さよなら山口、もう一度

2006年10月1日 湯田温泉の田んぼとSL

 いよいよ、湯田温泉に別れを告げるときが来ました。来年までお別れです。
刈穂の庵の
 稲刈りのあと、はざぎに稲を干して乾燥させています。
天高く
天高く:馬肥ゆる秋とはよくいったもので、柿の実も少しずつ熟してゆきます。
はざぎと彼岸花
はざぎと彼岸花:刈り取った稲、そして佇む彼岸花。秋の風物詩でしょうか。
陽光に光る On The Edge
陽光に光る:秋の鮮やかな光の中で彼岸花が束の間の輝きを取り戻しています。 On The Edge:はさぎにもう少し近寄ってみました。農家の苦労が偲ばれます。
天日を浴びて
天日を浴びて:自然乾燥が進む中でお米には美味しさが蓄えられてゆきます。
私はもう一度帰ってくるだろう
 湯田温泉はあいにくの雨。また帰ってこれることを期待して、駅に別れを告げる。
雨のステーション
雨のステーション:そぼ降る雨に。駅の線路も彼岸花も雨の中です。
貴婦人SL山口号 貴婦人SL山口号:雨に光るライト。ライトを反射させるホーム。雨の中、貴婦人が静かに現れた。
くすんだ窓から
くすんだ窓から:くすんだ窓、そしてのぞく線路。なぜか物悲しい雨の風景。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
I shall return.

trackbacks

早秋の銀山平 番外編 from Web店長の独り言ブログ

今回の撮影会で発表できなかった写真を紹介します。 今回も最高に美味かった、湯上り...

山口商工会館での講義 from 社長!?気は確かですか?

今年の五月にとあるホテルで講演を聴いて以来尊敬しておる アイ・リンク・コンサル

朝焼け from 藍ちゃんママの駿河湾日記

          朝焼けをご覧ください。 ほんの数分の出来事ですが、見逃してし...

朝露に濡れた植物たち from 京丹後のおやじのうんちく日記(19世紀の味京都農場)

朝起きると朝露に濡れた植物たちが綺麗でした。 蓼のお花畑です。 朝露に濡れたタデの花はピンクの色が一段と鮮やかで綺麗です。   &n...

朝焼け from 藍ちゃんママの駿河湾日記

          朝焼けをご覧ください。 ほんの数分の出来事ですが、見逃してし...

朝焼け from 藍ちゃんママの駿河湾日記

          朝焼けをご覧ください。 ほんの数分の出来事ですが、見逃してし...

朝焼け from 藍ちゃんママの駿河湾日記

          朝焼けをご覧ください。 ほんの数分の出来事ですが、見逃してし...

comments

たくさんイヤラシイ事をおねだりできるよ(/∀\*)) http://sns.fgn.asia/

  • 匿名
  • 2012年7月 1日 18:54

yamaさん
>ご無沙汰しています。
  こんにちは
>C57やまぐち号も懐かしい・・
 旅情ですね
>最後の写真、旅情とノスタルジーをかき立ててくれます
 さすがユースホステラー

ご無沙汰しています。
秋満載の写真の数々・・・
C57やまぐち号も懐かしい・・・
煙は流れても、雨に煙るSLはいいですね。
最後の写真、旅情とノスタルジーをかき立ててくれます。(^^)

  • yama
  • 2006年10月26日 22:19

クロハチさん
>くすんだ風景に彼岸花の朱色がはえます
 晴れる日もあれば、曇る日もあり
 そして・・・
>SLと雨と彼岸花。たしに物悲しい・・・
哀愁がある旅の風景です

べらさん
>こんばんは。
お久しぶりね
>自然乾燥のお米さぞかしおいしいんでしょう
 いま、結構、いただきものが多くて
 楽しんでいます
>SLくすんだ窓からの風景、なんか映画のワンシーンみたいです。
 う~んいい表現ですね、さすが!

工具や娘さん
>鮮やかな色に心躍ります。
情熱の赤ですか
> やはり、赤が好きなのかしら?
 宮崎の文化、風土にあうからですか

>やいちんのご家族の風景が目に浮かびそうです。
 楽しそうですね
 そんなきっかけあたえられてラッキーです

どらさん
>秋の風情ですね。
新井はいかがですか

>SLは動きのある写真の方が素敵ですね。
 結構、女性の割りにSL好きですものね

>>くすんだ窓からの彼岸花の写真
>本当にそう感じます。
 そうでしょう!

キッチンにいさん
>彼岸花。 まっかっかですね。
うまく発色しましたね
>どやったらこんなに綺麗に色が出るんでしょうか
 露出とホワイトバランスですね
>やっぱり逆光ですか
 違います、順光です

おさむくん
>SL好きの私にとって写真はあこがれます。
そうですか
 でも、視点がいつも同じなのが気がかりです
>くすんだ窓からのぞく線路いい情景です。惚れました。
そうでしょう、哀愁があって

まったり若旦那
>さよならシリーズ第2弾ですね。
はい!偶然
>2枚目の写真、バックがあるから彼岸花がすごく鮮やか
 そうなんですね
>SL、乗ったことないなあ。。
>乗り心地はどうでしたか?
 結構爽快でした。特に天気のよい日は
 気持ちよいです
>雨だと感傷的になりそうですね
 ええ

くすんだ風景に彼岸花の朱色がはえますね。。。SLと雨と彼岸花。たしに物悲しい・・・。

今橋さん
>そんなこと言わずによろしくお願いしますね
トラックバックしました

>トラックバックがあると正直、嬉しいです
 いや~もうしわけないっすね

>山口の風景が先生のサイトで見られる時に
 確かに

こんばんは。
自然乾燥のお米さぞかしおいしいんでしょうね~。

SLって普通に走ってるのですね!!くすんだ窓からの風景、なんか映画のワンシーンみたいです。

  • べら
  • 2006年10月25日 23:29

やいちん
>おーおかあしゃん、せんろっっだ。
>でんしゃ、きちゃよ。
>(けんぼー3号)
かわいいですね
>これ動いちょっとー?
 もう九州弁なんですね
>只今質問攻めに会っています。
 楽しい会話をしてください(^^

きみちゃん
>秋の終わりに近いって感じに見えちゃいました。
そうですね。その意味でもさよなら
>あ~~、寒い冬が来ると思うと
 上越は雪に埋もれてしまうね
>SLに乗ったのですか?
 4回ね

>SLは団扇じゃなく、記念スタンプ?かしら
 いい勘しているねバッチを貰ったよ

まつださん
>こんにちは
こんばんは
>秋色一色ですね、深まりゆく秋を感じさせます。
 有難うございます
>某放送局のドキメンタリーになりそうな画像ですネ。
 最近、ドキュメント調な編集をしていますのでそう思われるのでしょう
 ブログ編集のヒントにしてくださいね

KANIさん
>こんにちわ!!
  こんばんは
>秋っていいですネ~!
 いいですね、天高くですね
>柿の色と秋の青空・・合うんですネ
 ええ
>稲刈の終わった田んぼと彼岸花の色+はさぎ・素敵ですネ
 この組み合わせは一種の歳時記ですね

夕日に彼岸花、寂しさもあるけど、鮮やかな色に心躍ります。やはり、赤が好きなのかしら?
やいちんのご家族の風景が目に浮かびそうです。

和紙屋さん
>>ライトを反射させるホーム
>こんな構図もあるんですね。
そうっすね。4回目の撮影なんで
 なんとなく場所の特性がわかっていました。
>普段は何気ない景色ですが、こうして写真でみると、趣があっていいです。
 やっぱり、汽車のライトの反射が綺麗でしょう

ふじもっちゃん
>車窓から彼岸花…。
独特の空間なんですSLのなかは
>先生の来年までさよならの寂しさを感じます
 そうですね
 一生懸命仕事しましたので

しろくまさん
>彼岸花だけが鮮やかな色ですね!
ええ、この彼岸花と稲穂の色の調整に
 苦労しました
>他にはあんまり色がなくて、でもこういう風景って癒されます☆
 そうですね、この週は彼岸花全盛でした

佐藤さん
>初めて中央西線に乗ったときは、SLでした。
えええ、そうなんですね
>もう数十年間、中津川フォークジャンボリーに参加したときのことです。
あの伝説のコンサートですね
>サブステージでタクローが「人間なんて」を絶叫、メインステージへの乱入騒動があった1971年のことです。
 凄かったらしいですね

>あの頃は、みんなアツかった。
>嬬恋で涙している中年オヤジからは想像もできません。
 そうですねえ、時代は進んだのですね

ふみ店長
>こんにちは
こんばんは三条から帰りました
>刈取れた田んぼに彼岸花が映えますね。
 はい、思わず撮影です

>天日干しのお米は確かに美味しいです。
 そうなんですよね、

>雨の中のSLの黒色がとても雰囲気があって好きです。
 そうでしょう、折からの雨が、雰囲気を出してくれました

真っ青な空に柿、稲の天日干しに彼岸花
秋の風情ですね。

煙をはいて走っているSLの姿綺麗です。
やはりSLは動きのある写真の方が素敵ですね。
くすんだ窓からの彼岸花の写真
>なぜか物悲しい雨の風景
本当にそう感じます。

彼岸花。 まっかっかですね。 どやったらこんなに綺麗に色が出るんでしょうか!? やっぱり逆光ですか。

katagiyaさん
 新潟三条から帰りました
 飛び込み事故の影響が夕方まで残り
 ダイヤの乱れがありました

>SL蒸気、動輪の響き、石炭の匂いが伝わります。
昔懐かしい音と香ですね

>昔、撮影に出かけた事を思い出しました。
 青春を思い出しましたか

>私のブログにもUPします!
 お待ちします

SL好きの私にとって加藤先生の写真はあこがれます。くすんだ窓からのぞく線路いい情景です。惚れました。

こんばんは(^^)
さよならシリーズ第2弾ですね。

2枚目の写真、バックがあるから彼岸花がすごく鮮やかに見えますね!

SL、乗ったことないなあ。。
乗り心地はどうでしたか?
雨だと感傷的になりそうですね。。

そんなこと言わずによろしくお願いしますね^^
先生のトラックバックがあると正直、嬉しいですから・・・
それにせっかく山口の風景が先生のサイトで見られる時に
是非とも、もう一度お願いしますね
あまりに素敵な山口でしたものですから・・・

おーーーー
おかあしゃん、せんろっっだ。
でんしゃ、きちゃよ。
(けんぼー3号)

これ動いちょっとー?
どこ?
(けんぼー2号)

只今質問攻めに会っています。
(やいちん)

今橋さん
>先生のトラックバックを間違えて消してしまいました
 まあ、いいんじゃあないですか
>もう一度トラックバックしてもらえませんでしょうか?
 帰りましたらやってみましょう

おやじさん
>おはようございます
 こんにちは
 電車事故を乗り超えて新潟にいます

>幼少期を思い出すいい写真です
 そうかもしれません
>団塊の世代としては(^^)
 そんな時代もありましんたね

「加藤先生」
わー、秋も深まり、・・秋の終わりに近いって感じに見えちゃいました。
あ~~、寒い冬が来ると思うと、・・・
この景色よいつまでも、・・・って感じです。
先生SLに乗ったのですか?素敵~、・・
飛行機にSLに・・・素敵なお仕事です。SLは、団扇じゃなく、記念スタンプ??かしら、・・・。

先生 こんにちは
秋色一色ですね、深まりゆく秋を感じさせます。某放送局のドキメンタリーになりそうな画像ですネ。

KANIです
こんにちわ!!
秋っていいですネ~!
柿の色と秋の青空・・合うんですネ

☆はざぎと彼岸花☆おっしゃるとおり・・
稲刈の終わった田んぼと彼岸花の色+はさぎ・
・・・素敵ですネ

>ライトを反射させるホーム

こんな構図もあるんですね。普段は何気ない景色ですが、こうして写真でみると、趣があっていいです。

車窓から彼岸花…。
先生の来年までさよならの
寂しさを感じます…。

  • 藤本
  • 2006年10月25日 11:06

SL山口号の元気な姿を、久しぶりに見て、昔、撮影に出かけた事を思い出します。蒸気、動輪の響き、そして石炭の匂いが伝わって好いですね!

彼岸花だけが鮮やかな色ですね!
他にはあんまり色がなくて、でもこういう風景って癒されます☆

YS-11の次はSL C-57 ですか。
乗り物好きにはたまりません。

初めて中央西線に乗ったときは、
中津川-松本間はSLでした。
SLの汽笛と煙、懐かしい思い出です。

もう数十年間、
日本初の野外イベント 
中津川フォークジャンボリーに参加したときのことです。
サブステージでタクローが「人間なんて」を絶叫、
メインステージへの乱入騒動があった1971年のことです。

2万人の罵声と怒号が闇の中を飛び交っていました。

あの頃は、みんなアツかった。
嬬恋で涙している中年オヤジからは想像もできません。

こんにちは
刈り取られた田んぼに彼岸花が映えますね。
天日干しのお米は確かに美味しいです。

雨の中のSLの黒色がとても雰囲気があって好きです。

SL山口号の蒸気、動輪の響き、そして石炭の匂いが伝わります。昔、撮影に出かけた事を思い出しました。私のブログにもUPします!

先生のトラックバックを間違えて消してしまいました
最近、宣伝みたいなトラックバックが増えてきてまして・・・
大変申し訳ないのですが、この投稿でもう一度トラックバックして
もらえませんでしょうか?よろしくお願いします

おはようございます

幼少期を思い出すいい写真ですね。
団塊の世代としては(^^)

comment form

comment form