夜を支配するもの 羅臼のシマフクロウ

阿寒タンチョウプロジェクトの始まりです5/8:いよいよ後半戦です。知床の南側、国後島のみえる羅臼、鷲の宿のきました。 ダイブ! ダイブ!:6時45分から車の中で待機、フクロウの声はするものの、なかなか姿を見せてくれないのでやきもきしていると、 7時45分にとうとう姿を見せてくれました。 体をふくらませて 体をふくらませて:シマフクロウの体長は71cm、いつも思うけれど、良くこんな大きなものが飛べると思います。 魚を捕まえる 魚を捕まえる:鷲の宿では、川の中に魚を放流して、シマフクロウを餌付けしているのです ふわり ふわり:ほんとうにタンポポの綿毛が舞うような静けさでふわふわ飛びます。 狙いを定めて 狙いを定めて:枝に止まった後、川のへりに降り、そして、川面を見つめて魚を捕らえるチャンスを狙います。 Get a chanse Get a chanse:うまくヤマメを捕らえたようです。 親子 親子:夜、待ち構えていると親子が10時45分にきました。二羽このような写真が撮影できるチャンスはそうそうないそうです 子供のために 子供のために:まだ十分に餌の取れない子供を呼び出して餌をやろうという親心です。 野生 野生:子供に魚を与える瞬間も油断ないように目配りしています。始めはツガイかと思いましたが 二羽の餌ヤリを撮影できて満足です。連射した甲斐がありました。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
ベストポジションで撮影できました。

comments

たくさんイヤラシイ事をおねだりできるよ(〃▽〃) http://www.fgn.asia/

  • 匿名
  • 2012年7月13日 10:23

吉田さん
>ついにやりましたね。
 GWに続いて2度目の撮影です
 なかなか進歩しませんが画質はよいはずです

>シマフクロウ、あこがれの生き物です。
 そうですよね20年来撮影できたらと
 思っていました。
 夢を着実に適えられるようになった自分が
 嬉しいです

>餌付けには少々抵抗を感じますが。
 そうですね。でも仕方ないと思います。
 そうでないと撮影できないしろものです

ついにやりましたね。シマフクロウ、あこがれの生き物です。餌付けには少々抵抗を感じますが。

  • 吉田友彦
  • 2007年2月25日 07:33

ジャガーさん
>シマフクロウの生態を鋭く捉えたドキュメント
番組のようですね。
 確かにドキュメンタリみたいですね
 動物奇想天外のような

>かっこいいです!
 嬉しいですね
 寒い中で粘ったかいがあります

どらさん
>シマフクロウって大きいのですね。
 そうかなり鳥としては大きいですね
>餌をやる時にじっと目詰める目が感動ものです
 確かにそうですね
>7枚目の親子の写真とっても素敵です。
 珍しいのもありますね希少性!

シマフクロウの生態を鋭く捉えたドキュメント
番組のようですね。かっこいいです!

cotton母さん
>えっ。そんなに大きいのですか?
>怖い~
 可愛いですよ
>>呼び出して餌をやろうという親心です。
>動物でさえこの様に美しい親心がありますのに
 重要なのは本能ではないですか
 人間は本能が鈍っているのだと思います

とうふやさん
>こんばんわ。
 こんばんは
>写真がすごい上手ですね。
 そうっすか
>動いてる動物とかを撮る事が苦手です
 普通そうだと思います

おやじさん
>こんばんは
 こんばんは
>>シマフクロウの体長は71cm
>良くこんな大きなものが飛べると思います。
 同感です
 でもジャンボ飛行機も飛ぶので不思議
 ではないですね
>大きいですね。まさに猛禽類の迫力ですね。
 アイヌが神だという理由が分かる感じです

joyokudaさん
>こんばんは
 こんばんは
>ふくろうはまるくって穏やかな鳥
 全然違いますね
 外見と実態は非なりです

>生きていくってことは強くなければ
 人も獣も同じですよ

monpaさん
>餌を求めて狩もするんですよね
 猛禽ですからね
>貴重なお写真ありがとうございます。
 はい!

シマフクロウって大きいのですね。
眼光が鋭く表情が乏しく見えますが
子に餌をやる時にじっと目詰める目が
感動ものです。

迫力ある写真も素敵ですが、7枚目の親子の
写真とっても素敵です。

ぽかぽかさん
>こんにちは。
 こんばんは
>ふくろうすごいですね。
 ええ、青春時代からあこがれていた被写体です
>本物見たことないです
 そりゃあそうだよ、北海道に100羽しかいないから

>写真を撮るようになりました。
 今度みんなで撮影にゆこうよ

ものぐささん
>ふくろうは好きなんです!
 知恵の神ともいますし
>縁起もいいんですよね~
 たしか、アイヌ語でコタンクルカムイ
 (村の守り神)といわれているのです
>音をたてずに飛ぶからだとか。
 そうなんですふわふわきます

ひとみさん
>フクロウ、すごいですね。
 そうですね、このフクロウは日本では
 北海道でしかみれません
>私は2枚目の写真が気になります。
 そうですね。
>ドラキュラとかお城とか。
ストーリができそうですね
>2羽の親子フクロウの餌やりの写真もすごい
 有難うございます
 まぐれの一発です

きみちゃん
>本物だから、リアルですごい写真です。
 そうだね
>餌付けなんて出来てしまうのですか?
 このフクロウは生餌しか食べないので
 結構、えさ代がかかるみたいですね
>では待っていればお目にかかれてしまう?
 待っていればほぼ100%見れますね

>シマフクロウの体長は71cm

えっ。そんなに大きいのですか?
怖い~。

>十分に餌の取れない子供を呼び出して餌をやろうという親心です。

この様な親子の姿を見るにつけ最近の事件を思います。
動物でさえこの様に美しい親心がありますのに。。。残念な事が多いですね~

コーイチローさん
>え!?体長71センチもあるんですか~!
 そうです
>そんなに大きいんですか!
 日本最大級
 世界的にも大きなフクロウだとおもいます
>フクロウって目の表情が豊かで、見ていて楽しいですね~。
 かなり賢いと思います。

牧場娘さん
>おはようございます!
 おはようございます
>貴重な写真なんですね
 子供がいるとの事前情報はあったのですが
 まさか撮影できるとは。
>見れてLucky!!でしたね
 そうですね超ラッキーでした

こんばんわ。
お久しぶりです♪

71cmもあるんですか!?
すごいですね。。
写真がすごい上手ですね。
自分は動いてる動物とかを撮る事が苦手です。。

こんばんは

>シマフクロウの体長は71cm、いつも思うけれど、良くこんな大きなものが飛べると思います。
大きいですね。まさに猛禽類の迫力ですね。

こんばんは
ふくろうはまるくって穏やかな鳥と思っていたのは大間違いですね。
野生はすごい!
生きていくってことは強くなければ・・・
 ちょっと“ドキッ”としました。

そっかー、そうですよね~。
フクロウって、なんだか木の枝につかまって、ホ~ホ~って、頭をキョロキョロさせながら鳴いているイメージしかなかったもので、よくよく考えてみれば餌を求めて狩もするんですよね~。
いやはや、貴重なお写真ありがとうございます。

  • monpa
  • 2007年2月24日 17:03

こんにちは。
ふくろうすごいですね。僕は本物見たことないですが、写真からリアルさが伝わってきます。
ブログをはじめてから写真を撮るようになりました。
僕もいつかはこんな写真を撮ってみたいです。

ふくろうは好きなんです!
縁起もいいんですよね~
ふくろうは羽の構造が違うらしいですね。
音をたてずに飛ぶからだとか。
神秘的ですね~
その中に親子の愛情もあり。。
これはのめりますわ^^

フクロウ、すごいですね。
私は2枚目の写真が
気になります。
なんか物語にでてきそうな
感じじゃありません?(笑)
ドラキュラとかお城とか。
2羽の親子フクロウの餌やりの
写真もすごい!!!

加藤先生~
本物だから、リアルですごい写真です。
ふくろう・・・餌付けなんて出来てしまうのですか?すごいですね~・・
では、待っていれば・・お目にかかれてしまう??忍耐です。
71cmってことは、どっしりくんで空を飛ぶ・・実際見れば・・迫力でしょうね。
目は、鋭く・・・夜見れば目だけキラキラかしら?

え!?体長71センチもあるんですか~!
そんなに大きいんですか!
ビックリです。
30センチくらいかと思ってました。

フクロウって目の表情が豊かで、見ていて楽しいですね~。

加藤先生、おはようございます!
ふくろうなんて、動物園でしか見たことがないので、
2羽並んでいるところは、よく見る気がするのですが、
貴重な写真なんですね~。
見れてLucky!!でしたね...。

comment form

comment form