2024年4月の創意工夫の男飯

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

男飯は無骨ですが、「おいしい、安い、気楽」という実利があります。

■撮影旅の朝食
 富士山の撮影旅に出た朝。無人の公共駐車場のベンチで朝ごはんしました。
パンとゆでたまご、サラダでモーニング
パンとゆでたまご、サラダでモーニング お湯さえ持って行けば、パン食はすぐに食べられるというメリットがあります。野菜を多く摂取すれば健康的です。

■撮影を途中で切り上げて、自宅でランチ。
富士山が隠れたので山中湖、御殿場経由で帰ってきました。自宅で途中で調理する予定の食材を使ってランチします。
ステーキランチ
ステーキランチ メスティンで1人前でご飯を炊いて、ステーキを焼きました。メスティンでご飯を炊いた理由はすぐ炊けてできたてご飯が美味しいから。
パスタは1人前ゆでて調理して、その1/4を盛り付けました。ステーキは塩コショウであじつけです。

夏みかんジュース
夏みかんジュース 夏みかんをむいておいて、シロップ漬けにして冷蔵庫にいれてあります、すべて食べ終えたあとの液体をジュースとしました。

■仕事日にステーキを焼く
仕事にキャンセルが入りました。キャンセルの入った顧客とランチ予定だったので、ランチがありません。自分で調理します。
ステーキ肉が1枚余っていたので焼くことに。ソースはビーフシチューを低頭してあったので利用して、ついでにハヤシライスにしました。
ステーキランチとハヤシライス
ステーキランチとハヤシライス 15分でつくれました。意外に豪華でおいしかったです。原材料費もあるものを使ったので500円くらいでしょうか。

男飯は創意工夫の世界です



GW、街角の花

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ゴールデンウイーク、富士山いまいちな日はそぞろ歩き、花を撮影します。

カサブランカ
カサブランカ 白い大ぶりの花が豪華さを醸し出します。

バラの花
バラの花 赤い花はなぜか、アンダーに撮影するとシックになります。

アイリス
アイリス 大ぶりのアヤメ。花が大きいのが特徴ですね。

セッコク
セッコク ラン科の花ですね。近くのブティックの軒先に吊るされていました。

ツバキでしょうか
ツバキでしょうか ジャスミンの花びらがおちていました。

季節は初夏に写りつつあるようです。

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)を撮りに城北公園へゆく

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今年は桜の季節があっという間で、城北公園のしだれ桜を取り損ねました。このままゆくとヒトツバタゴも撮り損ねる感じがしたので、富士山が隠れた4/29に城北公園へゆきました。

城東町公園の白い藤の花
城東町公園の白い藤の花 藤の花も最近、撮っていません。浜松出張の折に熊野の長藤をとっておけばというのは後悔先に立たず。

ヒトツバタゴ
ヒトツバタゴ 水戸光圀からこの木は何じゃ?ときかれて「なんじゃもんじゃ」と答えたからナンジャモンジャ。
正式名はヒトツバタゴです。

空を見上げて
空を見上げて 木の下にはいって空を見上げます。新緑と白が目の前に広がる。

ここからお堀へ歩く。
税務署のスズラン
税務署のスズラン 税務署の看板下にスズランが軍勢している。今年は数が少ない気がする。

暑いので汗をかく季節となりました。

4/28 ピカリンと行く富士山一周の旅4/4(忍野編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

創造の森から、忍野八海へ。このころ午前10時になっていましたので、雲が富士山を隠してしまわないか心配です

■忍野の春
もしかすると桜が残っていればと思いましたが遅かった。でもせっかくですから、春らしい写真が撮れればと思いました。
ミツマタ咲く新名庄川
ミツマタ咲く新名庄川 観光客と葉離れた土手にミツマタがひっそりと咲いていました。

耕す人
耕す人 農鳥が見えるころ、畑の土起こしがおこなわれていました。

春色染まる
春色染まる 桜が散ってしまってもミツバツツジとレンギョウが彩を添えてくれます。

■花の都公園
忍野八海から車で15分くらいです。しかしこのころには気温が高くなったせいか雲がまわってしまいました。
それでも有料駐車場に車を納めて撮影にいそしむことに。

チューリップ畑と富士山
チューリップ畑と富士山 まさにお花畑です。一瞬雲が薄れた瞬間に撮影しました。オランダかもという風景ですね。

観光客の車の流れと逆行して、山中湖旭ケ丘→篭坂峠→御殿場→裾野→沼津経由で自宅に帰りました。午後1時半でした。


4/28 ピカリンと行く富士山一周の旅3/4(河口湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖から本栖リゾートを経て、河口湖に入ります。

■ネモフェラ
SNSから情報を得て、ネモフェラが咲いていることを知りました。大石公園にゆきます。
青き世界
青き世界 ブルーに染め上げられた湖畔に感動しました。
ここからもう一か所行きたい場所がありました。大石公園から車で20分の場所にあります。

■創造の森
河口湖の恋路交差点を南下します。富士山山麓の森を進むと「創造の森」があります。
ミツバツツジと富士桜咲く場所
ミツバツツジと富士桜咲く場所 青とピンクと色。感動的な風景でした。

hujizakura
富士桜 GWのころの可憐で可愛い花が咲きます。

野を染める桃色の景色
野を染める桃色の景色 豪快な富士山と繊細な花びらの世界が春の野を演じます。

さあ、さらに次の場所まで移動します。

4/28 ピカリンと行く富士山一周の旅2/4(本栖シバサクラ祭編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

田貫湖での撮影の後、午前7時に本栖リゾートでシバサクラ祭があるのでいってみました。この場所は時間がたつほど渋滞します。また河口湖方面ほど渋滞します。
先回り、逆回りする戦略です。

■無料駐車場に停める
 有料駐車場と比べて300mくらいしか違いません。だったら無料でいいと思います。一昨年くらいに気が付きました。

■GWの花々
 本栖リゾートの標高は960mなのでGWでも桜が見れます。
ズミの花
ズミの花 バラ科リンゴ属の花です。桜に似ていますよね。

ズミとレンギョウ
ズミとレンギョウ 黄色い花がレンギョウです、マンサク、レンギョウ、サンシュウユは春の三黄といわれます。

■シバザクラ
 ここは有料施設で1300円/人です。
にぎわう本栖リゾート
にぎわう本栖リゾート 色とりどりの写真が撮れました。


竜神池とシバサクラ
竜神池とシバサクラ 色とりどりのシバサクラが絨毯のようです。

さあ、渋滞する前に河口湖にむかいます。

長岡駅周辺のランニング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新潟の出張は長岡駅周辺に泊りました。翌朝、長岡駅周辺をランニングしました。
ちなみに長岡駅は長岡藩の長岡城のあった場所にたっています。
長岡駅、良寛像
長岡駅、良寛像 良寛は出雲崎出身で穏やかな人柄が愛された僧侶です。今の若者は知っているかな

旧長岡高校跡
旧長岡高校跡 戊辰戦争に敗れた長岡藩。城下町は焼けて困窮を極めたところ、隣の藩から米百票が送られてきた。これを食べずに、国漢学校を作った。
これが新潟県立長岡高等学校の始まりです。人材を育てるそれが国の発展につながるという考え方です。

山本五十六記念館
山本五十六記念館 連合艦隊司令長官山本五十六の生家跡の祈念館 本名は高野氏、父が56歳のときに生まれたので五十六です。
ここから山本家に養子にいきました。以前、中学校時代の作文をみたことがあります。遠足の作文だったと思うのですが、大人かとみまがうきれいな字。そして、見事な
文章構成でした。今の大学生は勝てないかもしれない。そのくらい秀才だと思いました。

長岡戦災資料館
長岡戦災資料館 太平洋戦争中に長岡空襲というのがあって、長岡市は大変な被害にあった。その慰霊花火が長岡花火です。
その点は静岡の安倍川花火によく似ています。
その戦災の資料館が長岡市にあります。

この他、長岡の偉人というと幕末の河合継之助。このかたは戊辰戦争を戦い、戦死した長岡藩の家老で、司馬遼太郎の「峠」の主人公です。
江戸に学び、良い意味で経営学を心得長岡藩の改革を行った。さらに中立国を目指し武装して、江戸幕府と朝廷との中間的位置づけを狙う構想でしたが
破綻して戊辰戦争となりました。
非常に河合継之助は開明的で、当時三丁しかないガットリング砲(機関銃)を2丁購入していて、朝廷群を大いに悩ませますが多勢に無勢破れて逃げる途中に被弾した足の傷から黴菌が入り破傷風で亡くなります。
長岡は非常に文化や歴史のある城下町香りがします、工業の盛んな三条や燕は雰囲気として下町的雰囲気がします。


歴史を知り待ちを知る。そして人を理解する。コンサルとして重要と思います。

4/28 ピカリンと行く富士山一周の旅1/4(田貫湖編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GWの2日目、富士山の撮影にゆくことにしました。1日目は疲労回復のために使ったのが正解で、撮影にした人たちは富士山がでなくて撮影失敗だったようです。
ピカリンもゆくというので、午前4時に静岡市集合としました。

午前5時半、田貫湖到着。空き地に駐車して撮影開始。
ダイヤモンド富士を狙う
ダイヤモンド富士を狙う 4月20日が正式な田貫湖のダイヤモンド富士です。この日は8日後。完璧はないと最初から思っていましたが、とりあえず、快晴予報なので来てみました。ピカリンもダイヤモンド富士は初めてです。

ケアラシと釣り師
ケアラシと釣り師 到着直後からピカリンは「ケアラシがでている」と興奮しています。湖畔に三脚を建ててしばらくすると、釣り師が現れます。

日の出
日の出 撮影場所はもう少し南の方がよかったようです。でも、気持ち良い朝だし、問題なしです。

さて撮影は続行します。次の場所に急ぎます。

新潟のB級グルメ考

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新潟のグルメというと何を思いつきますか。ツウですと、ノドグロ、メヒカリ、南蛮海老、ヘギ蕎麦とかを思い出すのではないでしょうか。
銘酒は〆張鶴、吉乃川、景虎、八海山でしょうか。

■最初だけグルメ
 日程が詰まっているのと、新潟の中央地帯なので、寿司、海鮮グルメは難しいと思っていたので最初だけ奮発しました。
海鮮丼
海鮮丼 エビは多分、南蛮海老。南蛮海老は最初全部雄なのですが成長途中から雌になるものがいる。ぶりもおいしそうです。

■新潟のB級グルメ
 長岡に停まったのですが。長岡の店が殆ど飲み屋で、う~んといった感じ、夕飯にラーメンというのもあれですし、面倒くさいのでコンビニに入ってしまった。
イタリアンと吉乃川
イタリアンと吉乃川 部屋の見しました。部屋すると「おひとり様」扱いされませんし。気楽に安く飲めます。
個人的には「おひとり様」だとカウンターの隅で背中丸めて窮屈に飲むことになる。金を払ってそんな思いするのは嫌だから。そういう店にはゆかない。

イタリアンは焼きそばにミートソースを載せたような洋食。新潟市などでよく見かけるメニュー。日本酒吉乃川は知る人ぞ知る中越の銘酒。

たれカツ丼
たれカツ丼 新潟のカツどんはたれカツ丼。肉はヒレカツ。ルートインホテルの朝食バイキングであったのでとりました。
あっさりとしたカツです。ご飯はたべず、小さなパンをとった。

帰りの新幹線のタレカツおにぎりと鱒のすし
帰りの新幹線のタレカツおにぎりと鱒のすし 時間がなくて、燕三条駅で購入。
タレかつおにぎりはこのあたりだけではないか。鱒すしは富山名物だが、糸魚川でも食べられる。

今回食べられなかったのが寿司と背脂ラーメン。布教に成功すると食べるちゃんすもあるかもしれない




なりゆきOKのランチ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

旅の途中のランチは、店が休みだったりして思うに任せない。

■上野原市山田屋。
上野原市は谷にできた街。よって、高低差が凄くある。ということは駐車所が狭い。なるだけ、駐車場の広い店を選定してあった。
しかし山田屋にゆきつかない。理由は看板がないから。
カツ丼
カツ丼 蕎麦屋と間違えて入ったら蕎麦がない。ただ、お年寄りなどが多いことに気が付く。だってランチが600円だったかすごく安い。でも麻婆豆腐定食だったのでパス。
理由はきらいじゃあなくて、原価が安いのを知っているから。カツ丼1000円超えたがボリュームがあってOK

■燕三条「ぜんてい」
11時半開店でいってみた。すでに10人くらい並んでいた。人気店らしい。でも、下足箱にきて気が付く。一度きたことがある。多分、三条商工会議所の仕事のとき。
ということは2010年くらいだったか。
海鮮丼とうどん
海鮮丼とうどん このメニューは決めていた。ランチはハムカツと刺身。850円で気をひかれたが油ものだったのでやめた。

■三宝亭
三条地方で有名な街中華のチェーン店。店内常に満員。
ラーメンチャーハン
ラーメンチャーハンセット 炭水化物メニューとなってしまった。本当はチャーハン+餃子を頼みたかったがセットがない。
にらんだとおりチャーハンがうまい

安いし、このうまさなら人気出るよねと思った次第。