北の大地に生きる命!

北海道に生きる野鳥 8/9

 知床で、野付で、そして標津原野で野鳥は元気に生きている。 草原の野鳥
ノビタキ♂(養老牛)
ノビタキ♀(知床)
ノビタキ:体長13cmの野鳥。本州中部以北におり、本州では高原、北海道では草原にいる。
カケス ヒバリ
ミヤマカケス:ミヤマカケスは本州のカケスの亜種。カラスの仲間だから結構賢い。 ヒバリ:普通ヒバリの撮影は難しい。しかし、牧草地でウサギを探していたら、ヒバリが砂で沐浴をしていた。
アオジ
アオジ:黄色い鳥なのにアオジとはこれいかに。体長は16cm程度。本州では標高1,000m程度の山に済むが、北海道では低地にいる。
河川・湖沼の野鳥:水辺にいる鳥をご紹介しよう。
カワガラス
カワガラス:カワガラスといてもカラスの仲間ではない。ミソサザイなどの類でむしろヒバリなどに近い存在だ。知床羅臼で、キタキツネ撮影直後に見かけたのだけれど結構、珍しい
オオジシギ オオハクチョウ
オオジシギ:わざわざ、繁殖のためにオーストラリアから飛んでくるシギ。体長30cmくらいで、縄張り近くによると雷の音を出して急降下して威嚇する。 オオハクチョウ:野付のトドワラ近辺で当然のようにいた。
初夏のタンチョウ
初夏のタンチョウ:トドワラでタンチョウを見た。恐らく数100mくらい離れていたろう。ツガイだけれど、子供がいない。惜しかったなあ!
海岸線にいる野鳥:比較的海に近いところにいる野鳥。
知床に飛ぶ
知床に飛ぶ:まるでトビが居るかのように、野付ではオジロワシが珍しくない。たまたま野付の帰りに見かけた私たちは、知床連山を背景に飛ぶオジロワシを撮影した。
オジロワシ青空に舞う 干潟に生きるメダイチドリ
オジロワシ青空に舞う:私の撮影したオジロワシは幼鳥のようで、まだ、尾が真っ白ではない。 干潟に生きるメダイチドリ:シギやチドリは干潟に生きる。野付で撮影した。
ユリカモメ
ユリカモメ:濤沸湖で撮影したユリカモメ。なんだか強盗のような顔をしている。
恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓
人気blogランキングへ
これで野鳥観察は203種類!狙うぞ、次はクマゲラ!

trackbacks

早朝ぷち撮影会 IN佐潟 from Web店長の独り言ブログ

新潟撮影隊はいつでも何処でも、加藤先生のスケジュールさえ合えばすぐに撮影会です。...

comments

木の器さん
>先生 北海道のロングラン楽しかったです・・
みていただいて本当に有難う

>ひぐまから逃げる事考えていたなんて、これは楽しい・・
半分、必死でしたけれどね\(;゜∇゜)/

>なんかロングランの終わりは寂しいです・・
日常があって、非日常があるんです

>本当に楽しい物語有難うございました。
次も、越後探検隊の冒険物語が始まります!
 請うご期待

先生 北海道のロングラン楽しかったです・・せがれさんのブログを拝見し更に楽しみました・伝えてくれたのは先生の無邪気な笑顔・けどパソコンの前ではやっぱり繊細なエリート・・先生のサービス精神解りますとも・・どんなにか大変な撮影もあったことでしょう・・ひぐまから逃げる事考えていたなんて、これは楽しい・・せがれさんのなんと純粋な事・・なんかロングランの終わりは寂しいです・・
本当に楽しい物語有難うございました。

へっぱくさん
>オヒサシブリデス。
  どうも、どうも

>先日日曜日に大きな“チヌ”を釣りあげ、写真撮ったのですが、手違いで削除してしまいました。
 残念、拝見したかったですね。
 逃がした魚は大きいかな

>是非お見せしたかったのに・・・
 次は・・・

>チキショー(/_<。)って感じです。
 小梅太夫みたいですね(笑い

オヒサシブリデス。

先日日曜日に大きな“チヌ”を釣りあげ、写真撮ったのですが、手違いで削除してしまいました。是非お見せしたかったのに・・・

チキショー(/_<。)って感じです。

ち~さん
>先生、今夜も 眠る前にやってきました(^^)
  わしのサイトは安眠剤かね?(´△`)アァ-

>色んな種類がいて、楽しいですね。
  オオルリは見つかりましたか?

>癒されて、安らかな眠りにつけるなぁと思っていました。
良かったです。働き者ですからね、ち~さんは

>>なんだか強盗のような顔をしている
>もう笑い過ぎて、腹筋が痛いです^^;
でも、変な顔しているでしょう。
 愛嬌がありますよね

先生、今夜も 眠る前にやってきました(^^)
野鳥と言っても 色んな種類がいて、楽しいですね。
最後の写真、ユリカモメの所まで順調に 癒されて、安らかな眠りにつけるなぁと思っていました。
ユリカモメにも うわぁ~、綺麗ぃ♪
おやすみなさい先生。と言いかけた所に 
>>なんだか強盗のような顔をしている
って・・・
スッテンコロリン
もう笑い過ぎて、腹筋が痛いです^^;
眠れるかな~(>_<)

す~やん
>今日は好きな野鳥達ですね
 はい、野鳥可愛いでしょう

>野鳥達、お見事にとらえられていますね。
 有難うございます

>バズーカ望遠炸裂って感じですね~
いま、やはり、限界を感じているのです。
 次なるレンズが欲しくなりました。

今日は先生のお好きな野鳥達ですね、警戒心の強そうな野鳥達ですが、お見事にとらえられていますね。さすがです、先生のバズーカ望遠炸裂って感じですね~

クラフトさん
>こんばんは。
こんばんは!
>ノビタキ:一見雀。おなかの羽毛
 ふわふわしていますね

>知床に飛ぶ:知床連山を背景に飛ぶ
 力強いでしょう!

>日本列島は、生物多様性のホットスポットだと聞きました。
>先生のblogを見てそれを実感しています。
そうですね、僕も日本という国を好きですよ。
 自然が教えてくれます

y_and_r_dさん
>こうやって並べて見ると圧巻ですね。
 初夏のタンチョウとか、オジロワシなんて珍しいでしょう!
 小鳥も綺麗ですし

>鳥が現れるまでず〜と待つこともあるのでしょうね。
 小さい鳥は待っても難しいので、歩き回ったり車を流して発見します。

ジャガーさん
>鳥も美しいですね。
 はい、ノビタキって小さいですが存在感がありますし、しみじみ地味ですが美しいですよね。

>それにしてもよくトリも撮ったりですね。
 北海道は比較的鳥が見やすいです。

>また種類をよくご存知ですねえ。
 一応、200種みていますから。

>オジロワシの写真が一番好きだなあ☆
 オジロワシは大きくて立派です。さらに成鳥は頭も尾も白いので存在感あります。

こんばんは。

>ノビタキ
一見雀かと思いましたが、違いました。おなかの羽毛がいいですね。あったかそうだ。

>知床に飛ぶ:
知床連山を背景に優雅に飛んでいますね。もし背中に羽が生えるなら、オジロワシのように飛んでみたいです。

最近なのですが、日本列島は、生物多様性のホットスポットだと聞きました。先生のblogを見てそれを実感しています。またいろいろなものを見せてやってください。

こうやって並べて見ると圧巻ですね。
北海道の奥深さを感じます。
鳥が現れるまでず〜と待つこともあるのでしょうね。

鳥も美しいですね。それにしてもよくトリも撮ったりですね。また種類をよくご存知ですねえ。

説明がなければ私なんかちっともわかりませんです。

オジロワシの写真が一番好きだなあ☆

木の器さん
>先生のブログ開く時ドキ!とします。
 そんな、あすは虎かも・・・
>何が出てくる?と思って・・
 毎回凄いもの出すほど、暇じゃあないです~

>今日はなんと優しい野鳥達・・
 意外に皆さんの反響があって、嬉しいです。

>変化に富んだものがたり楽しんでいます。
 そうでしょう母さん!
 サービス精神をほめてくださいよ!

先生のブログ開く時ドキ!とします。何が出てくる?と思って・・今日はなんと優しい野鳥達・・変化に富んだものがたり楽しんでいます。

おやじさん
>鳥は被写体が動くので写しにくいでしょう。
大正解です、おまけに小さいので(;´Д`) うぅっ。。

>鳥といえば、スズメが最近極端に少なくなったような気がします。
 そうですか、雀は人家の無いところには現れません。何かあるのでしょうか

>鳥全体の様子がおかしいように感じます。
南方からわたってくる鳥が少なくなったのは、インドネシア等の国の林が伐採されているからだといわれています

鳥のことはあまり知りませんが、被写体がよく動くので写しにくいでしょう。

鳥といえば、スズメが最近極端に少なくなったような気がします。
昔は、稲のスズメの被害がかなりあり、被害防止用の網(防雀網)を田んぼなどに張って被害を防いでいましたが今は被害がありません。 鳥全体の様子がおかしいように感じます。

  • おやじ 19世紀の味京都農場
  • 2006年05月16日 21:16

cotton母さん
>今日は、トリフェステバルですね。
 何しろ大物が続いたので、掲載できなかった写真をお蔵だしです

>北海道は被写体の宝庫ですね~
 そうです。標津のほか、春国岱(しゅんくにたい)などの有名な観察地もあります。

>皆さんが北海道に行きたがる気持ち分かります
自分は最初、野鳥には感心がなかったのですけれど、北海道で野鳥観察マニアになりました。

今日は、トリフェステバルですね。
北海道では色々な種類の野鳥が見られるのですね。被写体の宝庫ですね~
皆さんが北海道に行きたがる気持ち分かります。

祭りやママさん
 日本では絶滅種を含めて505種類、迷鳥を含めると555種観察例があります。

>先生、野鳥の観察すごいですね!!
 そうですか。でも200種類を超えたらシニア層かもしれません。
 ある程度解説が出来ますものね。

>203種類おめでとうございます(^^)
 20年越しの達成です。仲間はとうに達成。
 落ちこぼれのバードウォッチャーです。

>見つけたら即行動に移すのですか?
 ヒグマとキタキツネ、そして野鳥がこれ

>それとも現れるまで待機ですか?
シマフクロウがこれ!

>鋭い視線も大切なのでしょうね・・・。
 そう目が慣れているというのも大切だと思います。

先生、野鳥の観察すごいですね!!203種類おめでとうございます(^^)
見つけたら即行動に移すのですか?それとも現れるまで待機ですか?
鋭い視線も大切なのでしょうね・・・。

JJ姉さん
>北海道には 野鳥がたくさんいるのですね。
 はい、本土で見れない野鳥も多々見られます

>大地に羽ばたく鳥を見ていると、羨ましい
気もします
 オジロワシの羽の厚みをみると猛禽だなと思います。

>野鳥達も過酷な闘いがあるのでしょうね。
 それゆえ、車の中から撮影すると逃げませんが、近くによると逃げます。

>ユリカモメの顔、凄いです\(◎o◎)/!
カモメの類は結構、ずるがしこくて、他の鳥の雛を襲って食ったり、人の餌を掠めていきているのです。見かけによらず獰猛です。

ka-koさん
>お疲れデス
 どもども、お疲れ様です。湿気が多いと嫌ですね。

>>濤沸湖で撮影したユリカモメ。なんだか強盗のような顔をしている。
>ユリカモメといえば東京りんかい線をよく使います。
 たしかに、りんかい線を思い出しますね。
 鈍くてこまるね、臨海線

北海道には 野鳥がたくさんいるのですね。
広大な土地の空に舞っている鳥、気持ち良さそうです。
大地に羽ばたく鳥を見ていると、羨ましい
気もしますが きっと 野鳥達も過酷な
闘いがあるのでしょうね。
ユリカモメの顔、凄いです\(◎o◎)/!
きっと、生きていくのが大変なのでしょうね。

お疲れデス

>濤沸湖で撮影したユリカモメ。なんだか強盗のような顔をしている。

そうなんですか??・・・ユリカモメといえば東京のほうがイメージ強くって。最近は りんかい線をよく使います。

  • ka-ko
  • 2006年05月16日 19:38

お茶屋@工学部さん
>本日はご指導ありがとうございました。
 どうもありがとうございます。

>ネットショップ初級者のボクにでもわかり
>やすく教えていただき感謝しております。
そうですか、喜んでもらえて光栄です。

>諸先輩方に少しでも近づけるように、楽しみながら頑張っていきたいと思います。
そうですね、後発ゆえの強みもあるかと思うので、がんばってください。

>ブログの写真まじまじと見せて頂きましたが、キレイですねぇ。。。ウットリです。
有難う、時々おいでください

本日はご指導ありがとうございました。
ネットショップ初級者のボクにでもわかりやすく
教えていただき感謝しております。

諸先輩方に少しでも近づけるように、楽しみながら頑張っていきたいと思います。

それにしても、ブログの写真まじまじと見せて頂きましたが、キレイですねぇ。。。ウットリです。


赤ちゃん堂さん
>小さくとも極寒の北海道で生きる小鳥がいることに感動しました。
生物は強いですね
>どうやって体温を保つのかしら?
 彼らは自分の体重の数倍の食料を食べてゆかないと生きてゆけないのです。

>大きいくせに寒がりな自分が情けない(*_*)
 ははは・・・ご冗談を!

>一番目の写真の鳥、特にかわいい!
 ノビタキでしょう!かわいいですよ

>ユリカモメって面白い顔をしているのですね
 私もそう思います

小さくとも極寒の北海道で生きる小鳥がいることに感動しました。
どうやって体温を保つのかしら?
大きいくせに寒がりな自分が情けない(*_*)
一番目の写真の鳥、特にかわいい!
それから、ユリカモメって面白い顔をしているのですね(笑)

工具屋娘さん
>>繁殖のためにオーストラリアから飛んでくるシギ
 オオジシギですよね
>遠距離恋愛のカップルのようですね。
 凄いパワーだよね。
 とにかく、近くによると、羽音で威嚇してくるさ。

>ときに動物も人間くささを感じます。
 そうだよね、いま、通過経路も判明しつつあるみたいですが、初夏の北海道の風物詩です。

>わざわざ、繁殖のためにオーストラリアから飛んでくるシギ

遠距離恋愛のカップルのようですね。ときに動物も人間くささを感じます。

日本茶旦那様
>ユリカモメって電車の名前などでよく聞きますが、こんな顔してるんですね。
 意外に知られていないからですね。

>北海道は住んでる鳥の種類もこちらとはぜんぜん違いますね。
 ノビタキは北方系のヒタキ類ですね。
 他の地区よりも見やすい見やすいことは間違いないですね
>生態系が違うから違って当然でしょうか?
 そうですね。津軽海峡の差が大きいと思いますよ

ユリカモメって電車の名前などでよく聞きますが、こんな顔してるんですね。
北海道は住んでる鳥の種類もこちらとはぜんぜん違いますね。生態系が違うから違って当然でしょうか?

すみいちさん
>おはようございます。
こんにちは清水で仕事して来ました。

>1枚目の背景は憧れます。
 エイですか?
>マクロの次は・・・まだ我慢します。
 そうですね、来年には・・・
>今から韓国行ってきます。金曜日帰ります。
でも毎日更新しますので!!
楽しみにしています、いっていらっしゃい!

おはようございます。
1枚目の背景は憧れます。マクロの次は・・・
まだ我慢します。
今から韓国行ってきます。金曜日帰ります。
でも毎日更新しますので!!

comment form

comment form