2007年5月 アーカイブ

山中湖洞の水場の撮影

5月12日山梨・越後・駿河合同探検隊3/4:探検隊は山中湖畔で富士山 を撮影した後、山中湖旭日丘地区の洞の水場で野鳥撮影です。。 ヤマガラの佇まい ヤマガラの佇まい:動きの早いヤマガラも一瞬静かな佇まいをみせた。 ヤマガラつがいの餌やり ヤマガラつがいの餌やり:くるくると互いの位置を交換しつつ、雄は雌に餌を渡す。 黄緑色に抱かれて 黄緑色に抱かれて:新緑の明かりに照らされてヤマガラは舞う。 餌をついばむシジュウカラ 餌をついばむシジュウカラ:シジュウカラの後姿もなかなかよい シジュウカラ シジュウカラ:食事の時間は人間も動物も鳥も同じ。動きを止めざるをえない 水浴びするエゾムシクイ 水浴びするエゾムシクイ:エゾムシクイは、ウグイス等の仲間です。 森林に唄う 森林に唄う:一瞬、わずかに姿を現したキビタキのワンショット。 キビタキ♀ キビタキ♀:野鳥の場合、雄は雌よりも綺麗。キビタキも同様だ。 キビタキの水浴び キビタキの水浴び:綺麗な羽の色をしたキビタキが水浴びに来た。 残念ながら、遠いのと全身が見えない。

 野鳥観察と撮影の難しさをご理解いただければ・・・ 人気blogランキングへ
300*2倍はこの場所ではきついかもしれないですね

続きを読む

山中湖湖畔の風景・富士と朝焼けと

5月12日山梨・越後・駿河合同探検隊2/4:探検隊は12日韮崎を午前3時に発ち、 午前4時20分、山中湖畔に到着しました。富士山は堂々たる姿態を我々の眼にさらしていてくれます。 夜明け前の富士 夜明け前の富士:どうやら探検隊は富士の夜明けに間に合ったみたいだ。これからどのようなドラマをみせてくれるのか。 山中湖長池地区の湖岸で三脚を立てカメラを用意する。 茜への期待 茜への期待:どうやら、偉大な赤富士は望めそうも無い。しかし、雲や頂上への茜の移りこみは期待できそうだ。 黎明の映りこみ 黎明の映りこみ:湖面は僅かに波立っている。完璧な映り込みを期待するなら目前の 池に期待するしかない。 湖畔のR 湖畔のR:湖畔の波もアジが在ることに気が付いた。 また、湖畔のRも微妙な印象を風景に与えてくれている。

この富士山が綺麗だと思ってくださるならば・・ 人気blogランキングへ
富士は様々な表情を私達に見せてくれます

怪しい甲州、越後、駿河探検隊山中湖へ

5月11日~12 山梨・越後・駿河合同探検隊:探検隊は11日韮崎で富士山の撮影、12日山中湖で 富士山及び大瑠璃の撮影をしました。
せがれさんをさがせ! 富士山は偉大だ!
田植えの前のたんぼと富士山 5/11 探検隊激写中!:もしかすると、赤富士になるかも、懇親会の前に 越後部隊3人とリモデ屋さん、加藤の5人で富士山の撮影を敢行しました。 越後部隊にとってはじめての富士山、感激の様子でした。
夜明け前・暁の探検隊 5/12 暁の探検隊:前日の宴会は10時半に終了、その後、リモデ屋さんは代行がこないため、車の中で仮眠、 青い月さんは長坂に帰宅、吉宗さんは徒歩で帰宅。皆さん睡眠時間3時間~4時間です。こんなの受験勉強以来です。
 ここで脱落者が1名でました誰でしょうか。
残りのメンバーは午前3時に韮崎を立ち一路山中湖に。夜明け前に間に合いました。 ただいま激写中 ただいま激写中:皆さん、お尻★を恐れてしりをかばいながら撮影していましたが、 さすがにこの風景は放ってはおけません。concetration! シルエットの男 シルエットの男:さあ、クイズです。シルエットの男性はだれでしょうか。
洞の水場に 洞の水場に:皆さん、満足の撮影を終えて洞の水場へ。 ここは取って置きの場所、富士の湧き水が、別荘地の崖から湧き出ています。そのため、野鳥が水浴びに来るのです。 昔は知る人ぞ知る場所が、今はごらんのとおりです。 お尻★! お尻★!:貧乏くじは誰でしょうか。
 探検隊メンバーは次の方々です。

人気blogランキングへ
皆さん、満足の撮影会のようでした

韮崎市で越後勢を迎えて

5月11日山梨・越後・駿河合同宴会:仕事で韮崎に入った加藤は、山梨の皆さん及び と宴会を行いました。ゲストは撮影のために駆けつけた越後のずっこけ3人組の皆さんです。(^^; な・なんとまつい店長さんは、奥さんに行き場所を告げずにきたそうです。
キッチンにいさん キッチンにいさん:早くも激写中です。 まつい店長 まつい店長:まつい店長、体調悪いみたいでちょっと怖いです。 店長は大体、遠征になると体調を崩すみたいで、おこちゃまみたいなところが可愛いです。
めたぼ吉宗&ナトリさん めたぼ吉宗&ナトリさん:ナトリさん持参の魚眼レンズをみてのけぞって笑う吉宗さん。この後、彼を悲劇が襲う。さてなんだと思いますか。 8月の青い月さん 八ヶ岳の青い月さん&○○○○吉宗さん: もうカメラ狂時代といってもいいかな。青い月さんは「8月の青い月」と誰かにいわれていたっけ。
これなんでしょうか これなんでしょうか:皆さんこれなんだと思いますか? せがれさんの背中でした せがれさんの背中でした:まつい店長が覗いて怖い(^^;。
安倍晋二さん 安倍晋二さん:氷をいれているこの方!安倍晋太郎さんのそっくりさんです。 三脚持参:ジャガーさんの几帳面なご性格がわかるような気がしています。 三脚持参
しろくまさんの登場 しろくまさんの登場:しろくまさんが遅れて甲府から登場です。 笑顔が素敵 笑顔が素敵:彼女は動きがエゾリスなみに早く,撮影が難しい。
口をあけて写真を撮る女 口をあけて写真を撮る女:しろくまさん曰く。本当に写真を撮るときに口をあける癖があるらしい。 コーイチロー コーイチローさん登場!:彼は韮崎にホテルを取ってから宴会に駆けつけました。凄い!
記念撮影 山梨勢の記念撮影:シロクマさんもご満悦です。 新潟勢 新潟勢とコーイチローさんと:兄さんと、松井店長と
 新潟勢、車で4時間遠路はるばる有難う。

人気blogランキングへ
リーワークさんのお写真。うま撮れないの掲載断念しまいました。

木工職人を明野に尋ねる旅

活木工舎さんを尋ねて:活木工舎さんは山梨県北杜市明野で手作り木工家具を作って おられる職人さんです。この方の会社のWeb支援に入りました。 木工職人赤石さん 木工職人赤石さん:赤石浩之さん。群馬県出身、神戸大学工学部をご卒業された後、建築設計事務所等で修行。 その後、独立しました。 仕事人の手。指 仕事人の手。指:手を見せてください。という私の問いに魅せてくださった指。なんでも、昨年は 事故で指を欠損されたのだそうで、それでも最近の治療は凄くて、指が再生したのだそうです。 職人の命 職人の命:鑿(のみ)。道具は程よく使い込まれていて、なぜか安心感を覚える。 無垢材を使った皿 無垢材を使った皿:活木工舎のこだわりは無垢剤からつくる、オンリーワンの家具、調度だ。 花いけ 花いけ:こんなものも作っているんですね 事務所 工場兼事務所:まるでロッジかペンションかと思えるような。大自然の中に立つ。 目の前に南アルプスや八ヶ岳が綺麗に見える。

人気blogランキングへ
お仕事頑張ってくださいね

しずかな立ち上がりとなりました

5月9日~11日の講演紀行:今年はゆっくりとした出足となりました。色々制度変更などがあり、 皆さん、支援の手続きで戸惑っていらっしゃいます。
5/9 清水商工議所相談会:午前中、顧問先を訪問して、報告書を提出にゆきました。その後、午後から清水商工会議所へ 相談者を2時間待つもまたも現れず!熱しやすくさめやすい静岡人の気質そのままかも。 清水
ヒスイの原石 5/10 山梨遠征始まります!:まず手始めに印鑑を作っているお客様のところへゆき、SEOの話しや今後のサイトリニューアルの話をします。時間があまったのでヒスイの撮影をばしました。 豚カツ 豚カツ:このお客様のところにゆくと、必ずといってよいほど豚カツ確率が高いですね。ご馳走様です。ソースをだぼだぼかけていただきます。
ホテルルートイン韮崎 ホテルルートイン韮崎:ホテルに入って風呂に入り、夕飯をたべてゆっくりと仕事しますが、なぜか立て込んだ物件の決済が部下から来て時間をとられます。商売をしていると、いろいろなことがあります。一応社長なので、そんな事例も粘り強く対処するしかありません。
活木工舎赤石氏 5/11 活木工舎赤石氏Web御支援:あとで詳報はお伝えしますが、 北杜(ほくと)市明野(あけの)で木工職人をしておられます。この方の技術をネットで売る、それが命題です。 シフォンケーキと珈琲と シフォンケーキと珈琲と:奥様の手作りお菓子とエスプレッソ珈琲をいただきながら話しは弾むのです。 蕎麦定食 蕎麦定食:本当はお手製の料理を頂く予定が、子供さんが病気になられて 手数が足りなかったということで、南アルプスの見える丘で食事です。
ご飯と蕎麦 ご飯と蕎麦:ご飯と蕎麦がつくとなんだか得した気分ですよね。お蔭様で気分のよいランチとなりました。感謝です。 ケーキと珈琲 韮崎市商工会で仕事の打ち合わせ:今年度の大きなIT系事業の打ち合わせをさせていただきました。有難うございます。

人気blogランキングへ
北杜は北斗じゃあないよ。でも赤石氏は少林寺拳法の使い手

京都洛北の旅、大原三千院

5/4 洛北大原へ:京都大原三千院。京都駅からバスで1時間30分かけて大原の里へ。 新緑に萌ゆる 新緑に萌ゆる:大原は紅葉が美しいところ。いまから、そのエネルギを蓄えているかのような楓。 緋傘の参道をゆく 緋傘の参道をゆく:気温が上がってたので坂道はきついですがカメラの入ったリュックサックをしょって 参道を行く。途中の茶店で思わず休憩をとりたくなる。 中庭の石庭 中庭の石庭:観光客が居座る風景よりも、例え小さくても気になる風景に足を止め静かにシャッターを切る。
杉木立 杉木立:杉木立と光と影の作り出す陰影の風景、及び濃淡のが好きだ。 覗き窓と家族の風景 覗き窓と家族の風景:覗き窓から差し込む光と家族風景。
苔に埋もれて 苔に埋もれて:寺院の庭に苔に埋もれるかわいらしい子供石仏がありました。 やすらぎの石仏 やすらぎの石仏:この頭のでかい、いかにも過分数な石仏。なぜか憎めずに不細工なのに撮影してしまいます。 やさしき祈り やさしき祈り:小さき手を合わせたこの姿に心惹かれました。
小休止 小休止:休憩所でお茶が供されていた。入ったらお土産屋が経営していた。 金粉紫蘇茶 金粉紫蘇茶:どうやら、大原は紫蘇の産地。それで柴漬けなど紫蘇関係の産物が多いんだろう。
湧き水と羊歯と 湧き水と羊歯と:水の豊かな大原。そここに流れと羊歯が 散りそめし桜の名残 散りそめし桜の名残:地面を赤く染めて桜の名残が僅かに存在をとどめていた。
参道の眠り猫 参道の眠り猫:完璧にリラックスした風景は長閑という言葉があてはまる。 手水鉢と椿 手水鉢と椿:豊富で冷たい水をためて椿と共に参道の涼しさを演出している。

人気blogランキングへ
京都の中で大好きな風景です

鹿苑寺、竜安寺、嵯峨野、平等院の旅

5/3 鹿苑寺、竜安寺、嵯峨野、平等院:ちょっと欲張って2日で2,000円のバスフリー切符の旅です。
京都いこう!鹿苑寺
鹿苑寺の菖蒲 鹿苑寺の菖蒲:あやめ、杜若(かきつばた)、花菖蒲と多様に在りますが、多分、これはアヤメ! 京都の定番金閣寺 金閣寺:銀閣寺も候補に挙がっていましたが、人気が無く、金閣寺は最初に抑えておくことしました。
石庭が有名な竜安寺へ 070503ryoan.jpg 竜安寺の石庭:室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えられる枯山水。君は何を想うか。心は宇宙に。
苔むす庭を撮影 女3人庭三昧!:竜安寺の縁側に腰掛け、彼女らは何を撮影しているのでしょうか。ファインダのなかは? 苔と陽だまり 苔と陽だまり:寺院に行くと上を見るよりも下を見てしまいます。それは素敵な影と光の世界があるから。
伸びる影 伸びる影:寺院の庭に伸びる影。静かな時間、多くの人が通り過ぎる。だけど誰も君に気がつかない。
そして、嵯峨野 そして、嵯峨野:混雑の嵐山を避けるように、昼食後、竹林をゆく。神社があり、その神社の鳥居は木の皮がついていた。 苔むす:実は何気ない風景なんですが、日本の寺社仏閣ではこの風景が一番好きです。 苔むす
嵯峨野の竹林 嵯峨野の竹林:きっと黄金週間でなければ、この空間は静寂に包まれているのだろう。 竹林と一条の光彩 竹林と一条の光彩:午後から天気は崩れ模様。竹林の撮影中、一条の光が射す。
菜の花とレンゲの花と 菜の花とレンゲの花と:ふと開けた空間に出るとそこは小さなお花畑だった。黄色と紫色のコンビネーション すこやかに伸びるレンゲの花 すこやかに伸びるレンゲの花:行きずりの風景なのになぜか気になる風景がある。
宇治平等院:嵯峨野から京都駅まで戻り、JR奈良線で宇治まで。平等院へ
鳳凰ほのかに 鳳凰ほのかに:夕陽を浴び、鳳凰が輝く。もっと撮影したかったけれど。時間だと追い出される。 さつきとバックライト さつきとバックライト:平等院の池に咲くさつき。夕陽を浴びて 白い花 白い花:何気ない風景なんだけれど、夕方の斜光の化粧は効果満点だ






人気blogランキングへ

今日のナンバーワンですか?間違いなく・・・

家族旅行でGWの京都に行く

5/3~4 家族旅行:GWということで京都にいってきました。
天野屋繁田商店 5/2 遠足の準備?:天野屋繁田商店に次女を連れて行って、駄菓子を購入します。 Are you ready? OK?

M~ちゃん:お気に入りの駄菓子を買ってもらってご機嫌です!大好きなポテトチップス買ったかい?
M~ちゃん
金閣寺 京都駅にて 5/3 京都駅にて:朝、5時半おきで6:45のこだまにのって8時半に京都に着きました。ホテルに荷物を預けてさあ、どこに行こう!
金閣寺:京都駅からバスに乗りますが、結構、渋滞していて金閣寺についたのが10:30頃。観光客で満杯です。
夕食の風景:金閣寺→竜安寺→嵐山→嵯峨野→平等院とまわって振り出しの京都駅です。
夕食は。 京都ビルの10F飲食街にいったのですが、どこも満杯、一番空いている中華へ!
よく歩いて運動したので、喉が渇きました。 「とりあえすBEER!」といって待つことしばし!
きました、きました。あまりお酒は飲まないけれど 今日は妙に渇望します。
とりあえずBEER
かに玉チャーハン かに玉チャーハン:妻は定食、次女はチャーシュー麺、長女はマーボー定食でした。私はこれと・・・ 海老マヨ 海老マヨ:これが柏崎で教えてもらった海老マヨ!おいしい。
京都タワー 夜の京都タワー:酔い覚ましに京都駅ビルの屋上に登り夜景を見ることに。京都タワーがきれいです。 記念撮影 記念撮影:あまりにも現実離れした風景に、家族で唖然でした。古都京都に相応しくない近代的風景。
地上11階からの夜景 地上11階からの夜景:地上11階の屋上から地下までエスカレータが通じているのです。こんな開放的な 空間は初めてでした。京都駅はしょっちゅう来ていますが、こんな風になっていることは知りませんでした。 5/4シフォンケーキセット 5/4シフォンケーキセット大原を回り、清水寺まで行きました。大原はいい場所でしたが、清水は余りの人で 中を見ないで帰ってきました。残った時間で喫茶店によりお茶して帰ります。

人気blogランキングへ
久々の家族旅行でした。続編もありますよ!

森と命と急流と

4/29 寸又峡探検隊3/3:寸又峡探検隊は猿並橋を渡ると滝を見つけました。 滝・青空に映える 滝・青空に映える:チンダル湖から大井川に注ぐ川、その川に落ちる滝。青空が映えます 瀬音も涼し 瀬音も涼し:滝をよじ登ってみました、するとそこには瀬を食む様な急流があったのです。 急流と緑 急流と緑:どんなに厳しい急流でも命の存在があります。たとえそれがわずかな緑であっても 尊いような気になるのです。 森を育む水 森を育む水:山岳地帯に降った水は岩盤をとおして綺麗な水となり、森や生物を潤してゆくのです。

人気blogランキングへ
お茶で有名な川根はこの下流域にあるのです

梢でさえずる君の名は

4/29 寸又峡探検隊2/3:初夏の寸又峡は若葉が芽吹く気持ちのよい山道でした。 命輝いて 命輝いて:ブナの若葉は朝日にその実を輝かして鮮やかに光る。 空の青に溶け込む緑 空の青に溶け込む緑:生を主張するように、若葉が開く。それを空や森林は受け止め輝く。 渓流の桜葉 渓流の桜葉:深い渓谷の中に枝を茂らせる桜があった。午後の陽光に照らされ桜葉が静かに 輝く。 オオルリみつけた オオルリみつけた:みんなは気がついていない。たくさん山道をとおるのに。でも僕には分かる君の啼き声。 梢に啼く 梢に啼く:残念ながら見上げる風景。オオルリの白い腹、僅かな背中の瑠璃は見えるけれど 鮮やかな青がみたいのに。

人気blogランキングへ
でも目的は達成しました。

オオルリを求めて尋ねる寸又峡

4/29 寸又峡探検隊:地元の同業者T先生と、T先生の高校の同級生Mさんが、自分の大学の同級生であることが発覚。 MさんとT先生と自分でオオルリを求めて探検隊を発動しました。寸又峡は大井川の上流域にあります。 自然の中に佇む 自然の中に佇む photo by T:自分の写真をきちんと撮ってもらえないのがカメラマンの常。 だけれども、デジタル一眼初日のT先生がきっちり自分をとってくれました。有難う。 記念撮影 記念撮影:探検隊の記念撮影です。お局様も近くにお住まいなので誘ったのですが、 「早朝は、顔ができていないから、駄目よ!c(>ω<)ゞ」とのことでした。
夢の吊橋を渡るM氏 夢の吊橋を渡るM氏:寸又峡名物、夢の吊橋。M氏のまわりに光の輪がたくさんできているの分かる? 吊橋の下は 夢の吊橋の下は:こんなふうに素通しなんです。高所恐怖症者にはちょっと厳しい。 吊橋なので、通行制限もありますが早朝なのでゆっくりわたれます。 加藤も渡る
加藤も渡る:真剣な顔をしているのはビビッているのではなくて、カメラを持っているので落とさないように
蕎麦定食 蕎麦定食:写真撮影は歩き回るので疲れます。昼食をがっつりいただきます。 飯屋にて 飯屋にて:蕎麦定食をまっている間、顔の汗をぬぐっていたら撮影されました。 蒟蒻と漬物 蒟蒻と漬物:静岡の山間地を旅すると必ずといって出てくるのが蒟蒻なんです。
チンダルの青 チンダルの青:綺麗な澄んだ水ほど青が拡散する。だから蒼い。これをチンダル現象といいます スミレ スミレ:オオルリを求めて撮影している最中にカモシカを見ましたが、金網が邪魔。悔し紛れに
滝を見つめる男 滝を見つめる男:旅の最後に滝を見つけました。シマフクロウが、魚を狙うように じっと動かず見つめています。

人気blogランキングへ
さあ、探検隊はオオルリを撮影できたのでしょうか。

続きを読む

B級グルメ。大食いの店と自炊対決!

どっちの料理ショー:大食い食堂と自炊料理の対決!
先攻 いわき大食い食堂:いわき市に「やきかつ太郎」という店があります。この店は、 大食い選手権に登場した店です。担当者にご案内いただいて・・・ 巨大オムライス 巨大オムライス:これが担当さんが注文されたオムライス、担当さんの手が写っていますでしょう! 1/4手伝って差し上げ余した(^^; 焼きかつ 焼きかつ:これは私の注文の「焼きかつ」。かつをフライパンで焼いたもの。よってコロモがあつい。 だから、コロモを外して食べました。でなければ、体に悪い! 後攻 昼下がりの自炊:妻が長女の後攻のPTA会に参加 自炊になりました。 昼下がりの自炊 昼下がりの自炊:妻がつくりおいてくれた、しじみの味噌汁におかずと ご飯を炒めて(冷凍のピラフですが・・・) じつは大好き! じつは大好き!:じつはアサリの味噌汁は大好物!貝の風味が ダシとなっている感じが好きなのです。
食べ残しのおでん 食べ残しのおでん:家族が食べ残したおでんを鍋に見つけました。ちょっと多いですが たべちゃわないといけませんね。

人気blogランキングへ
さあ、どっち!

岡山より来客

4/27~28 岡山から賓客来る!:岡山のH氏が静岡に来てくださいました。急な来客なので、 静岡のメンバーに連絡が行き届かず申し訳ありませんでした。さっそく、普段のお礼に静岡の町をご案内します。
先攻 寿司幸(すしこう):寿司幸は静岡市の安倍川より、タクシーで静岡駅より10分くらい。 塩沢ときが食べに来たという名店です。静岡の今の時期でしか食べられないネタをガッツリ食べていただくことが 狙いです。
生しらす握り 生しらす握り:藍ちゃんママのブログでも紹介されている生シラスの軍艦 生桜海老握り 生桜海老握り:由比などが名産の生桜海老。これも今が旬!
 生桜海老の写真は1番よい写真が今回のもので通常、1回頼むと2貫きます。 きんきの握り きんきの握り:きんきと金目鯛とは違うらしい。函館産きんき、脂が乗っているため、あぶると脂がしたたりおちる。きんきはレモン塩でいただきます。 太刀魚握り 太刀魚の握り:これはあっさりとして、上品で美味しい。

4/28 仕事の打ち合わせ:今年度の事業についてH氏の計画を伺い、それにそってプランを組み立てたり議論します。 たっぷり3時間打ち合わせしました。mission complete.
後攻 蕎麦のつむらや:静岡は江戸の役人が良く往来した影響で、蕎麦屋が多く、静岡人は蕎麦好きが多い。 だから、うまい蕎麦屋だと10年で家が建つくらい(大げさ)繁盛する。 つむらや内部 つむらや:つむらやは、静岡市葵区鷹匠、つまり私の町内の行列のできる店。しかし、 今日の賓客H氏は岡山人。岡山人は一般にうどん好き。加えてH氏は人間溶鉱炉。同じもの食べてわたしが下しても、彼は平気。 さらに強烈なラーメンマンである。つむらやは通用するか。
岩塩 岩塩:冷やし天おろしを頼むと天麩羅を岩塩を擦ってたべさせるらしい。 冷やし天おろし 冷やし天おろし:静岡が発祥の地。蕎麦におろし大根、その上に天麩羅。
H氏:どうやら岡山県人(出身は池田高校のある県)、蕎麦は殆どみないらしく興味津々?すし屋で取り出さなかった カメラを取り出し激写する。 H氏
天野屋繁田商店 番外編 天野屋繁田商店:ブログで有名なふじもっちゃんが ご町内にあるのでH氏をご案内する。 H氏とふじもっちゃん H氏とふじもっちゃん:いきなりおじゃましたので失礼いたしました!
ふじもっちゃん ふじもっちゃん:駄菓子について異様に詳しくて、麩菓子の桜棒について説明してくれる。 ふじもっちゃん、もうすぐ臨月(07年4月28日現在)。 明治チョコレート 明治チョコレート:この電飾、結構人気らしい。
キョロちゃん:天野屋さんにはお宝グッズがあちこちにある。
※ふじもっちゃんは無事、女児を出産されました。難産だったらしいけれど母子ともに元気らしい。 おめでとう。ふじもっちゃん!
キョロちゃん
ひかり号の時間まで ひかり号の時間まで:静岡市の繁華街をご案内しました。浮月楼(徳川慶喜自宅跡)、神社、呉服町商店街、 市議会堂など また、お会いしましょう また、お会いしましょう:今年度も宜しくお願いします!

人気blogランキングへ
さあ、どっち!

北アルプスの映り込み=安曇野の春=

4/27 長野県明科にいました:お客様の本社の駐車場の風景が尋常な状態ではありませんでした。 北アルプス映りこみ 北アルプス映りこみ:水を張った田に北アルプスに映りこんでいた。何もいえない、いう必要のない風景がそこある。 春の明科駅 春の明科駅:社長に送っていただき明科駅へ。明科駅も春の風景だった。ほのぼのとした気持ちで松本、名古屋経由で 自宅に帰る。
人気blogランキングへ
よい風景がそこにあっても堪能できないことがあります

いわきの雨中の桜

4/25 雨のいわきの風景:いわき商工会議所のお仕事で、いわき市にお邪魔しました。 1件、診断のキャンセルが出たのでその時間、いわき公園をご案内いただきました。 俯瞰する風景 俯瞰する風景:いわき公園のなかを散策すると吊橋のような建築物がありました。その中央部から俯瞰した風景です。 雨の桜山 雨の桜山:雨の桜山、散り行く桜と萌える緑、その対比が美しい 桜花としずく 桜花としずく:小雨模様の空、花に降る雨、雫となってしたたる。 残心 残心:たとえ、散ってしまっても地に落ちず、草木と共に共生している。 雨中の水鏡 雨中の水鏡:この雨を最後に散る桜、それをとどめおくかのように写しこむ沼沢の湖面。
人気blogランキングへ
小さなたび、小さな満足です

GW直前の講演紀行

蕎麦屋は社長 4/20 蕎麦屋は社長:この方、IT系企業の社長なんです。その方が財団松本ソフトで蕎麦屋を開業? ゆたか庵 ゆたか庵:この施設で1ヶ月に数度、蕎麦屋を開業しているそうです。どれどれ味を魅せてくださいな。
ざる蕎麦 ざる蕎麦:しっかり蕎麦の味をたしかめるためにまずはざる蕎麦を 天麩羅蕎麦 天麩羅蕎麦:どうやらあったかい蕎麦もいけますね!結局合計3杯いってしまいました。
村田社長 4/23 村田社長:ブログにもときどき現れる村田社長の会社にお邪魔です。Web診断!快活なご性格でいつもにこやかな紳士です。 村田ボーリング 村田ボーリング技研株式会社:会社は結構、大きい会社で、Web製作者はかつての教え子だった。何かの縁を感じます。
いわきは暖炉 4/24 いわきは暖炉:さすが東北、いわき商工会議所常磐支局へお邪魔すると、まだ、ペレットストーブを炊いていました。
募金用の犬 4/25 募金用の犬:この哀願するような眼。思わず、募金してしまいます。Web診断企業にて。 アクセサリの撮影 アクセサリの撮影:やはりコンパクトデジカメでは宝飾系の撮影は難しいようですね。
めがねと宝石アクセサリ めがねと宝石アクセサリ:大平さん、Web診断だけでなく、店舗進出のお話しをしました。いわき市はいま駅前の再開発をやっています。商業の活性化、どうなるのでしょうか。新しい街作りですね
ペンダント撮影の工夫 ペンダント撮影の工夫:さっきの撮影結果よりも面白い表現ができました。
あい企画さん 上越商工会議所謙信IT塾面々 4/26 上越商工会議所謙信IT塾面々1本指打法の人こそいないけれど結構、皆さん苦労されていました。入力が遅いということは普段からあまり、PCに触っていないということなのかもしれないですね。たった1人の例外を除いて。(^^;皆さん、頑張ってください。
あい企画さん:当日は不調とのことでしたが、満点の笑顔を見せてくださいました。最近、ちょくちょくとブログに書き込んでくださっていて有難うございます。

4/27 直江津駅:長野明科の企業にお邪魔するために、直江津駅を8:10分の電車に乗る。今日は山が綺麗だ!
山が綺麗な日に撮影ができない。これを人は「マーフィーの法則」といいます。
直江津駅

人気blogランキングへ
皆さんのおかげで無事GWへ

アルビオンの朝食とそばきり祥香の野菜天麩羅

小淵沢探検隊後記:リスとオオルリの撮影を堪能した探検隊は、ひと時の休息を食事に求めた。 遅い八ヶ岳の春 遅い八ヶ岳の春:八ヶ岳は高地にある。だから、春の到来が遅いのだろうか。下界で散った桜が、まだ、散りはじめず 残っていた。
先攻 アルビオンの食事:リモデ屋さん曰く「ペンションアルビオンの食事は美味い」とのこと。同感だ。
情熱のほとばしるままに 情熱のほとばしるままに:若者の情熱は果てしもなく迸り、蕎麦屋の順番を待つ時間も惜しみ撮影にいそしむ ペンションあるびおんの賄食 ペンションあるびおんの賄食:前夜、遅くペンションに到着した私に、賄食が振舞われた。美味しかったです。
アルビオンの朝食 アルビオンの朝食:朝粥、オレンジジュース、ヨーグルト、サラダつきスクランブルエッグ、パンがつく。 朝粥 朝粥:この朝粥が絶品、オーナー婦人が京都でヒントを得た逸品。 スクランブルエッグ スクランブルエッグ:サラダにデザートのパイン、スクランブルエッグに、ソーセージ。美味しい。
coffee and bread coffee and bread:このうまい珈琲とパンがお変わり自由なんて、幸せだ。
後攻 小淵沢そばきり祥香:以前、青い月さんのご紹介で一度お邪魔した"そばきり祥香"さんに昼食に入る。
鹿のモニュメント 鹿のモニュメント:小淵沢、軽井沢、清里などの避暑地で良く見かける木で作った鹿のモニュメント。 たぬき たぬきが目印:"そばきり祥香"の入り口で見かけた。私のご同輩。人気があるので待ちが発生している。
前菜は漬物 前菜は漬物:蕎麦の品質に拘るために1人前ごとに茹でる。そのため蕎麦を待つ顧客のために漬物が出る。 かやくご飯 かやくご飯:選択はかやくご飯と野菜の天麩羅 野菜の天麩羅 野菜の天麩羅:野草に加えてアワビタケなどの天麩羅もつく合計1,400円なり。
塩で頂く天麩羅:天麩羅はツユでなく塩で頂く。これがツウの食べ方。昔は抵抗感があったが今は自然体で 受け入れられる。 塩で頂く天麩羅
"そばきり祥香"への提案:大変美味しい。また、料理への丁寧さを求めるこだわりも理解する。ただ、 1,500円の天ぷらそばのメニューを削除したことは疑問だと思う。 だから、蕎麦+おかずを選択すると顧客は2,000円近い出費を迫られる。果たしてコレで良いのだろうか。

人気blogランキングへ
さあどっち!

幸せの青い鳥を求めて・小淵沢

4/21 小淵沢でオオルリを探す旅ペンションアルビオンオーナーのご紹介をいただいて、先日オオルリが啼いていた という沢を探検します。メンバーはリモデ屋若大将八ヶ岳の青い月さんです。3人の男達に幸運は振ってくるのでしょうか。 オオルリ見つけた! オオルリ見つけた!:沢に佇んでいると、オオルリの声が響きます。待っていても沢の奥で啼いているため、こないと判断して、望遠レンズを装着した三脚ごと抱えて沢沿いを歩きます。 すると20mくらい離れた沢の向かい側の木にオオルリがいました。
大瑠璃:L16.5cmでヒタキ類のなかで大きい。♀は茶褐色夏鳥として渡来し、渓流沿い林を好む。キビタキに比べて優雅で大きいのですが数がすくないため撮影が難しい鳥です。 他のメンバーは…:リモデ屋さんは、よりよい撮影ポジションを求めて、沢道を前進します。その瞬間、オオルリは逃げてしまいました。青い月さんも 撮影できているようなのですが、結果は両者のブログを見守るしかありません。
樹上に啼く 樹上に啼く:ポイヒーピピ。ピールリ、ピールリと甲高い綺麗な声で啼いています。
人気blogランキングへ
この夏、何回この美しい鳥にあえるのでしょうか

アトリをみた!

4/21 小淵沢アルビオンでの野鳥撮影:久しぶりに多くの野鳥を見ることができました。 アカゲラ♀ アカゲラ♀:置きピンにドンぴしゃりでした。
樹上のアカゲラ 樹上のアカゲラ:アカゲラは良く見かけるキツツキの仲間。雌雄は頭の赤いベレーで見分ける。 ヒヨドリ ヒヨドリ:ヒヨドリはありふれた野鳥だけれどもこうやってシルエットになるとさまになる。
怪傑ゾロ? 怪傑ゾロ?:この覆面のような面貌。眼がどこにあるかわからない。 イカル後ろ姿 イカル後ろ姿:イカルはよく撮影するけれど後姿は初めてです。
カワラヒワ カワラヒワ:高い梢でさえずっています。 早朝のメジロ 早朝のメジロ:メジロが黄色味を帯びているのが不思議でならない。ツガイで現れた。
シジュウカラ シジュウカラ:シジュウカラはすばしこい鳥で、撮影するのが意外に難しい。 シメ シメ:この日はシメの姿を何回も見た。イカルに比べると小さく丸い感じ。
シメ朝日を浴びて シメ朝日を浴びて:シメの止まる枝に朝日が射す。あたかも時が泊まったように撮影ができた。 アトリ♂ アトリ♂:野鳥は一般に雄の方が美しい色をしていることが多い。 アトリ♀ アトリ♀:実はアトリをみるのは♂♀ともにコレが初めて
人気blogランキングへ
アトリの観察で、これで206種目/555種です。

小淵沢でホンドリスを撮影する

4月21日 ホンドリスの撮影:小淵沢のペンションアルビオンでリスを撮影してきました。 起床して、顔を洗ってふと窓を見るとリスが木を上って行くのが見たのです。チャンス到来。 ホンドリスとの出会い ホンドリスとの出会い:リスを撮影できるのは2年ぶりくらい、この間、エゾリスにも逃げられるなどして不運でしたが、とうとう ファインダのなかにとらえました。ここであったが100年目。なんてね。 胡桃を咥えて何思う 胡桃を咥えて何思う:リスにすればしてやったりなんでしょうが、彼は何を考えているのでしょうか。 跳躍の瞬間 跳躍の瞬間:跳躍の瞬間をとらえていたのはいいのですが、真後ろの不運。ORZ~ 樹上のリス 樹上のリス:リスはせわしなく動き回る。やっと木の上のリスを捕らえました。 餌場によりつく 餌場によりつく:アルビオンではリスに餌づけしているのです。
リスの思案どき リスの思案どき:林の中の木の枝に止まって、木を見つめている。いつも機敏に動くのだけれども静かに動かない。飛びたいのかな、それとも・・・

この小さい頭で何を考えているのだろうなあ

加藤「リモデ屋さん、何しているの?いま、リス来ていますよ」
リモデ屋さん「今、現場っす。えっ、リスいるのですか?仕事終えたら行きます」 青い月さん「後、5分で着きます。」 人気blogランキングへ
他のお二人、リスを撮影できたのでしょうか(^^;

ラーメンと蕎麦対決!

どっちの料理ショー!:新潟ラーメンと韮崎の蕎麦対決!
先攻 新潟ラーメン:王風麺(わんふーめん)。せがれさんのご紹介です。
王風麺(わんふーめん) 王風麺(わんふーめん):AIDAさんのホームページ診断を終えて腹が減ったのでランチにラーメンをせがれさんがチョイス!せがれさんは大盛りです 餃子 焼き餃子:+400円でおかずをチョイスしました(キッチンにいさんも) さらにキッチンにいさんは煮卵をトッピングしていました。
王風麺 王風麺:店の名がそのまま入ったラーメン。野菜がたくさんはいっていて、かつチャーシューが2枚も入っている。 チャーシュー麺 チャーシュー麺:これはキッチンにいさんの注文したもの。彼は1枚チャーシューを残しました。
後攻 韮崎の蕎麦屋:上野社長やジャガーさん、しろくまさん、リモデ屋さん、岩下さんなど多くの方とゆきました。 韮崎の面々 韮崎の面々:左から上野社長、岩下さん、商工会の担当者さんです。 メレンゲ蕎麦 メレンゲ蕎麦:あわゆきのような蕎麦で、結構、思った以上に美味しい。 天麩羅 天麩羅:天麩羅は別メニューで注文だったとおもう
リモデ屋さん リモデ屋さん:リモデ屋さん(左は商工会Oさん)はまた、撮影に熱心です。 しろくまさん しろくまさん:ジャガーさん、しろくまさんを迎えに出て、ただ今参上。しろくまさんは講習会のあと、家に一回帰ったのでそれをジャガーさんが親切に迎えに行ってさしあげたのです。 さすが紳士ジャガーさん。

楽しかったら、ポチッとな~♪(  ̄∀ ̄)ノ 人気blogランキングへ
さあどっち

高遠城の夜桜を撮影に行く

4月20日 高遠夜桜探検隊ZUKUDASメンバーと高遠の夜桜撮影会にいってきました。 高遠水鏡 高遠水鏡:黄昏の空の青、夜景の赤の色彩を楽しむ。そしてお堀の水面に浮かぶ花筏の陰で 照明の光が映り込む。 本丸に続く橋 本丸に続く橋:高遠城は守将仁科信盛(武田勝頼の弟)が3000人で、5万人の織田軍をひきつけ全滅した城。 戦国時代、この橋(桜雲橋)をめぐって血で血を洗う戦いがあったのだと思い入れを持って撮影する。 夜桜の花筏 夜桜の花筏:3分半の露光で撮影したがいまひとつぱっとしなかった。来年リベンジを誓う! 問屋門シルエット 問屋門シルエット:問屋門がバックライトを浴びてシルエットとなっている。 石垣の陰影深し 石垣の陰影深し:城跡の石垣の上に立ち見下ろす視点で堀と桜雲橋を撮影する。

ZUKUDAS佐藤氏の運転する車は杖突峠を超え一路、小淵沢へ
人気blogランキングへ
佐藤さん有難うございます。おかげで楽しめました

ホームページ診断とISOと

4/14~20 甲信越を駆け巡る4月:静岡、新潟、長野を行きかいします。
4/14 アクトシティ 4/14 アクトシティ:浜松でISOのNPOの設立総会がありました。私も参加するので式典に参加しました。 ちなみに、その後、撮影会に参加するために韮崎に。
アクトシティは平成5~6年頃に建築された高層タワーです。ホテルオークラ、コンサートホール、オフィスがあります。コンサートホールにはパイプオルガンがあるのですが、スプリンクラーを誤作動させて 駄目にした経緯もあります。(〃´ー`)=3
講演加藤 4/16 加茂の山口昇税理士事務所:いつもお世話になっています。情熱丼にもあってきました。彼もこの塾では優等生です。 質問多発 質問多発:結構、新潟でもいんちきなSEO業者がいて、受講生から積極的質問が相次ぎます。やっぱり、HPの開発を依頼する方の自覚が重要ですよね。
晶子さん 4/17 株式会社水野:せがれさんちにWeb診断に入る。晶子さんあいかわらずお綺麗ですね。 職人さん 4/18 きっちんにいさんち:翌日、キッチン兄さんちにWeb診断に入ります。働く職人さん。
親子鷹 親子鷹:きっちんにいさんと社長を引退したお父様。お父様働き者で工場で汗を流す!
社員の入社会 4/19 社員の入社会:当社の新人さんの歓迎会を兼ねた食事会(中華)を開きました。 コーイチローがやってきた 4/19 コーイチローがやってきた:静岡での研修会のついでに寄って下さいました。
ZUKUDAS 4/20ZUKUDAS松本:新たに入会者も増えて活性化してきました。今日のテーマはコミュニケーション力強化。
人気blogランキングへ
仕事は楽しい!

上堰潟に春が来た

4月18日 越後探検隊上堰潟をいく:せがれさんと店長には、この場所にこだわりがあった。 だから、この場所を4月最後の探検地に選んだと自分は読んでいる。
しかし、そんなにうまくいくかな。これだけ広い湿地帯でカワセミをみつけるなんて。結構難しいと思うけれど。
とうことでカワセミ1本のせがれさんを置き去りにして、店長と自分は桜や水芭蕉に食いついたのでした。 入り江と菜の花と 入り江と菜の花と:岸辺を一面に埋め尽くす菜の花。圧倒的な黄色のなかで新潟の春は明けてゆく。 上堰潟満開 上堰潟満開:上堰潟の桜は満開だった。しかし、かねてからの 暖冬の影響か開花した花に傷が多く、また、風も強かったため撮影が難しかった。 上堰潟の春 上堰潟の春:桜と花と雪のない山。新潟の蒲原平野にも春が来たんですね。 水芭蕉輝く 水芭蕉輝く:陽光を浴びて菜の花を従えた水芭蕉が輝き始める。
人気blogランキングへ
果たしてせがれさんはカワセミを見ることができたのでしょうか。

越後探検隊2007再始動す!

4/17~18日 越後探検隊:仕事前の早朝、仕事後の夕刻、探検隊はゆく! 黄昏に立つ男 黄昏に立つ男:黄昏の堤防に男は立つ、男の手には超望遠のレンズがある。彼の眼には何が映っているのか。 桜か、それとも。 雫を狙って 雫を狙って:折からの雨。晴天は望めない。したがって、狙いは雫。男達の興味は一点に集中する。 お尻★を狙う男 お尻★を狙う男:写真に集中していると。お尻が寒いということがあります。この怪しいレンズ交換の瞬間をカメラは見ていた。 集中 集中!:一度集中すると周囲は目に入らない。だから、WebもよいWebを作る。遊びに集中できるから仕事にも集中できる。 この姿を見てそう思いませんか?
人気blogランキングへ
仕事も一生懸命!写真も一生懸命!

薄明かりと佐渡と

4/17 越後海岸線の撮影:仕事の後、懇親会まで1時間30分くらい時間がありました。まつい店長が迎えに来てくださったので 分水の桜を撮影に行くものの納得ゆく撮影ができません、Sea side lineまで足を伸ばして夕焼けの撮影に切替えました。 入り江の夕景 入り江の夕景:入り江は誰もいない。沈黙の海岸に波が寄せるのみ。夕焼けを期待する胸に不安がよぎる。 佐渡すこし明かりて 佐渡すこし明かりて:佐渡の西岸がみえる。雲をとおして夕焼けの気配が光臨する。 汽船と夕闇と 汽船と夕闇と:どうやら夕焼けは見れそうもない。夕闇迫る中、むなしく汽船が通り過ぎてゆく
人気blogランキングへ
まあ、はずれの日もありますよ。気にしないで焼肉でも食べましょう

弥彦の桜、雨に煙る

4/17 雨の弥彦と桜山せがれさんまつい店長キッチンに兄さん、私で雨の弥彦の撮影です。 弥彦の流れのなかのはかない命 弥彦の流れのなかのはかない命:おりからの強風と強い雨に打たれたのだろうか。流れの中に置き去りにされた桜の花々。 メジロ歌う メジロ歌う:雨に煙る弥彦境内。桜の枝をわたりメジロが歌う。 シジュウカラと満開の桜 シジュウカラと満開の桜:メジロの群れの中に一羽のシジュウカラが混じっていた。
キッチン兄さん、メジロは撮影できたのだろうか?確か自分と同じ装備だと思いましたが(^^;
水芭蕉写りこみ 水芭蕉映り込み:桜山に向かう途上、まつい店長が水芭蕉を発見した。映り込みを撮影したくて。 雫したたる 雫したたる:桜の木々だけでなく、桜の花びらも雨の雫が濡らしてゆきます。北越の春の風景です。
桜可憐 桜可憐:うまく語ることはできないのだけれど、この桜がとても優しく可憐に感じられたのです。 淡く輝く 淡く輝く:雨の降る日は、なぜだか花を見上げると明るく見えることがあります。薄明かりの逆光。そんな感じで桜を撮影します。
人気blogランキングへ
まつい店長曰く「オートフォーカスのみ~み~音が聞こえました」w

桜・桃撮影会=番外編=

4/15 真原と実相寺境内の風景:どこにも分類できなかった写真を掲載させてください。 せっかく撮影してもどこにも掲載できないとかわいそうなので チューリップと鳳凰山と チューリップと鳳凰山と:チューリップ畑と桜越しに南アルプスの山々が見える。なんて 贅沢な境内の風景。 水仙と桜散る 水仙と桜散る:境内のそここに桜の花びらが散っています。 その傍らで咲く水仙。そこだけ時間が止まっているかのようでした。 遠く山望む 遠く山望む:背の高い桜、潤沢に花びらを咲き誇らせている。そこから覗く雪をかぶった遠くの山々
人気blogランキングへ
静かに春の休日は過ぎてゆくのです

韮崎と燕の宴会対決!(どっち!)

甲州・越後の宴会対決:仕事の途中でお邪魔した地域ごとでの面白い宴会、楽しい宴会。
先攻 甲州韮崎の宴会めたぼ吉宗さんAZAZUリモデ屋さん
めたぼ吉宗さん めたぼ吉宗さん:携帯電話がなる「加藤先生、時間ありますか。飲みに行きませんか?」加藤「いいっすよ」吉宗「では!」 リモデ屋さん リモデ屋さん:加藤「今、韮崎についたんだけれど、時間ある?めたぼさんと飲みに行かない?」リモデ屋さん「いいっすよ」
・・・・てことで、3人で某所の飲み屋までいきまして。11時まで宴会でした。
それぞれの乾杯! それぞれの乾杯!:めたぼ吉宗さんは運転があるのでコーラ、私はグレープフルーツサワー、リモデ屋さんは生ビールで乾杯です。 刺身盛り合わせ 刺身盛り合わせと、タマネギリングフライをアテとします。
甲州名物煮貝 甲州名物煮貝:山梨は、煮貝(アワビの煮物)が有名です。元は、駿河の国からアワビを醤油に入れて甲州まで運ぶ間に 煮貝になっていたという伝説があるのです。名物が450円で食べられます。安い!
後攻 越後燕の焼肉宴会:せがれさんいわく、「今日はがっつり焼肉でいきませんか」ということで男組の宴会です。 新潟朱鷺市+まつい店長五家宝連情熱大陸さん+加藤です 虎(ふー) 男達は虎(ふー)の穴に:三々五々集結したのだった。時刻は18:30 めんばー 集結したメンバーせがれさんまつい店長、Uさん、AIDAさん、情熱大陸丼、キッチンにいさん。そして私です。
カクテキとハラミ カクテキとハラミ:自分の好みのハラミとカクテキを注文しました。 キッチン兄さん絶好調 キッチン兄さん絶好調:にいさん絶好調でNIKON D80を振り回します。
タン:皆さん、わいわいがやがやとそれぞれの失敗談などを含めて楽しく話し、そして焼肉をガンガン胃の中にほおりこんでゆきます。 情熱さんは「お化けをみたことがある」とカミングアウト タン
さあ、どっち!
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
皆さん、いつも遊んでいただき有難うございます。今年度もよろしく お願いします

真原(さねっぱら)の桜吹雪を撮る! 4/4

4/15 真原の桜吹雪:真原とかいて「さねっぱら」といいます。韮崎の近くなのに、こんな桜並木、感激です。 この真原で桜吹雪に挑戦です。対決相手はリーワーク職人さんです。 真原の桜吹雪 真原の桜吹雪:一陣の風とともに、ふわ~っと桜が舞い上がります。そして、春風の中でひらひらと儚い花びらが飛び去ってゆきます。 静寂のとき 静寂のとき:桜吹雪は間断なく散り初めているわけでは在りません しずかにかつ優雅に咲き誇る姿。桜花は陽光を受けて春の日にゆれます。 一片の花びら 一片の花びら:華々しく散る花びらも一興、静かに散る一片の花びらも一興です。 樹幹の桜吹雪 樹幹の桜吹雪:桜並木にひときわ大きな桜の大木があります。時節、風に揺られてひらひらと 花びらが散ってゆきます。
人気blogランキングへ
桜の散り行く姿、日本の美学なのでしょうか