△HOMEアナリスト養成講座プロマネ養成講座システム監査合格講座
SUGI紀行 05/4月 05/3月 05/2月 05/1月 04/12月 04/11月 04/10月 04/9月 04/8月 04/7月 04/6月 04/5月 04/4月 04/3月 04/2月 04/1月 03/12月 03/11月 03/10月 03/9月 03/8月 03/7月 03/6月 03/5月 03/4月 03/3月 03/2月 03/1月 02/12月 02/11月 02/10月 02/9月 02/8月

Kato全国講演紀行  2003年 2月  


 土曜日です、東京で企業研修
平成15年 2月1日

 寒くて、眠い一日だったよ。

早朝、スターバックスのそばをすり抜け静岡駅に向かう 歩いていたら、JRAのビルがありました 研修を終えて上を見上げると日テレだ!


 御殿場市商工会でしずイン会議
平成15年 2月3日

 久しぶりに冨士駿東の皆さんに会える。

御殿場の商店街ではどこでも富士山が見えます 商工会のビルです。仮想工業団地が有名になって視察が多い 小林指導員、今日は愛知県の商工会視察をすかされました
こら!愛知県の商工会、電話もなしにアポをすかすなんて失礼だぞ。
富士駿東の若手指導員さんたち 御殿場は寒いからね。ストーブの火がありがたい いつもお世話になっています。頑張ってください


 東京の北府中で企業研修
平成15年 2月4日

 

新田義貞がいた。ここは古戦場である。知らない人は太平記を読むべし。 分倍河原で北条軍を下した。 研修先から分倍河原駅に出て、静岡に帰る。 PM5時に仕事を終えて、7時半には自宅にいたよ。 京王電鉄やるやないけ!


 急遽決まった、木曽講演
平成15年 2月5日

 

木曽福島商工会でIT講演会です 講演が終わると懇親会です。今日のメニューは鳥鍋
漆器販売の"よし彦"の加藤さん(左)と友達になりました もう、誰ともすぐに友達になっちゃう。イェ〜!


 ■講演が終わったら会員さんの”いしや旅館さんへ宿泊”
今日のお宿はこれ! 最上階のお風呂、露天風呂にいったら寒くて、速攻で撤収 リラックスしていますね〜


 ■木曽福島旅情
前日まで、この氷に蝋燭をともす行事があったそうです。 いたるところに残骸があった このように木曽は両側を山に囲まれています。 ゆえに日暮れが早いのと、めっちゃ寒い。

 木曽紀行
平成15年 2月5日

 ■木曽路で峠越えにチャレンジ1
 木曽福島の講演を終えた加藤は、伊賀青山町に移動するまえに午前中時間が空いたので、
妻籠(つまご)、あわよくば馬篭(まごめ)を旅することになりました。=アドリブで=
 はじまり、はじまり〜♪

午前9時13分の鈍行で木曽福島駅を発ち、 南木曽(なぎそ)に向かいます。この電車を逃すと、あとは11時台です 旅のおともは、だめんずウォーカーの”くらたま”と ショッピングの女王"中村うさぎ"のホストナビ
←南木曽駅について、早速、妻籠に向けて1時間のウォークです。     霜柱がきれい
道のあちこちに川が流れていて、 それが凍ってツララになっています。
道中見つけたお地蔵さん 中山道の碑 木曽義仲と巴午前が愛を語ったという見返りの松です
妻籠は南木曽から山道4キロ。まだ道のりは遠いです。
 to be contnue.

 ■妻籠宿に到着しました。AM10:40
妻籠の入り口は、江戸時代の風景を残していました。電線が邪魔 入り口すぐのところに高札場があります。 水桶も凍っています。「俺の愛で溶かしてやるぜ」と意気込んだが 蟷螂の斧でした。
 
水車を回す水です。これが下水とは思えない。 木枯らし紋次郎が「おひかえなすって」と出てきそうな格子戸  


 ■木曽紀行、ワンチャンスで馬篭に行く手段を模索します
観光案内所でバスの時刻を教えてもらう。 「たった10分ですが馬篭にゆけることが判明」 木曽路は木工芸が盛んなところで下駄やら箸やらを売っている。 木曽檜(漆塗り)の箸を買おうとするのに 店主、呼んでも出てこない しかたがないので金をおいて去る
 
腹ごなしに蕎麦屋に入る。 あれっ、この店、大学4年生のときに入ったことがある店だぞ。 天ぷらそば1000円也!、味はまずまず。暖かいのがなにより。  


 ■馬篭にバスでゆく
妻籠は貸切状態だ!と思ったら、中国人の大群が来た。 小路をすぎるとバス停だ 馬篭についた。撮影時間は10分しかない
古きよき町並みの撮影を捨てて、美しい山並みと馬篭の家屋を撮影 でも、悔しいのでバスから町並みをとる バスで南木曽駅にかえる。特急は1時間後だ。木曽檜の加工場を撮影



 三重県伊賀青山町商工会でIT成功事例講演
平成15年 2月6日

  伊賀青山町は名張の手前にあります。
もう少し先は奈良で、女人高野の室生寺長谷寺、北へ向かうと伊賀上野です。
わっかるかな〜?

講演前の和やかな雰囲気 聴衆も少数精鋭で真剣です。彼らは7人でポータルサイトを構築予定 加藤もつられて頑張ります


 滋賀県連サイト再構築計画、あきんドットコム指導
平成15年 2月7日

  昼間に伊賀から帰りました。午後に滋賀県連さんとB2BサイトSHIPSNET再構築
計画の打合せをして、夜は沼津に出かけてあきんドットコム指導です。

えっとですね、「サイトのヒット向上対策は・・・」 「そうです、やればできるんです」
聴衆も真剣にメモを取ります。 加藤のWebサイト指導は常に真剣勝負で濃密です。 つまるところは懇親会です。
 後日談。加藤は22:17分の静岡ゆきに乗り遅れました。
そこで機転を利かし、22:40分の三島行きにのり、三島から新幹線で帰りました
めでたし、めでたし。
 明日は、報告書執筆だ〜

 2月7日 三島で仕事、2月8日 船橋の報告書を書く
平成15年 2月7日

 

長崎の高橋さんから送っていただいた素麺を試食して感想を書く
加藤「素麺工場の味がしてうまい、ポン(拍手)」
「スーパーの素麺と全然風味が違う」
次女「ママ、おいしい」
長女「ふん!」 (反抗期ですみません)
母の育てたカサブランカが大きな花を咲かせました。 関与先様。大切に育てていますよ。


 福知山に仮想工業団地の合意を形成に行く
平成15年 2月10日

 

京都駅31番ホーム発車の「はしだて号」に乗る カニカニ。こんなんで客が呼べるんだろうか? と考えたのは愚かであることを帰りの特急で知る(超満員) 明智光秀ゆかりの福知山城です。江戸時代の殿様は朽木氏
   
  アナゴ寿司とキツネ蕎麦のセットを無理やり作ってもらう  
福知山は城下町だから、こんな古びた社がある 商店街でみつけた、小学生の書いたタイル。 福知山駅のタンゴ鉄道の乗換え口。観光客が多かった
 ○ドメインの提案として中澤裕子.netをサブ案として提案したら叱られた (中澤裕子は福知山出身)
 ○京都で漬物を買って帰った。(うまし!)

 船橋シェイクハンドネット最終回
平成15年 2月12日

 

東京駅"銀の鈴"で出版社と出版打合せ その足で、船橋へゆく。
本日最終回。シェーハンドネットのメンバーさんです。フルキャスト 中心の中田さん、お疲れ様です。


 銀座の診断協会、三島で仕事
平成15年 2月13日

 今日は東京と三島で仕事です

さすが銀座、ディスプレイに一工夫です いまだに良く分からない広告 銀座の柳通りから、やや北に診断協会本部があります
 
夕方の仕事のため、午後4時に診断協会本部を出る。 16:33の新幹線に乗り込む。三島に着くと夕暮れ 薄暮のなかを関与先の待つ駐車場に急ぐ。  


 しずおかインダストリアルパークの会議(原町商工会)
平成15年 2月14日

 原町商工会は沼津市にある商工会です。東海道の原宿にあります。

富士の湧き水をおすそ分けしてくれる造り酒屋 杉玉は造り酒屋の目安です
仮想工業団地の報告書の検討会です。県連の佐藤様も見えます もう、静岡では菜の花が咲いています。


 東京へゆく。
平成15年 2月15日

 2月15日(土)〜2月17日(月)まで週末を東京のホテルで過ごします。


世間はバレンタインデーに浮かれていますが、 加藤は明日の早朝出撃に備えて、睡眠です


●2月15日 仕事のついでに、下町にゆきました。
どうやら、下町の縁日のようです。人ごみが朝から出ています 露天が立っています。こんな雰囲気。好きだな〜 開運の太鼓です。叩いてみました。運は開けるでしょうか。


●2月16日 今日は別のお客さんのところにゆきます
品川プリンスホテルのブレックファストバイキングです。


●2月17日 東京の最終日です。・・・といっても翌日上京するのですが
品川プリンスホテルの雛壇。そろそろ3月も近いですね


 清水商工会議所でITセミナー
平成15年 2月18日


13:00 清水商工会議所で、来年度の仮想工業団地の打合せ
14:00~16:00 清水商工会議所でITセミナー。70人も集まりました。

パワー全開! 「儲かるWeb」を講義
17:30〜移動 ここから、明日の講義のために 中小企業大学校東京のある東大和まで移動です
東京校の夜景、図書館です。


 中小企業大学校東京校でIT研修
平成15年 2月19日〜20日

 東京校で、公的指導機関の診断士を持つ指導スタッフに製造業のIT事例  を講義してきました。

●2月19日 製造業B2B指導方針、診断手法を講義

東京校に集まるメンバーは診断士を持つなどレベルが高い


●2月20日 千葉県スタッフ、オートマ技研長井氏とパネルディスカッション
千葉県産業振興センターの青柳氏。 「なれない講義にあがった」そうです。でも、意外に冷静 ご存知、オートマ技研の長井社長。 もう、講義もベテラン大変、好評でした パネルをコーディネートする加藤。 皆さんの質問をパワーポイントに入力しています


 海老名に移動、えびな@神奈川の最終回
平成15年 2月20日

 

東京校のお庭。 東大和の町よサラバ!、また4月に会おう。 東京校で講義を終え、多摩モノレールで立川へ
 玉川上水(モノレール)→立川北
 立川(南武線)→登戸
 登戸(小田急線)→鶴巻温泉
 鶴巻温泉→海老名


 ●海老名での指導に先立ち、2時間ほど時間が余ったので、 かねてから興味のあった鶴巻温泉にゆきます。
将棋の名人戦の対局場として有名な陣屋 でも、加藤の入る温泉はコレ!駅で見つけた公共温泉


 "弘法の里湯"は、鶴巻温泉駅で見つけた案内板を参照して、たずねました。
 完全にゆきあたりばったりです
竹が渡してある露天風呂。 鶴巻温泉の湯は24℃しかないため、沸かしているそうです ちょっとお休み。


 さいたま仮想工業団地1周年記念総会
平成15年 2月21日

さいたま仮想工業団地が1周年を迎え、1000万円(公称:実はもっと多い)の受注がありました。
そこで、国会議員や各地のサイト責任者を迎えて記念総会です。

  参加サイト:

千葉の東さん
オートマ技研さんなど千葉のITグループ
燕商工会議所「磨き屋シンジケート」
滋賀県商工会連合会「SHIPSNET」
久喜市商工会
幸手市商工会「彩の国夢工場」
  参加サイトの方、有難う!

会場は埼玉工業大学 早速、名刺交換です。どんどん交流してね
ヤイコではありません、弊社杉山も成果発表 総会もたくさんの人々が集まりました。盛会だ〜♪
  これからも応援してね!

   群馬県の吉井町商工会でIT講演会でした
平成15年 2月21日

 昼間、さいたま仮想工業団地1周年記念講演からの移動です

講演を終えて10時に高崎駅に到着。高崎といえばダルマでしょう! 朝、静岡駅へ移動するために新幹線へ。 黒木瞳「納税おし!、ホホホと微笑む。国税局手ごわし 高崎名物朝粥をすすって、静岡に向かう

■2月21日の吉井町商工会からデジカメ写真

 講演をさせていただいた吉井町商工会さんから写真をいただきました

 数、多くの方のご参加有難うございます

 今日も働く、土曜日は静岡商工会議所創業塾
平成15年 2月22日

 

ホテルシティオで創業塾 豪華な昼飯をおごってもらう。診断士としての役得か?


 日曜日も働く。東京へ、3週間休めません私!
平成15年 2月23日

 でも、今日も元気だよ!

龍は縁起がいいからね。お父さん頑張ります。仏のご加護を


 日曜日ですが、仕事です
平成15年 2月24日

母が育てているカサブランカを見ながら、仕事に向かいます。
 休めませんが、仕事をいただくことは光栄なので頑張ります

 鯖江へIT講座最終回「知的所有権講座」
平成15年 2月25日

 半年続いた鯖江商工会議所のIT講座も最終回です。
知的所有権、特にビジネスモデル特許を語りました。

鯖江名物「梵」が応接室にありました 相変わらず旨い鯖江の夕飯。coffee付きが嬉しい 寒いなか、いつもたくさんの人に集まっていただきました。有難う


 鯖江を発って、高知に向かいます
平成15年 2月25日

鯖江の朝、いつも朝霧が立っています 新大阪駅で関空特急"はるか"に乗り換える。
動輪の広場で撮影
ペットボトルを飲みながら、はるかで海を渡って関空へ 関空に着きました。近代的な空間です。ここから飛行機で高知へ


 高知で電脳塾
平成15年 2月25日

高知といえば中田班長。 キーワード分析を語る加藤!堺の研究が炸裂 毎月熱心な電脳塾に集まる人々 高知精工メッキの岡尾さんと高知豊中技研の 山中部長による成功体験談のパネル。


 高知でIT診断
平成15年 2月26日

  高知でITビジネスを診断した後、中田班長に空港に送ってもらう 

坂本技研さんらの技術による太陽光発電機。 高知高専屋上にある太陽光発電機。くるくる回る。


 上尾にいって講演
平成15年 2月27日

新幹線に乗って一路埼玉、上尾へ 飲食業のIT活用を語る 大宮駅から新幹線に乗り換えて、一路関与先の三島へ


 下田商工会議所でIT研修
平成15年 2月28日

 春です。
 熱海から、特急「踊り子」に乗り換えたのですが、満員御礼で伊東まで立ちん ぼでした。

混雑の原因はコレ! 河津櫻。2月に咲く桜です。これは伊豆急行の窓から 下田商工会議所のITセミナー 相変わらず美味しい。うなぎがついている。


△HOME      △全国の銘酒を知ろう


アイ・リンク・コンサルタント
加藤忠宏
TEL:054-205-3320

info@katoken.gr.jp