タグ「富士山」が付けられているもの

3/25 晴れ間を狙って富士宮市のお寺三か所で桜と富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

仕事を終えて、そのまま帰らず、晴れ間を狙って富士宮市のお寺三か所で桜と富士山撮影しました。

■千照寺
お墓にあるボリューム感のある枝垂れ桜が有名です。平日とあって撮影者は私しかいなかった。
枝垂れ桜ごしの富士山
枝垂れ桜ごしの富士山 仕事で仕方がないですが、もう少し日当たりがいい時間に撮影したかった。

桜の窓からのぞく
桜の窓からのぞく 夜景を撮影している地元の方もいましたが、昼間がいいですね。

■千光寺
富士宮市も合併して広くなりました。富士宮市の比較的中心部から、旧芝川町の柚野まで坂を上ります。
千光寺の枝垂れ桜
千光寺の枝垂れ桜 この場所は、柚野の撮影から10年目にみつけた場所なので、平日であるため私しかいないと思ったら先着がいました。なんといわきからのお客様
仲良くならんで撮りました。

■常境寺
千光寺と300mくらいしか離れていません。ついでに立ち寄ります。
常境寺の桜の古木
常境寺の桜の古木 なるべく家などが映り込まないように撮影します。

芝川駅付近、内房地区を抜けて家に帰りました。

3/22 三連休中日は撮影日 3/3 (白糸の滝周辺の花と帰路に芝川内房から富士山撮影編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖、白糸の滝周辺と経て撮影を継続しました。花がきれいだったのでマクロレンズで撮影しました。

ツクシ
地面に腹ばいになって久しぶりのマクロ撮影です。

紅梅
紅梅 綺麗に咲き誇っています。

フジサクラ
フジサクラ 小さく可憐な花を咲かせます。

ここで白糸の滝周辺から、芝川駅周辺、内房から国道150号線経由で自宅にむかいます。

菜の花と富士山
菜の花と富士山 途中、内房で撮影しました。

無事自宅に帰り、昼寝しました。

3/22 三連休中日は撮影日 2/3 (白糸の滝周辺で富士山と花の撮影編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖の日の出はすでに何回も経験しているので新しい撮影場所を求めて白糸の滝周辺に移動してきました。

菜の花畑の日の出
菜の花畑の日の出 この場所、天の川と撮影しても面白いかなと思いました。

ミツマタの花さく
ミツマタの花さく ミツマタは紙の原料になる木です、富士市周辺にあることはしっていたのですが発見!

梅林と富士山
梅林と富士山 菜の花とミツマタもいいのですが、奥に梅林を発見!

シリーズはもうちょっと続きます。

3/22 三連休中日は撮影日 1/3 (田貫湖で天の川を撮る編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本当は前日撮影しようと思っていましたが、天候の回復が遅れたため出撃を見送り、翌日回しとしました。

起床は2時。逆算して、前日は午後8時に就寝。3時半ころには田貫湖にいました。天の川撮影には時間は重要です。

 1.天の川が天に出てくる時刻 午前1時ころ
 2.ほどよい高度になる時刻 午前2時ころ('さすがにおきれなかった)
 3.薄明となって天の川の撮影が無理となる時刻 午前4時半ころ。

富士山を山頂の天の川
富士山を山頂の天の川 あと1時間早ければ、もう少し高度が低かったのですが、そのためには、午前0時半に起きなければなりません。

50分の長時間露光
50分の長時間露光 最後の方の5分くらいで富士山の右側あたりから月がでてしまいました。

星の動きからわかるように、田貫湖は真東に富士山をみるため、直角の方向に星が移動します。

入江に戻り朝焼けを撮る
静寂の入江。青の時刻です。実は最初の写真撮影のころ。桟橋に若いカメラマンがいて邪魔だった。どいてくれないので別の場所に移動して撮った。
カメラマンの常識として「自分だけ良ければ」とは考えないものですが連休なのでド素人が入るのは仕方ない。

皆さんは日の出を待ちますが、自分は新しい場所を開拓したく思いました。このとき、田貫湖の駐車場は溢れて場外に縦列駐車の列ができていましたが、その波をかきわけて移動します。

まだまだ撮れそうだ。


満月の日、本庄市まで。富士山撮りながら(田貫湖,西湖,河口湖)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

満月の日、本庄市まで。富士山撮りながら。仕事の移動のついでに撮影します。天気がいいのはありがたいのですが、満月。富士山撮影において満月はありがたいケースと、そうでないケースがあるんです。

満月が好適な富士山撮影 満月が不適な富士山撮影
1.花火と富士山撮影(花火の露出に富士山の明るさとのバランス)
2.パール富士(満月と富士山と空の明るさのバランス)
1.天の川の撮影
2.流星群の撮影

要するに、満月がありがたい撮影というのはイベントと特異日の撮影。このため、通常日であるようなケースは星空がきれいに撮れないということで、富士山撮影者にとってはありがたくないことの方がおおいということになります。

満月を避けたい場合には、月没の時刻がポイントになります。満月でも沈んでしまえば真っ暗闇ですから。でも、この日は4時ころに天高く満月が。

満月照らす湖畔
満月照らす湖畔 田貫湖は昼間のように見えますが真夜中です。星は、20分シャッター開放で撮影していますので軌跡を描いていますがその線はか細い。

西湖で紅富士を狙う
西湖で紅富士を狙う 河口湖ICから高速に乗りたいので、次の撮影スポット西湖へ。風が強い日で逆さ富士が得られず。

このとき、静岡大学大学院生に撮影中声をかけられました。理学部で生命工学を研究しているとか。西湖に合宿できているとか、独りで早朝の撮影に出たそうです。河口湖にゆくつもりといったらついてきました。

河口湖湖畔
河口湖湖畔 静かな朝の写真が撮れました。仕事のための移動です。ゆっくりしてはいられません。大学院生とわかれて、河口湖のICへむかいました。

移動中の行きがけの駄賃ですから贅沢は言えません。


3月、雨上がりに渓谷にゆき雲海と富士山を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨年facebook友達から教えてもらった場所が気になり、雨上がりに渓谷にゆき雲海と富士山を撮りにゆきました。
静岡市にある場所なんですが暗い中、車を走らせ、一端、谷底に。つまり雲海の下におちてゆきます、そこから急坂を車で登坂して頂上付近へ。撮影者は私しかいません

渓谷の雲海と富士山
渓谷の雲海と富士山 ここにいたるまで、怖いとこ何か所も、はじめてきたときはこのかなり下で登るのを断念したことがあります。

この日の反省点は
 1.出発が1時間遅かったので星を撮れなかった
 2.雲海の量が少なかった

風景撮影の難しさや微妙さを感じました。

中部横断道を覆う雲海
中部横断道を覆う雲海 中部横断道の清水ー富沢区間を走ったかたはご存知だと思いますが雲海が多いでしょう。その雲海ですよ。

さらなる上位の撮影場所を見つけました。次の機会に。

移動中に河口湖、朝霧高原で富士山を狙うが苦戦する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

移動中に河口湖、朝霧高原で富士山を狙うが,3月の天候不順に苦戦しました。

■3/5 雨上がりに富士山を狙うが
朝霧高原では富士山不発。時間があったので河口湖までゆきました。
雨上がり
雨上がり 雲間から富士山が顔を出していました。富士山がこの時間に撮れたのが河口湖のみ

甲府からの帰路、朝霧高原で富士山を撮る
甲府からの帰路、朝霧高原で富士山を撮る AM5時くらいに富士山が見える予定でしたが、AM7時くらいに雲がどいていたようです。うまくゆかないものです

■3/7 移動中富士山を再び狙う。
前回と同様に、静岡市では富士山は清水から見えていたようでしたが、富士市、富士宮市、朝霧高原、精進湖で不発。河口湖でなんとか一瞬とらえました。
湖畔の朝
湖畔の朝 どこからか流されてきたと思われる。流木は横たわっていました。

うまくゆかないので、なんども撮りたくなります。

3/1 雨上がりの清水区・吉原。雲海と天の川を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

3/1 (日)、雨上がりの清水区・吉原。雲海と天の川を撮りにゆきました。しかし、静岡市からの最短ルートをたどると、なんと残り1.5kmのところで「工事通行止め」
それはないぜセニョール。まったく、倉田まり子という状況で瀬名交差点まで引き返し、仕方ないのでかねぶん駐車場で撮影です。

雲海と天の川と富士山
  • Nikon D850 Mikkor 35mm f2
  • ISO10,000 f4 5秒
  • RAW WB=auto


雲海と天の川と富士山 さすが雨上がり。時間のロスが痛いですけれど、なんとか挽回します。


午前5時の天の川
午前5時の天の川 もう少し早い時間にこれれば、横たわる天の川が撮れましたね!

逆巻く雲海
逆巻く雲海 さすが雨上がりです。

茶畑の春
茶畑の春 雲海は少なくなりましたが、穏やかな茶畑の目覚めです

ちょっと残念なお話。隣の人がドローンをあやつりはじめました。私有地ですし、他の人の撮影の邪魔になるので、「許可を得ているか」と聞くと「はい」
では「誰の許可を得ているか」の質問に答えらえません。中国人です。

おかかえ茶園かねぶんさんの駐車場を使わせてもらって、かつ、写真を撮らせてもらっているという感謝の気持ちが重要だと思います。



2月末、嵐のあとの富士山撮影行(3/3)[岩本山 梅、河津桜、ツツジ編]

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ダイヤモンド富士の撮影後、CVSで朝食食べて富士市の岩本山に直行。梅と富士山狙い。しかし、岩本山は梅まつりの最中、駐車場が閉鎖。よって下のところに停めて徒歩。

■岩本山、10年前くらいからとっています。
白梅満開
白梅満開 岩本山は3年くらい前にお年寄りが転倒事故を起こし、立ち入り禁止地域が増え撮影しにくくなりました。

紅梅の大木
紅梅の大木 樹幹から富士山を撮影しました。

ミツバツツジ
ミツバツツジ 岩本山ではミツバツツジが自生しています。実は梅よりも好きです。

山を下り、富士市の南部へ。変える方向で撮影旅行最後の地へ

■雁堤(かりがねつつみ)桜の名所ですが河津桜を狙いました。
河津桜と富士山
河津桜と富士山 少し時期を逸したようです。来年来てみます

青空と河津桜
青空と河津桜 いい場所なのですが、人工物が多すぎるのが難点です。

菜の花と富士山
菜の花と富士山 雄大な富士山が望めます。

青空に笑う
青空に笑う 桜はやはり青空に似合いますね


5か所納得の撮影して、かえります。12時ちょうどに自宅到着

2月末、嵐のあとの富士山撮影行(1/3)[富士ヶ嶺 天の川編]

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2月三連休の初日。前日の嵐のあと、深夜から快晴が来そうだったので、午前2時半に家をでて富士ヶ嶺(旧上九一色村)に天の川を撮りに出ました。この時期は、天の川が富士山の上に出ます。

富士山頂に横たわる天の川
富士山頂に横たわる天の川(午前4時30分) 右上のT字型の星がさそり座。そのさそり座の尾から天の川が伸びています。実はこれは銀河系の中心部分です。

撮影データ
 1.Nikon D850 / Nikkor 28mm f2.8 /三脚 /レリーズ
 2.ISO10,000 / f8 / 13秒

星座の運行
星座の運行 もやっとしている部分が天の川 30分露光の間、寒いので、車のなかにいました。

撮影データ
 1.Nikon D850 / Nikkor 16mm f2.8 (DXフォーマットで撮影)/三脚 /レリーズ
 2.ISO100 / f8 / 30分


動画はこちら

伊豆からの春の富士山撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

移動を兼ねて、伊豆からの春の富士山を撮影してきました。

■達磨山夜景
修善寺ICまで6時前に通過すれば有料道路も無料。修善寺から戸田に抜ける峠が達磨山です。午前4時半に達磨山レストハウスに。車が一台、野宿しています。

駿河湾夜景
駿河湾夜景 沼津市(右)と富士市(左の夜景)夜景、富士山の上は北極星があり、星の軌道が楽しめます。
20分の露光を終えて次の撮影。そのとき一台車が入ってきてなにげにカメラマンらしい。

■沼津市戸田へ
達磨山から駿河湾方面に下ると、かつての戸田村。現在は沼津市戸田です。
断崖の県道をすすみ坂を下ると井田地区です。駐車場はどうやら、釣り師たちの世界。
浜辺の駐車場にピットイン
浜辺の駐車場にピットインします。

ジオからのぞく、沼津夜景
ジオからのぞく、沼津夜景 イチ焼けがきて紅富士になっています。

波に洗われる海岸線
波に洗われる海岸線 この撮影を終えてから、軽く朝ラン、地域の地形道路を理解します。狙いはまだあります。

ここでいったん、崖の上の無料パーキングにもどって50分ほど仮眠、実は桜に日の当たるのを待っていたのです。
菜の花の絵文字
菜の花の絵文字 実は井田地区のトレードマーク、あの文字の先の海岸でさきほどの写真を撮っていたのです。

駿河湾と河津桜と富士山と
駿河湾と河津桜と富士山と 実はとってみたかった風景がこれ。以前から河津桜があることは知っていました。でも、①遠い。②河津桜が開花していないと意味がない。③開花時期に天候や予定が合わないで3年ほど過ぎていました。今回は少し遅めでしたが目標はかなえられました。

しかし、この場所。かつての段々畑とミカン山。思いのほか急峻ですべるから危険。撮影者は3名でした。

このあと、富士山が雲に隠されたので朝食を食べに再び修善寺にもどりました。




2/15 徳願寺で河津桜満開。照明機材を使って富士山撮影。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2/15、土曜日。徳願寺で河津桜満開。照明機材を使って富士山撮影。翌日は雨なので。
午前4時起き予定でしたが、前々日など連日の夜のセミナーなどの仕事で起きられず。起床したら午前5時。慌てて機材を積み込んで撮影場所へ。

夜桜と静岡市夜景
夜桜と静岡市夜景 かねてからこの装備で撮影したかった、普通に撮ると桜が黒く沈んでしまうからです。

[装備]

 1.Nikon D850/ 35mm f2 /三脚
 2. 照明機材二器
 3.ポータブル電源 Suwaoki G500

妖艶桜
妖艶桜 この構図にすると桜のボリューム感がアップします。

駿河湾の朝焼け
駿河湾の朝焼け 綺麗に焼けてくれました。

春霞の朝
春霞の朝 うっすらと富士山がかすんでいます。春らしい撮影となりました。

装備の使い方の動画はこちら

結果は大成功、午前7時山を下りました。

岩本山で梅と富士山を撮影する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雨上がりに岩本山で梅と富士山を今年も撮影しました。


白梅の大木と富士山
白梅の大木と富士山 この日は早朝は大雨でした。このため、ランチを撮ってから家を出ました。ちょうど岩本山に到着するころ富士山が顔を出しました。

200213iwamotoyama_00001_01.jpg
蝋梅がとても良い香りがします。形からいって満月蝋梅でしょうか。青い空に映えています。


200213iwamotoyama_00001_04.jpg
紅白梅と富士山。雲も飛び気持ちの良い撮影となりました。

白梅と富士山
白梅と富士山 富士山を枝の間から撮りました。

万回まで今少しでしょうか。


久しぶりの日本平ホテルに桜と夜景と富士山を求めてゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

久しぶりの日本平ホテルに桜と夜景と富士山を求めて早朝撮影にゆく。
晴れがわかりやすく読めたのと、近い撮影場所だったので、朝の4時半に起きだしていってきました。

清水港夜景
清水港夜景 定番の撮影なのですが、美しい夜景が見れるためあきない風景です。

冬木立
冬木立 裸木がライトアップされ、かなたに富士山が見えます。朝焼けの気配も

早咲き桜と富士山
早咲き桜と富士山 日本平ホテルで一番最初に咲く桜。

小さな櫻花
小さな櫻花 メジロが日の出とともに沢山、飛んできました。

朝焼けと桜
朝焼けと桜 納得のゆく撮影ができて幸せです


妻との朝食を食べに家に帰りました。

2/2 薩埵峠で富士山と興津桜を撮影しました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

興津桜が開花している情報が入っていたので、薩埵峠で富士山と興津桜を撮りにゆくことになりました。
しかし、到着とほぼ同時に富士山が隠れてしまったので、1時間ほど出待ちしました。

薩埵峠の春
薩埵峠の春 この場所は数年前まで知る人ぞ知る場所だったのですが、結構、撮影者が多くなってきました。枝ぶりがいいのでここを撮影場所とします。

興津桜と富士山
薩埵峠は江戸時代地震で隆起したことによって、通行しやすくになったと聞きます。駿河湾の青と興津桜のピンクが気持ちよいです

興津桜
興津桜 興津桜は通常の桜に比べると小ぶりの花を咲かせます。

家に帰って11時でした。


2/1 西湖で静かなる星空を撮る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

河口湖の帰り際、西湖で夜空と富士山を撮ることにしました。

西湖夜景
西湖夜景 逆さ富士が撮れました。殆ど撮影者がいないと思ったのですが、先着者が1名。あとで1名が到着して3名の撮影となりました。

オリオン座と冬の大三角形
オリオン座と冬の大三角形 天の川もうっすら見えます。

二つの納得の撮影ができたので、家路を急ぎます。途中、給油して午後11時前に家につきました。

2/1 河口湖冬花火撮影

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1月中旬から2月中旬まで河口湖で土日曜日は冬花火が開催されるのでいってきました。facebook友Tさんと河口湖の円形ホールで集結して、車をまとめて撮影場所。さらにもう1名合流。8時からスタートなのでお弁当を車の中で食べながら待ちます

河口湖冬花火
河口湖冬花火 月は半月でした。満月ならさらにきれいだったかも。

河口湖冬花火
河口湖冬花火II 花火の軌跡がきれいでした。

冬花火、祭りの後
冬花火、祭りの後 花火の煙が引いた直後。霧のように幻想的です

Tさん
Tさんお世話になりました。

今年も撮れました。あと、何年撮れるんだろう。