紅葉 アーカイブ

柏崎赤坂山の紅葉

leaf of beatiful in Ground
 仕事で上越市に来ているときに、あいさん、とうふ屋さんと早朝撮影に来ました。 場所は柏崎市の赤坂山です。
赤坂山晩秋
赤坂山晩秋:柏崎市にある赤坂山は晩秋の気配(11/15)。紅葉が終盤です。
もみじの絨毯
もみじの絨毯:正門は鍵がかかっているので入れず。裏山から入りました。今日の撮影プランは最初からモミジの絨毯。
イチョウと落葉
イチョウと落葉:赤坂山のよいところは落葉松、イチョウ、モミジの3つの紅葉が楽しめるところがポイントです。
一陣の風
一陣の風:紅葉と折りしかれた絨毯のなか山門があった。 深く絞り込んで撮影するとき一陣の風が通り過ぎたようだ。(分かる?)
緋毛氈
緋毛氈(ひもうせん):心に染み入るような赤。昨夜の雨に濡れそぼち、静に朝の光に輝く。
落葉松のなかに眠る
落葉松のなかに眠る:落ち葉の輝きや彩りもあと少し。 静に土に帰るのを待つのみ。
折り敷く
折り敷く:重なり合って横たわる紅葉、静かに見守る石と苔。 短い命と悠久のとき

 紅葉のはかなさをご理解くださるなら!
人気blogランキングへ
新潟の紅葉も見納めでしょう

季節は移り変わりつつあります

秋深まる
 全国を旅していると季節の進行は手に取るようにわかります。 紅葉は樹上から地上へと移り変わりつつあります。
落ち葉と雫
落ち葉と雫(相模原):落ち葉を静に見つめていたら、雫を見つけてしまった。
桜葉の彩り
桜葉の彩り(相模原):桜の葉も散って、公園の地面を彩る。
ヤマモミジの紅葉
ヤマモミジの紅葉(韮崎):オレンジ色の空というかぐや姫の歌があったけな、なんて思いつつ色の中に 染まってゆく心。
黄葉のなかの果実
黄葉のなかの果実(塩尻):黄葉の隙間から鳥たちの好む果実が見える。
塩尻の秋深まる
塩尻の秋深まる(塩尻):松本平の南端塩尻。木曽路の終点だ。だから塩尻。
木々の根元の黄葉
木々の根元の黄葉(韮崎):ちょっと講演までに時間があったので、 ブッシュにもぐりこんで撮影してしまった。
枯葉
枯葉(韮崎):茶色も紅葉のうちと知る。
黄金色のぬくもり
黄金色のぬくもり(韮崎):黄色という色彩の構造を知るために露出を操作して撮影してみた。 露出の調整によって異なる感情が表現できることを発見。

 撮影者の工夫をご理解くださるなら!
人気blogランキングへ
紅葉も終わりに近いのでしょうか

紅葉の見納めでしょうか

12/4 雨に濡れた紅葉:京丹後での仕事の前に、雨に濡れた紅葉や落ち葉を撮影しました。 情報ではまだ紅葉が残っているはずだと思ったからです。 気候はきまぐれ 気候はきまぐれ:京丹後の気候は気まぐれです、雨が降ったり、急に晴れて虹が出たり。と思うと霰(あられ)。 そんななかで唯一残った紅葉を撮影しました 雨に輝く 雨に輝く:雨は意外に明るく、これをバックライトにすると、それなりの風情になります。 落ち葉の彩り 落ち葉の彩り:生命の最後の輝きを見せているかのような落ち葉の輝きが素敵です 濡れ落ちて 濡れ落ちて:濡れた落ち葉はしっとりとした質感を持っています。 埋もれ葉 埋もれ葉:落ち葉が降り積もり、切り株に開いた穴が埋まってしまいそうです。
12/8 逆光に輝く落ち葉:群馬の伊勢崎市に来ています。晴天のなか、光り輝く落ち葉を見つけました。 色とりどり 色とりどり:完全に紅葉しきらずに散ったもみじは 多様な色彩をとどめつつ陽光に輝く 季節の名残 季節の名残:気温が急激に低下している群馬では 秋から一気に冬へと季節が移行しつつある。 赤、鮮やかなり 赤、鮮やかなり:あまりに美しい赤なので、スーツにもかかわらず落ち葉の上に腹ばいになって 撮影してしまいました。

京丹後と群馬での紅葉の美しさがお分かりいただけたら
人気blogランキングへ
紅葉の写真はいよいよ見納めでしょうか

鯖江、西山公園の紅葉の輝き

11月23日 鯖江の西山公園での紅葉撮影:本当は撮影予定はなかったのですが、 地元の方から「西山で紅葉祭りやるんですよ」との情報。耳がダンボになりました。だって、紅葉祭りっていったら、 紅葉真っ盛りってことですよね。前日の宴会後、朝7時におきて撮影に向かいます。たった一人の1.5時間の撮影です。 しずくと落ち葉と紅葉のハーモニー 雫と落ち葉と紅葉のハーモニー:前日は雨、しかし、少しずつ雲も上がり光が差し込むようになった。 その一瞬を撮影。紅葉に雨の雫、そして、落ち葉。似合いすぎる。 黄葉 黄葉:赤と緑もいいけれど、黄色と緑もいいなあ。 拳を開くがごとく 拳を開くがごとく:ちょっと不完全、そんな造形と色彩にそそられます。 燃えるがごとし 燃えるがごとし:燃えるような赤におぼれるような錯覚。心を研ぎ澄ませふみとどまった。 緑の中の赤 緑の中の赤:たった一様なんだけれど、強い主張を感じた。

苔むして 苔むして:西山公園のそこここには可愛い地蔵がいる。 紅葉と地蔵 紅葉と地蔵:静寂中、お地蔵様と紅葉の組合せを楽しむ。
落ち葉の色彩と造形 落ち葉の色彩と造形:坂道の途中で見つけた美しい色彩 折伏して 折伏して:力尽きた紅葉は、散り初めて吹きだまる。 戻り道 戻り道:西山公園の色彩に未練を少し残して駅へ向かって坂をくだる

 ああ、もっと時間があったなら
人気blogランキングへ
旅の孤独を癒すような紅葉の美しさ

日本画にしたいような長嶺山の紅葉

ZUKUDAS佐藤さんとゆく撮影紀行 2/2:佐藤さんと仕事までの残った時間を 紅葉の撮影に賭けることにしました。

陽光を受けて 陽光を受けて:朝の光を受けて、紅葉は美しく多彩な色彩をまとっている。 天にそびえるカラマツ 天にそびえるカラマツ:黄金色がまっすぐと、天に向かって伸びているのです。
銀杏の輝き 銀杏の輝き:青い空、金色の銀杏。気持ちの良い風景です。 ナナカマド ナナカマド:七回、窯にくべても燃えないからナナカマド。
足元の紅葉 足元の紅葉:ほら、僕の足元にも秋が・・・ 一瞬の輝き 一瞬の輝き:この時間、この季節ならではの風景。金屏風を連想した。 真っ赤に染めて 真っ赤に染めて: 実を燃えつくすがごとくのような紅葉の姿。 光輝く 光輝く: まるでそこだけスポットライトが当たったかのような静寂と歓喜の風景

 紅葉の輝きが実感できたら
人気blogランキングへ
早朝から8時まで、納得の撮影でした

新潟弥彦紅葉谷の錦秋

新潟弥彦・紅葉谷の紅葉: 新潟は折からの晴天。鮭の撮影できる見込みのない青海川には未練がありません、そうそうに被写体を弥彦の 紅葉谷に移すべきだと判断しました。 錦秋 錦秋:折からの晴天、紅葉の状態も最高です。錦をちりばめたかのような紅葉の数々。 陽光を浴びて 陽光を浴びて:陽光を浴びて、紅葉は光り輝きます 緑と赤のバランス 緑と赤のバランス:補色の法則によって互いに引き立てあう赤と緑。紅葉は赤と黄色だけというのは間違いだと思う。 紅一色 紅一色:前日の敵がうちたくて早朝、電車にのる30分前の時間を使い撮影を再度試みます。 この鮮やかな紅。これが日本の美だと思う。

 30分撮影したら、もう朱鷺市パネルメンバーの集合です。その無念さがお分かりいただけたら
人気blogランキングへ
もっと時間を・・・

尾根筋を辿り富士山を探す

静岡・清水山公園の秋 Vol.2:清水山を上り詰めると谷津山という山へ続く尾根があります。富士山が見えるのかと思い尋ねてみます。 名残のモミジ 名残のモミジ:新潟の方は厳しい季節に入っているのかもしれないですが、静岡ではヤッケを着ているとまだ少し暑いくらいです。
清水山中腹の境内
若木の芽とイチョウの落葉 若木の芽とイチョウの落葉:清水山中腹の神社(昨日の)を経由して登ります。若木と落ち葉、対照的な風景です 陽だまりのなか 陽だまりのなか:もうすぐ寒い季節が来るのだろうけれど、なんだかまだほっとするような気にさせてくれる陽だまりがあります。 昨晩の雨のなごり 昨晩の雨のなごり:昨晩降ったあめはイチョウの葉に雫を残していました。
清水山頂
落ち葉 落ち葉:桜の葉は落ち葉に鳴ると赤く色づきえもいえぬ優しさをみせます。
谷津山の道
快晴の竹林をゆく 快晴の竹林をゆく:快晴の竹林を行くと気持ちのよい風が吹き抜けてゆきました。。 富士遠望 富士遠望:谷津山山頂の鉄塔を柚木方面に下る道、その途中で富士山を見つけました。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
今日も何か新しい発見をしました

日曜日の午後の境内とイチョウの黄葉

静岡・清水山公園の秋 Vol.1:昨年、この時期、イチョウの黄葉が綺麗だったのを思い出して撮影にでました。


境内の清掃と黄葉


境内の清掃と黄葉:金色の輝く境内にゆくと、女性がなにやら清掃をしています。


銀杏


銀杏:彼女が片付けていたものの正体はコレ!銀杏です。食べると美味しいのですが踏むと臭いの
だそうです


大イチョウの根元


大イチョウの根元:実は木の根がとても大好きで、すぐ写真を撮りたくなってしまいます。


境内の輝き


境内の輝き:苔むした境内には、金色の輝きがそこここに散らばっています。


天に広がる


天に広がる:イチョウの黄葉は遠めにも綺麗ですし、立派です。このような大木珍しくなりました。


恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓

人気blogランキングへ

静かな日曜日の昼下がりです

秋の渓流の美=船越=

静岡・船越堤公園の秋:富士山を撮影する予定を変更して水場の紅葉に挑戦
竹林と陽光
竹林と陽光:富士山を断念して坂を下る。その途中で竹林がある。朝の陽光を浴びて竹が綺麗だ。
傾斜面の陰影
傾斜面の陰影:船越堤は清水から日本平への登山口にあたる高台だ。従って急な傾斜の上にある公園であり、 台地あり渓谷ありと撮影ポイントも多い。春は梅林がある。
注ぎ落ちる流れと紅葉
注ぎ落ちる流れと紅葉:渓谷を降りて正解、私は撮影ポイントを発見した。静かに三脚をおきカメラをセットする。
流れ下る=止まる時間=
流れ下る=止まる時間=:流れは加速して下流へ下る。時間をとめて長時間シャッターを切る。8秒開放!
ながれと淀み=黄色い軌跡=
ながれと淀み=黄色い軌跡=:落ち葉の思惑は全く考えずに流れは自らの意思を貫いている。落ち葉は翻弄されるだけ
木漏れ日と淵のながれに
木漏れ日と淵のながれに:淵は流れが少ないから落ち葉が堆積する。さながら落ち葉の墓標のようだ。そこに木漏れ日が 優しく注ぐ。
隠れ滝を発見する=静岡にて=
小滝とよどみと紅葉と
小滝とよどみと紅葉と:流れに沿って岩場を下る過程で小滝を発見した。よどみに三脚を立て時間をとめる
さよなら黄葉
さよなら黄葉:逆光の中で、まばゆく光る黄葉。でも今週一杯が盛りだろうな。さよなら黄葉
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
来年もまたくるだろうなあ

金華山麓の紅葉と滝

岐阜公園・金華山の紅葉:わずか10分の時間のなかでどれだけ金華山の紅葉の美しさを表現 できるかに賭けてみました。
紅葉の門 紅葉の門:朝日を浴びて寺院の紅葉が煌いている。
谷間の紅葉
谷間の紅葉:俯瞰する紅葉を今年はあまりとっていなかった。高い位置からの紅葉も格別だ。
信長居館跡にて
信長居館跡にて:
モミジの絨毯
モミジの絨毯:色とりどりの絨毯を敷き詰めたかのような城跡。全盛のモミジの季節は続く。
隠れ滝を発見する
錦糸の隠れ滝
錦糸の隠れ滝:残り時間5分のところで隠れ滝発見。心躍るも、迫る時間。しかし、これを撮らずば後悔すると撮影を決意した。
水括る唐くれない
水括る唐くれない:スローシャッターをきりたいが三脚はない(まさか岐阜にこんなよいところがあるとは思わなかった)。 橋の欄干や城郭の石組みにカメラを押し付けて、息を止めてシャッターを何枚も切る。偶然2枚使える写真があった。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
心豊かになった金華山の紅葉でした

小国の森の錦糸

錦糸に染まる古代の森

 大学時代の友人から、古代の森の紅葉が週末ピークだとの連絡が入ったので、早速、新幹線で掛川にむかい、森町の小国の森へゆきました。
赤い橋のある風景
錦糸と赤い橋
錦糸と赤い橋:ポスターでも有名なこの橋。多くのカメラマンが三脚を構えていました。
緋色の傘と紅葉
緋色の傘と紅葉:神社の境内では、そここでは野点を行っていました。風流だな
写りこみの水面
写りこみの水面:色とりどりの色彩が朝の光に輝いて川面に投影されている。
水辺の風景
流れと落葉
流れと落葉:流れはそこここでよどみと瀬を作り下流へと落葉を運ぶ。
よどみを染める赤
よどみを染める赤:よどみには赤い非毛氈のごとくモミジが敷き詰められていた。
紅葉
赤と黄色のバランス
赤と黄色のバランス:黄葉を背景に従えてモミジ輝く。
溶け込む赤
溶け込む赤:赤いということを深く考えさせるように、微妙な濃淡をもつ色彩の複雑さ。
紅葉一輪
紅葉一輪:ぽつんと存在する緑。赤との対比
大洞院
鐘楼と紅葉
大洞院の鐘楼:遠州森の石松の墓がある大洞院。鐘楼と紅葉がきれいだ
大洞院の森
大洞院の森:大洞院の森も今を盛りに燃えていた。
サザンカ
サザンカ:黄葉を背景にしてサザンカが笑うように咲く。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
心豊かな半日の小旅行でした

小淵沢の別荘地、斜光と紅葉の彩り

斜光と紅葉の輝き

 11月8日、韮崎軍団と早朝7時に待ち合わせして小淵沢の紅葉を撮影しました。
色彩のハーモニー
緑と赤とのハーモニー
緑と赤とのハーモニー:逆光を浴びて美しく光るモミジをみつけました。緑色の葉の背景で赤いモミジが怪しく輝きます。
赤い絨毯
落葉鮮やか
落葉鮮やか:まだ新鮮なまま落葉となったモミジが朝の光を浴びて美しく輝いています。
芝生とモミジ
芝生とモミジ:別荘地の芝生の緑のうえに赤いモミジが敷き詰められています。そして朝の光を背中から浴びて キラキラと輝くのです。
晴天に映える
梢の赤と晴天
梢の赤と晴天:梢の赤は、空の青とあいまって色彩の美を主張しているかのようです。
小枝のシルエット
小枝のシルエット:染みひとつないモミジに後背の小枝がシルエットとして写りこんでいます。
どんぐりの気持ち どんぐりの気持ち:小淵沢の森に合って、獣や鳥に果実を提供するどんぐりの気持ちはどんなだろうか。
オレンジ鮮やか
オレンジ色と晴天と
オレンジ色と晴天と:秋晴れの青はどんな色との組み合わせをも許容するかのようだ。
双子のモミジ
双子のモミジ:はかないけれど、この2枚だけの存在感。なんて不思議な光景なんだろう。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
相模原チームも続々合流します。さて次は

妙高高原、色彩多彩

色彩の多様性

 秋の旅の楽しみは色彩の多様性と出会えることです。妙高高原の色彩、お届けします。
山葡萄の緑
山葡萄の緑:緑と背景の赤のコンビネーション。撮影中、引き込まれてしまいました。
ムラサキシキブの紫
ムラサキシキブの紫:毎年、秋になると出会う高貴な紫。
赤い小さき花 ヤマイモの黄葉
赤い小さき花:なんて例えたらいいのだろうね。この小さい花の生命力。 ヤマイモの黄葉:紅葉だけでなくヤマイモの葉の黄葉もきれいだと思う。
オレンジ色への思い
オレンジ色への思い:普段、オレンジ色というとみかんを思い出すのだけれど、この深い橙色はなんなのだろうか。
黄葉 紅葉
紅葉と黄葉:クラッシック音楽は似たようなフレーズを繰り返し楽曲とするけれど写真はどうかな。
椎茸みっけ!
椎茸
椎茸:写真を撮っているうちに椎茸のほだぎをみつけました。色鮮やかな椎茸。
椎茸
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
妙高、またの訪問が楽しみです

しばれる朝の初霜と紅葉

10月17日 銀山平の秋 5/5

結晶の世界
初霜の朝
初霜の朝:2006年10月17日銀山平温泉は前夜からの冷え込みによって初霜になった。その結晶の状態をご覧下さい。
凍りつく果実
凍りつく果実:花が実らせた果実さえも、その末端まで霜は多い尽くしている。
逆光に輝く
初霜溶ける
初霜溶ける:初霜の命は短い。太陽光が当たった瞬間から溶け始め気化する。
落ち葉と初霜
赤い落ち葉と初霜:草原に横たわった落ち葉、その周辺を初霜がおおう。
早朝の斜光と初霜
早朝の斜光と初霜:逆光にキラキラ輝いてまるで水晶のようだ。
笹と初霜
笹と降霜
笹と降霜:恐らく人間だったら、うちひしがれるくらい冷たいのだろう。しかし笹は頑健だ霜の寒さなど眼中にないくらいだ
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
美しき朝の感動はつきない

初秋の光の中で、紅葉美し

10月17日 銀山平の秋 3/5

モミジ鮮やか!
鮮やかなモミジ葉
鮮やかなモミジ葉:赤の絶対的存在感をこのときにしる。
赤の透過
赤の透過:紅葉の赤を光が透過してくる。軽いめまいを覚えた。
色彩多彩
色彩多彩:紅葉のツウはいう「紅葉には赤、黄色、緑、茶色の4色がある」なるほどと思う。
怪しい赤の誘惑
赤と黒
赤と黒:スタンダールのようなタイトルを付けてしまった。
蒼への憧れ
蒼への憧れ:赤と黒のなかに蒼を配合してみた。新鮮な空気を感じた
再びモミジ!
静寂の世界 静寂の世界:清流のはたで紅葉が静かに朝の光にゆらめいている。
淡い光と紅葉
淡い光と紅葉:淡い光と多彩な色彩を表現してみたかった。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
静かな喜びに浸る

色づき始める北越の地

10月5日 まつい店長と新津植物園にゆくVol2

 水原と新潟県立植物園で観察した秋の風景をお届けしましょう。
湖畔の赤
湖畔を彩る赤
湖畔を彩る赤:水原の瓢湖は既に白鳥が到来して秋の気配。
一瞬の光・新津
光るネコジャラシ1
光るネコジャラシ1:曇天のなか、一瞬の光が草原の状態を変えた。
光るネコジャラシ2
光るネコジャラシ2:緑の中で金色に輝く光、こんな光線が好きだ。
色づく・新津
もみじ艶やか
もみじ艶やか:もみじもようやく色づき始めている。次週の銀山平が楽しみです
黄色に染まって
黄色に染まって:赤みがかった黄色に色づく広葉樹。秋は深まりつつある
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
北国・新潟には秋がじわりと忍び寄っている

小さき秋の草花の命もゆる

秋の越後探検隊・ 第四期 3/5

銀山平の色彩。素敵です
木々の彩の始まり
里山より早く色づく
里山より早く色づく:山深い奥只見の自然は季節を少し先取りしている。
オレンジ色の彩り
オレンジ色の彩り:自然の複雑なパレットは人の予想を超えた色彩や模様を示してくれる
秋の小さき花々と命
桔梗の花 桔梗の花:桔梗の花は高貴な女性と同じで、どこを撮影してよいのか良く分からない点で似ている
小さき花とカメムシ
小さき花とカメムシ:臭いにおいを出すカメムシ。でも一服の秋の風景のようだ。
名もなき花と草紅葉
名もなき花と草紅葉:木々の紅葉も美しいけれど、草紅葉もキレイだ。まして小さいとはいえ花が咲いていることは、小さな発見を 祝福しているかのようだ。
綿毛を飛ばして
綿毛を飛ばして:綿毛を飛ばして来年への命をつなごうとしている。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
小さき秋と草紅葉すきです