚桜の春到来
わに塚桜の春到来 満開の桜と富士山のコラボレーション。少しもやっているのは春の霞。

■新府桃源郷からの富士山
韮崎市新府あたりは桃の畑がいっぱいあります。そこから富士山を狙ってみました。
菜の花と桃の花さく新府からの富士山
菜の花と桃の花さく新府からの富士山 ここは富士山から遠いので桃やってしまうのが難点だ。

またいつかうまく撮れる日もあるだろう。生きていれば