タグ「撮影」が付けられているもの

美しいカワセミ舞う佐鳴湖

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

佐鳴湖を早朝訪問して、カワセミや野鳥の写真を撮ってきました。

持参したパンとお湯でスープとコーヒーを作りモーニング
時刻は6時半。持参したパンとお湯でスープとコーヒーを作りモーニングしてから撮影に臨みます。45分一本勝負です。

紅葉染まる、佐鳴湖
紅葉染まる、佐鳴湖 紅葉を背景にカワセミが止まってくれました。

アオサギ
アオサギ 日本最大のサギです。普通は撮らないですがふとこの日は撮ってみたくなりました。

カイツブリ
カイツブリ 最も小さい水鳥のひとつです。潜水が得意です。潜った場所とかなり遠い場所に顔を出すことが多い。

カワセミのホバリング
カワセミのホバリング 初めて撮りました。

加速
加速 ホバリングから一転加速して、水に飛び込むのです。

比較暗合成
比較暗合成 4枚の写真をphotoshopで合成してみました。比較暗合成という手法を使いました。三脚を持っていたので、きれいに合成できました。ホバリングから加速する様子がはっきりわかると思います。

流木に憩う
流木に憩う 佐鳴湖には6月の大雨で流木が流れ着き、カワセミにとって止まり木になっております。




一富士、二鷹ということで、ミサゴとオオタカを佐鳴湖で撮ってきました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一富士、二鷹,三ナスビは縁起物ということで、ミサゴとオオタカを佐鳴湖で撮ってきました。

■ミサゴ ミサゴは海鷲です。魚を捕まえるのがお仕事。
湖上を舞う
湖上を舞う 300mほどを飛んでいました。600mmの望遠レンズ状態でも点。ピントが甘くなりました。円を描き消えてゆきました。


■オオタカ
2006年にやっとレッドデータブックを外れましたが、野鳥ファン垂涎の的。オオタカ。
11月24日撮影(飛翔) レンズがズームレンズであるためピントが甘くなりました。ズームと単焦点。望遠レンズはピント範囲('被写界深度)が剃刀のように薄いので、最後の最後のピント。ここがズームだと甘くなります。

この画像を見て、次回は絶対に単焦点レンズを持ってゆくことを決意しました。

オオタカ
オオタカ(12月11日撮影) きれいでしょう!ミサゴに気を取られていましたが、もうひとつ大きな影が木の上にあることに気が付きました。まずは手持ちで撮影、
その後、三脚を据え付けて丁寧に撮ろうとすることに女性が大声を上げました。嗚呼。逃げてしまいました。
でも1枚だけでも、手持ちでもしっかりとれていたので大満足でした。

その後、何人にも「オオタカいたんですか?」ときかれました。
写真を見せると皆さん残念そうにさってゆきます。自分は運が良かったのです

今年もよろしくお願いします

田貫湖、白糸の滝で紅葉と富士山の撮影を行う。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日曜日、早朝4時に起きだして紅葉撮影の1日です。行動予定は以下の通りです
 ・午前5時半 田貫湖の日の出、最後の紅葉
 ・午前7時 白糸の滝と紅葉と富士山
 ・移動 白糸の滝→静岡市→清沢→千頭→寸又峡
 ・寸又峡撮影
 ・奥長嶋の湖上駅の撮影
総走行距離は230㎞静岡県内の撮影旅ですが、寸又峡などの渋滞が不安です。このため、いつでも食事ができるようにコンロ、熱湯を入れたポット、食料を持参していました。ちょっと無理目の移動を計画したのは紅葉の足が速いため、天候の安定しているうちに一気にとっておこうという計画です

湖畔の朝
湖畔の朝 朝焼けの始まる直前に湖畔に入ることができました。一眼レフ+三脚の撮影者は私だけ。

燃える秋
燃える秋 紅葉に光が南から当たり、人々も起きだして犬の散歩などの方が多くなりました。

キャンプ場の朝
キャンプ場の朝 炊事の湯気もあがるようになりました。キャンプ、コロナで大流行ですね。


さあ、撮るものとって、白糸の滝に移動です

白糸の滝の紅葉
白糸の滝の紅葉 本当は下に降りて滝と、虹も出ているかなあと思ったのですが、時間が切迫しています。また、寸又峡の渋滞が心配なので立ち去ります。新東名を経て静岡市へ、清水ICでおりてバイパスを羽鳥ICまで走り、清沢の山間地を抜けて寸又峡を目指します。





広島県庄原市の国営備北丘陵公園のウィンターイルミネーション

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

広島県三次市の仕事の後、地元の方のご案内で庄原市の国営備北丘陵公園のウィンターイルミネーションを撮影に行ってきました。
駐車場料金320円、入園料450円、特別展示「希望の光」400円です。


国営備北丘陵公園は3.4㎡の巨大施設なので、多くの方が来ていましたが、三密にならないですね.

森をイメージした入口
森をイメージした入口 素敵な世界を予感させます。

桜をイメージした巨木のリフレクション
桜をイメージした巨木のリフレクション 妖艶な印象を受けました。

水辺をイメージさせるリフレクション
水辺をイメージさせるリフレクション 虹の架け橋でしょうか

参加メンバーで記念撮影
参加メンバーで記念撮影 

中央の竹藪を抜けると機関車がいました
中央の竹藪を抜けると機関車がいました


有料「希望の花」エリアを含めた動画です

11/14 快晴を活かして田貫湖、本栖湖で富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

快晴を活かして田貫湖、本栖湖で富士山撮影しました。もっと言えば、田貫湖と山中湖で撮影し、山中湖でダイヤモンド富士を撮りたかった。
しかし。午後の帰路渋滞をみて、鳴沢で本栖湖側に引き返したというのが実態です。

紅葉終盤の田貫湖
紅葉終盤の田貫湖 富士山の雪も消えてしまった。田貫湖駐車場は満杯で。道路に車がはみ出ているような状況でした

本栖湖ブルー
本栖湖ブルー 本栖湖の展望駐車場も、道の駅の駐車場もトイレの駐車場も満杯でした。そこで国道300号上の小さなパーキングに車を入れて撮影しました。

カヌーゆく
カヌーゆく 真っ青に染まった本栖湖にカヌーがすいっと進んできました。

ススキ野の夕べ
ススキ野の夕べ 私的には不満でも、他県ナンバーの方々には貴重な富士山。ミニパーキングに車を入れて時間をかけて撮影されています。

最後に赤富士になりましたがそのころ、私は139号線で富士市を走っていました。渋滞にはまりながらも午後6時自宅着

11/08 富士五湖付近で富士山と紅葉撮影2/2(二十曲峠編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

実はタッキーとは、二十曲峠で待ち合わせしていました。二十曲峠は忍野村にあり、この山の裏側は山中湖村です。
もう少しお話しすると、二十曲峠は一度行ってみたい場所だったのですが。どうも山道である、このため道が狭い。ということで敬遠していましたが。「一度は言ってみたい場所」の一つでした。
ここは勇気を奮い起こしていってみることにしました。

午前9時8分タッキーと合流
午前9時8分タッキーと合流 現在のところ自分を含めて4台しか車はありませんが今後込み合う可能性があるため、タッキー(後)と縦列駐車をすることに。

記念撮影
記念撮影 タッキーは8時ころには到着していたため、いい感じで富士山が撮れています。しかし。私は移動中に富士山が隠れたためまだ撮影できていません。私は家でランチを食べる約束をしたため10時半くらいにはここをでたい。それまで富士山はでるか。


フォーで腹ごしらえ
フォーで腹ごしらえ 二十曲峠では東屋がありますので。富士山の出待ちの間に腹ごしらえです。野菜、鶏団子も持参。餅入り。初めて作りましたがこれがうまいのなんの

二十曲峠の楓の紅葉
二十曲峠の楓の紅葉 まさに今が見頃です。紅葉が終わると冬ですね。
途中プロカメラマンが現れたり、外人の集団が交互に現れては去ってゆきます。富士山がみえないから。

結局十時半になっても富士山は現れず11時に私は峠を下りました。そこで事件。ふと、忍野の地で富士山をみるとなんと出ている!
私はサイドヘアピンカーブを登っていきました。

二十曲峠からの富士山
二十曲峠からの富士山 タッキーが笑っていますが、それどころではない。車からカメラを取り出すと撮影に入ります。

楓の巨木と富士山
紅葉と富士山 この2日後に撮影した方の記事をSNSでみたが紅葉は散り際でした。

このあと富士山は隠れました。私は午後1時に自動車ディーラを訪問して、駐車場でつけられた車の傷の修理の依頼。
代車を得て、自宅に帰り午後2時にランチを食べました。

11/08 富士五湖付近で富士山と紅葉撮影1/2(精進湖/河口湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紅葉も進み、富士山に雪が来て撮影には絶好の条件ですが、天候が不安定。予報では晴れですが、雲レーダを調べると、なかなか微妙な情勢です。
結果も晴れたり曇ったり。そんななか、雪のある富士山と紅葉を撮ってまいりました。

今回の相棒はタッキーです。タッキーは昨年の安倍峠での私の車のバーストの件でご承知の方も多いと思います。雲レーダーの情報は適宜異なってきます。このため、タッキーとは合流場所を決めてそこで落ち合うという方式でゆくということになりました。

■私は精進湖でスタート
 精進湖の紅葉が実は素晴らしいので、混む河口湖をスルーするかあるいは回りたい場所をパスするという方針です。

精進湖の紅葉
精進湖の紅葉 素晴らしい楓の木です。しかし、精進湖ファンは「逆さ富士」「日の出」「星空」という意識が強いせいか、なぜかこの楓を撮る方が少ないのがポイントです。
昨年は日の出とともに撮れました。先週も来たのですが、晴れていながら富士山が出なかった。なかなか、とらえるのが難しかった。今日も空がいまひとつですがなんとか撮影できました。

■河口湖大石公園で紅葉撮影
もみじ回廊にいったがまだ、十分な紅葉となっていなかったのでパス。そこで大石公園に立ち寄ってから合流することに

桜葉の紅葉
桜葉の紅葉 このとき、午前7時半ころ。少しずつ晴れ間が広まってきました。富士山に雪、紅葉、そして青い空が気持ちよい。

コキアは終盤でした
コキアは終盤でした 先々週、コキアと富士山は撮っていたので、やや色を褪せていますが、これで満足とします。

紅葉と富士山
紅葉と富士山 楓とコキアのコラボを撮れました。

さあ、合流場所に急ぎます。


浜松の移動を兼ねて、早朝の富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

浜松の移動を兼ねて、早朝の富士山を撮りました。理由は快晴を活かしたいから。ただ、時間に制約があるため簡単に撮影できる場所、そして移動経路上にある場所を選びました。場所は徳願寺山。
前回は秋桜を主としていたので、夜景を主題に選びました。

静岡市夜景を従えて
静岡市夜景を従えて 壮大な富士山が撮れます。甲府の和田峠もいい場所ですが、すそ野のひき方が小さい。

眠れる街
目覚める街 手前は安倍川、静岡市中心部の夜景が残り、起床する人が増えてゆく時間。

安倍川河口
駿河湾に浮かぶ巨船 安倍川河口方面を撮影します。シルエットは伊豆半島。駿河湾に巨船が浮かびます。

秋桜
秋桜ゆれる。風が強い日で、秋桜は大きく揺れていました。


さあ、十分な撮影ができました。浜松へ急ぎます。

日本平夜景と富士山

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本平の夢テラスに富士山撮影に夕方きました。カップルがいっぱいいて(汗;


清水港夜景と富士山
清水港夜景と富士山 すすきがワンポイントです。

夢テラスからの富士山
清水港夜景と富士山 テラスにも記念撮影する方々も

9時まで開店しているようでdream

土曜日、買い物のついでに父母と徳願寺丸山花木台で秋桜と富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

土曜日、買い物のついでに父母と徳願寺丸山花木台に案内して秋桜と富士山撮影しました。

丸山花木台からの富士山と両親
丸山花木台からの富士山と両親 快晴です。母が足が弱いのでおぶってやらすか(静岡弁)というと、「いいロープがあるから自分でのぼる」と気丈です。その元気があれば長生きできるでしょう。

秋桜畑と富士山
秋桜畑と富士山 静岡市が一望できますね。気持ちがいいです。


いい感じで記念写真
いい感じで記念写真 お疲れ様です






奥日光の帰路、河口湖に立ち寄り大石公園でコキアと富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

奥日光の帰路、東北道→圏央道→中央道経由で河口湖に立ち寄り大石公園でコキアと富士山を撮りました。現地着、河口湖町の渋滞もあって午後3時でした。

大石公園駐車場横でコキアがみれました
大石公園駐車場横でコキアがみれました 昨年にない場所にコキアが植えられていました。

レジャーの河口湖
レジャーの河口湖 午後とあって、河口湖は釣り人やモーターボートなどリゾート気分でした。

コキアとすすきの競演
コキアとすすきの競演 この場所は大石公園の駐車場から見えないので観光客が少ない。すすきとコキアが良いバランスです。

秋深まる
秋深まる コキアがおわるころ、紅葉がきます。


撮影を終えて国道139号線に出て、鳴沢から富士ケ峰に抜けて井出ICから再び139号線。国道1号に出たのち新東名。午後6時ころにいえにかえりました。

奥日光の紅葉撮影の旅 2/7(小田代ヶ原貴婦人の木編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

小田代ヶ原は奥日光にある湿地帯。ある意味尾瀬ケ原によく似た場所です。そこに貴婦人の木という白樺があって、ある意味シンボル化しているというわけ。
青年の私がみた写真はその白樺の木だったのです。35年近い年を経て、やっと出会うことができるのです。

貴婦人の木
貴婦人の木 背後のカラマツは金屏風というのだそうです。私は前日雨だったから雲海を期待したのですが風が強すぎて飛んでしまった。やや暖かいらしく霜もおりなかった。ベテランや地元の人としては「面白くない」とのことですが、撮れて。しかも晴れて美しく撮れてうれしかった。

草紅葉と輝く金屏風
草紅葉と輝く金屏風 赤いのはズミの実です。草紅葉とは湿原の雑草が紅葉すること。

松本さん
松本さん 小田代ヶ原から赤沼駐車場ま出歩くことにしました。40分。彼女は10歳くらい年上ですが元気で、すばらしかった。

コナラの落ち葉
コナラの落ち葉 さくさくした落ち葉を踏みしめて歩く喜び。早朝おきも、睡眠不足もすべて吸収してくれそうです。

光降り注ぐ森の中
光降り注ぐ森の中 黄色く染まった森の中をときおり、カラが飛び交い、雲は動きます。

旅はまだまだ続きます。


奥日光の紅葉撮影の旅 1/7(星空編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

若いころ、写真に興味を持ちひそかに写真家になりたいとおもったことがあります。そんなとき購入した写真コンテスト雑誌の月例会で推薦(最高賞)を撮った写真が奥日光の写真でした。
それ以来、奥日光には興味を持っていたのですが、当時は情報も少なく、かつ、車にも乗れなかったし。遠距離であるため撮影に行くことはなかった。しかし、
自分の年齢が高くなり。そろそろ行っておかないと行きたくても体力的に無理ということになっていってきました。情報源は日光に住むFacebook友達で、そういう意味でSNSはありがたい。

10/23日金曜日、仕事がキャンセルになったため天気が悪かったですが天気予報を信じて、仲間と午後4時に出ました。同行者はFacebook友達のピカリンです。当社に来ていただき、車を我が家の駐車場にいれてでかけます
新東名から御殿場JCから東名高速に乗り換え、海老名から圏央道にゆこうと考えたのですがすごい渋滞。そこで首都高にながれて東北道を目指します。
その判断が誤りでした首都高地下で1mmも動かない事故渋滞に出会い。大きく時間をロスして、東北道蓮田ICに入ったのが午後8時すぎといった有様。そこで夕飯を食べて宇都宮を目指します。鹿沼でIC下で給油して宇都宮ICから日光道、いろは坂を経由して奥日光の赤沼駐車場に到着したのは午後11時過ぎでした。

車を駐車スペースに収めて夜空を仰ぐと満天の星空。感動したので寝る前に撮ることに。

オリオン座輝く夜空
オリオン座輝く夜空 山の右に見えるオリオン座の左から天の川が天空に延びていました。

天の川と透明感のある夜空
天の川と透明感のある夜空 黄葉したカラマツの上にカシオペア座の天の川。寒かった。気温は氷点下1度でした。

ここで車内で眠りにつきます。睡眠時間3~4時間。午前4時に起きだしてバス停にならびます。

小田代ヶ原行バス300円
小田代ヶ原行バス300円 4:30発、満車でした。検温、マスクして乗り込みます。到着した小田代ヶ原。憧れの地です

北斗七星
北斗七星 そろそろ夜明けが近づきます。第二便できたFacebook友達の松本さんと合流できました。彼女と出会うのは9年ぶりくらい。


どんな風景が我々を待ち構えているのでしょうか。

10/18 静岡日本平から大きく冠雪した富士山が見れました!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡日本平から大きく冠雪した富士山が見れました!実は撮影にゆくつもりはなかった。朝、5時におきて、ストレッチをしてるとどうも晴れているみたいです。そこでライブカメラの富士山をみると大きくゆき乗っている。これは!と思い身近な日本平に車を走らせました。

■日本平ホテル庭園からの富士山
ホテル駐車場にいれようとすると、ちょうどゲート番の方が駐車場を開放するところでした。

日本平からの富士山と清水港、朝焼け。
日本平ホテル庭園からみた富士山と清水港および朝焼け。黒い雲が印象的でした。

夢テラスからの富士山
夢テラスからの富士山 少し時間があったので異なる構図を撮影したくて夢テラスへ上りました。まだ開館していないので横から入れるので入りました。

富士山山頂に冠雪
富士山山頂に冠雪 やはり富士山は雪が似合います。

赤い靴の女の子
赤い靴の女の子の碑 そろそろ自宅に帰ろうと思います。坂を下ると日の出でした。

フジバカマの花
フジバカマの花 日本平は標高が307m平地よりは高度が高い。このため。フジバカマの開花が遅れているのでしょう

秋咲桜も見て日本平山頂をあとにしました。自宅帰宅午前7:00。

静岡県吉田町、おひさま食堂の美しいステンドグラスを撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

静岡県吉田町、おひさま食堂の美しいステンドグラスを撮影しました。

おひさま食堂は結婚式場の跡地にできたレストランです
おひさま食堂は結婚式場の跡地にできたレストランです 仕事でお伺いしました。

ステンドグラス
ステンドグラスのある部屋。午後になると光が差し込んできれいです。米津玄師がLemonを歌っていそうな。

仕事の途中で焼き立てマドレーヌをいただきました
仕事の途中で焼き立てマドレーヌをいただきました 焼き立て、おいしいですよね。

お化けのカービング
お化けのカービング ハローウィンのころ、サラダについてきます。

さあ、どういう展開になるでしょうか

10/13 浜松への道。東名から150号線。マリンパーク御前崎で富士山と日の出をねらう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

浜松への道。前日埼玉日帰り480km。睡眠6時間半だったので、4時半まで寝ました。そこで東名高速道路を吉田インターチェンジまでつかい。そこから150号線。マリンパーク御前崎で富士山と日の出をねらうことにしました。
朝焼けが始まり始めて少し焦りましたが、おかげで日の出前に現地に到着、駐車場も広くすんなり撮影体制へに

■御前崎から初めて富士山をねらう。
とにかく初めてだったので、試行錯誤しました。
朝焼けの時刻(御前崎)
朝焼けの時刻(御前崎) 画面左下に富士山が見えます。ただ、雲海が支配しているので頂上だけですが。様子が分かったので正月にもう一度来てみたいです。

日の出前
日の出前 空は青くなり、風がやみ風車が止まりました。

いよいよ日の出が近い。そのときあることに気が付きました。

茜に染まる海岸線
茜に染まる海岸線 富士山に気をとられていましたが、海岸線が茜に染まってきれい。波打ち際までおりて、撮影開始

日の出
茜に染まる海岸線 御前崎岬を超えて日の出です。
気持ちいいなあ。

背後で女性が1人撮影しています。

車に返ってモーニング
車に返ってモーニング 時刻は6時半 近くのコンビニで買ったおにぎり+サラダと持参したうどんとデザートのカキ。温水を持ってきたのでコーヒー。
うまいなあ、気持ちがいい。

7時半までいて、150線を浜松にむかいます。

10/12 埼玉県への道すがら田貫湖の日の出を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

10/12 埼玉県への道すがら田貫湖の日の出を撮ろうと思いました。快晴。富士山もよく見えます。

午前5時半田貫湖着。朝焼け、日の出に間に合いました。

夜が去り行くとき
夜が去り行くとき 車を止め、湖畔にたつ。星は去り、朝焼けの時間となる。日の出まであとすこし、今日の日の出時刻は5:50ころです。

しかし、富士山の裾野から日の出なのでもう少し我慢です。その間撮影者が二人ふえ、また、釣り師が桟橋からボートを出したため逆さ富士が崩れるということがありました。
午前6:00過ぎても日の出はまだ。運転計画では7:00に河口湖。8:00狭山でモーニング。8:30過ぎにでて9:30に現地、10:00からコンサルの予定なのでそろそろ出てもらわないと困る(汗


田貫湖の日の出
田貫湖の日の出 きれいに日の出しました。いそぎ車に戻り。機材を再梱包してエンジンを始動します。ここからは仕事の時間。

談合坂SAでモーニング
談合坂SAでモーニング 7時半すぎ、談合坂SAへ入りました。ここでモーニングとします。持参したお湯をつかいインスタントラーメンとお茶を入れて一服。


さあ、完全仕事モードです

10/11 鷹渡りを撮影に行き、アサギマダラを撮る。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

10月11日、鷹渡りをねらって清水区山原にいってきました。初めての場所で、だめもとでロケハンも兼ねています。

すでに収穫はあって、第二東名のジャンクションと富士山が撮影できそうということがわかった。あとは本命です。

茶畑のアサギマダラ
茶畑のアサギマダラ アサギマダラは旅する蝶で有名です。GW前に、大挙して台湾やフィリピンなどから集団で飛来して、姫島という島で羽を休めた後に全国の山に散る。
そして秋に再び集結して故郷に戻ってゆく。

アサギマダラの開翔
アサギマダラの開翔 浅黄色のまだら模様なのでアサギマダラ。大きさはアゲハくらいです。だから蝶としては大きい。毒蝶で食べると鳥も体調を悪くするらしい。
主に、フジバカマの花の蜜をすい。アルカロイドという毒を体内に蓄えます。

竹林に憩う
竹林に憩う 今回は初めて茶畑と竹林でアサギマダラを撮りました。以前、伊良湖岬でも鷹渡撮影のときに撮っているから、今回ももしかしたらという予感はあたりました。

月
月 鷹の出現をまってぼんやり空を見つめていました。月を発見。

旅客機も通ります
旅客機も通ります 飛行機からはきれいに富士山が見えるはずです。

鷹渡り
鷹渡り 遠すぎてシュは識別できませんでしたが、サシバかなあ。今回は2回みました。

でもまあ。本命もみれたし。アサギマダラも撮れたし、低予算短時間、短距離のわりに成果は大きかった。



10/11 清水区吉原に台風一過富士山撮影にゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

10/11 清水区吉原に台風一過、雲海を期待して富士山撮影にゆく。3時50分におきて、速攻でした。しかし、駐車場は1台半を残して満杯。
入庫しようとしている後ろから車がきます。ライトをいつまでも照らしていると他の人の撮影に迷惑。このため、半分のスペースへ。どうもミラーが接触しそうなので、あきらめて頭から奥につっこみました。

取り急ぎ撮影開始。

北斗七星のある空
北斗七星のある空 富士山の真上に立ち上がる北斗七星が美しい朝です。

快晴の朝
快晴の朝 雲海は台風の寄背返しの風で飛んでしまいありませんでした。

満員のかねぶん駐車場
満員のかねぶん駐車場 特に今回目立ったのは女子カメラ集団を引率する若い男子たち。今の若者は礼儀正しくいい子たちばかりです。おじさんもまじって撮影できました。

いったん妻との朝食のため帰ります。

塩山ふれあいの森総合公園と秩父・曼珠沙華の里で彼岸花を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

塩山ふれあいの森総合公園と秩父・曼珠沙華の里で彼岸花を撮ってきました。

■塩山ふれあいの森総合公園
前夜出張のルート検討しているときに、彼岸花満開の情報が入ったので即決。

深紅の園
深紅の園 場所はすぐわかりました。最盛期の終盤でしたが、傾斜地一面の彼岸花を楽しみました。

季節を告げる赤
季節を告げる赤 やぶ蚊が多いのは閉口しましたが、なるべくきれいな株の残っている場所を切り取りました。

たったひとりの優雅なモーニング
たったひとりの優雅なモーニング 家からお湯を持ってきて正解でした。この季節になるとカップヌードルがおいしい。
安上がりだが心豊かな時間です。

■秩父・曼珠沙華の里
埼玉出張の帰り際、秩父路を通過中に偶然発見しました。秩父ではちょうど、彼岸花が見ごろでした。
一点の白
一点の白 真っ赤な大地に一点の白は目に鮮やかです。

さあ、家路を急ぎましょう