越後平野・初夏の一瞬の光彩!

2006年5月29日 越後探検隊・越後平野夕景

 長野から燕三条に到着した私を迎えたとき、弥彦が少し赤く染まっているのを目視していた。しかし、折から、雨が降り始めたため早目の夕食をとってホテルで休息をしていた。そのとき…
弥彦山残照
弥彦山残照:ホテルの自室のTVから目を離すと壁が赤く燃えていることに気がついた。夕暮れ直前で雲間が晴れたのだ。私は急いで着替え、レンズをカメラに装着しホテルの非常階段を探し、一気に6階から14階まで駆け上がった。
初夏・残照の投影
初夏・残照の投影:非常階段14階まで駆け上がった。私は、弥彦山に沈む夕陽が越後平野を赤く燃えさせていることに気がついた。
燃えあがる初夏の田圃 燃えあがる初夏の田圃:この感動的風景をどのように切り取るべきなのか、一瞬で判断しなければならなかった。弥彦へ続く越後平野。美しく夕陽を投影している田。さえぎるビルなどを避けて フレームワークを決めた。
遠き山に日は落ちて
遠き山に日は落ちて:さらに欲張った私は、広角レンズをとりに自室に帰り、徒歩でホテルを飛び出した。しかし、その決断は失敗だった。
 夕陽の足は思ったよりはやく、もはやわずかな明かりしか残っていなかった。 恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
一瞬の光彩。皆さんに感動を与えられましたか。

trackbacks

プチ撮影会 IN下田 鷺撮影 from Web店長の独り言ブログ

今回の下田撮影会ではほとんど鳥を見る事が出来ませんでした。最後の方でようやく水田...

入梅、ホタルブクロ、アジサイ、モリアオガエル from 団塊の世代のおやじのうんちく日記  (19世紀の味京都農場 山下 博成)

気象庁は8日に近畿地方が入梅したと発表しました。(昨年は11日、平年は6日?) ということで、京都丹後では道端のホタルブクロやアジサイが一斉に咲き始めま...

入梅、ホタルブクロ、アジサイ、モリアオガエル from 団塊の世代のおやじのうんちく日記  (19世紀の味京都農場 山下 博成)

気象庁は8日に近畿地方が入梅したと発表しました。(昨年は11日、平年は6日?) ということで、京都丹後では道端のホタルブクロやアジサイが一斉に咲き始めま...

入梅、ホタルブクロ、アジサイ、モリアオガエル from 団塊の世代のおやじのうんちく日記  (19世紀の味京都農場 山下 博成)

気象庁は8日に近畿地方が入梅したと発表しました。(昨年は11日、平年は6日?) ということで、京都丹後では道端のホタルブクロやアジサイが一斉に咲き始めま...

ヤマガラ from 山の上の日記

今日は霧の三峰... 白いです。最近の暖かい気候から一転ちょっと肌寒い一日です。 昼過ぎ、店も静かだったので今日は野鳥の撮影にチャレンジしまし...

近所の空き地 from 紀州本線~本日ハ晴天なり!

近所の空き地では、草が生い茂っていてなにかいいものないかなぁ†と探っているとたん...

近所の空き地 from 紀州本線~本日ハ晴天なり!

近所の空き地では、草が生い茂っていてなにかいいものないかなぁ†と探っているとたん...

梅雨入りですね。 from なめこ屋2代目の日記

本日、関東甲信と東北南部は梅雨入りしましたね。 この時期、なめこ屋や他のきのこ屋さんが注意するのは、青カビなどの雑菌です。(この業界ではきのこの菌以外のこ...

美術館のバラ from ル・ソール日記

隣の安曇野市の美術館のバラです。 バラは、大輪の咲き誇る姿も豪華ですが、蕾もとても魅力的です。 美術館の正面玄関の壁を彩る黄色のバラ ピンクの...

comments

きみたまごさん
>ページを開いたとき「わっ!・・・・・・はあ~」 >と、見入ってしまいました。
 印度人もびっくりでしょう。

>「夕刻のあっという間の時間」との戦いではなかったのでしょうか?
 そうなんですよ。
>心は感動と緊張と少しの焦りと・・・
 ホテルでリラックス状態、夕陽はあきらめ状態だったので、ズボンを履くことからはじめました。
 また、非常階段が空いていたのがラッキーでした。


「燃え上がる」 という表現がピッタリです!

ページを開いたとき
「わっ!・・・・・・はあ~」 と、見入ってしまいました。

この夕焼けを見たとき先生は
「夕刻のあっという間の時間」との戦いではなかったのでしょうか?
どこから撮ろう・・・?と、考えながら足早に行動、・・・心は感動と緊張と少しの焦りと・・・
失礼ながらも、そんな状況だったのかな・・・?なんて勝手に想像してしまいました
(ペコリ)
日が落ちるのって、ほんとに早いですよね!

  • きみたまご
  • 2006年06月11日 20:14

ジャガーさん、おはようございます
これから仕事に出かけます
>日本の美しい代表的な風景ですね。
 そうですね、おっしゃるとおりです
>どうしても田舎者なので田園風景が好きです。
日本人はみな同じだと思いますよ

>こんな景色に出会えたのも日ごろの行いが
よいせいでしょう。
 そういっていただくと嬉しいです

夕日に燃える景色、日本の美しい代表的な
風景ですね。特に田んぼが写っている写真は
いいなあと思います。どうしても田舎者なので
田園風景が好きです。

色は山の景色のほうがきれいですよね。
こんな景色に出会えたのも日ごろの行いが
よいせいでしょう。

日本茶旦那様
>こんばんは。
 こんばんは!
>誰の絵だか忘れてしまいましたが
>桜島のバックがこのように燃えたようなものがありました。
なんかわかりますね、その気持ち

>強烈なインパクトのある写真です。
自分がゆくと桜島がなぜか曇りでかすんでいるのですよ。原辰則

ち~さん
>先生、こんばんは。
 こんばんは、今日は早いね

>怖いくらいの夕日ですね。うわぁ~と思わずため息が出ました。
 自分も興奮していました、よく見ると、冷静でなようで、冷静でないことがわかります。
 修行が足らないなあ

>真っ赤に燃えるというのは、こういう夕景を指すのでしょうね。
 そうそう、この異様な赤さ!赤黒い感じですよね。これが天候の変わり目の風景の面白さですね

>>これだけ読むと火事かなと勘違いですが
>それくらい赤かったのでしょうね。
壁が真っ赤なんだ。本当に。どきっとしました。

リモデやさん
>加藤先生 こんばんニャ
 まいど!
>夕焼け 見事です!!
 Thanks for you.
>デジタル一眼レフ 買っちゃいました!!
>NIKON 70S です!!
 凄いなあ、楽しみだなあ
>僕も人を感動させるような写真撮るよう
がんばります!!
 そうなって欲しいよね

>明日、相模原でお世話になります。
 えっ、そうなの!びっくりだ 

す~やん
>先生こんばんは
 こんばんは!
>先生が息をきらしてカメラを構える姿が思いうかびます。
必死でした。このチャンスを逃してたまる勝手ね

>凄く綺麗な夕焼けが撮れましたですね。
そうなんです。

>仕事帰りに夕焼けが綺麗だったので撮りたかったのですが子供を迎えに行く時間が過ぎてしまっていたので 断念しました。
 う~ん
>悔しいです。
 生きている限りチャンスは来ます。

タカラちゃん
>凄みのある夕暮れですね。
 はい、びっくりした、次に凄いと直感した。
撮らねばと反応した。
 ということです

>自然のスケールの大きさを前にすると、人間が小さく感じます
 以前、悩みを持って卒業研究の後に、釧路湿原を訪ね、紋別で流氷を見ました。そのときに思った感想とあなたの書いた内容が同じです。
 それ以来、心に希望を持ちつつ生きてきました。その結果が今の自分です。

木の器さん
>先生 また一気読みです。
 忙しそうですね
>7月美濃市で加藤先生の講習
>美濃は遠すぎる・ちょっと気落ちして書けませんでした。
 そうなんだ、来てくださるのかと思いました。
 残念ですね

>一瞬の光彩 感動的な風景でした。
 そうでしょう、感動共有!

>この写真を撮るための先生の努力も感動です。
 執念だよね、モ~

>そんな気持ちを先生から頂きました。
願えば適えられることを最近、覚えました。

クラフトさん
>こんばんは。
 静岡に帰りました。
>本日の撮影会ありがとうございました。
>勉強になりました。
 経験値をつんでください、すぐに上手くなります。
>またその後の弊社への襲来…
 わしは蒙古かい
(。_・☆\ バキ(^^;)
>先生の写真は後日blogに掲載させて頂きます。
 OK、二枚目に頼むよ!

>遠き山に日は落ちて
>この背景いいですね。朝食のコーヒーのようで。
ああ、思い出すね。また載せます

工具や娘さん、お久しぶりです。
飲み会楽しかったですか
>絵に書き留めたいような山ですね。
 そうなんです、デザインと考えてもいいですよね。そうすると自然は天才ということになりそうです。

>久しぶりにゆっくり絵が描きたいものです。
ぜひ、自分らしさを取り戻せる世界へ

Takaさん
>燃えるような夕日ですねぇ~!
 はい、もう真っ赤でした。

>きれいだぁ~!
 感動を共有できてハッピーです

>雲が分裂していると、夕日は、綺麗な写りますよね。
 後光が差していましたよ。

>田んぼに写る夕日の色も見ていて癒されるようです^^
 ええ、これを撮りたかったのですよ。
 Green hotelにして正解。食事を早めて正解

>来年のお灯祭りは、先生もぜひ参加を!
 カメラを壊されるのが恐怖なんですが・・・

cotton母さん
>先生こんにちは
 こんばんは

>一瞬の判断。素晴らしいですね~。
 ・・・というか、チャンスは逃すなですよね

>お蔭で感動させて頂きました。
 有難う。感動のおすそ分けです

>田園に写る夕日。綺麗です。美しいです。
 これっ、撮りたかったんですよね。
 でも、だめだとあきらめていました。
 願えばかないますね。結構。

やいちん
>うわっ、本当にこんなに燃えた色だったのですか?
 もう、真っ赤!

>なんか衝撃的!
私の感動、わかりますよね。

>先生、こんにちは!お久しぶりです。
へへへ・・・こんばんは!f(^▽^;)

>写真に圧倒されすぎて、ご挨拶も忘れてしまいました。
Red shock!

おやじさん
>トラックバックがダブってしまって申し訳ありません。
いえいえ、良くあることです。

>>一気に6階から14階まで駆け上がった。
>普通でしたらエレベータかゆっくりあがるところ、一気に駆け上がられた。
 いやっ、夕陽は水物ですから。
 だから、チャンスを逃してはいけません
 風景の高さとの関係も見極めて札得位歩糸を捜しながら登りました。

>無心で駆け上がられたのでしょうね、息切れもなく
 いや、夜年波に勝てず、息切れしました。

>ぶれもなく。凄い。
 何枚かぶれていましたが、セーフなのも合って救われました。
 

こんばんは。
空が燃えていますね。
誰の絵だか忘れてしまいましたが
桜島のバックがこのように燃えたようなものがありました。
強烈なインパクトのある写真ですね。

こんばんは。
空が燃えていますね。
誰の絵だか忘れてしまいましたが
桜島のバックがこのように燃えたようなものがありました。
強烈なインパクトのある写真ですね。

こんばんは。
空が燃えていますね。
誰の絵だか忘れてしまいましたが
桜島のバックがこのように燃えたようなものがありました。
強烈なインパクトのある写真です。

先生、こんばんは。
怖いくらいの夕日ですね。うわぁ~と思わずため息が出ました。
真っ赤に燃えるというのは、こういう夕景を指すのでしょうね。

>ホテルの自室のTVから目を離すと壁が赤く燃えていることに気がついた
>>これだけ読むと火事かなと勘違いですが
それくらい赤かったのでしょうね。

>一気に6階から14階まで駆け上がった
>>生について行こうと思ったらまずトレーニングから(^^)v ですねー

ドラえもんさん
>一瞬にして消えていく光景だからこそきれいなのでしょうか?
 一般に、写真家の世界で、「天候の変わり目を狙え」という言葉があります

>すごい!6階から14階までのいっきのダッシュ!!
 火事場の阿呆力です

>普段全国を飛び回っているおかげなのですね。
 違うと思う、単なる個人的瞬発力。

加藤先生 こんばんニャ
夕焼け 見事です!!
デジタル一眼レフ 買っちゃいました!!
NIKON 70S です!!
僕も人を感動させるような写真撮るよう
がんばります!!明日、相模原でお世話に
なります。 

KETUNORI(^-^)ノさん
>先生、こんにちわ。
 こんばんは!お元気でしょうか

>残照、まるで溶岩の海!見入っていまします。
 この表現がエイですな

>>一気に6階から14階まで
>日頃の○○跳びのタマモノですね
 タマモノです( ̄皿 ̄)うしししし♪

先生こんばんは
>6階から14階まで駆け上がった。
先生が息をきらしてカメラを構える姿が思いうかびます。
凄く綺麗な夕焼けが撮れましたですね。
今日の仕事帰りに夕焼けが綺麗だったので撮りたかったのですが子供を迎えに行く時間が過ぎてしまっていたので 断念しました。
悔しいです。

偏遊人さん2

>地元にいながらこんなものすごい夕焼け
>まず見たことないですね~怖いくらいですね
 以前、あなたのブログで見た田んぼの夕焼け。これを撮りたいと念願していました。良かった!

偏遊人さん

>どわ~っ!
 どひゃ~ですよね

>地元にいながらこんなものすごい夕焼けって
>見たことないですね~
 そうでしょう。そうでしょう~

>怖いくらいですね~!ラッキーですね。
 そうなんです、これを逃したら暫くチャンスは無い感じでした。

>非常階段登ってですか~スゴイな。お疲れ様でした(^^♪
 火事場の馬鹿力ってやつですよ。
 その直前まで疲労困憊していました。

シュークリームママさん
 出張からかえりました~
>すでに私語かも!?
こらこら、死後、ちがった死語だろうが
 (゚Д゚) クワッ

>とても綺麗です。
私のスタイルと一緒?

>先生の慌てている姿を想像できるコメントでちょっと楽しいですね。
 結構ズボン履きなおしたりしましたし、とるものもとりあえずでした。

すみいちさん
>感動の色!!自然が燃えてる色ですね。
 そうですよね、ホテルの壁が赤くなりましたので・・
 サッカー見ていたのですよ。呆然と
 
>6階から14階へ上がる先生の姿が目に
浮かびます。
 そうですか、お恥ずかしい。
 実は着替えもしているのです

Loop-7さん
>その場所その時間に見れるものは大切ですよね!
 その場所にいないと写真が撮れない、それが写真を志すものの悩みです。

>その場所にいられなくても見られるBLOG最高です。
 まあ、確かに、おっしゃるとおりですね
>でも本物はホントキレイだったでしょうね!
 そう、感激モノでした

>6階から14階、体力は平気でしたか!?
 無我夢中で駆け上がりました。結構、平気でしたね

まつい店長
>見逃した夕焼けはこんなに綺麗だったのですね
たまには、自分もいい思いしたいっす。
>・・・残念
(゚▽゚ )♪

凄みのある夕暮れですね。
自然のスケールの大きさを前にすると、人間が小さく感じます

先生 また一気読みです。昨日コメント書こうとしたのですが、商工会から、(7月美濃市で加藤先生の講習が始まります・・)のメールに美濃は遠すぎる・ちょっと気落ちして書けませんでした。一瞬の光彩 感動的な風景でした。この写真を撮るための先生の努力も感動です。日常の中で思うようにいかないことが多く・・でも心の中はいつも赤々と燃えていなくては・・そんな気持ちを先生から頂きました。

せがれさん
>こんなにすばらしい風景を見逃していたんですね。
すまぬ。仕事に忙しいと思って連絡しませんでした。また、こんなに綺麗になるとは思いも知りませんでした。

>全然気付きませんでした。
確か、blogやっていたんだよね、そのとき

>地元であるせいか、なんとも落ち着く写真で
そうですね、気持ちよくわかります

こんばんは。本日の撮影会ありがとうございました。勉強になりました。またその後の弊社への襲来…じゃないや、ご訪問ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。先生の写真は後日blogに掲載させて頂きます。
>遠き山に日は落ちて
この背景いいですね。朝食のコーヒーのようで。

絵に書き留めたいような山ですね。
久しぶりにゆっくり絵が描きたいものです。
(下手だけど)

燃えるような夕日ですねぇ~!
きれいだぁ~!雲が分裂していると、夕日は、綺麗な写りますよね。

田んぼに写る夕日の色も見ていて癒されるようです^^

来年のお灯祭りは、先生もぜひ参加を!

  • Taka
  • 2006年06月09日 16:48

先生こんにちは
一瞬の判断。素晴らしいですね~。

お蔭で感動させて頂きました。
田園に写る夕日。
綺麗です。

美しいです。

うわっ、本当にこんなに燃えた色だったのですか?
なんか衝撃的!

あっ、先生、こんにちは!
お久しぶりです。

写真に圧倒されすぎて、ご挨拶も忘れてしまいました。

トラックバックがダブってしまって申し訳ありません。m(_ _)m

>一気に6階から14階まで駆け上がった。

普通でしたらエレベータかゆっくりあがるところ、一気に駆け上がられた。普通ならゼーゼー、ハーハーで写真を撮るどころではないと思いますが。無心で駆け上がられたのでしょうね、息切れもなく、ぶれもなく。凄い。

  • おやじ 19世紀の味京都農場
  • 2006年06月09日 13:29

一瞬の光彩感動させられました。
一瞬にして消えていく光景だからこそきれいなのでしょうか?
すごい!6階から14階までのいっきのダッシュ!!
普段全国を飛び回っているおかげなのですね。

先生、こんにちわ。
残照、まるで溶岩の海!
見入っていまします。

>一気に6階から14階まで
日頃の○○跳びのタマモノですね( ̄皿 ̄)うしししし♪

どわ~っ!地元にいながらこんなものすごい夕焼けってのは
まず見たことないですね~怖いくらいですね~!ラッキーですね。
しかし非常階段登ってですか~スゴイな。お疲れ様でした(^^♪

どわ~っ!地元にいながらこんなものすごい夕焼けってのは
まず見たことないですね~怖いくらいですね~!ラッキーですね。
しかし非常階段登ってですか~スゴイな。お疲れ様でした(^^♪

オッハァー!!でございます。←すでに私語かも!?

先生の写真見ながら、考えました・・・月曜日私はこの夕日を何故に見逃したのだろうか?と
とても綺麗です。先生の慌てている姿を想像できるコメントでちょっと楽しいですね。
『一瞬の判断』これ重要ですね。

感動の色!!
自然が燃えてる色ですね。
6階から14階へ上がる先生の姿が目に
浮かびます。

その場所その時間に見れるものは大切ですよね!

その場所にいられなくても見られるBLOG最高です。でも本物はホントキレイだったでしょうね!

6階から14階、体力は平気でしたか!?

  • loop-7
  • 2006年06月09日 09:59

見逃した夕焼けはこんなに綺麗だったのですね・・・残念

せがれはこんなにすばらしい風景を見逃していたんですね。
毎日弥彦山を見ているのに、全然気付きませんでした。

地元であるせいか、なんとも落ち着く写真で、
妙にリラックスしてしまいます。

comment form

comment form