北の森に息づく、アカショウビン 函館編3/4

red impulse:青春時代から追い求めていたものがありました。 その多くが適えられたのですけれど、なかなか実現できないものがあります。 そのひとつに自然観察があります。自然相手なので必ず会えるというものではないからです。 セミの幼虫を咥えたアカショウビン セミの幼虫を咥えたアカショウビン:アカショウビン(学名 Holcyon coromanda)というカワセミがいます。 インドネシアなどの南方から日本に夏渡来してくる渡り鳥です。大きさは27.5cm。 カワセミが17cmですから結構、大きな鳥なのです。 急降下 急降下:そのアカショウビン、毎年。北海道の大沼公園に来ているらしいという情報を 掴みました。どうやら、木の洞に子供をもっていて餌を運んでいるようです。
 非常に、動きが早く1時間に1度程度餌を運んでくるのですが捉える事すら難しい。 まる1日粘って撮影しました。全道からも猛者があつまり勝負、勝負!です。 アカショウビン♀ アカショウビン♀:アカショウビンの雌雄の見分け方は お腹の色で見分けます。♂が赤!メスが白っぽい色をしています。だから、これは ♀です! トカゲを咥えた♂ トカゲを咥えた♂:アカショウビンはカエル、トカゲ、セミの幼虫の他、ムカデ、カタツムリを捕食します。 これは皆、カエルだといっていましたがプレビューを拡大すると尻尾があるのでトカゲだと思います。
 日差しが差し込んではねと嘴に光が透過して綺麗! 樹幹を飛ぶ! 樹幹を飛ぶ!:アカショウビンが樹幹を飛ぶ瞬間を偶然、捉えました。 この鳥は早いので、ヤマ感で置きピンを仕掛け、動いたら連射するという体制で無いと撮影は無理。 雛に餌を与える♀ 雛に餌を与える♀:雛に餌を与える瞬間を撮影できました。 木の洞に嘴が見えますか?
 正直言って、ばかばかしいといえば馬鹿なんだろうけれど、つまらないことに 価値を見出してじっくり粘り強く取り組むことは悪くないと思います。

 アカショウビンの赤い衝撃があなたに伝わったならば!
人気blogランキングへ
生きる目標の1つが消えました(^^;

trackbacks

讃岐うどん(さぬきうどん)人気店、『まはろ』訪問日誌 ~その2~ from 大瑠璃ブログ

クチコミで人気の讃岐(さぬき)うどんを堪能する  まずはメインディッシュ。暑いか...

comments

craft さん
>はじめまして・・・
 こんにちは

>素敵な写真満載ですね・・・
 有難うございます
 ブログ拝見しましたレベル高い方ですね
 またよろしく

はじめまして・・・
 (もし以前に訪問させて頂いておりました場合にはお許し下さい)
素敵な写真満載ですね・・・
週末を中心に野鳥の撮影をしております。
また訪問し・・・楽しみに見させていただきます。

  • craft
  • 2011年03月01日 20:33

ち~さん
>こんばんは。
 こんばんは
 その節はお世話になりました

>この鳥が先生が言ってた【アカショウビン】なのですね。
 そうです、見たこと無いでしょう!

>鮮やかな赤の嘴が目だつ綺麗な鳥(^^)
 そうなんですね
 いかにも南洋の鳥です

>ムカデを食べるとありましたが、刺されないのでしょうか。
 多分、大丈夫だと思うよ

まつい店長
>信州・山梨より先程帰ってきました。
 お帰りなさい
>あるびおんでは青い月さんにお会い出来たり、
>アカゲラを始め野鳥撮影を堪能できました。
 天気はいかがでしょうか

>心配した天候にも恵まれて、楽しい旅でした。
 良かった、良かった!

>周りの緑の中に映える赤い色は堪りませんねw
 はい!

>粘って待って訪れたシャッターチャンスを、モノにした瞬間の感動は何とも言えませんね。
 はい
>おめでとうございます。
 有難うございます

また、写真撮りにいきましょう!

先生、こんばんは。

少し出遅れました。。。

凄い!! この鳥が先生が言ってた【アカショウビン】なのですね。
さすが!先生(^^)

鮮やかな赤の嘴が目だつ綺麗な鳥(^^)
早い動きで苦労したと聞きましたが、私だと たぶん・・・
アカショウビンを撮りそこなっている事でしょう(>_<)
ムカデを食べるとありましたが、刺されないのでしょうか。

信州・山梨より先程帰ってきました。
あるびおんでは青い月さんにお会い出来たり、
アカゲラを始め野鳥撮影を堪能できました。

心配した天候にも恵まれて、楽しい旅でした。

遂にアカショウビンが出ましたね。
綺麗な鳥です、周りの緑の中に映える赤い色は堪りませんねw

>まる1日粘って撮影しました。
粘って待って訪れたシャッターチャンスを、モノにした瞬間の感動は何とも言えませんね。

おめでとうございます。

komeya3
>アカショウビン!?(;○□○)
アカショウベンではありません
>大瑠璃といい、日本にはまだまだ私の見た事が無い鳥が生息してますね。
 オオルリはポピュラーでしょう

> 私も無理かもwww
 いしし

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 08:00

MUさん
>お疲れ様でした。
 昨晩は有難うございます
>これが、噂のアカショウビンですね。
 はい!
>講演目的が青春時代に出会うことなんて、うふふですね。
 そうなんですね
 諦めずに追うこと重要です

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 07:58

活木職人の女房
>午前中に夫婦で拝見しました。
 そうですか、ありがとうございます
>くちばしがまた印象的!!
 ちょっと特徴がありますよね

>情報としてキャッチされていることにも驚きです。
 いえ、昨年の情報のリメークです
>他にまだたくさん目標がおありでは?
 はい、まだまだ・・・

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 07:57

どらさん
>今頃は宴会中でしょうか?
 はい
>お話だったのでしょうか?参加した方に聞いてみます。
 SEOです
>先生の鳥の撮影は釣り人に似ているように思えました。
 そうですね、多分そうだと思います

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 07:56

くれもなさん
>こんばんは。
 こんばんは
>アカショウビンねらってらしたんですね!
 そうです
 加藤は結構、狙い撃ちする傾向があります
>それにしても加藤先生の青春時代!拝見したいです!
 ロン毛でした

michyさん
>始めまして!
 おはようございます
>わたしのブログへコメントいただきまして、ありがとうございます。
 どういたしまして
 また、遊びに来てください

>写真の撮影のお仕事もされているのですか?
 いえ、少し、人よりうまいくらいのおやぢです

>いろいろ、拝見して、勉強させていただきます。
 皆さんのブログも見てあげてください
 うまいですよ

>矢田丘陵では、りすや、うさぎ、たぬきも出ると聞いています、
 いいですね
 首尾よく撮影してください

きみちゃん
 上越にいます
>アカショウビン綺麗な鳥です
 そうですね
 生き物のもつ色彩は不思議です
>まる1日粘って撮影・・先生の忍耐力に恐れ入ります
 ここであったが百年目!

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 07:43

ふうちゃん
>こんばんは。
 こんばんは
>昨日の続きを楽しみにしていました!
 有難うございます
>アカショウビン・・・名前さえ知らない鳥でした
 普通そうですね
>一緒にブログを見ていた子供が興味深々でした。
>幻の鳥なのですか?
 アカショウビンは幻の鳥で
 みることはおろか、撮影はもっとむずかしい
 20年前なら雑誌の巻頭を飾ったかもしれないですね

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 06:53

うおぬま店長
>こんばんは。
 こんばんは
>う、うらやまし過ぎます。
 そ・そうですか(汗;
>魚沼にも居るそうですがまだ出合った事がありません。憧れの鳥です。
 存じ上げていました。
 でも、なかなかですよね

うめちゃん
>こんばんは。
 こんばんは
>砲列が狙っていたのは、このアカショウビンだったのですね!
 そうです!
>それにしても見事な色と見事なくちばし!
 鮮やかな赤でしょう!

>>生きる目標の1つが消えました(^^;
>まだまだたくさん目標あるのじゃないですか?
 そうなんです!
 欲が深いから、もうすこし生きてみます(笑い;

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 06:49

yamaさん
>ナント、北海道でアカショウビンとは・・・。(@_@)
 うふふ
>なるほどこれは衝撃ですね!
 知る人ぞ知る!
>こちらでも撮影した方はいるのですが
 そうなんですね
>大沼で営巣中と
 毎年見れるようですね
>念願叶っていい出会いをされましたね!
 夢をかなえました
>奄美でリュウキュウアカショウビンの剥製を見ただけです。
 いひひ・・
>キョロロロロローン。(笑)
 アカショウビンの鳴き声ですよね

溶射屋さん
>こんばんは!
 おはようございます
>5時に並んで後列とは
 そうなんですよ
 ううっ、ですよね
>カメラ小僧は忍耐と努力が必要なんですね。
 カメラおやぢ!かな・・・

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 06:44

リワーク職人さん
>こんばんは
 おはようございます
 今、撮影会を終えてきました
>昨日はありがとうございました。
 こちらこそありがとうございます
 また、助けてください
>頂が見えたようで、またすぐ霧の中へ・・・の心境です。
 そうですね、人生と同じで果てしがありません
>アカショウビン・・・これは、すごい。血と汗の結晶ですね。
 はい、また人生の夢をかなえました
>自然観察をする動物学者のフィールドワークのような忍耐力ですね!
 おっしゃるとおりです

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月21日 06:42

アカショウビン!?(;○□○)

スゲェ!!
大瑠璃といい、日本にはまだまだ私の見た事が無い鳥が生息してますね。

>まる1日粘って撮影しました。
  私も無理かもwww


お疲れ様でした。
これが、噂のアカショウビンですね。
講演目的が青春時代に出会うことなんて、うふふですね。
>急降下
止まっているように撮るなんて、神業です。はい

  • MU
  • 2007年08月21日 00:52

午前中に夫婦で拝見しました。
いやぁ凄い鳥ですね。
くちばしがまた印象的!!
初めて知りました。

日本に繁殖の為に飛来して、営巣している場所を
先生が情報としてキャッチされていることにも
驚きです。
あまりこういう貴重な情報は、自然環境保護の為にも、野鳥写真家の
為にも流れにくいものと想像し、先生のネットワーク、情報収集力にもあたらめて凄いと感じました。

先生には他にまだたくさん目標がおありでは???
白い衝撃もありそうですね♪

今頃は宴会中でしょうか?
本日大潟商工所のITリーダー塾に参加できず残念でした。
どんなお話だったのでしょうか?参加した方に聞いてみます。

先生の鳥の撮影は釣り人に似ているように思えました。
赤い大きなくちばしの、アカショウビンはじめてみました。
出会えてよかったですね。

こんばんは。
アカショウビン~この方の激写、ねらってらしたんですね!
すごい!
それにしても加藤先生の青春時代!!拝見したいです!

始めまして!

わたしの拙いブログへコメントいただきまして、
ありがとうございます。
一眼レフを買ったばかりの、メカオンチなので、
見苦しい写真満載ですが、お暇のときは、
また、のぞいてやってください。


写真の撮影のお仕事もされているのですか?

いろいろ、拝見して、勉強させていただきます。
これからも、よろしくお願いいたします。

さて、アカショウビンという珍しい鳥を知りました。
自然の生き物の撮影は、まだまだ、無理ですが、
近くの、矢田丘陵では、
りすや、うさぎ、たぬきも出ると聞いています、
わたしは、ウォーキング中にリスをみましたが。
一度、動物もとってみたいですね♪

  • michy
  • 2007年08月20日 23:01

加藤先生
アカショウビン綺麗な鳥です・・
まる1日粘って撮影・・先生の忍耐力に恐れ入ります・・さすがです。
クチバシも長くて鮮やかな色ですね~
でも~インドネシアなどの南方から日本に夏渡来してくる渡り鳥です・・・ってことは~どう考えても凄い鳥です。
わ~拝見できて良かったです。
ありがとうございます。

先生こんばんは。
昨日の続きを楽しみにしていました!

アカショウビン・・・名前さえ知らない鳥でしたが、一緒にブログを見ていた子供が興味深々でした。
幻の鳥なのですか?

こんばんは。
う、うらやまし過ぎます。魚沼にも居るそうですがまだ出合った事がありません。憧れの鳥です。

こんばんは。

砲列が狙っていたのは、このアカショウビンだったのですね!
それにしても見事な色と見事なくちばし!
ホント衝撃の赤ですね。

>生きる目標の1つが消えました(^^;

まだまだたくさん目標あるのじゃないですか?

ナント、北海道でアカショウビンとは・・・。(@_@)
なるほどこれは衝撃ですね!!
こちらでも撮影した方はいるのですが、大沼で営巣中とは・・・。
大砲が並ぶのもわかる気がします。
加藤さん、念願叶っていい出会いをされましたね!
僕はといえば、以前奄美でリュウキュウアカショウビンの剥製を
見ただけです。
キョロロロロローン。(笑)

  • yama
  • 2007年08月20日 20:59

加藤先生 こんばんは!

アカショウビン・・・滅多に見れない渡り鳥・・・とっても綺麗な鳥に感動です。

それにしても5時に並んで後列とは・・・・カメラ小僧は忍耐と努力が必要なんですね。

こんばんは

昨日はありがとうございました。
頂が見えたようで、またすぐ霧の中へ・・・の心境です。

アカショウビン・・・これは、すごい。血と汗の結晶ですね。
自然観察をする動物学者のフィールドワークのような忍耐力ですね!

八ヶ岳の青い月
>むっむっ あっアカショウビンだぁ
 アカショウビンです
>素晴らしいです 悔しいです
 ありがとうございます
 青い月さんもがんばってください

ふみ店長
>こんばんは
 こんばんは
>ブログで先生に教えて頂いて初めてアカショウビンの存在を知りました。
 そうでしたね
>色だけなら南の国の鳥みたいです。
 南の国の鳥ですよ

>本日これからよろしくお願い致します。
 お待ち申し上げます

  • 加藤忠宏
  • 2007年08月20日 18:44

joyokudaさん
>アカショウビンは山の木立の中で一際冴えています。
 そうですね
>先生の粘り勝ちですね。
 いえ、場所を見つけた段階で勝負あり!
 そういうものです
>先生はすごいです。
 いえ、これが撮れないと地元に帰れないです

むっむっ あっアカショウビンだぁ
素晴らしいです 
悔しいです

こんばんは
先日、私が戸隠に行ったときのブログで先生に教えて頂いて初めてアカショウビンの存在を知りました。
緑の中の赤が鮮烈です。
色だけなら南の国の鳥みたいです。

本日これからよろしくお願い致します。

アイスやひとみさん
>アカショウビンなんて、ぜんぜん知りませんでしたよ。
 そうでしょうね
>かわいい形の鳥さんですね!
 かわいい顔してこのコ、蛙や蛇を食べます
>>つまらないことに価値を見出してじっくり・・
>実は人生の中で一番重要であったり
 そうですね、でも孤独だし
 バランス感覚が重要ですね

まつださん
>こんにちは
 こんにちは
>緑の中に赤というコントラストが素敵です。
 そうですね色彩がかなり派手ですから
>人がばかばかしいと思っても、
>それに向かって努力してやり遂げる事が素敵
 そうなんですね
 中途半端だと生きていて後悔だらけでしょう
 そんな人生は自分には向かないのです

チカさん
>長年の目標を叶えられた方の文章などを拝読すると
>涙が出そうになります。
 感謝です
>まだまだやりたいことがおありなんですよね!
 そうそう目標のために生きるです!

>アカショウビンとの距離はどのくらいなのですか?
 ジャスト15mです
>来た!と思った瞬間に、森の中にシャッター音響き渡るのでしょうか。
 そうです、おやじさんがいったように
 ピントを合わせている暇はありませんn

コーイチローさん
>昨日はお疲れ様でした。
 お疲れ様でした

>砲列の先には、こんなに変わった鳥がいたんですね。
 そうそう
>先生の文面から、そうとうレアな遭遇だということが分かりました。
 劇レアです
>現場はオオルリの時みたいな雰囲気なのでしょうか?
 大瑠璃がアイドルなら
 アカショウビンはダイアナクラスですよ

>緊張感のある中での、シャララララ~の嵐なんでしょうね。
 状況はずばり正解です

キッチンにいさん
>おはようございます。
 こんにちは
>これがアカショウビンですか・・。 綺麗な鳥ですね。
 初めてでしょう
>400mmレンズを買っても、なかなか出番が回ってこないので、>そろそろ野鳥撮影がしたいです
 ピントで勝負ですね

牧場娘さん
>こんにちわ。
 こんにちは
>やっとお盆のラッシュが落ち着きました。
 お疲れ様です

>森の緑の中の赤い鳥が、すごく栄えてていいですね。
 ちょうど補色なので目立ちますよね

>こんな緑の中に私も行ってみたいです。
 リフレッシュにどこかに行ってみたらどうかな

せがれさん
>きゃ~ついに出てしまいましたね!
 伝家の宝刀です

>アカショウビン、やっぱり最強っす。
>緑の背景に赤い体が映えますね。
 魅力的でしょう

>せがれも一度は撮ってみたいっす。
 そのために早くメタボ直してね
 一緒にゆきましょう

アカショウビンは山の木立の中で一際冴えています。
先生の粘り勝ちですね。
自分の家に巣をかけたつばめの餌付けさえも撮れないのに
先生はすごいです。
 いつも綺麗な写真ありがとうございます。

アカショウビンなんて、
ぜんぜん知りませんでしたよ。
かわいい形の鳥さんですね!
>つまらないことに価値を見出してじっくり・・
でも、こういうことができるってことが
実は人生の中で一番重要であったり
するような気もしませんか???^^
素敵な時間ですよね!!

こんにちは、
緑の中に赤というコントラストが素敵です。
人には夫々価値観があるので、
ばかばかしいと思う人は、
そう思っていればいいのではないでしょうか。
人がばかばかしいと思っても、
それに向かって努力してやり遂げる事が
素敵だし、自分もそうありたいと思っています。
まだまだ中途半端な人間ですが…

長年の目標を叶えられた方の文章などを拝読すると、涙が出そうになります。
あといくつ先生の目標がおありなのか存じませんが、
きっとまだまだやりたいことがおありなんですよね!

ところで、みなさん、大砲のような望遠を構えていらっしゃいますけど、
アカショウビンとの距離はどのくらいなのですか?
来た!と思った瞬間に、森の中にシャッター音響き渡るのでしょうか。

  • チカ
  • 2007年08月20日 12:02

昨日はお疲れ様でした。
宴会もとても楽しかったです。

砲列の先には、こんなに変わった鳥がいたんですね。
先生の文面から、そうとうレアな遭遇だということが分かりました。
現場はオオルリの時みたいな雰囲気なのでしょうか?
緊張感のある中での、シャララララ~の嵐なんでしょうね。

おはようございます。
これがアカショウビンですか・・。 綺麗な鳥ですね。
400mmレンズを買っても、なかなか出番が回ってこないので、そろそろ野鳥撮影がしたいです。 ^^

加藤先生、こんにちわ。
やっとお盆のラッシュが落ち着きました。
忙しかったぁ・・・

アカショウビン、先日見せてもらったやつですね。
森の緑の中の赤い鳥が、すごく栄えてていいですね。

こんな緑の中に私も行ってみたいです。
気持ち良いでしょうね。
そして、静かにじっくり粘り強く取り組む...ですね。

きゃ~~~~~~~!!
ついに出てしまいましたね!!

アカショウビン、やっぱり最強っす。
緑の背景に赤い体が映えますね。

せがれも一度は撮ってみたいっす。

きりんママ
>おはようございます^^
 おはようございます
>アカショウビン… 初めて聞きました。見たのも初めて。
 普通そうだと思います
>南国生まれで夏には北海道に渡ってくるんですか。
 育児にきます
 出没場所は沖縄、奄美、高知、信州・新潟の森、北限が函館か白老のポロト沼です

>「じっくり粘り強く…」私も悪くないと思いますよ。
 そう、好きなことはね!
>60%の気持ちで通り過ぎるのと100%のめり込むのでは
>全然人生違うと思います。
 そうなんです、ちょっと努力して本物をつかむ人生を
 私は生きたいと思うのです
 きりんママもそうだよね!

お互いにがんばろうね!


katagiyaさん
>おはようございます
 おはようございます
>楽しい一日でしたね。
 大興奮で充実して一日でした

>私も再度拝見して、興奮します。
 うふふ!
>アカショウビンが止まって動く瞬間の
>シャッター音がこちらまで伝わります。
 緊張の連射、どきどき感、失望と歓喜のいりまじった
 群集

>初めての撮影ですごい写真が撮影できて
>先生は強運の持ち主ですね。
 強く願い努力すればかなえられる典型ですね

おはようございます^^
アカショウビン… 初めて聞きました。見たのも初めて。
南国生まれで夏には北海道に渡ってくるんですか。涼みに??

「じっくり粘り強く…」私も悪くないと思いますよ。
60%の気持ちで通り過ぎるのと100%のめり込むのでは、全然人生違うと思います。
浅く広く、では得られない感動がありますよね。

おはようございます
楽しい一日でしたね。

私も再度拝見して、興奮します。

アカショウビンが止まって動く瞬間の
シャッター音がこちらまで伝わります。

初めての撮影ですごい写真が撮影できて
先生は強運の持ち主ですね。

かおりん
>おはようございます。
 おはようございます
>アカショウビンですね!
 アカショウビンです
>最近、少しずつ鳥の名前を覚えてます。
 名前を覚えると季節がわかります

(*^^)丿おはようございます。

アカショウビンですね!
最近、少しずつ鳥の名前を覚えてます。
雀か鳩かカラスぐらいしか知らなかったのに、
大きな進歩です。

bくまさん
>おはようございます
 おはようございます
>この鳥を撮影するためにあの望遠レンズ搭載のカメラ軍団が
 そうなんです
>アカショウビンですか
 希少種なんです
 みられることですらラッキー
 写真はとても、とてもという代物


>木の洞に巣があるので嘴が長いのですね
 子育て中だったんですね
 それを待ち構えて・・・

おはようございます

この鳥を撮影するためにあの望遠レンズ搭載のカメラ軍団が
いたのですね・・

この鳥はアカショウビンですか・・

木の洞に巣があるので嘴が長いのですね・・

おやじさん
>おはようございます
 おはようございます

>>まる1日粘って撮影しました。
>我輩にはこういうのは不向きですね
 いや、私もそういうたちです。
 ただ、好きこそものの上手なれです!
>姿を現した途端、大砲が一斉に「ミー ミー ガシャ ガシャ」と鳴るのでしょうね
 いえ、シャララララララ
 バシャシャシャシャ♪
 です

リモデ屋さん
>おはようございます。
 おはようございます
>昨日はお世話になりました。
 昨日は有難うございます
 今朝は、富士山を望めたのだろうか
>でました~~~アカショウビン!
 でました!
>野鳥撮影の極めみたいな写真ですね!
 確かに、そうだね!

>超マンダム!
 有難うございます

あいさん
>おはようございます。
 おはようございます
>>まる1日粘って撮影しました。
>私には、無理かも知れません。
 まあ、人生の夢の問題かもしれないです
 自分の場合青春時代からの夢だったので!
>アカショウビンは、面白い鳥ですね。
 確かにかわいらしさと肉食系のアンバランス
 面白いですね

おはようございます

>非常に、動きが早く1時間に1度程度餌を運んでくるのですが捉える事すら難しい。まる1日粘って撮影しました。
我輩にはこういうのは不向きですね、ウロウロする方が向いています(^^)

姿を現した途端、大砲が一斉に「ミー ミー ガシャ ガシャ」と鳴るのでしょうね。 そちらの方に興味があります。(^^;

おはようございます。
昨日はお世話になりました。
でました~~~アカショウビン!!
野鳥撮影の極めみたいな写真ですね!!
動いているアカショウビン、止まっている
アカショウビン・・ ん~~超マンダム!!

おはようございます。
>まる1日粘って撮影しました。
 私には、無理かも知れません。
 アカショウビンは、周りの緑と不釣り合いで、そこが良いのでしょうか?
 面白い鳥ですね。

  • あい
  • 2007年08月20日 06:54

comment form

comment form