the sky アーカイブ

星の希望を見出す明日!=07/12/21井川の夜=

一年お世話になりました!:仕事をしながら多くの方と出会い、そして笑い、飲み、撮り、話しをしました。 自分の人生は充実したものでした感謝申し上げます。
星ながるる 星ながるる:星の綺麗な町、静岡市の最北端ともいえる標高700mの町、井川に仕事で赴いたときに撮影した星達です。 朝は近い 朝は近い:深夜に一枚バルブ撮影した後、温泉に漬かり深く眠り、 再び朝6時に起きだして・・・ 一番星の輝く朝 一番星の輝く朝:自分も人間ですから、辛いことや嫌なことはたくさんあります。 しかし、一点に光明を見出して、強く生きる。そんな誓いを新たにして新年を迎えることにしたいと思うのです 静岡では梅が咲いていました
静岡では梅が咲いていました:木枯らしが吹く中、駿府公園では、もう梅が咲いています。春は近いですね!

 明日への希望が見えたなら
人気blogランキングへ
明けない夜はありません。来年も宜しく!

2006年7月30日 京丹後・豊岡の写真Vol.1 2/5

豊岡の夕焼け

 コウノトリとトンボを撮影後、豊岡のホテルに入りました。空が綺麗な1日でした。
天高く
天高く:豊岡の空は、どこまでも天高く。気温は高め。発汗の空
たそがれは近く也にけり
たそがれは近く也にけり:ホテルの屋上に出て撮影しました。まさか、出れるなんて思ってもみなかった。
雲の流れ
雲の流れ:まるで雲に流れがあるかのような文様を見せて赤銅色に輝く空。
有難う今日の1日
有難う今日の1日:太陽が沈む、静かに夏の夜は更けてゆく。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
明日は京丹後にはいる。

霧島高原、夏・夕景

宮崎霧島探検隊 3/5

 今夜の宿に到着した探検隊は、炊事の準備を進めます。そのとき素敵な夕焼けに出会います。
えびの高原残照
えびの高原残照:えびの高原方面に日は沈む。少しずつ光は力を弱めてゆく
雲の流れ
雲の流れ:地表に風はなくとも雲は流れる。入道雲と流れ雲個の不思議な模様と色彩。
霧島温泉の噴煙と夕景 霧島温泉の噴煙と夕景:夕闇が迫った温泉街、静かに湯煙が昇る。その水蒸気は夕焼けに吸い込まれてゆく
入道雲の色彩
入道雲の色彩:入道雲は通常、青い空に立ち上がるものだという常識が間違いだということを知る。
さらば今日の日よ
さらば今日の日よ:今日も一生懸命に生きた。そして楽しかった。今日の日よ有難う。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
明日も幸せでありますように

空は天才的な芸術家だ!

2006年7月15日 相模原天然色彩劇場

夕焼けが多彩な色彩を見せてくれることは前から知っていました。しかし、数分間の中でこれほど多彩な 色彩を見たのは初めてです。
暮れ行く空
暮れ行く空:ずっと曇りがちだった空も日没を迎えて青空を見せ始めた。
残照とレンズ雲
残照とレンズ雲:赤く染まった空の中空にレンズ雲のような形をした雲が浮かんでいた。
茜の相模原
茜の相模原:ベランダで撮影した人々は皆、「相模原の夕焼けがこんなにきれいだなんて」といった。
アワスケさん ゴルゴ・クロハチさん アワスケさん:実は彼も密かにD70Sを購入していた。秘密兵器を取出してやおら夕焼けに向かってシャッターを切る。
ゴルゴ・クロハチさん:この精悍なマスク、真剣な瞳。ライフル銃のように構えた望遠レンズ。まさにスナイパークロ8。
日没を迎えて
日没を迎えて:日は沈んだ、夜の帳も沈黙の中で着々と歩みを進めている。
最後の残照
最後の残照:力尽きた太陽の光がいま、闇の中に没しようとしている。悪あがきのような残照が残った。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
明日はいよいよ・・・

天候の変わり目を狙え

2006年7月14日 静岡の旅 2/2

 藍ちゃんママ宅を辞して、静岡に帰る電車のなかで、この夕陽が尋常でないことを悟りました。
オフィス街の夕焼け 海外旅行に連れてって
オフィス街の夕焼け:急いでデパートのビアガーデンに上ってみたが美しい夕焼けが得られないことを悟った私は思い切ってオフィス街に出た。 海外旅行に連れてって:いったいここはどこ?と思わず聞いてしまいそうな夕焼けと全景。これが本当のリゾートならなあと思いました。
城が燃えている:早足にあるいて、駿府城の巽(たつみ)櫓に到達しました。思わず息を呑みました。「城が燃えている」
燃える巽櫓
燃える巽櫓:普段の散歩道は気象の変化によってこんなに心象風景が変わるとは想像だにしませんでした。
時代の追憶
時代の追憶:加藤家の先祖は近江出身の土豪で、家康に従って駿府にきました。ふと先祖の人生選択に思いを寄せてしまうような夕焼けです。
木立と残照:ここまで人工的構造物と残照の対比をみていただきました。
穏やかな空模様
穏やかな空模様:ふと、空を見上げると穏やかな茜が空を染めていました。ほっと一息をついたあと、レンズのピントを合わせました。
樹幹を漂う
樹幹を漂う:普通、夕焼けは木の上を染めるものです。でも、今日は違います
大自然の創造
大自然の創造:大自然はときに天才的ひらめきをするらしい。人智に及ばぬ
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
空は天才的芸術家です