撮りバカ日誌5 5/7 ブナの森に咲く花々

森を行く、花を愛でる
 初夏の森を行く楽しみは木々を彩る野生の花々です。
頭上の姫君たち
蜂とヤマツツジ
蜂とヤマツツジ:自然というのはけして大ぴらでは無くひそやかに営みを続けているものだ。 この写真も同じ道を通っていながら自分だけが気がつき撮影した次第です。
白い花
オオカメノキ:ZUKUDAS@佐藤氏より名前教わるも覚えきれず。 水辺に咲く。
足元の色彩
赤い口紅
赤い口紅:実はこれは花の蕾ではなく葉。血のような色の葉を羊歯上に広げる。
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ:確かこの花を昨年見たのが5月16日でした。今回は一週間遅いのと 季節のめぐりが早いのでもう見れないと思いましたがなんとか間に合ったみたいです。
清流の妖精
リュウキンカ リュウキンカ:川を辿って歩いていると、清流の中に黄金に輝く花を見つけた。長靴を はいて川に入り撮影。このとき自分の体がずぶずぶとしずむことを自覚。 足を抜こうとしても抜けず、正直焦った。
自生するワサビの花:不安定な姿勢、抜けない足。 かがむにかがめず不自然な姿勢でなんとか撮影した。 ワサビの花
せせらぎの陽だまり" 陽だまりのせせらぎ:昨夜の風か雨のいたずらか、鎌池から流れ出る川のほとりに 小さく黄色い花がたくさん散っていた。土の上に寝転がって撮影。青い月さんが何しているの?と聞く。
流れとスミレ:湧き水が集まって一筋の流れと成り湖に注ぐ。 水は植物を潤しスミレの花が咲く。 流れとスミレ
タムシバ
タムシバ:もくれん科の花。コブシよりも早く咲くという。
雪椿
雪椿:鮮烈な赤!森の中でひときわ目立つ個性。

植生の多様性が面白いと思ったら。  人気blogランキングへ
花はいつでも人の心を和ませる

comments

ぽてちよさん
>こんばんは
 おはようございます

>ショウジョウバカマはじめて見ました。
 そうですか

>こんなにきれいなピン久なんですね。
 花によっては紫ですね

>やっぱりマクロいいですね。^^V
 そうそう、そろそろ!

よしむらさん
>こんばんは。
 おはようございます

>野生の花も沢山種類があるのですね。
 そうなんです
 無限と思えるくらいですね

こんばんは。

どれもみんなきれいです。
野生の花はみな可憐でかわいいです。

ショウジョウバカマ
はじめて見ました。
よく名前は聞くことがあるのですが
こんなにきれいなピン久なんですね。
おしべの色が薄紫で
面白い色合いです^^

やっぱりマクロいいですね。^^V

こんばんは。
野生の花も沢山種類があるのですね。
知らない花ばかりで勉強になります。
自然の造詣は本当に素晴らしいですね。

うめちゃん
>こんばんは
 こんばんは

>植物の多様性はほんと面白いですね!
 はい!

>あっ、実際には虫たちは複眼だからもっと面白いかも!
 さすがにそれは対応できないかも!

こんばんは。

植物の多様性はほんと面白いですね!
マクロ撮影って虫たちの世界の切り取りですね。
あっ、実際には虫たちは複眼だからもっと面白いかも!

ぽよ
>こんばんは  (*^_^*)
 こんばんは

>今日も一日を終え、「癒し」を感じます。 ふぅーーー!
 お疲れ様です!

>これからも 楽しみにしております。
 有難う
 また、みてね!

egonさん
>こんばんわ
 こんばんは

>早くマクロほっすぃー
 タムロンがお勧めです


meganeさん
>こんばんは
 こんばんは

>私も撮影してきた、野生の花ですが、きれいですね。
 はい
>どうしても全体を撮ろうとしてしまいます。
 でも、それもあるでしょう
 
>こんな撮り方もありました。2枚目、ヤブデマリかなぁ?
 ヤグチマリっすか?
 そうなんですよね疑問です

うおぬま屋店長さん
>こんばんは。
 こんばんは

>魚沼の植生に似ています。
 そうですか、やはりと思います。

>馴染みの顔が多いです。
 なんとなく
 理解

>>赤い口紅:実はこれは花の蕾ではなく葉。
>ほえー、どんな葉っぱなんでしょう。
 紫蘇みたいなのです


>>このとき自分の体がずぶずぶとしずむことを自覚
>あぶない、一人だと命に関わる場合もあります。ご注意を。
 有難うございます

>雪椿は新潟県の県花なんですよ。
 加茂市の花であることは知っていました


かいりさん
>こんばんは
 こんばんは

>なんで人々はどれが奇麗だなんて順番を付けるのでしょう
 SMAPっすか!

サンクリーン塩尻さん
>こんばんわ。
 こんばんは

>「ブナの森」色とりどりの花も咲いているんですね~。
 結構、さがさないとみつからないものもあるのです

>先生でも名前を知らない花があるんですね~。
 だって、人間なんだもの!


素肌美エールさん
>目の保養を今日もさせていただきました。
 どういたしまして

>「赤い口紅」(3枚目)が好きかなぁ。
 刺激的でしょう!

>もしかして私。写真を見る心が養われつつあるのでは?!
 そうかもね!


ティンカーベルさん
>こんにちは
 こんばんは
>望遠よりもマクロが欲しくなります。
 商品撮影とマクロ
 必須でしょう


チカさん
>こんにちは。
 こんばんは

>花に囲まれた場所で撮影していると、
>周りを飛ぶ蜂に、あまり恐れは感じません。
 そうです

>襲うなんてより、蜜をとるほうが重要ですもんね。
 同感!

>赤い口紅と、雪椿が強烈です。
 そうなんだよね
 はっ、とするような赤だよね

新潟米販売おやじさん
>どれも綺麗な花の写真ですね。
 そうですね、自然はすごい

>1番のお気に入りは「陽だまりのせせらぎ」の光の玉でしょうか
 キラキラですね

>何とかこんな感じの写真を撮りたいと思うのです
 これは簡単です

若くない若女将さん
>こんにちは。
 こんばんは

>>自然というのはけして大ぴらでは無くひそやかに営みを続け
>この言葉じ~んとします。
 そうですか、有難うございます

>でもハチこわ~いよく追いかけられます。
 まぢっすか!


かとうせんせーーーい

こんばんは  (*^_^*)

今日も一日を終え、こうして 先生の写真を
眺めていると・・・・・・・・・・
「癒し」を感じます。 ふぅーーー!

これからも 楽しみにしております。

  • 丹後のぽよぽよ
  • 2009年6月19日 23:00

クニさん
 こんばんは


>思わず「おお~~~」といってしまった~
 おおっ~!

>流石のアブです。
 アブ(大汗;

ナカシマさん
>おはようございます!
 おはようございます

>どの花も個性があってきれいですね^^
 そうなんですよね

>タムシバが一番のお気に入りです♪
 人気が大ですね

>蜂をマクロでとるって難しいような気がするのですが…
 いえ、ガッツリ寄れば大丈夫!

なかむさん
>おはようございます!
 こんにちは

>お~ 蜂がデカイ(^^)!
 おもわず接写です


>それにしても花の名前ってどーも覚えられません(^▽^;)
同感です

こんばんわ
花たち素敵ですね。
図鑑みたいです。
早くマクロほっすぃー

  • egon
  • 2009年6月19日 22:13

こんばんは、私も撮影してきた、野生の花ですが、きれいですね。色が鮮やかですね。私は、どうしても全体を撮ろうとしてしまいます。こんな撮り方もありました。2枚目、ヤブデマリかなぁ?

  • megane
  • 2009年6月19日 22:12

こんばんは。
魚沼の植生に似ています。
馴染みの顔が多いです。
>赤い口紅:実はこれは花の蕾ではなく葉。
ほえー、どんな葉っぱなんでしょう。
見てみたいですね~。
>このとき自分の体がずぶずぶとしずむことを自覚
あぶない、あぶない、一人だと命に関わる場合もあります。
ご注意を。

雪椿は新潟県の県花なんですよ。

kato先生
こんばんは

小さな花も誇らしげに咲いていますね。
誰も一番だなんて考えずに、
なんで人々はどれが奇麗だなんて順番を付けるのでしょう

あれっ 何かの歌詞でしたっけ♪

歩チっ中です♪

こんばんわ。

「ブナの森」 といっても、色とりどりの花も咲いているんですね~。(当たり前か ^^;)

> ZUKUDAS@佐藤氏より名前教わるも覚えきれず。

先生でも名前を知らない花があるんですね~。ちょっと、ホッとした気分です。(^^)

目の保養を今日もさせていただきました。
「赤い口紅」(3枚目)が好きかなぁ。
もしかして私。写真を見る心が養われつつあるのでは?!

こんにちは
先生の写真を拝見すると、
望遠よりもマクロが欲しくなります。

こんにちは。

花に囲まれた場所で撮影していると、
周りを飛ぶ蜂に、あまり恐れは感じません。
かれらも人間を襲うなんてより、
蜜をとるほうが重要ですもんね。

赤い口紅と、雪椿が強烈です。
赤、というのはなにか特別なものを感じます。

どれも綺麗な花の写真ですね。

でも、1番のお気に入りは「陽だまりのせせらぎ」の
光の玉でしょうか。

何とかこんな感じの写真を撮りたいと思うのですが、
まだまだ腕が悪いようです・・・


こんにちは。

>自然というのはけして大ぴらでは無くひそやかに営みを続け

この言葉じ~んとします。
人間はそれをなるべく邪魔することなく
共存していきたいと思っています。
でもハチこわ~い
よく追いかけられます。。。

にんじんジュースのクニです。

思わず「おお~~~」といってしまった~~
流石のアブです。

加藤先生、おはようございます!
どの花も個性があってきれいですね^^
タムシバが一番のお気に入りです♪
蜂をマクロでとるって難しいような気がするのですが…
マクロをもっていないのでわかりません^^;

おはようございます!

お~ 蜂がデカイ(^^)!
いろんな花の登場で、みてるだけでも
癒されます♪
それにしても花の名前って
どーも覚えられません(^▽^;)

木仙人さん
>おはようございます 加藤先生
 おはようございます

>たくさんの花が咲いていましたね
 はい仰山さいておりましたわ(関西弁)


>ショウジョウバカマ→マクロで撮影すると違った植物に見えます
 たしかに

>タムシバ→和菓子のようです(^^)

 ホンマそうやねえ

パンツ屋さん
>おはようございます!
 おはようございます
>下向きの蜂がなんともいいです。
 たまたまです(笑い

おはようございます 加藤先生

たくさんの花が咲いていましたね

>ショウジョウバカマ

マクロで撮影すると違った植物に見えます

>タムシバ

和菓子のようです(^^)

おはようございます!

さすが、いつも綺麗ですね。

下向きの蜂がなんともいいです。

ぶにゃにゃんさん
>おはようございます。
 おはようございます

>>足を抜こうとしても抜けず、正直焦った。
>カメラ必死で守ろうとする先生が想像できます。
 それもそうだけれど
 綺麗な川のくせに
 底なし沼みたいでした

>撮影には苦行が必要だと・・・最近感じる(笑)
 まぢっすか!


京丹後のおやじさん
>おはようございます
 おはようございます

>ヤブデマリ(すいかずら科)のような感じの花ですね。
 カメノオだったか・・

>>リュウキンカ
>川の中で咲いているのですか珍しい花ですね。
 結構、清流で見かける花です

溶射屋さん
>おはようございます。
 おはようございます


>1枚目のハチは迫力ありますね(∩.∩)
 蜂は悪さをしなければ襲ってきません
 だから平気です


>不思議大発見(どこかのテレビ番組みない?)(∩.∩)
 はい

>広角とマクロを交換しながらの撮影だったのですか?
>それとも2台のカメラを持っていったのですか?
 二挺拳銃でした

athukoさん
>先生の撮影姿を想像しただけでも大変です(笑)
 そうっすかあ

>笑っていられませんが、私も見習わないと^^;
 相変わらず料理写真おいしそうですね

>ブナの森の神秘的な写真が素敵です\(^o^)/
 有難うあつこさん

cotton母さん
>お早う御座います
 おはよう御座います

>蜂がこんなに大きく写って。。。♪
>お食事中は無防備なのでしょうか
 蜂にがっつり寄りました

>>陽だまりのせせらぎ
>素敵な表現ですね~添えられた言葉で写真も生きてきますね 有難うございます

吉野聡さん
>おはようございます
 おはようございます
>この季節、森の中にはたくさんの花でいっぱいですね♪
 はい!

>椿の赤色の花がひときわ鮮やかに感じます
 そうなんです、綺麗な花を見つけるのに苦労しました!


おはようございます。

>足を抜こうとしても抜けず、正直焦った。

カメラ必死で守ろうとする先生が想像できます。

撮影には苦行が必要だと・・・最近感じる(笑)

おはようございます

>白い花:ZUKUDAS@佐藤氏より名前教わるも覚えきれず。

ヤブデマリ(すいかずら科)のような感じの花ですね。

>リュウキンカ:川を辿って歩いていると、清流の中に黄金に輝く花を見つけた。

川の中で咲いているのですか珍しい花ですね。

加藤先生

おはようございます。

どの花も素敵です。

1枚目のハチは迫力ありますね(∩.∩)

僕の35mmじゃぁ怖くて近寄れません・・・ハハハ!!

花も拡大すると色んな発見があったりするから不思議大発見(どこかのテレビ番組みない?)(∩.∩)

先生、広角とマクロを交換しながらの撮影だったのですか?

それとも2台のカメラを持っていったのですか?

花の名前を覚えるだけでも大変なのに、
先生の撮影姿を想像しただけでも大変です(笑)

笑っていられませんが、私も見習わないと^^;
ブナの森の神秘的な写真が素敵です\(^o^)/

  • athuko
  • 2009年6月19日 05:46

お早う御座います
いつも有難う御座います

蜂がこんなに大きく写って。。。♪
お食事中は無防備なのでしょうか

>陽だまりのせせらぎ

素敵な表現ですね~
添えられた言葉で写真も生きてきますね♪

明るいお花の写真は朝からウキウキします。

おはようございます

この季節、森の中にはたくさんの花でいっぱいですね♪
赤・白・黄色どの花見ても♪
おっ!これはチューリップの歌でした!!

淡い色彩の花が多い中で、椿の赤色の花がひときわ鮮やかに感じます

comment form

comment form