AI用語集 

私も当初は1900年代にAIを学習した知識が邪魔して、現在のAIの用語に面食らったものです。ここでは、初心者が現在のAIの全体像を理解するのに必要なキーワードを独自の解釈を加えつつ解説します。「まず、押さえておきたい用語」をご覧ください。

「まず、押さえておきたい用語」

機械学習

機械学習でミックス犬を見抜く
 機械学習という機能がかつてのAIと最も異なる点です。ちょっと私が研究していたころのAIとの 違いをまとめてみました。仮に「犬」というものの識別を例にとってお話します。昔のAIは、犬とは「耳が2つあって、大きさは~、尻尾は~、足は~毛並みは」とすべて定義してなければなりませんでした。現在のAIはまず、ライブラリに犬を含めて他の動物の写真をタグ付きで投入します。タグは「犬」「猫」「豆柴」など写真に対応したキーワードをつけてゆくのです。
 ライブラリができたら、AIにその写真とタグを読ませます。その総称を機械学習といいます。これを何回か繰り返すとAIが犬を認識するようになるのです。繰り返し学習して理解を深めることがディープラーニングなのです。

 写真は機械学習データを活用して、AIにミックス犬の写真を与えて「機械学習でミックス犬を見抜いた」ケースです。この犬はシーズーとチワワのミックスですが、シーズが32%,マルチ―ズが27%と考え、シーズーとマルチーズのミックス犬という結論を出しています。

API(アプリケーション連携)

昔のAIはプログラマが1からつくりました。しかし、現在は、googleクラウドが提供するtensorflowというアプリなどを呼び出して、自分のAIをつくることができます。
API(Application Programming Interface)については詳細に解説します。

ディープラーニング (深層学習)

犬の写真をtensorflowに読ませ「タグ」と比較して正解、的中率を評価します。これを繰 り返すことによって的中率がアップします。基本的にディープラーニングは繰り返すほど的中率がアップしてゆきます。ただし、そうでもないケースも出てくるのでそれはプログラミング編でお話します。

python

オブジェクト指向型というタイプのプログラム言語です。センサーと接続 されたミニコンピュータ(Raspberry Pi)で得たデータをPCやサーバに転送し たり、あるいはAIで深層学習させるために使います。このため、近年では脚光を 浴びているプログラム言語で、pythonを使いこなせれば新入社員でも高額報酬が いただけるというように聞いています。

pythonでかいたdeeplearning構造のプログラム
図 pythonでかいたdeeplearning構造のプログラム

Anaconda

 AIを動かすためには、プログラム言語pythonなどのプログラムを実験的に 開発する環境が必要になります。また、AIをPCにインストールする作業も必要に なります。AnacondaはこのようなAI実行のための必要な環境を整えることを支援 してくれるソフトです。
 利用者は、Anacondaをパソコンにインストールしておいて、クラウドに接続し て、クラウドにある機能を使いpythonなどのプログラムを開発していったり、実 験的にAIを実行して思うような結果が得られるのかをテストします。

anacondaを使ったpythonプログラミング環境
図 anacondaを使ったpythonプログラミング環境

RaspberryPi

ラズベリーパイ 
RaspberryPiは英国で開発されたマッチ箱程度の大きさのミニコンピュータです。主としてIOT(Internet of Things)用として、また最近ではAIを動かすためにのコンピュータとして利用されています。特徴としてセンサーの取り付けやセンサーと連動したカメラなどの周辺機器との相性もよく。人感センサーを取り付ければ、人を検知するとシャッターを切ったり、動画を撮ったりします。また、pythonのプログラムを仕込んでおけばその画像などを所定のサーバやパソコンへデータ転送します。また、AIに転送させて機械学習させることができます。
現在、RaspberryPiには3型と4型があり、4型が最新です。しかし、4型は放熱量が多いためファンが必要となることから、3型が実践的といえそうです。 また、それぞれタイプAとタイプBがあるのですが、Bが初心者向けのため、初心者であるならばRaspberryPi 3型 B+を購入する人が多い。
RaspberryPiはボードだけのコンピュータであるため、キーボードも、マウスも、ディスプレイもありません、ただし、USBポートなどを持っているため。これら周辺機器を接続して細かな操作を行うことができます。

Raspbian

raspbian(ラスビアン)
 RaspbianはRaspberryPiを起動するためのOS(Operating System:基本ソフト)です。系統としてはUNIX系のOSで、Linuxに近いといわれています。プログラム言語pythonが実行できたり、マイクロソフトのオフィスにちかい機能を備えて居たり、Webブラウザも利用することが可能です。
 RaspberryPiは購入時に、このRaspbianをプレインスト―ルしていないものが多いため、利用前にRaspbianをインストールしてから活用するのが一般的です