2008年9月 アーカイブ

1人では仕事ができない!

有難い、仲間の輪
 コンサルタントになってよく分かることは、仕事は1人ではできないといことです。 仮に私がよいアイデアを持っていたとしても、それに賛同し、協力し、支えてくださる 方がいらっしゃらないと全くの徒手空拳です。
 私はたまたま日の当たる場所に生きているけれど、地道に頑張っている方々を取上げて皆さんにご紹介 したいと思います。
千葉と新潟の仲間
H氏 H氏:千葉の昔からの受講生です。H10年頃からIT研究会をやっていて、リーダが倒れた後も 引き続きメンバーの面倒を見ていられる方です。 おもちゃ屋GENさん おもちゃ屋GENさん:GENさんは糸魚川商工会議所の経営革新講座の受講生です。まだ、どの商品をネットで売るをかを決めていません。
あいさん、かにキング
あいさん、かにキング:革新講座の休み時間。2人で何を相談しているのでしょうか
ZUKUDAS@松本の仲間
ITは爆発だ!
ITは爆発だ!:ZUKUDAS佐藤さんのご説明にも力が入ります。
原タイルさんに全部
原タイルさん:最近、富に、ITに目覚めたご夫婦! ネット受注はいかがでしょうか。
ittokuさん
ittokuさん:原タイルさんと同じ建設業コンビ。頑張ってほしい。
ティンカーベルさん ティンカーベルさん:松本でたくさんのパン屋さんを開業されています。 カメロンパンの主。 天妻さん 天妻さん:ご存知、ブログのアイドル天妻さん。ちょっとメローな雰囲 気を撮影してみました。
甲州市商工会経営革新講座の仲間
八ヶ岳の青い月さん
八ヶ岳の青い月さん:既にCSSを自由自在に使いこなしておられます。
講師加藤
講師加藤:新天地で新しい気持ちで頑張っております。応援よろしく!
みなみちゃん
みなみちゃん:女流建築設計士さん。南アルプスと2つの講座を掛け持ち。
tanaka氏
tanaka氏:銀行員から農業に転じた方、南アルプスとの講座を掛け持ち。
リワークさん
リワークさん:風林火山ビジネスネットの頭脳!
O氏
O氏:甲州市に来て、水を得た魚のような活躍!

 新しい方々ののもつ雰囲気をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
新鮮な気持ちで講座担当させていただいています!

大磯のアオバト撮影

つんどら達のアオバト撮影
 まだ自分が若者だった頃、北海道に年3回もいっていました。 そのときに泊まったユースホステルで友達ができ、その仲間でツンドラ友の会ができました。
 ツンドラとは、苔しかはえず、永遠に花が咲かない(結婚できない)という意味があります。 いまでも、メーリングリストで情報交換をしています。
タケちゃんから、「大磯でアオバトが見れるからいかない?」と 誘いがありました。
 午後から出張があるのを分かっていたのですが、つい、誘惑に負けて参加してしまいました。
ツンドラ友の会
ツンドラたち
ツンドラたち:私は前夜、甲州市のセミナーから帰ってきて夜中まで 出張後の残務仕事をしていました。その朝。午前5時半におき、新幹線で小田原まででて、 JR在来線で大磯まで電車にゆられていったのです。
 タケチャンとF氏が待っていてくれました。けしてピックアップを期待していた訳ではないし、 たとえ1人でも撮影するつもりだったのです。まさにアウンの呼吸でした。
F氏 F氏:T大学大学院修了、●ONY社の研究者。海外に野生動物を撮影にいったりします。
獲物はNIKON D200+500mmです。
タケチャン タケチャン:N大学理工学部卒、●ONY社の取引先に勤務。休日のすべてを野生動物の撮影に
投入、NIKON D300+600mmです。
 こうしてみると、かなり私が普通であるとうことがわかっていただけると思いませんか?
 なんたってタケチャンはD3(売り出し価格52万円)に加えてD300を買い足した人です。三脚だって1個 *0万円です。(^^ヾ
釣り人:アオバトは、緑色の鳩。大磯では5月から10月の間にみられるそうです。 なんでも、山から海水を飲みに飛んでくるのだそうです。はたしてうまく撮影できるでしょうか。
 沖では釣り人がのんびりと釣り糸を垂れています。
釣り人
アオバトの飛翔
波間に飛ぶ:アオバトが着ました。群れて来るんですね。 D300の連射機能と、300mm F2.8のオートフォーカス機能を使って連射に命を賭けます。
 撮影開始が7:30。撮影修了が9:00。午後から出張が入っているから短時間で結果を出す必要があります。
飛翔
飛翔:残念だなあ、青天井だったら凄く綺麗な色が出るのに。なんでも、天気の悪く 浪の高い日には、海水を飲みに来て溺れるアオバトも居るそうです
釣り船とアオバト
釣り船とアオバト:アオバトの羽に注目です。赤い羽根を持つのが♂、緑色一色なのが♀。
大磯駅に急ぐ
カマボコ屋
カマボコ屋:小田原に近いからでしょうか。カマボコ屋がやたら目に付きます。
史跡
史跡:大磯は日本初の海水浴発祥の地、伝統のある風情と 漁師も居たりして庶民的風景が混在しているかのようです。
大磯町照ヶ崎の磯

大きな地図で見る

 ツンドラたちのもつ雰囲気をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
眠いけれど後悔はしていません。

秋田湯沢泥湯温泉峡3/3 撮影対決

強敵あつこさんとの早朝撮影対決
 あつこさんからは「泥湯で待っていなさい!(笑い」(無論冗談)と挑戦状が きていたので30分の早朝撮影対決をしました。
 Canon派に背中を見せられません!
泥湯温泉は秋の花の宝庫
コスモス
コスモス:コスモスという花は撮影が難しい。創意工夫が必要です。
野菊 野菊:以前、子供の頃、伊藤左千夫の「野菊の墓」という小説を読みました。 そういえば、あつこさんは自分のことを松本伊予に似ているといったけれど、野菊の墓はたしか松田聖子が 主演したのですよね。
ツユクサ:私が撮影を始めていると、皆さんがカメラを持って集合してきました。草原に 腹ばいになって撮影してしまいました。 ツユクサ
あつこさん
 あつこさん、いい写真撮れましたか?
温泉撮影隊
 温泉撮影隊のTさん。浴衣姿で参戦!
テガタチドリ
テガタチドリ:紫色の小さい花が房のように集まっている。
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ:高山植物が普通に存在する場所、それが泥湯温泉。
あつこさん「風景写真は苦手だぁ~!」
加藤「そうなの?お料理写真はお得意ですよね」
花と昆虫
蜂
:昆虫が複眼であることがよくわかりますね!
トンボ
トンボ:枯れたゆりの花にとまるトンボ。秋ですね!

 楽しい対決をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
あつこさんの作品はコレ

泥湯温泉の旅 2/3

強敵との交流会=あつこにおまかせ!=
 夕景の撮影も終わり、温泉も堪能。あとは楽しい交流会です。
あつこの「私のカントリーライフ」
 あつこさんはとても稲庭うどんの撮影が抜群にうまく、ネット販売でも急成長株です。
泥湯で懇親会
泥湯で懇親会:市当局ご担当者2名、私、男性受講生1 女性受講生3の懇親会となりました。
鯉の洗い
鯉の洗い:料理撮影名人あつこさんが狙っていたのはこれ!
地獄の鎌の蓋があく
地獄の鎌の蓋があく:乾杯ということで!
鯉甘煮
鯉甘煮:さすが山間地、普段いただけないお料理が出ます。
あつこにおまかせ!
 無敵のあつこさんお酒が強い!
日本酒 松本伊予?
加藤「あつこさん、写真撮っていい?」
あつこさん「やめれ!綺麗に撮らない人は10万円いただきます!」
加藤「10万円って何の料金」
あつこさん「著作権で10万円いただきます!」
・・・・・あつこさん、著作権と肖像権とは違いますよ!
あつこさん「私は若い頃は綺麗で、松本伊予といわれたんだぁ!」
全員「うおおっ!」
 でも、なんとなく理解できるような気がいたします!綺麗に撮れましたでしょうか(罰金が怖い)
深夜の将棋名人戦
深夜の将棋名人戦
深夜の将棋名人戦:今回も3つ勝たせていただきました。通算6連勝です!(やった!)
早朝の温泉街
 一夜明けて、自分は2つの露天風呂に2つ入りました。
カメラの練習
 早朝撮影会に向けて、練習にいそしむ方もいらっしゃいました。
甘酒
 朝食のコーヒーの変わりに甘酒がでてきました。おいしいです。

 泥湯温泉の風情がご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
あつこさんのお陰で楽しかったです

秋田湯沢の泥湯温泉郷奥山旅館 1/3

泥湯温泉
 講座を終えて泥湯温泉に宿泊するために、湯沢探検隊は 車を山間部に走らせます。
大きな地図で見る
湯の滝(川原毛地獄)
湯の滝
湯の滝:泥湯に入る前に、湯の滝を訪ねてミニハイキング。
秋の気配
秋の気配:秋田はもう秋の気配ですね。
高台にて、夕景を撮影
ススキのアル風景
ススキのアル風景:ススキはなぜ、これほど哀愁があるのか。
暮れ行く峠
暮れ行く峠:湯沢市を来たに望む峠はすでに夕べの気配が漂う
泥湯温泉峡
奥山旅館夜景
奥山旅館夜景:一度、高台から秘境の温泉宿を撮影してみたかった。
泉質は乳白色
泉質は乳白色:温泉は全部で3箇所あって、これは露天風呂の一つ。 床に砂利が敷いてあって。とても気持ちが良い

 秘湯の雰囲気をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
明日は天敵あつこさんが登場だア!

ゆく夏のみちのくひとり旅=加美・秋田=

9/1~9/3の講演紀行(東北バージョン)
 東北からの仕事も増えています。みちのく一人旅(笑い。
9/1 加美商工会、仮想工業団地プロジェクト始動です。
BtoBプロジェクト始動
BtoBプロジェクト始動:地元有力新聞にも取上げられていました。 一番力の発揮できる分野なので、「喜んで!」
古川駅から秋田を目指す
伊達、鎧を撮影!:こまち号に乗るために、一端、古川駅から仙台にバックしなければならないのです。 30分くらいのあき時間ができました。
鎧1 鎧2
ランプ
灯篭
到着は深夜:どうしても到着は深夜になりますがしかたがありません。
あきたの食事
オムレツ
最後はデザートとコーヒー
9/2 朝食:普段は和食、気分は洋食。そして最後はデザートとコーヒーです。
ステーキ定食
ステーキ定食ランチ: 天敵との対決を控えてパワーを蓄えます!
9/2~3 秋田湯沢市、こまち塾
 天敵あっこさんともお会いできて、Nikon Vs Canonの白黒写真対決(苦笑;も ありーのの講演紀行。
ビジネスプランコンテスト
ビジネスプランコンテスト:コンテストだけあってKONさん優勝!
表彰式
表彰式:xhtml,CSS,動画作成,Google map活用を習得されました!
祈念撮影
記念撮影:皆さん、納得の講座だったかなあ?
  • 9/1 静岡→東京→仙台→古川→仕事!
  • 9/1 古川→仙台→大曲→湯沢→仕事!
  • 9/3 湯沢→大曲→東京→静岡

 新しい仕事のご概略をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
東北、そろそろ秋かな!

勝沼葡萄峡、三沢農園さんを尋ねる

昼休みにぶどう園の撮影
 甲州市商工会の経営革新塾の熟成に三沢農園さんがいらっしゃいます。  
おねだりして昼休みに撮影させていただけることになりました。
フルーツパーク三沢
フルーツパーク三沢:丹精こめてお父さんと一緒に作りこんだ農園、はいらさせていただきます。
袋に入った大切な葡萄
袋に入った大切な葡萄:凄いですね。1つ1つ袋がかぶせられていて農家の苦労がしのばれます。
たわわに実った葡萄
デラウェア
デラウェア:カメラマン的にバックライトが欲しいですが撮影時間は5分。 贅沢はいえません。
ピオーネ
ピオーネ:濃い紫色が重厚な甘さを連想させます!
急いで講座にもどるべし!
急いで講座に戻る
急いで講座に戻る:午後の講座再開まで残り25分。あわてて来た道を戻ります。ちなみにいきは農道をケットラでした

 カメラマンのサガを笑ってくださるなら!
人気blogランキングへ
三沢農園さん有難う!講座間に合いました

純一さんと富士山撮りへ!

大菩薩峠はまだか?
 講演や診断でバタバタ飛び回っているんだけれど、せっかく八ヶ岳の青い月さんこと純一さんと であうんだから「撮影が無いということないでしょう」ということになりました。  
狙いは「大菩薩峠から雲海下の富士山を狙え」です。
いきなりの大失敗
 早朝、私は気合を入れて携帯電話のタイマーをセットして眠りにつきました。そして午前5時に起床。 青い月さんの到着を待ちます。そこへ青い月さんの電話。
青い月さん「ごめん、今、おきたばっかり!」
加藤「まぢっすか(汗;」
青い月さん「富士山が長坂(ご自宅)から見えるよ~、すぐいく!」
加藤「到着をおまちします」
初手からつまづきました。でも、天気予報は曇りだったので、富士山が見えるだけまだましというものです。
再びの大失敗
青い月さん「あれ、道を間違えたみたい」
加藤「まぢっすか(汗;」
青い月さん「富士山がみえているうちに撮影をしますか(押さえ)」
加藤「賛成です!」
撮影に専念する青い月さん
撮影に専念する青い月さん:僕達カメラマンは、ロケハンというのをやるのですが、 今回は2人とも土地勘がなく、ぶっつけ本番が失敗の元でした。でもいいのです。富士山がみれたし、 沖縄のやんばる作戦以降の合同作戦ができたのですから。個人的には大満足でした。
 本当に写真を愛する人と行動と同じ時間を過ごすことは楽しいものです。
富士山
富士山:道を間違えたっていいんです。富士山が撮影できたのですから。ラッキーなんです。 ちょうどおなじころ、溶射屋さんが富士山を静岡から撮影していらっしゃいました。
高原の朝
紅葉のはじまり
紅葉のはじまり:もうひとつ、カメラマンの特性があります。それは転んでもただではおきない。 小さな秋を見つけて2人でがっつり食いつきます。(笑い;
花雫
花雫:前日の雨が幸運を我々にもたらしました。撮っていて快感!
表面張力
表面張力:これは早朝ならではの風景で、日が高くなると消えてしまう姿ですよね。
下界におりて
商工会にて
商工会にて:甲州市商工会で経営革新講座です。さあ、楽しみは終わった!仕事に集中です。

 2人の珍道中を楽しんでくださるなら!
人気blogランキングへ
青い月さん有難う!楽しかったです

どっちの料理ショー!お久しぶりね!

糸魚川と山梨のグルメ対決
 大雨にたたられたり、色々あったりしますが、まあ、そこはそこ元気です
先攻 糸魚川、日本海のうまいもの
糸魚川の皆様
糸魚川の皆様:皆さんいい人たちです。講座終了後、夕食をかねて。
ワイン
白ワイン:今日の飲み物はワインをいただくことに。魚と白ワイン、いかがですか?
刺身は新鮮
刺身は新鮮:日本海の魚は甘みを持っています。うまい!
肴はあぶったイカがいい
肴はあぶったイカがいい:しみじみ飲めばしみじみと・・・
パンケーキ
パンケーキ:誰かが悪乗りして注文しました!花火付
深夜のチャーハン
深夜のチャーハン:これは超危険!うますぎる。
後攻 山梨のグルメ?
熊ぼっこ
熊ぼっこ講演前15分前、速攻注文、速攻食を目指します。
味噌ラーメン
味噌ラーメン:早飯、早ぐい、早寝はプロの芸のうちです。
杏仁豆腐
杏仁豆腐:深夜移動の疲労回復、杏仁豆腐。
塩山の馬刺し
塩山の馬刺し:塩山市中村屋旅館の夕食に出た馬刺し
刺身
刺身:最近は流通も進歩して、山梨の刺身もなかなか・・・
葡萄
葡萄:この時期、山梨にきたらこれでしょう!葡萄を食べないと片手落ち!

 旅の食生活をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
さあ、どっち!

大迂回ルートをたどる講演紀行

7/28~7/31の講演紀行
 皆様のおかげで忙しくさせていただいております。高知から帰ってきて、甲信越地区を移動させていただきました。 ご報告申し上げます。
7/28 糸魚川市の皆さん
おもちゃ屋GENちゃんを訪ねる
おもちゃ屋GENちゃんを訪ねる:忙しそうなんで、仕事の前にず~さんと訪問しました。
西部警察
西部警察:ず~さん、おちゃめさんです。
だけど、実は訪問目的はスタイルシートの簡単講義が目的です。ちゃんと仕事していますよ。
人体模型
人体模型:でもそこはおもちゃ屋さん。色々楽しめるものがあります。
人体模型2
人体模型2:ではありません。あしからず。講座参加のあいさんです。
8/29 大雨にたたられる甲州入り
 糸魚川から、越後湯沢→東京→新宿→甲府の予定でしたが、あずさが動いていないことを新幹線車内キャッチ。
迂回ルートとして、越後沢→高崎→長野→松本→小淵沢→甲府を選択。
美女に優しいカーボン屋さん
美女に優しいカーボン屋さん:甲府の顧問先を訪問したあと、山梨青年工業会でスタイルシート講座です。
赤塚不二夫シャツ
赤塚不二夫シャツ:たしかモーレツあ太郎のココロノボスでしたか?
吉野さん
吉野さん:ブログ早起き隊の吉野さん。甲府の設計士さんなのです。
 この後、深夜の移動をしまして八王子に入ります。ホテルインが23:30。でも、電車動いてよかった!
8/30 東京の大企業系列企業で研修講師
ランチはステーキ
ランチはステーキご担当者に久々の再会。ランチを食べに行きました。下町の味。いいですね!
店舗内
店舗内:お手ごろ価格、美味しい料理。だから繁盛するのですね!
 この後、ふたたび中野に出て、甲州市をめざします
8/31 甲州市商工会 経営革新塾
おなじみの皆さん
おなじみの皆さん:無事何とか辿り着いて、仕事には支障がでなかった。めでたしめでたし。
  • 8/28 静岡→東京→越後湯沢→糸魚川
  • 8/29 **予定**糸魚川→越後湯沢→東京→新宿→甲府
  • 8/29 **実際**糸魚川→越後湯沢→高崎→長野→松本→小淵沢→甲府
  • 8/29 **夜** 甲府→八王子
  • 8/30 **朝** 八王子→中野→東京
  • 8/30 **夕** 東京→中野→塩山
  • 8/31 塩山→甲府→静岡

 皆さんのご様子をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
悪運はまだ残っているようです

糸魚川と高知の花対決

花は人の心を和ませてくれる
 ブログをやっていて気づくことは、花の写真は人の心に訴えかけてくるものがなぜかあるということです。 花の嫌いなかたは皆無に近い。
先攻 糸魚川の花
雨に濡れるユリ
雨に濡れるユリ:高知にしては珍しく天候が悪く。ユリも寂しそうに雨に濡れていた
アサガオの花芯
アサガオの花芯:このほのかにピンクがかった赤が早朝の風景に似合う
マツバボタンの横顔
マツバボタンの横顔:壁にたてかけてくださる家庭があり何とか撮影ができました。
後攻 高知の花
沼と浮き草
沼と浮き草:コンサルティングを終えて帰る車の道すがら、南国市に沼があった。高知に通い詰めて7年目 はじめてみる風景
浮き草の花
浮き草の花:実はこの浮き草、花をさかせるのです。皆さん、ご存知でしたか?
ヒルガオ
ヒルガオ:どこでもこの時期見れるけれど、なにやらゆかしいその姿。
白いハイビスカス
白いハイビスカス:最近は色々な色のハイビスカスが楽しめますね。
最後はやっぱりアサガオ
最後はやっぱりアサガオ:夏に欠かせない花です。

 終わり行く夏の花を楽しんでくださるなら!
人気blogランキングへ
さあどっち!
昨日のペンタックスの方:ZUKUDAS佐藤さんでした

ZUKUDA de そば

蕎麦の会とは
 ITリーダ塾でZUKUDAS@松本にいってきました。実は、どうグループの集会場である財団法人松本ソフト開発センターでは 1ヶ月に1度、蕎麦の会が開かれます。
蕎麦の会とは IT系の社長さんが蕎麦の段をとられて、皆さんからお金を集めて蕎麦打ちを行い振舞うサービスをしているのです。
蕎麦の会
蕎麦の会:事前にアナウンスされていましたので楽しみにしていました。
ゆたか庵店主 ゆたか庵店主:まさかこれが、IT系の創業社長にはとてもみえませんね。
蕎麦を賞味しましょう
煮物
Oさんの煮物:事前のメールアナウンスのときに、「おかず持ってきてね」とお願いしたらOさんと プライドさんが持ってきてくださいました。有難うございます。
まずはザル蕎麦
まずはざる蕎麦:風味があっておいしいです。何杯もいけそうです
ペンタックスのオーナー
ペンタックスのオーナー:さて、新兵器のマクロレンズをもって登場のこの方はだれでしょうか。
女性陣
女性陣:天妻さん+女性陣も集まり始めました。楽しいですね
こんどは掛け蕎麦
2杯目はかけ蕎麦
2杯目はかけ蕎麦:やっぱりこれも抑えておかないと。
プライドさんです
プライドさんです:今回は撮影者としてご活躍(汗;
ozawaさん
ozawaさん:ozawaさんおかずおいしゅうございました。

 楽しい蕎麦の会をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
皆さん、また楽しみましょう
昨日の答え、820円!

高知のグルメとランチ

ご飯の美味しい高知の旅行
 高知って、海の幸に恵まれた土地という気持ちをずっと持ち続けています。
定食屋チェーン店でのランチ
 私のブログというと、とかく豪勢な料理というイメージが強いのですが。けして 豪華な料理ばかり食べているわけではありません(笑い; 
定食屋でランチ!  ビフェ形式で1個1個選んでゆくのです。私のチョイスは
  • ご飯
  • 冷麦
  • 豆腐ハンバーグ
  • オムレツ
ハウマッチ!:勝手定食ですが、いくらだったでしょうか。
高知の夜はうまし肴で
 さめうらさん犬小屋さんに誘われて高知の夜の街へ。
若かつお(しんこ)
若かつお(シンコ):若いカツオを刺身でいただく。
カツオ塩たたき
カツオ塩たたき:新鮮なカツオでないとおいしくない、高知ならではの食べ方です。
生牡蠣
生牡蠣:これほど巨大な生牡蠣は初めて、食べやすいように包丁が入っています。
喜六
焼酎、喜六:水割りでいただきます。前夜、あまり寝ていなかったので眠くなってしまいました。
居酒屋しゅん
居酒屋しゅん:高知市内にある居酒屋。本当に魚がおいしいです。相方のおふたりさん ネットビジネスが好調でガンガン飲まれます。飲み負けしないようにと思ったのですが。割り勘で一人4,000円でした。
2日目の高知のランチ
土佐市宇佐海岸沿いのかに極道
土佐市宇佐海岸沿いのかに極道:2日目はコンサルティングの合間に、宇佐海岸沿いの食堂へ。
極道ラーメン
極道ラーメン:一種の海鮮ラーメン。ホタテ、カニ、海老などが入っている。1,100円也

 高知の味覚をご堪能してくださるなら!
人気blogランキングへ
さあ、どっち?

週末もでかける講演紀行

8/24~27の講演紀行
 暑かったり、雨にたたられたりの旅行記です。
8/24(日) 中小企業診断士更新研修
 中小企業診断士は国家試験で、毎年1回の研修が義務付けられています。午後から受講して、 韮崎に旅立ちます。 
スープバーでカレー
スープバーでカレー:身延線までちょうど40分くらい、JR静岡駅構内のスープバーで カレー定食をいただく。野菜のスープが美味しい。
8/25 中小企業診断士養成課程ゼミ講師
雨上がりの朝顔
雨上がりの朝顔:受講生と待ち合わせるために韮崎駅に歩いてゆきます。
弁当
弁当:午前中に 韮崎市内でコンサルティングさせていただき、午後から内容の整理さぎょうとして韮崎市商工会をお借りしました。 そのときのお弁当です。受講生がたのみました。私の趣味ではありません。
 メタボだと突っ込まないように(苦笑;
身延線甲府駅
身延線甲府駅:仕事を終えて、一端、身延線で静岡までかえります。2時間超。ひたすら睡眠に努めます。 だから、ふりこ電車でも酔わないんだよ~!
8/26~27 高知県商工会連合会 ITリーダ塾
 早朝起きは辛いですが、高知にむかいます。
高知県商工会連合会 ITリーダ塾
ビジネスモデルの説明:ここも担当して数年立ちます。月商600万円のサイトも登場していますが、技術的には難しい 話ができないので、ビジネスモデルの話からすることにしたのです。
ルイヴィトン
ルイヴィトン:前にも話したけれど、高知市内のどまんなかにルイヴィトンの店があります。 なんで、高知にあるかというと社長が高知出身ということです。
オーナロさん
8/27 オーナロさん:土佐和紙:今日は土佐市で2件コンサルティングです。 オーナロさんちのレディーリサ(以前、レディースリサと間違えて起こられた)にお邪魔しました。
 甲府駅で電車を待っているとき、新聞に集中しすぎて、電車に1本乗り遅れました(ばかだなあ~)
  • 8/24 静岡→甲府→韮崎(泊)
  • 8/25 韮崎★→甲府→静岡
  • 8/26 静岡→品川→羽田→JAL→高知竜馬空港→高知市
  • 8/27 高知→土佐市→高知竜馬空港→羽田→品川→静岡

 天気の悪い移動をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
高知空港から帰りました

糸魚川と大糸線を旅する

素敵糸魚川
 糸魚川といいますと、学校では地理の授業のときフォッサマグナ!と教えてもらいました。 それ以外、知らない方も多いのではないかと思います。おだやかな人柄、静かな町並み。そんな テーマを今回は取り上げてゆきたいと思うのです。
お迎えをいただきました
 糸魚川チームの特徴は、ご担当の「ず~」さん以外にチームのかたがたご一緒に来て いただける点。仲がよいですね
金七でランチ
金七でランチ:糸魚川駅前近く、金七さんというおいしい蕎麦屋がある。そこでランチ。
daiさんご注文の蕎麦定食
金daiさんご注文の蕎麦定食:被写体多数。皆さん、いきなりカメラ撮影!((笑)
うな丼
うな丼:蕎麦屋で相当そそられました。しかし、明日は松本で「蕎麦の会」。 だから、うな丼。
金七店舗
金七店舗:店格のある風情で美味しさを演出しています。
糸魚川の町屋
 糸魚川の商店街には雁木がある。その雁木に守られた町並み
平安堂旅館
平安堂旅館:老舗旅館の昔ながらの建て屋
加賀の井
加賀の井:糸魚川は水がきれい、米文化がある。だから酒蔵が点在する。
display
ディスプレイ:酒蔵にいれていただき、試飲させていただく。かなり辛口だと思う。
糸魚川駅と大糸線
仕事を終えて旅立つ
仕事を終えて旅立つ:昨日は雨、でも、旅立つ今日は快晴。晴れてよかった。糸魚川駅から大糸線を望む。
南小谷駅
南小谷駅:単線で姫川沿いをさかのぼり、ここまで糸魚川から1時間。 ここから松本行きの電車(左)の乗り換える。さらに2時間。待ち合わせ時間は30分。
姫川
姫川:この川が、日本海にくだる。途中に翡翠峡がある。

 糸魚川のよさをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
糸魚川、知っていただけましたか?

花一輪

花と雫のコンビネーション
 マクロレンズの切れ味は癖になります。重いレンズなんだけれどつい持ち歩いて しまうのです。
花と雫
 可憐で花を彩る雫。
マリーゴールド
ホテルエストールにて:朝食レストランは満員。 少し手すきになるまで撮影を
南小谷にて
南小谷にて:電車待ちの15分。急ぎレンズを装着し撮影する。
被写界深度
 マクロレンズはピントが浅い。その浅さを長所として活かしたいと思います。 ブルーベリー
ブルーベリー:熟す前のブルーベリー。こちらのピンク色の方が 清廉な印象を覚える。
花壇に咲く星
花壇に咲く星:白い星が花壇に咲く。エストールホテルにて
小さき花
紫色の花
紫色の花I:小さき花、どこにピントを合わせるのか迷ってしまう。
紫色の花
紫色の花II:花の名前がどうしても覚えられない。何かコツはありますか?
白い花
白い花:背景のボケをお楽しみください 。
雨もよし
ゆり
雨中のゆり: 甲州市のセミナー会場の近くにて
蝶
:雨のそぼ降るなか、ヒョウモン蝶が蜜をすう。
私の装備
  • ボディ:D300(マクロ用)
  • VR Micro Nikkor 105mm
 ゆっくり撮影できなかったけれど楽しめました。

 雫の美しさをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
マクロレンズいいですよ

美食対決どっちの料理ショー!

太平洋と日本海の海の幸
 講演旅行の楽しみはなんといっても、全国の美味しいものをいただけることです。
先攻 九十九里の海の幸
アジ
アジ:アジ、マグロ、イカなど、新鮮なお刺身が続々と登場します。
イカ刺身
イカ刺身:東金は、九十九里浜が近く。かつては漁業が盛んだった。
巻き寿司
巻き寿司:この居酒屋は実は寿司屋。今度、握り寿司を頼んで見ようかな。
男性陣
女性陣
千葉の皆さん:千葉は私が初めてコンサルティングや仮想工業団地を構築した最初の地。
 そのときのメンバーさんが生き残っていて、私の講座にわざわざ、遠く千葉や流山から駆けつけてくださっているのです。 皆様にお教えしているノウハウや知識の原点がここにあります。
後攻 糸魚川の海の幸と酒
糸魚川男性陣
糸魚川男性陣:GENさんや営業マンさんがいらっしゃいます。
京屋さんも
京屋さんも:仏具などを販売している京屋さんも紅一点でいらっしゃいませ!
加賀の井
加賀の井:町家のなかにある、酒蔵。辛口な感覚であっさりとしていける酒。
イカソーメン
イカソーメン:日本海のイカは太平洋側と異なり、甘さと粘り気があるようだ。
米茄子の田楽
米茄子の田楽:実はこれが一番美味かったように思う。 夏の新潟の味覚

 美味しい情報を認識してくださるなら!
人気blogランキングへ
さあ、どっち

東金から一筆書きの旅

東日本の皆さんをお尋ねする講演紀行
 ITリーダ塾や経営革新セミナーが本格的に始まりました。皆さんをお尋ねします。
8/20 東金商工会議所 経営革新塾
小竹さんのおっかけ達
小竹さんのおっかけ隊:小竹さんの講演で感動を得た方が、私の講座に来てくださっております。 小竹さん、皆さん健在ですよ!
ホテルエストーレ
ホテルエストーレ:例のタクシーの来なかったホテルエストーレ。
関係ないけれど、この写真テスト的にISO感度2000で撮影してみた。
スイカ
スイカ:スイカを朝食で食べて、一気に糸魚川を目指す。
8/21 糸魚川商工会議所 企業訪問+経営革新塾
フェルエッグ まずは、加藤工務店
にお邪魔しました。
モデルルームの撮影結果=採光=モデルルームの撮影結果=空間表現=は別ページをご覧くださいね。
フェルエッグ:会議所のホープ、創業者フェルエッグさんを訪問させていただきました。
 なんといっても、卵が売りなので、シフォンケーキがおいしいということで撮影させていただきました。
糸魚川商工会議所経営革新塾
糸魚川商工会議所経営革新塾:やる気のある方が何人も集まってくださいました。
8/22 ZUKUDAS@松本
 大糸線をたどって3.5時間かけて松本へ
zukudasたかすなさんと
zukudasたかすなさんと:楽しい蕎麦の会食の後、記念撮影です。
 この後、あずさと中央線を乗り継いで塩山へ。かつては塩山市。現在は甲州市。葡萄の産地ですよ。
夕飯の牛鍋
夕飯の牛鍋:駅近くの温泉旅館に投宿。夕飯は牛鍋でした。
差し入れのワイン
差し入れのワイン:旅館が冷やしておいてくれてなかった。
 だから、惜しくも飲めず(なき;
8/23 甲州市商工会経営革新塾
甲州市商工会経営革新塾
有難う、満員御礼!:40人もあつまりました。上級と初級の2講座開講です。甲府などからも遠路 お越しいただいていおります。
ゲスト講師
ゲスト講師1:ご存知リワークさんです。元教頭先生だけあって、さすがの教授能力です。
ゲスト講師
ゲスト講師2:銘酒市川さんです。静岡から有難うございます。 交通ルート:
  • 静岡→東京→大網→東金 ★仕事★
  • 東金→千葉→東京→越後湯沢→糸魚川★仕事★
  • 糸魚川→南小谷→松本★仕事★→甲府→塩山
  • 塩山 ★仕事★→甲府→静岡
 東京駅で総武線地下ホームに行って電車がなくて焦りました。特急電車わかしおは京葉線地下ホーム だったのですね。一回、地下1階に下りてから、次にまた地上に出てから数百メートル平行移動、その後、地下5階まで。10分間しか残り時間が無くて青くなりました。(ドラエモン状態)

 ピンチ連続の移動(稲刈り真っ青)をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
皆さん、ご参加有難うございます

晴れた日はコンサルティングにゆこう!

天気の良い日はコンサル日和
 仕事の日ほど天気が良い。これがマーフィーの法則です。
8/18 新潟でコンサルティング
 ある会社様からWeb開発プロジェクトを支援してほしいとの依頼がありました。
新潟駅
新潟駅:曇天が多い新潟県。だけれども今日は気持ちのよい快晴。でも静岡よりは涼しいな。
寿司ランチ
寿司ランチ:お客様のところにお邪魔する前に、寿司ランチ650円也。
かに味噌
かに味噌:190円也。消費税いれて900円くらい。ああ、美味しかった。
JR前で待ち合わせ
JR前で待ち合わせ:JR駅前でお客様のお迎えあり。美人課長。今日もお疲れ様です。
8/19 静岡県内で2件のコンサルティング
欅
:静岡商工会議所の喫茶店の名前。そう静岡商工会議所で相談です。
切り絵
依頼者は切り絵作家:ネットで切り絵教室を売りたいのだそうです、頑張ってください。
由比丼
由比丼:由比とは、静岡県の漁港。桜海老が取れる港です。 静岡駅で由比丼をいただいて次のお客様のもとへJR在来線(東海道線)でむかいます。
袋井駅
袋井駅:普段はあまり降りる機会がない駅です。今回はお客様の要望です。お邪魔させていただきました。

 コンサルの楽しさをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
ある意味天職かもしれないですね

妻の宿下がりと独身生活(^^;

自炊生活!
 妻がお盆で娘を連れて宿下がりをしたので、私は一人で2日間を過ごしました。
相模原の受講生からいただいた桃
 山梨ご出身らしく実家の桃をいただきました。
ベランダの桃
ベランダの桃:桃の質感を表現したくて、人口光よりも自然光が良かったと 考えた次第です。
桃をむく
桃をむく:山梨県人が怒りそうですけれど、熟した桃が美味しいと思っています。 皮をむくのが楽です。なんで山梨県人は青い桃がすきなんだろう。理解に苦しむ(^^;
稲庭うどんをつくる
 大瑠璃セレクションで販売している商品写真の撮影を兼ねて 昼食を作ります。
稲庭うどんと食材
稲庭うどんと食材:狙いは冷麺風の稲庭うどんです。 スーパーでトマトとオクラを購入してきました
箸と稲庭うどん
箸と稲庭うどんatsukoさん の写真に追いつきたくて、何とか撮影しました。
完成です!
完成です!:ひたひたに冷たい汁をひたして盛り付け後、できあがりです!
夕食と朝食
夕飯はカツ丼
夕飯はカツ丼:冷蔵庫にかつが残っていたので、カツ丼にしようと思いました。 学生時代から得意な料理です。
朝食
朝食:朝食は目玉焼きをつくり、もやし炒めをメインディッシュとしました。
巨峰
巨峰:同じく冷蔵庫に残った巨峰をデザートに。
健康のための散歩
クマンバチ
クマンバチ:実はアゲハチョウを撮りに出たのだけれど まあ、こんなものです。

 料理が良く作れているとお思いなら!
人気blogランキングへ
妻と娘のために最後はカレーを作りました

黒部立山アルペンルート電撃作戦 最終回

黒部立山の帰り道
 12:40のバスに乗れば、長野駅まで直通です。帰り道を急ぎます。
さらば室堂
冷やしトマトの販売店
冷やしトマトの販売店:喉が渇いていたので猛烈に気を引かれたのですけれど、 急いでいたので購入を諦めました。
トロリーバスに乗りつぐ
トロリーバスに乗りつぐ:室堂から下界に続くトロリーバスに乗り込みます。10:30の臨時バスがあってよかった。
大観峰から
鉢の木岳
煙る鉢の木岳:ガスがあけてきました。山容がみえてきます。
ロープウェイを待つ
ロープウェイを待つ:結構混みあいます、座席は取れそうもありません ここまでくると下におりること優先です。
黒部平
ロープウェイは多くの人を乗せて!
ロープウェイは多くの人を乗せて!:自分がおりてきたロープウェイが次の人たちを乗せて天上界へ
立山の勇姿
立山の勇姿:早朝は見えなかった立山の姿、きれいにみることができました。
ケーブルカーはすし詰め
お盆の風景
お盆の風景:すし詰めのケーブルカーでしたが、5分なので、しかも座って行けたので これ以上の贅沢は無理でした。
 でも、ケーブルカーを降りてビックリです。多くの方が乗車をまっておられました。 早めに電撃作戦かけて正解でした。
黒部ダム
黒部ダム:ここまでくれば。なんとか時間までにバスに乗れそうです。さらば、立山黒部。

 電撃作戦(1人時間差攻撃)をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
おやきを買って昼食代わりにして長野行きのバスに乗ります。

黒部立山アルペンルート 4/5 =雫と色彩=

高山植物と雫のコンビネーション
 雫は花を化粧する。
紫色の花
 可憐で繊細な花の美しさをお楽しみ下さい。
イワキキョウ イワキキョウ:3年前に見かけた同じ場所に群生がまだ残っていてくれた。 有難う。
クチバシシオガマ
クチバシシオガマ:室堂駅周辺で撮影した。紫が緑の中に溶け出してしまいそう。
そぼふる雨に耐える
そぼふる雨に耐える:雨が最も強かった時間帯。レンズとカメラを濡らさないように、 傘を差しつつ、慎重にピントを合わせる。
コケモモと雫
コケモモと雫:この写真を撮影したくて、リュックを下ろし、 寝転がって撮影してしまった。
黄色の花
イワオトギ
イワオトギ:まるでまつげに涙をためたような可憐な黄色い花。
キンコウカ
キンコウカ:黄色の花は例え雨の中にあっても人に元気を与えてくれる。 それにしても体が冷えた。リュックの中から、蒸しパンを取り出し、食べながら歩く。
ウサギギク:この花が何でウサギとキクなのか、いまだに不明。最初見たときには あれっ、マリーゴールドがなんで高山にあるのと思ってしまった。皆さんはどうでしょうか。 ウサギギク
鈴なりな雫
鈴なりな雫:雫が鈴なりになって小さい花びらにぶるさがっている。 黄色い花は冷たくないのかな。
私の装備
  • モンベル、カメラマンバッグ(リュック)
  • 防水シート、水筒
  • ボディ:D300(マクロ用)
  • レンズ:VR 80~400mm→イワキキョウの撮影に使用
  • VR Micro Nikkor 105mm
  • 三脚:ベルボン→イワキキョウの撮影に使用
 マクロ撮影で息を止める。結構苦しいものです。

 雫の美しさをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
雨が降っているのでライブビューが使いづらかったです

黒部立山アルペンルート電撃作戦 3/5 =雫= 

高山の冷たい雨に耐える・白
 天気予報は確認していました。午後から雨が降るという予報。 だから、午前中に撮影を終える電撃作戦。それが初手から雨。参りました。
室堂の小さき花の魅力
 標高2,450mのお盆時期の植生をお楽しみ下さい。
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ:花の形が「大」という字に見えませんか?この花を登山道で発見したときに なんと美しい花だと思いました。
イワイチョウ
イワイチョウ:マクロレンズで覗いているときに。「ああ、なんて美しい形をしているんだろう」この形を数式f(x)で 表現したらどうなるんだろうなと思ってしまった私。
イワショウブ
イワショウブ:この花はとっても小さい花。本当に小さい花。 でも、こんなに綺麗なんだよね。素晴らしい。
チングルマ チングルマ:もしかするとこの雨は、前夜も降っていて、しかも、 氷点下に近い気温を示したのかもしれない(現在13℃)。痛めつけられた花びらやガクが痛々しい。
ナナカマド?:図鑑を調べてもよくわからなかった。でも撮りたいからとったのだ!それでいいのだ。 ナナカマド?
オオカサモチ
オオカサモチ:小さい花の集合体で傘のような形をつくっている。 遠くから見ると全然魅力的でないけれど、こうやってマクロで撮影してみると全然別の世界に見えてくるから不思議だ。
エーデルワイス
エーデルワイス:ウスユキソウともいう。美ヶ原でも撮影できた。 花開いた写真もみてね。
今回の撮影キット
  • モンベル、カメラマンバッグ(リュック)
  • 防水シート、水筒
  • ボディ:D300
  • レンズ:VR Micro Nikkor 105mm F2.8
  • 撮影条件:WB=オート,ISO感度400,F8/5.6,マニュアル撮影
  • 三脚:未使用(手もち撮影)・・・雨で点ててる余裕が無かった
 CANON派、ゴメン。やっぱNIKONでよかった。
***NIKON vs CANONのこぼれ話し:笑い話として聞いてください**
まじめに聞くの禁止!(笑い; (限りなく実話)
 別にCANONが嫌いなわけではありません。念のために
****Vol.1 ある受講生の意見****************************
CANON派X氏「先生が、NIKONを受講生に薦めるのはけしからんと思っているのですよ」
加藤「なんで?」
X氏「だって、撮影するときにカチカチダイヤル回しているでしょう」
加藤「自分はマニュアル撮影派だから(癖)で、NIKONとは関係ないが・・・」
X氏「素人がうまく撮影できるのはCANONです」
加藤「・・・・」
****Vol2.NIKONとCANON黒白論争(講演準備スタッフとの会話)******************
CANON派Y氏「NIKONはけしからん。グリップのところに赤いマークがある」
加藤「別にいいじゃん。(静岡弁)それよりも、CANONの望遠レンズはなぜ白いの?」
Y氏「アフリカで撮影するときに白いと熱を持たないから」
加藤「どれだけの人がわざわざアフリカまで行って撮影するの?そんなヤツ みたことないよ。むしろ黒いボディに白いレンズなんて色彩感覚としておかしいよ」(こんなこと普段ならいいません)
Y氏「・・・・」(明らかに不本意)
加藤(心の中で)「自分で喧嘩ふっかけてきているじゃん!」
いつもいっているように、カメラは好き好きだと思います。
NIKONもCANONもいいカメラだと思っております!
ただ、自分に議論を吹っかけてくる人は大概CANON派の一部の方です
 
 本当に一部の方です!でも多分、それぞれの愛器に愛着があるからなんでしょうね。
****Vol3.CANON派美人受講生*************************
CANON派Z氏「先生は私のこと美人に撮影しないから嫌いだ」
加藤「・・・・」
 彼女のお陰でうどんの撮影がうまくなりました(汗;


****Vol4.NIKONは戦場カメラ************
以前、受講生に「NIKONは昔、壊れにくいので戦場カメラだったのです」と説明したことがあります
受講生A氏「NIKON派のB氏はカメラ壊したじゃあないですか!」
引き続きA氏「NIKONは戦場カメラですよね(^^;」
解説:確かにNIKONは昔戦場カメラで、かつ、現在も軍需産業で使われているレンズですから (戦艦大和にもつかわれていた)、壊れにくいことは確かですが、でもさすがにコンクリの地べたに 肩の高さから落とせば壊れます。
まして、最近のカメラはコンピュータを内蔵していますから以前のメカニカルカメラと耐久性が異なります。

****VOL5.昔の仲間タケチャンとの会話(メーリングリスト)****
タケチャン「加藤君(たけちゃんの方が年上)、俺もD300買っちゃった。」
加藤「まぢっすか、D3(当時52万円)買ったばかりぢゃあないですか」
タケチャン「だって、望遠撮影に不利なんだもん(フルサイズ=等倍だから)」
加藤「それは最初から分かっているはずでは・・・(D300は、望遠が1.5倍で有利)」
タケチャン「だからさあ、D3は広角と標準用で使っているよ」
加藤「まぢっすか、もったいない」
タケチャン独身貴族です。NIKONにはこんな風にお金を使う方が多いのです(汗;
< だから、何が良くて何が悪いとは一概に言い切れないけれど 明らかにブランドを志向するオーナーの性格は若干は異なると思います

 寒さに耐える高山植物の美しさをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
ぷらいどさんご紹介のマクロ、大活躍です。

黒部立山アルペンルート電撃作戦 2/5 =高山植物1=

高山植物を撮影したくって
 今回の撮影の狙いは、マクロレンズを使った高山植物(本命)。チャンスがあればライチョウ(まだみたことがありません) が大穴でした。
黒部平の植生
 標高1,828mのお盆時期の植生をお楽しみ下さい
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ(陽光の中で):復路の撮影です。標高が近い美ヶ原と似たような植生をしています。
テガタチドリ
テガタチドリ:最初、トラノオかと思ったら違うみたいです。
シナノナデシコ
シナノナデシコ:ナデシコというとさだまさしの歌を思い出します。
トリカブト トリカブト:キンポウゲ科トリカブト属。黒部平には高山植物園があって、 そこの担当者が「トリカブトが咲いているよ」と教えていただき撮影。多分、きれいに咲いたので 撮ってほしかったのだと思う。球根を乾したものは漢方薬やアルカイロイド系(アルカイダではない(^^;)の毒として用いられ、烏頭(うず)とも呼ばれている。
ワレモコウ 我吾紅(バラ科):紅白歌合戦で聞いた歌のよう。根にはタンニンが含まれていて、止血剤として使われるようだ。 ワレモコウ
アカモノ
アカモノ:もう少し早くきていれば。恐らく、可憐なコケモモのような花が見れただろう。
ヤナギラン ヤナギラン:群生しているととても可憐で綺麗。細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がラン(蘭)の花を思わせるところから,このように名付けらた アカバナ科の植物。ハチが蜜が美味しいらしく頻繁に集まっていた。
室堂・神々の領域
アザミ:名前の由来はアザム〈傷つける、驚きあきれる意〉が由来だという。 すなわち、花を手折ろうとするととげに刺されて驚くからだとか。
 中島みゆきは時代が売れる前に「あざみ嬢のララバイ」という曲を歌っていて、これを 泉谷しげるが絶賛していたのを思い出した。
アザミ
ボウフウ ボウフウ:だと思う。標高があがると、花の大きさが小さくなると思うのは自分だけだろうか。 室堂標高2,450m。まさに神々の領域かもしれないね。
私の装備
  • モンベル、カメラマンバッグ(リュック)
  • 防水シート、水筒
  • ボディ:D300(マクロ用),D80(風景写真・記録用)
  • レンズ:VR 80~400mm,VR Micro Nikkor 105mm
  • レンズ:12~24mm fish eye
  • 三脚:ベルボン
 これにPCと着替え及び食料が加わって重いの何の(南野陽子)。

 マクロレンズの効果をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
実は新カメラの性能テストも兼ねていたのでした

黒部立山アルペンルート電撃作戦 1/5 =往路=

黒部立山の旅
 3年前(2005年8月3日)に長野県に仕事で3日間くらい居る機会がありまして、そのときも夜の講演を前に早朝の電撃作戦で 黒部立山を訪問したのでした。今回は、佐久平で仕事をした帰りに電撃作戦!
午前5時40分のバスに乗って
 信濃大町発午前5時42分のバスに乗って扇沢へ。そこからトロリーバスで黒部ダムです。
黒部ダム
黒部ダム:3年ぶりということで、なんとなく道順を覚えているのか、忘れているのかが曖昧で 不安でした。瀬踏みをするように道順と記憶を辿ってなんとか黒部ダムの近くまでトロリーバス停から歩いてゆきます。
ダムの殉職者達
ダムの殉職者達・銅像:プロジェクトXに取上げられた黒部ダム。中島みゆきが紅白で歌った場所です。
ダムを歩いてわたる
ダムを歩いてわたる:トロリーバス停から徒歩15分。トロリーバスはバスの形状をした電車。ご存知でしたか。 ケーブルカーの駅を目指します。
室堂
霧の登山道
霧の登山道:ここは立山室道、標高2,450m。残念ながら霧のち雨の天気でした。下界は晴れていたのに。
霧の雪渓
霧の雪渓:おたまが池周辺もこんな具合で、美しい雪渓も池もろくにみえず。
久し振りの記念撮影
久し振りの記念撮影:女性3人組に記念撮影を頼まれて、即答しました。 ついでに撮影してもらいました。
帰りの室堂
帰りの室堂:やっと晴れ始めましたが。体力が尽きたので帰ります。
 雨のなかを傘を差して、思い機材(10kg以上)を背負って、かつ、ぬれながら山道で不自然な姿勢での撮影は疲れました。
 今なら、12:30発、長野駅ゆきのバスに間に合うはずです。そうすれば夕方6時ころに静岡にたどり着くはず.
往路:下界から2時間で標高2,450mの天上界でした。
  • 信濃大町 5:40→バス→扇沢6:20 1,433m
  • 扇沢 6:30→トロリーバス→黒部ダム6:46 1,470m
  • 黒部ダム→徒歩→黒部湖 1,455m
  • 黒部湖7:00→ケーブルカー→黒部平7:10 1,826m
  • 黒部平7:35→ロープウェイ→大観望7:40 2,316m
  • 大観望7:40→トロリーバス→室堂7:47 2,450m 
 バス往復で2400円、扇沢→室堂往復8,500円の旅

 電撃作戦(1人時間差攻撃)をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
半日で11000円。高いか安いか!

お盆のさなかだ!仕事をした後、オフに入るぞ。

長野でコンサル物件発生!
 経営革新セミナーがおかげさまで好評で長野県でコンサル物件が発生しました。
8/14 佐久平にて
箸 急ぎのコンサル物件:お客さんの要望として、楽天である程度売っているのですが、 広告負けしているので自力でWebを運用して、売るプランを立案してほしいのだというのです。
 私、プロですからお盆だろうがなんだろうが支障がなければお伺いします。「喜んで!」 ただ、仕事を終えた後に悪いことを考えていました。
蕎麦天麩羅定食
蕎麦天麩羅定食:依頼主との待ち合わせはお昼に、佐久平蓼科口。 仕事に入る前に信州といえば蕎麦でしょう!ということで蕎麦定食。
漬物
漬物:漬物を齧りながら、依頼主の商工会連合会さんのお話を伺います。 どうやら佐久って地域は上田の文化圏のようです。
刺身
刺身:蕎麦は美味かった!課題は刺身。明らかに冷凍をもどしたなってパターンでした。 わかりますよ、かつて那智勝浦にもいったことありますし、マグロは毎日食べていますから。
ザル蕎麦
ザル蕎麦:おいしゅうございました。 一宿一飯の恩義。仕事は一生懸命いたします。3時間半ほど、Webの開発方針、販売戦略、マーケティングなどにのほか Web開発仕様、Web開発プロジェクトのご支援をばいたしました。
 長野で撮影したいから仕事を受けたのかって?
 違います。その逆で、どうせ長野でお盆を潰して仕事するんだったら・・・と考えたのです。
仕事を終えてオフに入る!
冷やし中華
冷やし中華:オフに入り、撮影しようと考えているのです。さて、何を撮影しようとしているのでしょうか。
  • ア 戸隠高原に入ろうとしている
  • イ 密かに大糸線経由で韮崎に入ろうとしている
  • ウ 白馬で登山をしようとしている
  • エ 黒部立山アルペンルートに入ろうとしている
交通ルート:
  • 静岡→東京→佐久平 ★仕事★
  • 佐久平→新幹線→長野
  • 長野→高速バス→信濃大町(泊)

目的地は信濃大町!

大きな地図で見る

 オン・オフの切り替えの早さをご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
答えはあしたへ

宮崎の夏の旅 4/4 =高鍋城跡のレストラン=

高鍋城跡でのランチ
 四天王の一角を交えて4人のランチとなりました。
城跡の素敵なレストラン・藍樹(あおき)
レストラン・藍樹(あおき) レストラン・藍樹(あおき):宮崎から特急に乗って30分くらい。 高鍋に到着です。診断企業現場を検証・取材した後、高鍋城跡につれてゆかれました。
加藤「城の見物するんすか?」
ご担当「違います。ここがランチ会場です」
思わぬゲストが私を待っていました。
藍樹(あおき)入り口
藍樹(あおき)入り口:素敵なエントランス。料理にも期待が持てます。
室内
テーブル:室内に入るとテーブルが準備されていました。ちょっと本格的です。 一眼レフをさりげなく取り出す私(^^;
赤ちゃん堂店主
赤ちゃん堂店主:今日のランチのパートナーです。 宮崎四天王の一角です。
=2年前の思い出 memory of akachando=
加藤「2年ぶりですね。2年前、工具屋娘と2晩連続で飲んで母親に怒られたんですよね」
赤ちゃん堂さん(以下、赤ちゃん堂)「1晩目が3時半まで飲んで、帰れなくなって、急遽ホテルをその場で予約したんです」
加藤「3時半まで飲んだんですね。工具屋娘が商工会議所ご担当の靴を隠したときですね」
赤ちゃん堂「そうです。2晩目はさすがに帰ろうとして」
加藤「駅までの道を間違えたと(笑い」
赤ちゃん堂「なんとか最終電車に間に合ったのですが」
加藤「車中で寝てしまったのでね(苦笑」
赤ちゃん堂「危なかったのですよ。急行だったから、次が日向で」
※地図でご確認ください。

大きな地図で見る
素敵藍樹(あおき)のランチ
水
静に待つ時間:食事を待つ間に、思いで話に花が咲きます。いずれも武勇伝ばかりでした(笑;
スープ
コーンスープ:明るい店内、素敵な女性が給仕を努めるサービス。奥にシェフが居るようです。
サラダ
サラダ:トマトの下にポテトサラダがあった。
スズキのカツレツ、トマト風味
スズキのカツレツ、トマト風味パスタ添え:スズキの白身のふくよかさとカツレツのサクサク感。色合いは赤と緑の色が素敵。
デザート
白桃のタルト
白桃のタルト:夏らしく、白桃の甘さとほのかな酸味が清清しい。
アイスコーヒー
アイスコーヒー:4人全員ががアイスコーヒーでした。
 まったりしすぎて、Web診断の時間が切迫してしまいました。

 城跡のレストランの雰囲気をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
ご馳走様でした

宮崎の夏の旅 3/4 =女性は凄い!=

宮崎での懇親会
 この時期の楽しみは、久し振りの方々にお会いできることです。
この方がいないと始まらない
魔女首脳
魔女首脳:あらんだまさんです。この方が宮崎を引っ張る。
ふうちゃん
ふうちゃん:ふうちゃんファンもいらっしゃいますので!
あらんだまさん「今年で4年目、結果を出すのよ!」
演説を聴いたある方「こりゃあ、どっかの学校の先生だな」
加藤「だって、弟子を200人かかえた元ピアノ教師ですぜ(^^;」
あらんだまさんは、かつて神奈川県で200人の弟子を抱えたカリスマピアノ教師でした。 しかし、あるとき「私はもうピアノを教えたくない」と言って宮崎に越してきたのです。
 自分にはできません(^^;
宮崎の魚はうまし!
ハモ
ハモ:仲居さんがハモをもってきました。夏の風物詩なのでいただくことにします。
お刺身
お刺身:お刺身も美味しい。
キンメダイ、焚き物
キンメダイ、焚き物:あっさりとしてうまし!
母は強し!
やいちん
やいちん:やいちんが壁際でなにやらふうちゃんと話し合いをしています。
天使
天使:あの方も無事出産を終えて天子をさずかりました。将来は(^m^;
プリン
プリン:プリンが人気です。どんどんなくなってゆきます。1個オクレ!
宮崎四天王のいない二次会
 今回は四天王がそうそうとお帰りになり、大人しい宮崎の男性中心の二次会となりました。
とうふ
とうふ:懇親会でおなかが一杯です。豆腐の先付けで調度いいな。
梅酒
梅酒:明日の日南でも多分宴会です。今日は大人しくしておきます。
天使をさずかった方は:どなたでしょうか。
  • ア あらんだまおばさん
  • イ 工具屋娘さん
  • ウ narumiさん
  • エ 京丹後のおやじさん
 

 宮崎の皆様のご盛業の状況をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
日南の懇親会は酔っ払いで、撮影できませんでした

宮崎の夏の旅 2/4 宮崎、高鍋、日南の講演紀行

再開が嬉しい講演紀行
 この時期の楽しみは、久し振りの方々にお会いできることです。
宮崎空港、到着す
宮崎空港駅
ヤイチンへのサービスカット:やいちんの息子さんが電車好き。 だからPCをやいちんが触っていても怒らないとか。
午後の紅茶
午後の紅茶:移動時間の関係で食事できず。とりあえず午後の紅茶。
 宮崎空港駅の成り立ちをお話ししましょう。実は、最初子の空港駅はなかった。 あるとき、延岡の旭化成の社員が空港へヘリコプターで向かい遭難。そこで旭化成の協力で 空港駅ができたとか。
8/11 宮崎商工会議所 ITリーダ塾4期生
メンバーは半分入れ替わる
メンバーは半分入れ替わる:日本茶の旦那様と、まったり丼が抜けた結果、初期のメンバーは次のような方が残りました。
あの方も復活
あの方も復活:そう!出産を経て再登場。
やいちん
やいちん:前期くらいから、お姉さんを連れて参戦。どうもありがとうございます。
8/12 高鍋商工会議所 Web診断
 最初に受講生の職場にお邪魔しました。
職人の手
職人の手:ネット店長さんのお父さん。高齢ですが現役です。
落款
落款:最近、顧客から写真撮影を依頼されることが増えました。
印鑑
印鑑:手彫り印鑑はとても味わいがあります。
職人の背中
職人の背中:職人の背中。人生が伺えそうです。
 ある方が、仕事が終わった後、「ハッチョウトンボを撮らせてやろうか」とおっしゃって話にのりました。 でも、近い場所にあると思ったら結構遠距離。列車の時間もあるので引き返してもらいました。
 ちょっと移動に失敗しそうで、焦りました。
8/ 12 日南商工会議所 経営革新塾
日南商工会議所 経営革新塾
日南商工会議所 経営革新塾:いよいよ始まりました。 あの声のでかい方もご参加です。コラボ予定の小竹さんは残念ながらいらっしゃいませんでした。
8/13 一路清水へ
日南のホテルの朝
日南のホテルの朝:移動のため5時置きしました。これから清水商工会議所の相談会に駆けつけなければなりません。 相談者の方がお二人待っています。残念ながら、朝食バイキングは放棄してタクシーに乗って油津駅に向かいます。
移動のために油津駅にかけつけると:受講生が待ち構えていました。
  • 受講生「先生、空港ですよね」
  • 加藤「はい」
  • 受講生「宮崎に仕事があるので、ご一緒しませんか。空港まで送ります」
 どうやら、相談ごとがあったようです。単線を乗り継ぐよりも40分くらい早く空港に付きました。 有難うございます。

 宮崎の状況をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
あわただしい日々でした

宮崎の夏の旅 1/4 =美しい光=

暑い講演旅行を涼しく過ごす
 暑い季節です。健康維持のため水分補給を怠らないように仕事をしております。
 ストーリというよりは、画像の光を色彩をお楽しみ下さい。
宮崎は亜熱帯の風情
ハイビスカス
ハイビスカス:宮崎空港というとブーゲンビリアですけれど、ここは、フレッシュな ハイビスカスではじまりとします。
レストランの卓上花
レストランの卓上花:暑い地方ですから、屋内の 涼しさが実に染みます。
宮崎と光の演出
ホテルの照明
レストランのカーテン:正午の強い光もカーテンのお陰で柔らかい光になって静かな食事の時間を演出します。
レストランのカーテン
ホテルの照明:宮崎市内での宿泊はセミナー会場であるマリックスでした。踊り場の照明に演出があります。
移動の中のほっと一息
凍り小豆
凍り小豆:高鍋から日南へ移動するため、一度、宮崎駅に帰ります。45分のトランジットの間に ほっと一息。
日南の朝
夜明けと雫
夜明けと雫:早朝移動のため、タクシーを待つ間に束の間の撮影です。曇っていても、少しの光があれば、このとおり!
緑と雫と
緑と雫と:時間の経過と共に光線は変わる。光を感じる心の余裕がほしい。
宮崎空港にて
宮崎空港の神楽
宮崎空港の神楽:宮崎空港では、ジャストの時間になると神楽が正面壁面に現れます。 神話、天照大神の孫の邇邇藝命(ににぎのみこと)が降り立った国とされる宮崎県らしい演出です。
私の旅路:地図でおっている方がいらっしゃるので書きますね。
  • 8/11 静岡→品川→羽田→JAL→宮崎空港→★宮崎
  • 8/12 宮崎→★高鍋→宮崎→★油津
  • 8/13 油津→宮崎空港→セントレア→名古屋→静岡→★清水→静岡

 宮崎の明るい光をご理解してくださるなら!
人気blogランキングへ
宮崎シリーズのはじまりです。あの方も登場!