タグ「父母」が付けられているもの

父母とゆく、水見色高山市民の森、足久保新光明寺(オクシズの旅)+小国神社

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今年は紅葉をよく撮りました。締めとして「父母とゆく、水見色高山市民の森、足久保新光明寺(オクシズの旅)+小国神社」編をお届けします。小国神社だけは出張帰りに一人で撮りました。

■水見色高山市民の森(オクシズの旅)
買い物のついでにドライブに連れ出しました。静岡市といっても15㎞くらいは離れています。
高山市民の森にたたずむ
高山市民の森にたたずむ 風景にとけこんでいます。

老夫婦
老夫婦 この日は天気が悪かったのですが、母は特に「紅葉が見れた」と喜んでいました。

老いについて考える
老いについて考える 自分はこの姿がいいな!と思っています。以前、スタッフのことを考えて無理しても人を切らないで大切にする経営をしていました。でもあるとき部下が「認知症bが来ている」と軽蔑するように父のことをいったときに「ああ、この人はそういう人なんだな」と思いましたが黙っていました。年を取ればだれでも衰えますので。この人は酒におぼれることが多く遅刻も多かった。技術があってもこのような人と一緒に仕事はできないなあと考えていた矢先に彼はやめました。辞めた後にちょっと首をひねるようなこと(仕事の記録が残っていない、受けたはずのない仕事が残っていたなど)が多かった。
少なくとも私は彼にできることはすべてしたと思っています。それで立ち去るならよし。だから、昔ほど遠くに呼ばれなくなったりしていますが今が一番いいのです。

■足久保新光明寺(オクシズの旅)
翌週、良く晴れて、父母の買い物にでました。再び新光明寺の紅葉がいいというのでいってみました。

紅葉と父母
紅葉と父母 紅葉は終盤でしたが、紅葉を堪能してもらいました。

落ち葉が積もる季節
落ち葉が積もる季節 植物はすごいなあと思います。葉を落として自分の体温が逃げるのを予防するのですから

最後の輝き
最後の輝き 気持ちの良い撮影ができました。SNSの皆さんの情報が役立っています。

■小国神社(演習の旅)
浜松の仕事の帰りに1人でたちよりました。

小国神社の紅葉
小国神社の紅葉 毎年美しい紅葉を見せてくれるのですが、今年はおかしい。葉っぱが半分の木でくさっている。

SNSでもそのことが話題となっていました。森町選出の県会議員がそのことを嘆いていました。自分は他の人が無駄足を踏まないように小国神社の今年の紅葉はいまひとつと書くのを辞めました。
人のこころや正しい情報の伝え方は難しいなと思います。


父母と興徳寺の彼岸花を見に行く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

父母に彼岸花を見せたくて富士宮市興徳寺へ。まず田貫湖を目指したのですが連休で3時間。しかも田貫湖の駐車場に入れず。興徳寺への裏道をたどる。

興徳寺は裏道を通ったので渋滞を回避してやすやすと到着。
彼岸花
彼岸花 日差しに輝いてきれいな赤です。

母が感動したピンク色の彼岸花
母が感動したピンク色の彼岸花 1週間過ぎても、よかったといっていました。

柚野の秋
柚野の秋 コロナの影響だろうか、お参りの方も少なかった。写真家はさらにすくなかった。

石段が登れない母のために車で坂を上りました。
石段が登れない母のために車で坂を上りました。

でかける。感動する、刺激を受ける。両親にとって大切と思います。

お彼岸の墓参りのあと、清水区うなよしで両親とうな重

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お彼岸になった。墓参りに行こうと母が言い出し、日本平の久能海岸にある宝台院という菩提寺を尋ねることにした。メンバーは父母と私たち夫婦です。
宝台院は別院を街中ではなく久能街道に建立したため不便になった。おとしよりはバスを二個乗り継がねばならない。町中から2時間くらいかかっちゃう。
そこで私が運転して4人で行くことになる。

献花
献花 加藤家の先祖は家系図を戦争で焼失した今、知りうることを書くだけ。戦国時代末期に近江の国の土豪だったが家康に仕えて駿河の地に、加賀+藤原だから加藤。ちなみに伊藤は伊勢+藤原。
宝台院は徳川家と関係のあった人々の子孫の寺。そのため廃院となった徳川四天王榊原家の墓を吸収合併している。

父の大好きな鰻を食べにうなよしへ
父の大好きな鰻を食べにうなよしへ 予想に反してわれわれで満席でした。

うな重上を注文
うな重上を注文 うなぎも大きく白身であることがよくわかり、ほっこりと柔らかに蒸されています。たれもしつこくなくおいしい。

ごちそうさまでした。

母の靴を買いに。鐘庵本店(三保)で桜エビ蕎麦ランチ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

母病院で靴を別の方に履いて行かれて靴がない。そこで靴を買いにでました。ついでに妻、父を加えて鐘庵本店(三保)で桜エビ蕎麦ランチをしました。鐘庵は静岡県を中心としたチェーン店ですがチェーン店とは思えないクオリティの店としてファンが多い店です。

■靴流通センター(清水)
車を運転しているうちに大雨になりました。
様々な靴を選べます
様々な靴を選べます、手前にもよい靴があります。

母はこの靴が気に入ったようです
母はこの靴が気に入ったようです

ではランチにゆきましょう。

■鐘庵三保本店
Facebookでここがおすすめということと、母が一度、鐘庵で食べてみたいとのことだったので実現しました。
桜エビ蕎麦と駿河丼
桜エビ蕎麦と駿河丼 いろいろ食べてみました。駿河丼は母とシェアしました。

父母の感想
父母の感想 父はそばがおいしかったそうです。母は桜エビが気に入ったようです。

父母も大満足でした。
父母も大満足でした。 確かにチェーン店でこれだけのクオリティなら価格も安価でありがたい。4人で3500円くらいでした。

■ミニストップでデザート
株主優待券を妻が持っておりまして、アイスが4人分無料となりました。
秋らしくマロンアイスをいただきました
秋らしくマロンアイスをいただきました 妻はチョコです。

3時間の旅でした。楽しめました。

7月四連休初日、父の靴を買いに行く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7月四連休初日、父の靴を買いに行きたいから「靴流通センター」に連れて行ってほしいと母にいわれました。

靴流通センター
靴流通センター 街中の靴屋で父の散歩靴がみつからなかったので郊外の店に来たのです。私がアッシー君。

今はいている靴
今はいている靴 これを超える靴があるか

店員さんがあうくつを探してきてくれました
店員さんがあうくつを探してきてくれました 5Eということはかなりの甲高。私が4Eです。なるほど、足のサイズは父に似たのですね。

試着、父も気に入ったようです
試着、父も気に入ったようです 

良い買い物ができたようです。これから蓮の花を見に行きましょう。

7/12 父母と妻と墓参り、会食(うな重)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7月のお盆がきました。そこで菩提寺の宝台院にゆき、お墓の草むしりとお参りをしてきました。
宝台院は日本平の久能海岸沿いに移転したため、私が運転、妻と父母を連れてお参りです。


宝台院別院山門
宝台院別院山門 

さて、母のリクエストでうな重をたべることに。場所は「うなよし」清水区の大曲にあります。いってみるとけっこう混んでいて、予約多数で6人掛け席が1つしか残っていなかった。
当然ながら私たちの後の方々は車で呼ばれるのを待つことに


父の大好物、鰻重
父の大好物、鰻重 母もここの鰻は好きだといっております。

うな重上
うな重上 運転手特権で上を注文!鰻たっぷりです

やわらかく、ほのかな味付けのうなよし
やわらかく、ほのかな味付けのうなよし 4人とも満足して、帰路につきました。


このとき、気温は31度、帰ってから昼寝しました。


7/5 父母と行くオクシズ・玉川路の長光寺のヤマアジサイ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オクシズの長光寺のヤマアジサイがよいというfacebook情報。土曜日に、買い物のついでにどうかなと思いましたが①母の心臓の脈がおかしい。②雨がひどいなどの理由で見送りました。
日曜日朝起きてランニングをしていると青空も少し見えます。朝食を食べて父母を誘いました。

母は、最近、雨が多くて父の散歩ができずに困っていました。父は若いころ静岡市の自宅を出て、梅が島から安倍峠、そして身延へ自力徒歩で下ったほどの健脚。91歳になっても散歩意欲が衰えません。しかし、母は不整脈からペースメーカを入れている立場。散歩に付き合いきれなくこまっているというわけです。散歩をさせないと、父が勝手に出て行ってしまう。そうすると悪くすると帰ってこれなくなる可能性がある。どうも方向感覚はおかしくなっているようです。スーパーでも車に帰ってこれないことがときどきあります。

なので、喜んでつれていってくれということに。午前9時すぎ出発です。

オクシズ、玉川地区まで家から30km。ちょうど島田市へゆくのと同じくらいの距離。北街道から流通通りにでて、梅ヶ島行きのバイパスに乗ります。新東名新静岡インターチェンジ前でバイパスをおりて、ひたすら北へ。

猫住職のいる長光寺
猫住職のいる長光寺 実はこの長光寺、私にとって縁がある。

実は静岡東高校に入学した1年次に北沢忠という。伴宙太似の巨漢と同級となりました。この男、玉川地区という山奥から来ているらしいとのことで、下宿生活なんだとか。
彼は柔道部に入り大活躍。また、クラスの体育の時にラグビーをやるとだれもかれの突進をとめられません。3人で止めに行って弾き飛ばされるのをみたことがあります。

その彼、拓殖大学の推薦が来ましたが断ります。そして受験で拓殖大学に入ります。
2011年ころ、FBを始めたら同窓生のマイウ・前田という男が「あいつ、死んだぜ。なんでもバイパスやって10年目だったそうだ」とのこと。その翌年くらいに、一度、このお寺に来たことがあるのです。
そのとき、地区の青年部が何か作業をしていた。そこで。「北沢忠の墓は?」と聞くと。この長光寺だったのです。
なんでももっと上流の横沢地区という場所にあったらしいが、皆が詣でるのが大変で墓を移したのだとか。手を合わせてきました

ヤマアジサイ咲く
ヤマアジサイ咲く 彼の墓をもう出たときは、夏で、ヒマワリの昨時期でした。それから数年。

葉桐さんという茶商と出会います。この方、高校の4年先輩。1万円/100gの東頭(とうべっとう)というお茶を売っている方。わたしはコンサルタントとして。葉桐さんの商売の販促を手伝うことに。
そして2014年だったか東頭の茶園の取材をしてほしいと要望を受けます。
私は自動車の運転を始めたばかり。ナビに静岡市葵区の横沢地区をいれてむかいますが、当然ながら、横沢地区は広く。東頭の茶園の登り口にたどり着けそうもありません。そこで、早朝歩いていた老婆に「東頭の農園の場所はどこですか」ときくと、「いま、摘採の衆(働きさん)が北沢家に集まっている。あの家だよ」。そう。それが北沢君の実家だったのです。

可憐なヤマアジサイ
可憐なヤマアジサイ 東頭の取材の休憩時間に、北沢忠の話をしたらお母さまがいらっしゃいました。まわりの衆は「あのときも、茶園で茶摘みをしていたんだ、そうしたら忠が倒れて。看護師だった娘も勤務でいなくて、救急車が来たときは遅かった」。私は深い感慨をおぼえました。

15歳で偶然知り合ったもの通し。それが40年以上の時を経て、お茶というものでつながっていたのかと。

花粉をあびて
花粉をあびて カナブンでしょうか。必死になってヤマアジサイの花粉を集めています。

父母の記念撮影
父母の記念撮影 母曰く今日は調子がいい。父も散歩ができ亭満足でした。 後ろに見えるつり橋。ここを自動車が渡るのを初めて見ました。(汗


11時ころになったら雨が降ってきました。ちょうどよかったねといいながら車に乗り込み家に帰りました

5/24 家族で大井川町、吉田町の旅(吉田の回転寿司徳兵衛寿司編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

母に吉田町に徳兵衛があることを告げていました。妻はちょっとしぶっていましたが緊急事態宣言が解除されたのでOKがでて家族で回転寿司食事会

食欲旺盛の84歳と91歳
食欲旺盛の84歳と91歳 元気でいてくれるのがうれしい。

自分はアジからスタートです
自分はアジからスタートです 年取って、青物の寿司の美味さがわかりました。

冷凍だろうけれど桜海老が食べられました
冷凍だろうけれど桜海老が食べられました 静岡春の味覚です

みそ汁はアサリ
みそ汁はアサリ アオサの味噌汁とアサリが同じ料金だったらアサリ選びますよね

ミナミマグロ
ミナミマグロ 口の中がさわやかになります

4人で8000円弱でした。

富士市、広見公園でバラの花を父母に見せる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

水ヶ塚駐車場から引き返してきて、富士市の広見公園に初めて来てみました。バラ越しに富士山が見える場所らしいです。たしかにこの日も少しだけ頂上が見えましたがすぐ隠れました。

赤いバラ
赤いバラ 深紅のバラです。これほど赤いバラは久しぶりに見たような気がします。

やわらかな木漏れ日の中で
やわらかな木漏れ日の中で 黄色のバラが静かに咲いていました。

色彩多彩なバラ
色彩多彩なバラ 花びらだけでも赤、白、ピンクと3色あります。

記念撮影
記念撮影 父母を記念撮影しました。

会談を下る
会談を下る 91歳の父の方が健脚。母は足が少しおぼつかない。父は若いころ、静岡市街から安倍峠を抜けて身延まで歩いたことがあります。

200517seven.jpg
広見公園前のセブンイレブンで休憩。 私はのどが渇いたので炭酸水。父母らはジャンボモナカアイスです。

12時半をめざして帰ります。

父母とグリンパを目指すも富士山隠れて水ヶ塚で引き返す

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

父母とグリンパを目指しました。理由は広大な富士山裾野に広がるチューリップを見せてあげたかったから。ただ、課題がありました。

 1.駐車料金が1200円と異様に高く、母が不満を持っていた(負担しないのだが)
 2.通常の入園料金が一人1200円と高額。

調べると、グリンパ今年は。静岡県民限定で、シニア60歳以上は600円。私+父母3人ともシニアです(笑
よって行ってみる気に。しかし、晴れ予報にもかかわわらす富士山不在、取りあえず有料道路に入る前の水ヶ塚までいってみることに。

雲海突き抜けると標高1200mの高地へ、青空が見えます。しかし水ヶ塚駐車場はコロナ禍で閉鎖、近くの窪地に駐車して取りあえずトイレに。

水ヶ塚駐車場で記念撮影
水ヶ塚駐車場で記念撮影 富士山はさらに上部までくもにおおわれていました。この状態でグリンパへいっても高額な料金を徴収されて意味がないので、引き返して別の場所へ行くことに相談で決定です。

おかめ桜がまだ咲いていました
おかめ桜がまだ咲いていました 5月17日、まだ桜が咲いていました。小さな桜です。

タンポポの花
タンポポの花 まるで季節が2か月前に戻ったかのようです。

夏ミカンでおやつ時間
夏ミカンでおやつ時間 車の中で、おやつをいただくことに。紙コップでいただきます。


さあ、次の目的地へGO!


GW初日、父母を茶畑と富士山のポイントにいざなう。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GW初日、母と早朝話をしていて「父を連れ出したいの」とのこと。三密を避けながら、人の集まらない場所で本当に家族だけで良い風景を見せたい。
そう思い、計画しました。話し合った結果、茶畑をみるでした。
最初は、日本平かなと思いました。車の中で母に「日本平」と「富士市」とどちらが良いときくと「行ったことのない場所」ということでした。富士市に決定。

■大渕笹場
ポイントにつくと、なんと駐車場が利用禁止。そこで、方向転換していると臨時駐車場がみつかり、そこに駐車。臨時駐車場から徒歩でポイントまで。
父母にはちょうど良い運動だったようです。
県庁知事室にある風景写真の場所で記念撮影
県庁知事室にある風景写真の場所で記念撮影 ハナモモがまだ少し咲いていてくれて彩をそえました。このちょっと前まで雲が富士山を遮っていたのに、ついています。

富士山のみえるセブンイレブンで、母からアイスをおごってもらいました
富士山のみえるセブンイレブンで、母からアイスをおごってもらいました

■富士宮市杉田
同じ道をたどって帰る方法もありますが、富士宮市、芝川から52号線経由でかえることに。
富士山と茶畑と父母
富士山と茶畑と父母 母は風景に感動したらしく、またいきたいねえといってくれました。

茶畑からの富士山
茶畑からの富士山 連れてきて良かったと思います。

父母が健康であればまた来れると思います。

お彼岸の法要がコロナ騒ぎでなくなって、菩提寺に父母をいざなう。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お彼岸の法要がコロナ騒ぎでなくなりました。でも、お彼岸でご先祖様に挨拶なしというも、どうかと思い菩提寺(宝台院)に父母をいざないました。

宝台院訪問
宝台院訪問 父は91歳ですがケムール人のようにスカスカ歩きます。母はゆっくりです。

スーパーで寿司を買いました。買い物を手伝いのついでに
帰路、スーパーで寿司を買いました。買い物を手伝いのついでに・・・

次はお盆でしょうか。そのときまでに病魔が収束していることを望みます。