山口湯田温泉の豊穣の田

2006年9月10日 おいでませ山口 1/2

 山口の旅、秋の田の刈穂の稲のという百人一首の歌があった気がした。だから稲穂の写真を撮るのだ。
山口の空
山口の空:いや~気持ちがいいなあ、仕事が終わった後は、ちょっと気分転換に撮影しよ!
稲と写真とWebログと 天高く馬肥ゆる秋
稲と写真とWebログと:ネーミングがどこかのブログのパクリやぞ。まあ、気にしない、気にしない。 天高く馬肥ゆる秋:実る稲穂を下から見上げると、秋の高い空があった。豊作を祈る!
田んぼの充実 実る田
田んぼの充実:一日一日と田んぼの稲の穂先が黄色く色づいてくる。 実る田:ミノルタカメラの会社名の由来をご存知でしょうか。
豊穣の地
豊穣の地:先週に続いて田を訪れる。稲穂の色づき具合が異なっていることがわかる。 黄色というよりも黄金色に近い。


恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓

人気blogランキングへ

いいなあ、田んぼをこんなにしっかり撮影したことなかった

trackbacks

お歳暮の準備その後 from 京丹後のおやじのうんちく日記(19世紀の味京都農場)

9月6日のブログ「お歳暮の準備」で紹介した、お歳暮用の「丹波黒大豆」と「京都大納言小豆」の生育状況を見に行きました。 台風等の災害もなく順調に生育してい...

-秋- 稲刈 from KANI

Sept 27?30,2006. 秋?!と言えば 稲刈 というわけで 5月21?22日に田植えをした稲がこの秋にはこんなに! ...

けいと from わいの挑戦?デジイチ修行道?

キャノンの白レンズ400を付けさせていただき撮影しました。 コスモスは上手く撮れませんでしたが けいとの花は背景がいい感じになりました。 こ...

仁王門 from こまわり日記

 今回、こまわり君は、円頓寺を巡回。そんな中で仁王門を見せていただきました、というより勝手に見た。というのも仁王門は、部落のなかに普通に溶け込んでいました...

お買い物ページ「因州和紙のお店」オープンしました。 from 和紙照明,和紙壁紙などを製造・販売。本物へのこだわり。因州和紙の中原商店

ついに、お買い物ページ「因州和紙のお店」の開店にこぎつける ことができました。 ...

高鍋道中膝栗毛:参加者募集します from すみいちブログ

紅糸とんぼ 達人はそう言いましたが、キイトンボではないでしょうか? ご存知の方...

DIME「ダイム」に掲載 from Cotton母さんの日々彩々

DIME「ダイム」に掲載されます。 10/3発売のDIME「ダイム」に美容室コッ...

秋の散歩みち from きままな商工会職員なんでも日記

      今日は、久しぶりにゆっくり出来る休日を迎えたので、ちょっとカメラを持って出かけました。 &n...

インテリアコーディネーターと「最後は豆腐で・・・」 from 「黒八の壁」

実家のお向かいさんで、恒例のデッキパーティーが催されました。 一応、わたしの誕生日祝いも兼ねております。。。 まだ明るい夕方からビールです。 ...

エンメイソウ(延命草)の話し from 京丹後のおやじのうんちく日記(19世紀の味京都農場)

過日、喫茶アデンさんにコーヒーを飲みに行きました。 顔なじみのお客さんが「エンメイソウという薬草を採ってきました。ご存知ですか」とおやじに尋ねられま...

comments

クロハチさん
>雲といい、稲穂といい、どんどん秋になっていきますね。
そうですね新潟など北国は顕著です

>>ミノルタカメラの会社名の由来
>アワスケさんに話したら関心しておられました
そうですか、といってもこの間って・・・

す~やん
>先生こんばんは
おはようございます
>田んぼの稲刈りが終わり早一ヶ月となります
 やはりはやいですね
>新米はもう僕の胃袋を満たし
 それはうらやましい
 人生の至福ですね

み~きちさん
宅建合格をめざして頑張ってください

加藤先生ご無沙汰しております。
いつも全国各地の写真楽しく見ています!先生に教えてもらって、随分経ちますがやっとブログを始めました。(遅って笑わないでね!)
黄金色の稲穂はとてもキレイで豊かな気持ちになります。
うちには黄金色(本当はリンクス)のうーたんがいますので、見に来てね。

ふみ店長
>こんな写真を撮れる様になりたいです。
極道の世界にようこそ!(笑い

>刈取りまでもう少しといった感じの稲でしょうか。
 そうですね、この2週間観察を続けました

>キャノンの由来も意外です。勉強になりました。
雑学だけはちょっと自慢です

JJさん
>伯爵さん、こんばんは。
こんばんは
>まさしく、「おいでませ 山口へ」です。
今日も山口がえりです
>山口がどこにあるかわからない方も
事実上、九州みたいな感じですよね

>穏やかな土地柄だと思います。
>伯爵さんの写真からも そんなイメージが
伝わってきます。
そんな感じですね
 コンサルや講演していてそう思います。
 結構JRの駅が廃止されていますね

べらさん
>こんばんは。
こんばんは
>自分の影も風景にしてしまう写真いいですね
>今度私もやってみます。
ネタのないとき最高です(^^

>ミノルタの由来
面白いでしょう

cotton母さん
>大変重そうです
そうですね頭でっかち

>ミノルタカメラさんも実りたかったのでしょうね。
魅力的な発色をするレンズでした。
 古きよき時代になってしまいました
>影も写すとこんなにエイのですね。
結構、面白いでしょう

asacaさん
>こんばんわ。
こんばんは
>目から鱗の5日間でした。
そういっていただくと嬉しいです
>ホームページも並行してチャレンジしてみますので宜しくお願いします。
継続は力なりですから頑張ってください

和紙屋さん
>ご飯(お米)大好きなわたしとしては、うれしい眺めです。
今度、一緒に飯を食おうか!

すみいちさん
>ミノルタの由来いいですね。
 ええ、面白いでしょう。
 弟が良く使っていました。
 篠山紀信が使っていたカメラがこれですよ

>嫁のじいちゃんが畑から収穫できる米の量は
一つの稲穂に何粒米がついているか数えれば大体分かると言って驚いた事を思いだします。
先人の知恵ですね
 凄いな

まさにこうべを垂れる稲穂かな、ですなぁ・・・。
雲といい、稲穂といい、どんどん秋になっていきますね。

>ミノルタカメラの会社名の由来をご存知でしょうか。
この間、アワスケさんに話したら、関心しておられました。。。

やいちん
>こんにちは!
こんにちは
>秋の田んぼもいいですね。
 そうそう、いい被写体ですよ
>こちらで稲穂を写すと空は入道雲です!
他の地域は鰯雲になってきました
 もう秋ですね

先生こんばんは
稲穂の写真エイですね~
こちらは義父の田んぼの稲刈りが終わり早一ヶ月となります
そして新米はもう僕の胃袋を満たしてくれています。
義父にとっての米作りは特別な思い入れがあるようで極めて趣味に近いものがありますです。

MIDORIさん
>実った稲は美しい! 
そうですね、おいしいものは美しい。
>日本の古里の原点です。
>いいもの見せていただきました!(縁起がよい!)
褒めてくださって有難うございます

>「ミノルタ」よいネーミングですね。
 そうですね。おっしゃるとおりです

どらさん
>しっかりと頭を垂らしていますね。
>きっとお米がぎっしりと詰まっている稲
 山口はしっかり色づいています
>田んぼによっても出来不出来があるのでしょうね。
水が冷たすぎたり、日当たりが悪かったり
 あるいは作り手に問題があったりでしょうね

いい写真ですね。こんな写真を撮れる様になりたいです。
刈取りまでもう少しといった感じの稲でしょうか。先日、稲刈りを体験したのでそのときの稲はもう少し黄色だったように思ったので。

ミノルタの由来は始めて知りました。キャノンの由来も意外です。勉強になりました。

伯爵さん、こんばんは。
まさしく、「おいでませ 山口へ」です。
本州の最西端へようこそです。
山口がどこにあるかわからない方も
多いのです。
穏やかな土地柄だと思います。
伯爵さんの写真からも そんなイメージが
伝わってきます。
稲穂と秋空、とってもいい感じです。
>実る田:ミノルタカメラの会社名の由来
知りませんでした。

きみちゃん
>秋の稲は、ほんと黄金色って言いますよね
日本の実りの豊かさを表していますね

>お米は、宝なんだ。って思ったりして
 そうそう、お酒にもなるし、御餅にもなるよね

>あの影を写した写真すごくいいですね。
 そんなに可愛い?

meganeさん
>こういうの好きです
 そうですよね
>会社の名前って、以前はおかしな所から来てること結構ありますね。 
 CANONが観音カメラってご存知でしたか?

こんばんは。
自分の影も風景にしてしまう写真いいですね~。今度私もやってみます。

ミノルタの由来知らなかったです。こんなすばらしい風景から思いついたのですね。

  • べら
  • 2006年10月01日 20:37

沢山実って頭を垂らしていますね~。
大変重そうですね~(笑)

ミノルタカメラさんも実りたかったのでしょうね。
沢山ね。

影も写すとこんなにエイのですね。
気が付きませんでした。ステキです。

先生こんばんわ。
今日無事卒業させていただきました。
目から鱗の5日間でした。
ありがとうございました。
試験的に開設したブログはしばらく練習として毎日更新して行きます。ホームページも並行してチャレンジしてみますので宜しくお願いします。
ありがとうございました。

  • asaca
  • 2006年10月01日 18:52

ミノルタの由来いいですね。
このようなネーミングにすればよかった!!
嫁のじいちゃんが畑から収穫できる米の量は
一つの稲穂に何粒米がついているか数えれば大体分かると言って驚いた事を思いだします。

先生こんにちは!
秋の田んぼもいいですね。
こちらで稲穂を写すと空は入道雲です!
ミノルタカメラ、そんな由来があったのですね。
知りませんでした。

稲穂の写真、この季節には欠かせませんね。
頭をたれる稲穂、いいですよね。

私の周りもいままさに稲刈りのシーズンです
が、あまりに身近すぎてつい撮り忘れていま
す。

最近は稲を天日で干さないで機械で乾燥させ
るやり方が主流になっています。今度天気の
いい日に私も写しに行こうかな?

いい風景です。ご飯(お米)大好きなわたしとしては、うれしい眺めです。

実った稲は美しい! 
美味しい新米の季節到来  (^o^)/
日本の古里の原点です。
重そうな稲穂を見ると今年は「豊年満作」。
いいもの見せていただきました!(縁起がよい!)

「ミノルタ」の名前の由来、存じませんでしたが、
よいネーミングですね。

実るほど頭をたれる稲穂かな・・
しっかりと頭を垂らしていますね。きっとお米がぎっしりと詰まっている稲ですね。私も稲を何箇所かで撮りましたが、見るからに風に軽くなびいている田んぼの稲がありました。田んぼによっても出来不出来があるのでしょうね。

ミノルタの由来初めて知りました。

KANIさん
>>稲穂の色づき具合が異なっている
>人って幸せですネ・・・
>実りの秋・眼で楽しみ・食して楽しみと・・
要点はプロセス(過程)を楽しむのですね
 大人の嗜みですね

「加藤先生」
ミノルタさん、そうなんですか、以外由来って聞いてみると楽しいものですね。
秋の稲は、ほんと黄金色って言いますよね、
お米は、宝なんだ~~~。って思ったりして、・・
あの影を写した写真すごくいいですね。影なんてちょと、忘れさられてました、私の中では、・・・こんなに可愛い感じになるとは思いませんでした。

 ミノルタ、実る田。こういうの好きです、会社の名前って、以前はおかしな所から来てること結構ありますね。勉強になりました。

  • megane
  • 2006年10月01日 09:52

KANIです
☆稲穂の色づき具合が異なっている☆
人って幸せですネ・・・実りの秋・眼で楽しみ・食して楽しみと・・
一粒で2度おいしい・・!?

おやじさん
>おはようございます
おはようございます

>ミノルタカメラの会社名の由来
>社長さんは農家の出身なのでしょうね。
 これはさすがに不明です

>「豊饒の大地」という場合は=豊饒を使います。
 さすが良くご存知ですね

おはようございます

>実る田:ミノルタカメラの会社名の由来をご存知でしょうか。
知りませんでした。社長さんは農家の出身なのでしょうね。

>豊穣の地:
五穀豊穣を祝う秋祭りが近づきました。
「五穀豊穣」の豊穣は=豊穣
穀物が豊かに実ること

「豊饒の大地」という場合は=豊饒を使います。
土地がよくこえて、穀物が豊かに実ること
だそうです。(^^)

comment form

comment form