丹後地方の自然を求めて・・・

久美浜、豊岡の撮影: 旅行に出る前に楽しみがありました。久美浜のユウスゲを夕暮れの残照の中で撮影することと、 巣立ち間じかのコウノトリを撮影することでした。 ユウスゲ残照 ユウスゲ残照:久美浜の箱崎海岸にはユウスゲの群落があります。ユウスゲはその名の通りに、 夕方にさきます。昨年は朝にお邪魔して撮影しましたが今年は満を持したのですが、 天は味方せず華やかな光線を私に与えてくれませんでした。 コウノトリの幼鳥 羽ばたけコウノトリ:コウノトリはかつて日本のあちこちにいた 鳥です。しかし、自然環境の悪化。つまり、農薬の使用とか餌になるドジョウの 減少などで行った一端、絶滅しました。
 私も、数年前に静岡に迷い込んだ野生コウノトリの撮影に成功していますが、 今回の幼鳥はコウノトリ再生プロジェクトとして放鳥したコウノトリの自然繁殖を 見守るものです。
 被写体が大きいので400mmでよいかと思ったのが甘かった。やはり重たくても 300mm * teleconを持ってゆくべきでした。写真はトリミングしています。 プロ達の焦り プロ達の焦り:・・・ということで、日本全国からアマチュアやマニアが そして、すべての放送局やメディアが注目することになりました
 しかし、プロは辛い。この炎天下に7月中旬から張り込んでいるのです。キャンピングカーにサトウのご飯を持ち込んで 自炊する方。日傘を持参する人。クレーンに乗って撮影している人、大型テントを張っている人。  つくづくアマチュアでよかったと思ったしだいです。 近隣住民 近隣住民:メディアが注目するコウノトリも 関心のない地元住民にとっては猫に小判なのでしょう
 馬鹿にしているのではなく、関心が無ければ「あの人たち、ご苦労なことだ」と 思うぐらいが関の山なのでしょう。
 きっと、自分もその一人として見られていることでしょう。(苦笑;
 一日違いの無念さがあなたに伝わったならば!
人気blogランキングへ
気合が空回りした日々でしたが充実していました

comments

チカさん
>こんにちは。
 こんにちは

>関心の無さが、多種の動植物を絶滅へと追いやった要因のひとつかと思います。
 そうですね自然を考えるきっかけになればと思います

こんにちは。

>メディアが注目するコウノトリも関心のない地元住民
関心の無さが、多種の動植物を絶滅へと追いやった要因のひとつかと思います。
でもそれが必ずしも悪いとは言えず・・・。
自分たちの生活が第一になりますもんね。
それは私も含めて、です。

でもこうして再生プロジェクトが行なわれているのを見ると、
感動しますね。

  • チカ
  • 2007年08月27日 11:53

牧場娘さん
>こんばんわ。
 おはようございます
>愛称でしたっけ?ニイちゃん?
 たしかそんな名前でしたね
>躍動感のある、まさに「羽ばたけコウノトリ」の写真ですね。
 はい!
 一応は絵にします
>私のはお蔵入り...ということに。
 小さかったのですね

ジャガーさん
>こんばんは。
 おはようございます
 お久しぶりです
>まさにテレビニュースや新聞で見たのだ
>まさに神出鬼没とはこのことですね。
 はい!でも、
 ストーカぢゃあないんだから出没はね(^^;


> カメラマンの数たるやすごかったのでしょうね
彼らは命や生活のすべて賭けてきています
 とても私のようなものが太刀打ちできるものではございません

加藤先生、こんばんわ。
おぉ!あのときのコウノトリですね。
(なんて愛称でしたっけ?ニイちゃん??)
本当に残念でしたね。何度も飛び出しそうだったのに...
でも、躍動感のある、まさに「羽ばたけコウノトリ」の写真ですね。
...私のは、人にお見せできるようなものではなかったので、
お蔵入り...ということに。

こんばんは。
ああ、この写真まさにテレビニュースや新聞で見たのだ、と
思いました。先生こんなとこにも出没していたのですね。
まさに神出鬼没とはこのことですね。

貴重な写真ですよね。それにしてもカメラマンの数たるやすごかった
のでしょうね、お疲れ様でした。

bくまさん
>こんばん
 こんばんは

>先日のガクト来越も私にとっては
 イベントですか(^^;

>>羽ばたけコウノトリ
>テレビで観ました
 うん、でもなんかコウノトリはタンチョウなんかに比べて
 セクシーさにかけるんだよね

やいちん
>こんにちは~。お久しぶりです。
 こんばんは
>先生の「ユウスゲ残照」、すみいちさんの「向日葵」
>・・・花に癒されます♪
 すみいちさんもがんばっていますね
>私もこっち派かも(^^;)
 やいちんにカブトムシ1匹!

リモデ屋さん
>こんにちは!
 こんばんは
>>つくづくアマチュアでよかったと思ったしだいです
>まったくですね!
 プロはしんどいですからね
 特に写真は
>1枚目がエイです!
 もう少し色がでていればなあ~

どらさん
>こんにちは
 こんばんは東京に入りました
>光が差さなくてもバックの海と夕日の色合いと
>ユウスゲ、落ち着いた雰囲気があって素敵です。
 そうですね、最近、夕日などを直接撮影しなくなって
 います
>コウノトリのすごい瞬間を撮られましたね。
 いや、そんなに難しくなくて
 オキピンで連射するだけです。
 カメラの性能が良くなっているので簡単です

>私も昨日4時間粘って撮影しました。
>炎天下の中、両腕がヒリヒリ状態です。
 お疲れ様です
 作品が楽しみです!

こんばんは

>あの人たち、ご苦労なことだ
 そうですね
 先日のガクト来越も私にとっては・・

>羽ばたけコウノトリ
 テレビで観ました

こんにちは~。お久しぶりです。
今日は、先生の「ユウスゲ残照」、すみいちさんの「向日葵」・・・花に癒されます♪

>きっと、自分もその一人として見られていることでしょう。(苦笑;

鳥系に関しては、私もこっち派かも(^^;)

こんにちは!!
>つくづくアマチュアでよかったと思ったしだいです

まったくですね!!
まずは、目標に向かってがんばって時間が取れれば
そんなのもいいカモと・・・w

1枚目がエイです!!

こんにちは
光が差さなくてもバックの海と夕日の色合いと
黄色の花のユウスゲ、落ち着いた雰囲気があって
素敵です。

コウノトリの巣立ちの練習、凄いですね。
すごい瞬間を撮られましたね。

私も昨日4時間粘って撮影しました。
炎天下の中、両腕がヒリヒリ状態です。

joyokudaさん
>こんにちは
こんにちは
>なかなかうまくいきませんね。
 それが人生ですよね
>それにしても自転車のおじいさん、気が無い猫?
>面白い表現に笑っちゃいます
 そうそう、ひとそれぞれだと思います。

>ユウスゲ夕方に撮影に行こうかな。いつ頃まで咲いていますか?
 多分、もう枯れているかも

こんにちは
折角先生がこうのとりを撮影に来られているの彼らは気がききませんね。なかなかうまくいきませんね。
 それにしても自転車のおじいさん、気が無い猫?
面白い表現に笑っちゃいます・・・失礼!
 
また、ユウスゲ夕方に撮影に行こうかな。いつ頃まで咲いていますか?

コーイチローさん
>一つの被写体を追い続けてるみなさん
>きっと妙に連帯感が生まれるんでしょうね。
 結構、おやじどうし仲良い感じでした

>時間の余裕と家庭の理解があれば、こういう経験してみたいです
 そうですよね!
 それが難しいのが人生ですね

一つの被写体を追い続けてるみなさん、きっと妙に連帯感が生まれるんでしょうね。
大変でしょうけど、なんか青春ぽくていいなぁ。

時間の余裕と家庭の理解があれば、こういう経験してみたいです。
ムリでしょうけど。。。
(・・・うう、なんか重い)

かおりん
>おはようございます!
 おはようございます
>コウノトリ、話には聞きますけど見たことありません。
 そりゃあまあ、普通の人はそうでしょう
>皇室の方がコウノトリをお題にして歌を詠まれますよね。
 そうですね
>見るからに上品な鳥ですね(^^)
 ただ、目つきは目が血走っていて怖いのです

まさ爺さん
>アレが噂のコウノトリですか?
 はい
>先生には写真の神がついています。
 どうでしょうか
>「何だアレ」ととぼけて通る自転車叔父さんも真実味があって
愉快です。
 でしょ!
>頸城も生き物プロジェクトに取り組んでいます。
>朱鷺もいいけど稲もつぶされたくないし・・・これが私の心情です。
 おっしゃるとおりで、それが農家の心情
 つまり、精魂こめて作った農作物、それは経済的に考えても
 きちんと収穫したい

 豊岡での取り組みは「コウノトリと共存した安全な米」を売る
 という動きもあるらしい、参考になりますね!

あいさん
>おはようございます。
 おはようございます
>コウノトリも、朱鷺も自然破壊の犠牲者ですね。
 そうですね
>素晴らしい写真を撮れるようにする為にも、人間がキチンとした行動を取ることが大切ですね。
 写真を撮るためかどうかは別として
 人間との共存の模索は必要と思います

溶射屋さん
>おはようございます
 おはようございます
>ユウスゲがとっても綺麗。
 そうですね
 天候の条件がよく(翌日のように・・・無念)
 何枚か違う絵が撮れれば特集したのですが・・・

>コウノトリの撮影に成功したのですね、感動したのでしょうね。
 まあ、これはこの程度なのかなと思います

>田んぼをおじさんが自転車で走る写真のほうが心が和みました(笑)
 そうおもうでしょう
 緊張の横でとぼけた雰囲気

先生、おはようございます!
コウノトリ、話には聞きますけど見たことありません。
皇室の方がコウノトリをお題にして歌を詠まれますよね。
見るからに上品な鳥ですね(^^)

アレが噂のコウノトリですか?
先生には写真の神がついています。
「何だアレ」ととぼけて通る自転車叔父さんも真実味があって
愉快です。
頸城も生き物プロジェクトに取り組んでいます。
アオサギ、コサギがいっぱいいます。
朱鷺もいいけど稲もつぶされたくないし・・・これが私の心情です。

キッチンにいさん
>おはようございます。
 おはようございます
>コウノトリの撮影、いいですねぇ~。
 被写体が大きいのでファインダーに収めるのらくなんですが 
>巣立ちの瞬間は、どのぐらい粘って撮ったんですか?
 いや、これは巣立ちではないです
 羽ばたきです
 巣立ちは翌日だったのです

おやじさん
>おはようございます
 おはようございます
>>つくづくアマチュアでよかったと思ったしだいです
>炎天下ご苦労なことだと思いました。
 まったくです

>>近隣住民
>いい一コマですね。
 いいでしょう。うふふ

cotton母さん
>おはよう御座います。
 おはようございます
>PCどうも容量がいっぱいなようです。
>古い写真などを消してもらって何とかしのぎましたが
 サーバも重いですよ
 僕は補助のHDDに写真移転しました


>読売のカメラマン何時連絡が入るか分からないのでビールも飲めないと言っています。
 そうでしょう

>コウノトリ 上品な容姿ですね。
 うん、これはさすがです

おはようございます。
コウノトリも、朱鷺も自然破壊の犠牲者ですね。
素晴らしい写真を撮れるようにする為にも、人間がキチンとした行動を取ることが大切ですね。

  • あい
  • 2007年08月26日 08:34

加藤先生 おはようございます

ユウスゲがとっても綺麗。

コウノトリの撮影に成功したのですね、感動したのでしょうね。

でも僕は緑が綺麗な田んぼをおじさんが自転車で走る写真のほうが心が和みました(笑)

おはようございます。
コウノトリの撮影、いいですねぇ~。 ^^
この巣立ちの瞬間は、どのぐらい粘って撮ったんですか?

おはようございます

>つくづくアマチュアでよかったと思ったしだいです
巣立ちの瞬間は一瞬ですから目が離せません。
炎天下ご苦労なことだと思いました。

>近隣住民
いい一コマですね。
>馬鹿にしているのではなく、関心が無ければ「あの人たち、ご苦労なことだ」と思うぐらいが関の山なのでしょう。
 >きっと、自分もその一人として見られていることでしょう。(苦笑;

間違いなくそうでしょうね。(^^)
価値観が違うのですから当然ですけど。

おはよう御座います。

PCどうも容量がいっぱいなようです。
昨日古い写真などを消してもらって何とかしのぎましたが
今後の為に大きくしようと言っています。

仕事となるとなんでも大変ですよね~
近所に読売のカメラマンが居ますが何時連絡が入るか分からないのでビールも飲めないと言っています。

機材も重いようですし。。

しかし、この様なアングルでコウノトリが撮れて嬉しかった事でしょうね

コウノトリ 上品な容姿ですね。

comment form

comment form