解答速報トップに戻る
■総評

1. 比較的、昨年に比べて論文の難易度がこころもち軟化したように思われる。
2. 昨年度のAN同様に問3が最もやさしい内容である。
3. 問3は一見すると、簡単そうにみえるが、きちんとした情報システムについての"あるべき姿"の提示が求められているように思われる。

[結論]
 大企業に勤務している人が比較的有利な問題が問1、問2と出題された。しかし、問1は情報システムの評価法に ついて真剣に考えたことのある人であれば選択できたはずだ。


■出題傾向に関する考察

 出題傾向に関する考察は以下のとおりです。

1.問題意に関するテーマの細分化に関する濃淡の格差が大きい。
2.海外関連の問題が出題と、レガシーシステム、業務統合に関連するテーマ、システムに関する評価指標の出題 を予測していた。しかし、海外関連の問題がオフシェア(PMで出題された)と予測したが、標準化のテーマが出題されるとは思わなかった。


■難易度分析

[難易度] ★が多いほど難しい
 問1 ★★★☆☆
 問2 ★★★★☆
 問3 ★★★★☆

[結論]
 加藤は、問1選択が妥当と思う。理由は、以下のとおりです。
1. 論点が詳細ではっきりしている
2. 評価指標が明確にある。計数的に評価できる。


[問題選択のトレードオフ]
 各問題をとるメリットとデメリットは次のとおりです。要は、自分が選択した論文のメリットとデメリットを強く意識しながら論述できるかが論文の品質を決めることになりそうです。


問題を選択するメリット 問題を選択するデメリット
問1 経営管理部門や経営管理システムを構築したことのある人にとって、有利な問題である。
評価指標を構築するためには、経営目標を十分理解してなければならず、その達成度を評価するデータ収集加工と捉えられれば正解であろう。
単なるデータ加工に関する話やデータマイニングのテーマと狭く題意を捉えた人はおそらく合格ができない。
問2 実際に海外取引の経験者、国際ビジネスのシステム統合を行ったことのある人にとっては実力を発揮しやすい問題といえる。
大企業に勤務している人向き。
この問題は海外拠点と国内の標準化の相違点について詳細に述べなければならない。このため、海外の法規や標準について詳細な知識を持たない人は選択しないほうが無難であろう。
問3 問1、問2が取れなかった人のお助け問題。
従来の全体的最適化、ベストプラクティスを目指す情報戦略にヤマを張った人にとって、比較的親しみやすい問題。
問題の出題目的が問1や問2に比べて、あいまいであり、何を書いたら合格できるのかという確信を持って解答しにくい。 また、"あるべき姿"の妥当性も重要である。

[結論]
今年も問1が論文の王道であるといえる。そして、問2は基本的に「取ってはいけない」問題。問3は今年もお助け問題であった。問3を取った人が多いと思うが、しっかり書ければ問1を取った人が合格しやすいだろう。

解答速報トップに戻る