野付、標津(トドワラ・ナラワラ)の風景

5月1日~3日 北海道・牧歌的・荒涼たる風景 6/9

 今日は北海道らしい、牧歌的風景、荒涼たる風景をご紹介いたします。
オシンコシンの滝 オシンコシンの滝:オシンコシンの滝は知床の中核、ウトロの手前にある有名な滝である。しかし、氷雨降る5/1は人もまばらで、滝の飛沫だけが あたりを圧倒しているのみであった。
ホワイトアウト
ホワイトアウト:昨夜から降りしきる雨は知らぬ間に明け方には大雪となった。そして数メートル先の視界さえも奪う
白くかすむ牧草地
白くかすむ牧草地:当初、知床峠を越えて、知床半島を横断、反対側の羅臼へショートカットする予定だった 。しかし、峠は大雪で閉鎖。私たちは、ウトロ→斜里→釧北峠→標津→羅臼と迂回路を走る。白く雪でかすむ牧草地が見えた。
標津原野とサイロ
標津原野とサイロ:峠越えは無事成功した。束の間の晴れ間が標津(しべつ)原野を照らした。私たちは車を降りて、サイロを撮影した。視界をさえぎるものは殆ど無い。
 峠越えはしんどかった。殆ど人家もレストランも無い。時計は既に広の1時を大きく回っていた。我々は昼食抜きを覚悟した。
波頭とフキノトウ
波頭とフキノトウ:羅臼の海岸で波頭はくずれる。それを静かに見守るフキノトウ
白骨の森・ナラワラ
白骨の森・ナラワラ:野付にいった。野付は標津原野に突き出た砂州だ。砂州の先端部では海水の進出によって楢の森が白骨化していた。これをナラワラという。
静かな入り江・トドワラ
静かな入り江・トドワラ:トドワラとは椴松(トドマツ)の木が海水で浸食された地域の総称である。野付半島の入り江はその玄関口といえる。静かだ。


恐れ入りますが、クリックしていただくと嬉しいです↓

人気blogランキングへ

明日も多様な北海道の風景をお届けします


trackbacks

母の日 from 美容室コットンクラブのヘナ・インディゴ日記

今日は母の日 母の日:幾つになっても嬉しいものです。 もう。何回の母の日を迎えた事でしょう(笑) プレゼント:嬉しい贈り物 人に喜こ...

プレゼント from さんま丸干し、梅干、めはり、干物、地酒などの熊野の特産品の販売

海の幸がいっぱい入った海鮮ふりかけ 上のいずれかの商品を抽選で、100名様にプレゼント致します。 応募フォームに必要な情報を記...

comments

絶対見てはいけません!(*´ω`)b★ http://hemn.me/img/?d=3736041

  • 匿名
  • 2011年10月27日 23:17

吉田さん
>北海道の風景楽しませてもらってます。
 有難うございます

>私が行ったように思えるほど味わいがあります。
 恐らく単なる観光地をお届けしているわけではないからだと思います。また、GWは人が少なく観光地と言うよりは気ままな旅の雰囲気がだせていると思います

北海道の風景楽しませてもらってます。私が行ったように思えるほど味わいがあります。

KETUNORI(^-^)ノさん
>先生、こんばんわ~
 こんばんは!元気そうですね
>>オシンコシン、ナラワラ、トドワラ
>北海道っておもしろい名称がありますね。
 そうですね、アイヌ語から来ているのが多いと思いますよ。

>月末道東方面行って来ます。
 いいねえ、仕事かあ~

>早朝1人で抜け駆けしかないっすね!
 「鶏、ヒグマに食われる」とならないように沖をつけていっていらっしゃい。お土産を忘れないでくださいね!

先生、こんばんわ~
>オシンコシン、ナラワラ、トドワラ
北海道っておもしろい名称がありますね。
月末道東方面行って来ます。年配の方々の付き添いなんで、思うように写真が撮れないと思いますが。。。
早朝1人で抜け駆けしかないっすね!

ガラスの森さん
>オシンコシンの滝も白くかすむ牧草地も、
>どれも素晴らしくて見入ってしまいます。
本当ですか、それは嬉しい!

>現地でこれらの風景を目の当たりにした
>せがれさんは感動感動の連続ではなかったでしょうか?
 そうなんです、特にせがれさんは初めてだったから驚かれていたと思います。

>写真からはその感動がヒシヒシと伝わってきます!
有難うございます。どうですかのぶさん、
 来年2月、阿寒!

terajiさん
>世界遺産では熊野も同じですが、
>気候が全然違いますね。寒そうですな。
 正直、寒かったですね。
 でも、熊野と単純に比較してもわかるように、これだけの自然の多様性を持つ国家、誇るべきですよね。

オシンコシンの滝も白くかすむ牧草地も、どれも素晴らしくて見入ってしまいます。
現地でこれらの風景を目の当たりにした加藤先生&せがれさんは感動感動の連続ではなかったでしょうか?
写真からはその感動がヒシヒシと伝わってきます!
この感動が見ている人に伝わってしまうのも、写真のイイところですね~♪

世界遺産では熊野も同じですが、気候が全然違いますね。
う~ん、寒そうですな。

  • teraji
  • 2006年5月14日 23:37

Theo_C姉さん、 こんばんは!
>オシンコシンの滝有名で名前は知っておりました。
 結構、有名ですか・・・
>こんな素晴らしい滝だったのですね。
 どうかなあ、夢を壊して悪いけれど、自分は軽視していました。
>コレを目の前にしたら言葉もないでしょうね~
 知床でしたら「乙女の涙」こと、フレペの滝が有名です。これは冬に氷爆になります。
 フレペの滝は、知床の海に落ちる灯台のある断崖の途中から、川を経ないで落ちる不思議な滝です。自分はそれが好きだなあ~

>峠越え 本当にお疲れさまでした。
 いやいや、私は運転が出来ないのでナビでした。運転はせがれさんがしてくださいました。

>お昼は 結局 抜かれたのですか?
 その秘密が近く明らかになります!
 comming soon!

オシンコシンの滝 夙に有名で 名前のみは 知っておりました。
こんな素晴らしい滝だったのですね。
コレを目の前にしたら 言葉もないでしょうね~

峠越え 本当にお疲れさまでした。
雪の中の運転だったのですよね? 大変だったことでしょうね。
おかげで 私たちは こうして楽しませて頂いているのですけど。。。
お昼は 結局 抜かれたのですか?

  • Theo_C
  • 2006年5月14日 23:02

木の器様
>撮影とはかくも忍耐を要するものか

>ふくろーの目怖いね~ 
>そっぽを向いたキタキツネの耳・・
 魅力的な素材ですよね

>動きのあるものを撮るのはどんなに大変な事かと思います。
 以外に楽しいものです、相手との知恵比べ。
 相手は小鳥と違い大きいから、動きを予測するのです

>私は北海道へ行った事がありません。
ぜひ、一生のうち、一度、観光旅行でない北海道旅行をされてはいかがですか、日本に無い風景があります
 私は極道ですから、北海道に30回もいっています。(病気ですね)

>まだ続きがあるならものすごく楽しみ・・
 まだ明日を含めて3回

撮影とはかくも忍耐を要するものか・・と頭下げっぱなしです。ふくろーの目怖いね~ そっぽを向いたキタキツネの耳・・動きのあるものを撮るのはどんなに大変な事かと思います。私は北海道へ行った事がありません。友達からもらうカニのお土産が私の北海道です。ですから荒涼たる風景にも魅了されました。まだ続きがあるならものすごく楽しみ・・・

クラフトさん
>こんばんは。
 こんばんはD50御購入おめでとうございます。
>スローシャッターで撮影ですか?。
 はい、スローシャッターです
>絹のようですね。きれいです。
 滝の撮影はこれに限ります。
 それゆえ手振れ防止機能付きレンズが必要です
>ホワイトアウト5月1日~3日でこの状態。
>さぞ寒かったのではないですか?
 寒かったですね。ダウンなしでしたから
 下に1枚スエットを着込みました。野外活動の知恵です。
>白骨の森・ナラワラ:夜中に一人で行ったら
>私なら怖くて泣きますね。(笑)
 私も泣きますよ

ジャガーさん
>寒いの苦手なんですが、がんばって行ってみたいです
ダウンジャケットと手袋、毛糸の帽子等の防寒装備さえしっかりしていれば大丈夫。感動は一生!です

こんばんは。
>オシンコシンの滝
スローシャッターで撮影ですか?。絹のようですね。きれいです。
>ホワイトアウト
5月1日~3日でこの状態。さぞ寒かったのではないですか?
>白骨の森・ナラワラ:
夜中に一人で行ったら、私なら怖くて泣きますね。(笑)

寒いの苦手なんですが、がんばって行ってみたいです

ち~さん
>オシンコシンの滝、流れが優美ですね。
有難う、ほめすぎな気がします

>オシンコシンの滝の近くには、蝦夷松は群生しているのでしょうか。
落葉松の写真は明日だします。
 comming soon.
 お嬢ちゃん、よい子だ、1晩待ちな
 チッチッチ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

>>白く霞む牧草地や標津原野とサイロ
>北海道ならではの風景ですね。
そうなんですね。このサイロはわざと小さく撮影することがポイントだと思います。大きく撮影すると生々しくなります。

>>ナラワナ
>独特の風景ですね。
 これは400mmレンズを使ってこれですからね。凄く広大だと理解していただけると思います。
 白骨化と他の撮影者は語っております。


ふじもっちゃん
>こんばんわ!
こんばんは!

>北海道を満喫した事が写真を拝見して伝わってきます!
絶対に来年の2月北海道にゆこう!
 と誓っています。

>実際のホワイトアウト、私も見てみたいです!
 次に見たいのは、ダイヤモンドダスト

>更新したいのに仕事でお客様の対応が精一杯になっています。。。
部下に、カネになるブログを更新しろといわれています(半分冗談)

>自分の時間を上手く利用していますよね。
・・・というか、人を上手く使うことだと思います。自分にしか出来ないことを自分でやる。後は部下にやらせる。金も使う。そうしないと時間がいくらあっても足りません。

おやじさん
>冬と春が混在して北海道らしいいい写真ですね。
 有難うございます。明日もお楽しみください。

>オシンコシンの滝は行ったことがありません
>幻想的な写真ですね。
 スローシャッターの美学です

>夏に見るとかなり涼しく感じるでしょうね
おっしゃるとおりですが、観光地ゆえ、車が多くて嫌になってしまいます。

オシンコシンの滝、流れが優美ですね。
オシンコシンの滝の近くには、蝦夷松は群生しているのでしょうか。

>>白く霞む牧草地や標津原野とサイロ
昔、北海道に旅行した時の感動が再び味わえました。
北海道ならではの風景ですね。

>>ナラワナ
独特の風景ですね。
なんとなく 「死して屍拾うものなし」って言葉が脳裏を過ぎりました^^;

>>トドワラ
風化されていって、最後にはなくなってしまうのですね。

こんばんわ!
加藤先生、北海道を満喫した事が写真を拝見して伝わってきます!
静岡は雪が降らないので、
ホワイトアウトなんて当然見られませんが、
実際のホワイトアウト、私も見てみたいです!

最近、私のblogの更新が出来ずじまいの日々が続いています・・・。
更新したいのに仕事でお客様の対応が精一杯になっています。。。
加藤先生は自分の時間を上手く利用していますよね。
お忙しいのにすごい!といつも思っています!

  • 藤本
  • 2006年5月14日 20:02

冬と春が混在して北海道らしいいい写真ですね。

オシンコシンの滝は行ったことがありませんが、幻想的な写真ですね。

夏に見るとかなり涼しく感じるでしょうね。(^^)

  • おやじ 19世紀の味京都農場
  • 2006年5月14日 19:55

リモデ屋旦那様
>オシンコシンの滝の写真驚きです!!
>仙人が奥からでてきそうな・・・
結構、推量がある滝です。
 やや傾斜角度が低いのです(垂直に落ちる滝ではない)

>標津原野とサイロ、広くて 気持ちよさそう。
360度地平線が見えるかのような台地です。
 思わず千春を歌います。

>サッカーしたくなりますね!!
 それはね、多分出来ないです
o( ̄へ ̄o)!
なぜか、牛の糞が凄いからです

オシンコシンの滝の写真驚きです!!
仙人が奥からでてきそうな・・・

標津原野とサイロ、広くて 気持ちよさそう。
サッカーしたくなりますね!!

cotton母さん
>凄い迫力のある写真ばかりですね。
 そうですか、ありがとうございます
 自分は激しい日々(ヒグマ、シマフクロウ)等からクールダウンを考えています

>私は、寒い北海道の写真を見ると何故か物悲しく淋しい感じに見えるのですが。
私だけでしょうか。
いえ、正しい感覚です。その寂しい感じの北海道に力強さを感じ生きている人、そして旅する人がいます。

凄い迫力のある写真ばかりですね。
私は、寒い北海道の写真を見ると何故か物悲しく淋しい感じに見えるのですが。
私だけでしょうか。

芦沢さん
>日本て広いですね。
 そうですよ、広いですよ。自分は北は北海道(今年は函館にお伺いします)から南は与那国島まで仕事した経験があります。
 日本は狭いなんて思わないほうがよいですね。

日本て広いですね。

日本茶のだんな様
>この時期の雪景色、なんだか不思議な感じです。
 日本列島は長いですからね

>もう宮崎では半袖姿も多くなってきました。
 K氏含め商工会意義所メンバーもアロハになったのでしょうか

>オシンコシンの滝の写真なかなか良いですね。
そうですね、ふだんは観光地なのでカメラも向けなかったのですけれど、人も少ないし、異様な雰囲気だったので撮影しました。

この時期の雪景色、なんだか不思議な感じです。もう宮崎では半袖姿も多くなってきました。
オシンコシンの滝の写真なかなか良いですね。

すみいちさん
>コメントせざる得ない滝のショットです。
へへへ・・・最初に持ってきて正解でした。

>最高ですね。それと北海道の風景は
 どうですか、すみいちさん、一口乗りませんかア・カ・ン

>とても心地よいですね。それと、私も入り江
はなぜかすきです。
そう、冬は荒涼としているのですけれど、初夏は気持ちがよい風景ですよね。観光地といえど人は少ないので

ジャガーさん
>来年2月に連れていってもらおうかな?
 2007年 2月10日~12日あけて置いてください。2泊3日です
 場所は阿寒、空港は釧路空港

 ツアーの予定は、加藤、○が○さん(まだ奥さんに非公開)、○つい店○さんがほぼ確定で、ち~さんも行きたいとか?
 この時期は混むので早めに予約かけたいなと思っているのです

工具や娘さん
>ナラワラの写真・・、恐竜が住んでいそうな世界ですね。
実はナラワラよりもトドワラが有名なのですが観光地化されているので相談してゆきませんでした。

>永年の自然の風が楢の木と恐竜の骨を感じさせます。すばらしい写真と思いました。
 一種の奇景なんですね。湿原なのでよれないのですけれどよれば広角レンズで面白く表現できたのかなと思います。

コメントせざる得ない滝のショットです。
最高ですね。それと北海道の風景は
とても心地よいですね。それと、私も入り江
はなぜかすきです。

来年2月に連れていってもらおうかな?

ナラワラの写真・・、恐竜が住んでいそうな世界ですね。永年の自然の風が楢の木と恐竜の骨を感じさせます。すばらしい写真と思いました。

ジャガーさん
 おはようございます
>オシンコシンの滝、見事なショットですね。
>こういうふうに撮れたらいいなあ。
スローシャッターですね。 
 ただ、この日は天候が悪く、風が強く飛沫が撮影しているほうに来て、めちゃめちゃ寒かったので及び腰写真です

>北海道の自然の厳しさを味わってこそ
>こういうふうな味わいのある数々の写真がとれるんですね。
>やっぱり自然ってすばらしい!!!
是非、御所望されれば無料ガイド仕ります

オシンコシンの滝、見事なショットですね。こういうふうに撮れたらいいなあ。

北海道の自然の厳しさを味わってこそこういうふうな味わいのある数々の写真がとれるんですね。やっぱり自然ってすばらしい!!!

comment form

comment form