タグ「撮影」が付けられているもの

川越喜多院の五百羅漢を訪ねる旅

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

川越喜多院の五百羅漢を訪ねる旅。実はカメラを趣味にしている私ですが。最初の撮影旅行での被写体が川越の五百羅漢。大学3年生の21歳くらいのころですから、今から40年前の話。それはずっと覚えていて、いつゆこうかと考えていました。あまり天気が良くないから富士山も期待できない。ならばと思った次第。

昔ながらの曲がりくねった道。しかも、甲府のように土地勘がない。駐車場を見つけるのが一苦労。お寺を一周位しました。500円払ってピットイン。

祈り
祈り 疫病蔓延の世の中ですが平穏になればと思いました。

廊下
廊下 400円の拝観料を払います。この寺は徳川家光が生まれたそうで、室内撮影禁止。よって、そとの風景を撮ります。

目的の五百羅漢は売店の裏。
沈黙の羅漢たち
沈黙の羅漢たち 最初の住職は46体ほってなくなった。その意思を継いだ人々が500体まで掘ったそうです。

やすらぎ
やすらぎ やさしい表情で苔むす羅漢、それぞれすべて表情が異なります。

多宝塔と五百羅漢
多宝塔と五百羅漢 拝観客の半分も五百羅漢を見に来ません。名所だったのに。

40年の時はお寺のありかたも拝観客もかえたかもしれない

竜洋昆虫自然観察公園でアゲハ蝶を撮る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

たまたま、ルート検索しているおりに、竜洋昆虫自然観察公園を発見。面白そうなのでいってみた。公園でアゲハ蝶を撮りました。

竜洋自然観察公園
竜洋自然観察公園 磐田市に合併された旧竜洋町のたんぼのなかにあります。しかも150号線からかなり離れている。こんな施設があるなんて。google mapのコメントによると「くせになる」とのこと、気になったので企業訪問の途中で立ち寄りました。

ヘラクレスカブトムシの動画です。動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。


ヘラクレスカブトムシの動画です。動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です

あざみとアゲハ
あざみとアゲハ 温室のような蝶の部屋があって、そのなかに入ってみました。そういえばアゲハ蝶を今年は撮っていなかった。

群れ飛ぶ
群れ飛ぶ キアゲハ、カラスアゲハもいます。一眼レフにマクロレンズを装着して室内に入り撮影です。

吸蜜
吸蜜 羽化後間もない蝶ですね。羽がきれいです。

大人でも心楽しい時間がすごせました。

田貫湖でダイヤモンド富士ウィーク。平日だが撮影に行く。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖でダイヤモンド富士ウィーク。平日だが撮影に行ってみました。4月はコロナ騒ぎで田貫湖での撮影禁止でした。

田貫湖でダイヤモンド富士ウィーク
田貫湖でダイヤモンド富士ウィーク 8月20日~27日のあいだ。ダブルダイヤモンド富士のチャンスがあります。この日のダイヤモンド富士チャンスは午前6時10分。日の出から1時間後です。

途中、晴れているのに富士山が見えません。よほど引き返そうかと思いました。

6時15分。機材を撤収車に戻り。仕事への復帰です。

国道139号線→新東名新富士IC→新清水ジャンクション→東名→磐田ICと乗り継いで仕事場へ

富士山が出現
富士山が出現 ありがたしなんとかとれそうですね、水鳥も現れました

200819tanukiko_00001_05.jpg
富士山が出現 一応ダイヤモンド富士が撮れました。でも、中途半端で消化不良。

でも、まあ坊主よりもましです

ペルセウス座流星群が撮りたい旅2020 3/4(赤富士編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ペルセウス座流星群を撮り終えて、パノラマ台を下り、長池親水公園で赤富士の撮影に臨みます。

マジックアワー
ブルーモーメントな朝。マジックアワーを楽しみます。午前4時、青の世界です。星の軌道も撮影できました。


未明の赤い時刻(赤富士の始まり)
未明の赤い時刻(赤富士の始まり) 山頂が赤く染まりつつあります。4時40分ごろ。

赤富士の湖畔
赤富士の湖畔 逆さ富士がきれいです。

湖畔を漂う雲海
湖畔を漂う雲海 日の出も近いです。

もう少しお付き合いください。

ペルセウス座流星群を撮りたい旅2020 2/4(天の川,流星群編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

仮眠から目覚め0:30、天の川はおそらく、富士山山頂にかかっているはず。撮影場所に向かいます。

はくちょう座
天の川とはくちょう座 天の川を貫くように十字の星が見えます。これがはくちょう座。午前0時の前後のパノラマ台。はくちょう座は天頂付近です。

一閃
一閃 横構図から縦構図に構図を変えてシャッターを切った瞬間に流星群が天の川を盾に切り裂くように落下。しめた。このときT氏もカメラ操作中。T氏はチャンスをロスとしたようです。昨年は滝沢林道。今年はパノラマ台で撮影ができました。


動画はこちら

かくのごとく、流星撮影はいつ流星が降ってくるかもわからないためチャンスを生かしたり、うしなったりするのです。
ipadを核にするとIさんが御殿場ICを降りたという連絡がありました。もうすぐ到着するのでしょう。

花の都公園でひまわりと富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

パノラマ台から、回り込んで、花の都公園でひまわりと富士山を撮影しました。

花の都公園のひまわり畑
花の都公園のひまわり畑 午前6時に山の端から太陽が顔をのぞかせてひまわりが笑顔を見せました。空の青さを出すためにNDフィルターを使っています。

キバナコスモスと富士山
キバナコスモスと富士山 楽しい撮影もここまで、そろそろ帰路につきます。できれば午前8時に自宅に帰り妻と朝食を食べたい。

富士ケ嶺で傘雲を撮る
富士ケ嶺で傘雲を撮る 山中湖村→富士吉田市→河口湖町→鳴沢→富士樹海を抜けて富士ケ嶺に抜けたときに巨大傘雲がみえました。この1枚をとるために広場に駐車します

富士宮市に抜けて新東名にのり8時過ぎに自宅にたどり着きました。

8/10 山中湖で赤富士撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

午前4時50分ころが日の出です。4時ころから朝焼けが来ました。
朝焼けがすごかった
朝焼けがすごかった ipadで撮影しました。

赤富士の期待大ですがなかなかきません。撮影者に焦りは見えますが。4時50分、日の出寸前ぐらいに

吊るし雲舞う、赤富士
吊るし雲舞う、山中湖の赤富士 1年ぶりくらいの撮影です、

赤富士、湖畔より
赤富士、湖畔より 

もう少し撮影して帰ります。


お盆前半に山中湖を訪ねる。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

この1か月ほとんどまともな撮影をしていない。そこで、梅雨明けの天気が良く富士山が撮れそうな日を選んで撮影に出ました。
8/9 PM6:45自宅を出ました。下道をとおって9時に山中湖パノラマ台に到着。満車近い状態でしたがなんとか駐車できました。


靄る湖畔
靄る湖畔 昼間の熱気が空気中に残っていて星が撮れるような状況にない。速攻寝ます。

駐車場には12台の車が残りました。子連れ客は9時半過ぎに撤収してゆきました。
未明のマジックブルー
未明のマジックブルー 8月10日になりました。ペルセウス座流星群を撮りにおきました。実際に2個目撃して。この撮影中富士山にも落下したのですが、ISO感度を低めに設定していたため画像には映り込まなかった。ISO感度を下げることによって、マジックブルーがきれいに表現できました。流星は次の機会に。

吊るし雲、傘雲現る
吊るし雲、傘雲現る 午前4じくらいの風景です。どんどん雲が変化してゆくから面白い。

朝焼け
朝焼け 東の空が焼けてきました。

このころから朝の撮影者が集まり始めました。駐車場は満車状態です。

富士宮市・芝川で川霧を撮影する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

朝霧高原から、静岡市への帰路。芝川経由でかえりました。ふと車窓を見ると美しい川霧が。思わずSさんに「どうですか」
Sさんも「撮りたいです」で合意。さっそく川霧の撮影です。


川霧
川霧 この場所は何回も通り過ぎていますが、これだけの川霧は初めて見ます。

Sさん
Sさん マスクをとって笑顔を見せてくれました。

産業カウンセラーIさん
産業カウンセラーIさん 現在、政府御用達の腕利き専門家です。時流に乗って登り竜の状態。独立してよかったですね!

笑顔になります
笑顔のワタクシ 周りの方が笑顔になると、私も笑顔になります

ケナフ
ケナフの赤い花。夏ですねえ。梅雨明けを感じました。

このあと国道52号線でどっきりがありました。国道52号線興津八木間あたりを走行中。前の歩道をふらついた自転車が対面できます。嫌な予感がしました。すると自転車が転倒。縁石を超えて車道に手をつく自転車の男性。Iさんはとっさに避けて難を逃れました。

私「やばかったね」
Iさん「私もやばいと思っていました。彼、スマホをみていたので」
私「スマホ運転でも轢いちゃったら、Iさんが悪いになるんでしょう」
保険屋Sさん「そうです。少なくとも免停になりますね。交通刑務所には入りませんが」
私「入らないのですか」
Sさん「状況が状況ですから」

それにしても恐ろしかった。注意して運転するにこしたことはありません

8/2 梅雨明け情報に、吉原で富士山撮影する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

梅雨明け宣言がでそうで、かつ、雲レーダーの状態が良さそうなので、早朝撮影の計画を立てました。午前1時半起床、2時集合。しかし。雲が空を覆っています。富士五湖方面も霧の中、即座に決断「吉原」へGO!
今回のパートナーはIさんとSさんです。Iさんは徹夜で1時間だけ高速のSAで仮眠したそうです。

大雲海
大雲海 3時前に到着。撮影するも、富士山みえず。雲海が第二東名を超えて袖師地区に流れ出しています。

富士山みえないけど、せっかく起きたからといろいろ撮っていました。私たちの前に1台、私たちの後に1台。
私「あの山の間から本来は富士山が見ているのはずですが」
Sさん「もしかして富士山見えていませんか?」

イチヤケにそそりたつ
イチヤケにたつ 朝焼けにハイチヤケとニヤケがあります。

Sさん「目では見れますが。撮れません」
私「撮れました!」

梅雨明けの大雲海と富士山
梅雨明けの大雲海と富士山 ほぼ20日ぶりぐらいの富士山撮影でした。


さらにダイヤモンド富士を狙って、朝霧高原へ

7/24 サンコウチョウの森にゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サンコウチョウの森に行き、子育てを撮影しに行きました。

サンコウチョウ♂
サンコウチョウ♂ オスの尻尾は巣に入りきらないくらいです。
メスが餌をとってきました
メスが餌をとってきました 巣から雛のくちばしが2でているのわかりますか

抱卵
抱卵 現在のところ、子供は2匹、まだ卵があるのかもしれません。

趣味があることはとても幸せです
趣味があることはとても幸せです。今、娘はブラック企業にいて残業代ももらえず、酷使されています。だから妻に伝えました。自分の話だけれどと。内容は次の通り。
1.若いころ、どんな人間になりたいか。どんな生き方をしたいかを考えるとよい。
2.そのために、今何をしなければならないかがわかってくる。
3.そんなとき何をしたらよいかわからなくても誰かが教えてくれることがある。
4.その言葉に耳を傾けて行動するとよい。時間の切り売りだけはない方がいい。
5.自分はいったん間違ったと判断したときに、会社を辞めて、無職になって簿記の勉強を毎日8時間やっていました。それが今になって生きているし。
6.なりたい自分やこういう生活がしたいといった生活もできています
妻は娘に伝えるようです。

最後にカラスアゲハを撮って帰りました
最後にカラスアゲハを撮って帰りました

今日も撮れてよかった。雨も降らずにいてくれました

7/23 靴の買い物のついでに麻機沼(あさばたぬま)の蓮の花を両親にみせにゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

靴の買い物のついでに麻機沼(あさばたぬま)の蓮の花を両親にみせにゆくことにしました。駐車所の車を入れて少し歩きます。
雨の多い昨今、両親にとってもほどよい散歩です。

麻機沼と両親、後ろに子供病院がみえる
麻機沼と両親、後ろに子供病院がみえる

蓮咲く沼
蓮咲く沼 今年もきれいに咲きました。

静岡、夏の風物詩
静岡、夏の風物詩 6年ぶりくらいにきてみました。

家族も憩う
家族も憩う

黄色い小さい花
黄色い小さい花 金平糖のような実を付けています。

白い小さな花
白い小さな花 よく見るとすごくきれいです・


両親も満足しました。コンビニでアイスを買って帰ります。

伊豆土肥温泉・八木沢地区の蓮田と蓮泥棒の話。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

伊豆土肥温泉・八木沢地区にはハスの花が咲きます。春は菜の花畑。
地元の人が丹精込めて植えています。


満開
満開 案の定満開でした。バスなどの邪魔にならないように、パチンコ屋さんの駐車場にとめて撮影します。

白い蓮
白い蓮 少し恥じらっているような風情。満開前の感じもいいですよね。これは道路を挟んだ対岸で撮影

蓮泥棒の話
蓮泥棒の話 撮影の際に地元の手入れをしている方に挨拶しました。すると、どうやら。蓮を盗んでゆく人がいるらしい。花、レンコン、種。困ったものです

蓮募金に募金してお礼を言って立ち去ります。

7/19 河口湖のラベンダー畑と富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

この日は日曜日、静岡から出張の日でした。しかし、天候はあまりよくなくて、富士山は静岡市×→富士市×→富士宮市〇→富士ヶ嶺×→鳴沢×といった状況。
河口湖も勝山地区通過まで富士山がみえなかった。しかし、139号線で船津あたりで「ここ富士山が見えなかったら諦めて仕事にむかおう」と思いふとみた瞬間。
「富士山がでている」

早速、河口湖大橋をわたり当初の目的地、大石公園へ。

束の間の富士山とラベンダー畑
束の間の富士山とラベンダー畑 今年も撮れてよかった。青空も少しみえて幸せです。

ガウラ咲く湖畔
ガウラ咲く湖畔 ガウラは白鳥草ともいって清楚な花。自分は好きです。

ラベンダー畑の妖精
ラベンダー畑の妖精 今朝の妖精はモンシロチョウではなくスジグロのようです。

湖畔の彩
湖畔の彩 赤いユリが湖畔に彩を与えています。


コロナの影響で駐車場は30台くらい。外国人もほとんどいなかった。撮るもの撮って出張にでます。

梅雨空の下、雨の合間を縫って散歩道(花)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

梅雨空の下、雨の合間を縫ってランニングしているのですが、その際にご町内の花の開花をチェックしていたりします
さんぽみち、ipadで撮影しました。

ハイビスカス
ハイビスカス この花が開きかけていて、撮りに行ったら完全に開花していました。

ハマユウ
ハマユウ 眼医者さんのハマユウ。いつもは伊豆で撮るのですが、今年は。

マツバボタン
マツバボタン 少し大ぶりでした。

名前を知らず
名前を知らず 金平糖のような花の形。

街角の赤
街角の赤 この花も名前を知らず

でも、花は心を柔らかくします

7/5 父母と行くオクシズ・玉川路の長光寺のヤマアジサイ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オクシズの長光寺のヤマアジサイがよいというfacebook情報。土曜日に、買い物のついでにどうかなと思いましたが①母の心臓の脈がおかしい。②雨がひどいなどの理由で見送りました。
日曜日朝起きてランニングをしていると青空も少し見えます。朝食を食べて父母を誘いました。

母は、最近、雨が多くて父の散歩ができずに困っていました。父は若いころ静岡市の自宅を出て、梅が島から安倍峠、そして身延へ自力徒歩で下ったほどの健脚。91歳になっても散歩意欲が衰えません。しかし、母は不整脈からペースメーカを入れている立場。散歩に付き合いきれなくこまっているというわけです。散歩をさせないと、父が勝手に出て行ってしまう。そうすると悪くすると帰ってこれなくなる可能性がある。どうも方向感覚はおかしくなっているようです。スーパーでも車に帰ってこれないことがときどきあります。

なので、喜んでつれていってくれということに。午前9時すぎ出発です。

オクシズ、玉川地区まで家から30km。ちょうど島田市へゆくのと同じくらいの距離。北街道から流通通りにでて、梅ヶ島行きのバイパスに乗ります。新東名新静岡インターチェンジ前でバイパスをおりて、ひたすら北へ。

猫住職のいる長光寺
猫住職のいる長光寺 実はこの長光寺、私にとって縁がある。

実は静岡東高校に入学した1年次に北沢忠という。伴宙太似の巨漢と同級となりました。この男、玉川地区という山奥から来ているらしいとのことで、下宿生活なんだとか。
彼は柔道部に入り大活躍。また、クラスの体育の時にラグビーをやるとだれもかれの突進をとめられません。3人で止めに行って弾き飛ばされるのをみたことがあります。

その彼、拓殖大学の推薦が来ましたが断ります。そして受験で拓殖大学に入ります。
2011年ころ、FBを始めたら同窓生のマイウ・前田という男が「あいつ、死んだぜ。なんでもバイパスやって10年目だったそうだ」とのこと。その翌年くらいに、一度、このお寺に来たことがあるのです。
そのとき、地区の青年部が何か作業をしていた。そこで。「北沢忠の墓は?」と聞くと。この長光寺だったのです。
なんでももっと上流の横沢地区という場所にあったらしいが、皆が詣でるのが大変で墓を移したのだとか。手を合わせてきました

ヤマアジサイ咲く
ヤマアジサイ咲く 彼の墓をもう出たときは、夏で、ヒマワリの昨時期でした。それから数年。

葉桐さんという茶商と出会います。この方、高校の4年先輩。1万円/100gの東頭(とうべっとう)というお茶を売っている方。わたしはコンサルタントとして。葉桐さんの商売の販促を手伝うことに。
そして2014年だったか東頭の茶園の取材をしてほしいと要望を受けます。
私は自動車の運転を始めたばかり。ナビに静岡市葵区の横沢地区をいれてむかいますが、当然ながら、横沢地区は広く。東頭の茶園の登り口にたどり着けそうもありません。そこで、早朝歩いていた老婆に「東頭の農園の場所はどこですか」ときくと、「いま、摘採の衆(働きさん)が北沢家に集まっている。あの家だよ」。そう。それが北沢君の実家だったのです。

可憐なヤマアジサイ
可憐なヤマアジサイ 東頭の取材の休憩時間に、北沢忠の話をしたらお母さまがいらっしゃいました。まわりの衆は「あのときも、茶園で茶摘みをしていたんだ、そうしたら忠が倒れて。看護師だった娘も勤務でいなくて、救急車が来たときは遅かった」。私は深い感慨をおぼえました。

15歳で偶然知り合ったもの通し。それが40年以上の時を経て、お茶というものでつながっていたのかと。

花粉をあびて
花粉をあびて カナブンでしょうか。必死になってヤマアジサイの花粉を集めています。

父母の記念撮影
父母の記念撮影 母曰く今日は調子がいい。父も散歩ができ亭満足でした。 後ろに見えるつり橋。ここを自動車が渡るのを初めて見ました。(汗


11時ころになったら雨が降ってきました。ちょうどよかったねといいながら車に乗り込み家に帰りました

ipadで撮る、梅雨のは時期の花の接写

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ちょうど、中途半端に、ipadで撮影した花の写真が残ったので、ipadで撮る花のシリーズをつくってみました。
ipadの長所と短所を整理してみました。

長所 短所
1 持ち運びが簡単で、邪魔にならない
2.薄いため、接写に強い。
3.ipad等は、最近とみに画質が向上している
1 ボケが一眼レフほどきれいに出ない
2.諧調表現(濃淡)が一眼レフに比べて劣る
3.紙焼きした場合に画質に差が出る

ということで、ipadで花を撮影する場合のコツは
1.接写する
2.余分なものを構図に入れない。
3.画像加工ソフトでトリミングなどして余計なものをとりさる。

です。


雨に濡れたバラ
雨に濡れたバラ 雫が表現しやすく良かったと思います。背景の白い壁、暗色系の木材も効果的ですね。

安倍川交流センターの駐車場のユリ
安倍川交流センターの駐車場のユリ 殆ど目をくれる人も負いませんが、一所懸命に咲いていました。

名前は知らず
名前は知らず 白い花がてまりのように咲いていました。

小さなパン屋のカラー
小さなパン屋のカラー ランニングコースにあります。いつ撮影しようかと思っていました。一眼レフならめんどうでスルーしたかもしれません。

ipadで撮影した画像は良い環境で撮影できたものは液晶の画面で見る分にはあまり差がないようになってきました。
ミラーレス一眼レフなども視野に入れています

6/27 ヒメボタルの撮影(森の精霊にあいにゆく)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

浜松の仕事から帰ってきて、Sさんを迎えに行く。そして撮影のスタートです。途中富士山の撮影をしようと考えましたが富士山が早々に姿を消したので、食事をして撮影ポイントへ。
別動隊のお二人も到着していて準備万端。機材を組み立てて撮影準備をします。

時刻は10時を過ぎたころから、ヒメボタルが蠢き始めて。撮影開始です。ヒメボタルの特徴は
 1.大きさ 源氏>平家>姫
 2.出現時刻 午後11時ころ
 3.点滅周期が短い
 4.陸生ボタルで、川ではなく、林や竹やぶに出現する。

木霊との対話の時刻
木霊との対話の時刻 精霊たちの出現です。

玉ぼけ
玉ぼけ ピントを薄くすると丸い玉ボケが楽しめます

社の精霊たち
社の精霊たち 満足行く撮影ができたので少し冒険。深夜にピント合わせが難しいターゲットを狙う、少しピントが甘いのはご愛敬

0時半撮影終了、1時半帰宅。就寝は2時でした。

6月21日 部分日食(日蝕)を出張先の古川駅でとらえる。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

6/21は日曜日でしたが移動日でした。もしかしたら部分日食(PM 5:07)が見れるかもしれないと思い。105mmの望遠レンズと一眼レフをもってゆきました。
無論、300mmの望遠レンズなども保有していますが、出張に持ってゆくのは不適です。近隣であれば自動車に詰みこめばことが足りるのですが、残念ながら出張先は東北。もってゆくことはできません。

以前なら根性で三脚付きもっていったかもしれませんが。今は還暦超えていますので(笑

基本、まあ、もっていっても撮れないなと考えていました。

すりガラスの部分日食
すりガラスの部分日食 東北新幹線で仙台を通過するときに雲間から太陽が。どうも欠けているようです。もしやと思い。曇り空の古川駅前でホテルに向かわずに5分ほどたたずんでいました。
16:59、すりガラスのような曇り空の中から太陽がのぞきます。天候が悪いのも幸いして、フィルターなしでも撮影できました。

以前、2012年ころに完全な日蝕を撮影できていますが、これはこれでよかったと思います。

6/20 大雨の中、甘利山の撮影行2/3 (レンゲツツジと富士山編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

甘利山に来た目的は雲海もあるのですが、メインはレンゲツツジです。このレンゲツツジと富士山を撮りに来たのです。
夜景の撮影スポットのレンゲツツジは標高1600m近辺。すでに、花が終わっていました。そこで標高を1700mにあげて、レンゲツツジの開花している場所を探すことに。


夜明けまつ、ツツジ自生地
夜明けまつ、ツツジ自生地 雲海も残っています。光の当たっている富士山と光の当たっていないレンゲツツジ明暗の落差が大きい。そこで、今回はリュックの中にNDフィルターを忍ばせていました。
NDフィルターの活躍で気持ちよく撮影できました。

200617ND.jpg
NDフィルター、明暗が上下で別れています。黒いフレームはレンズ装着用アダプターです。本来ガラス製(100mm四方)のものを購入するのですが、そうすると一式で4万円をこえます。
私はプラスチック製NDフィルター(70mm四方)のものを購入を購入、これで4000円くらい。地元の道具屋で入手しました。

たった、4000円で何回も使えて明暗落差の大きな写真がきれいにとれる。

朝焼けのとき
朝焼けのとき 雲が焼けて美しい朝焼けが来ました。

標高1700mのレンゲツツジ畑
標高1700mのレンゲツツジ畑 隣の人は毎日来ているらしい。その人が「今日の朝焼けが一番きれいだ」といっていました。ついています。

日の出どき
日の出どき レンゲツツジに光が当たり輝き始めます。

ここで私たちは山を下ります。時刻は午前5時でした。