2006年3月 アーカイブ

南国宮崎の光彩

3月21日 宮崎の早朝撮影 

 宮崎県日南海岸にある堀切峠で早朝撮影を慣行しました。
光る海1
光る海1:天気予報は晴れだった。しかし、気温が高く春霞が立ち、日の出の撮影はできなかった。
光る海2
光る海2:しかし、日の出はなくてもワンチャンスがあれば撮影できる。我々は一瞬の光彩を捉え、新しい写真をものにすることができた。
早暁:6:15。朝まだき「日の出は絶望かもしれない」という不安を抱えつつ、撮影場所を堀切峠と決めた。
青い闇と灯台
青い闇と灯台:闇は静かに青みを帯びた世界となった。灯台の明かりが仄かにまたたく。
限りなく透明に近いブルー:美しい日の出も素敵だが、負け惜しみでなく。こんな色彩の多様性を教えてくれた自然に感謝したい。
限りなく透明に近いブルー
蒼きトワイライトゾーン:蒼き闇と生命力あふれる海の織り成す自然の境界。そこに僕たちはいる。
蒼き春にあこがれて
蒼き春にあこがれて:ホワイトバランスで作り出した青が、まだ浅き春を暗示している。
人気blogランキングへ
夜明けは近い。

だっておいしいんだもん

無題ドキュメント 無題ドキュメント

3月21日 宮崎のうまかもん 

 今回は宮崎でいただいたうまかもんを取り上げます。 すみいちさんのベーコン・チーズ
すみいちさんのベーコン チーズ
すみいちさんのベーコン:すみいちさんのベーコンです。ガーリック風味がいける! すみいちさんのチーズ:すもーくがしっかりと効いたチーズは酒との相性抜群!
宮崎での懇親会:詳細は工具や娘さんがレポート
マグロの刺身 かゆ
 メンバーは、K氏、日本茶旦那様、工具屋娘さん、やいちんさん、すみいちさん、そして加藤です。
名酒ずいですが辛口の上品な味覚のお酒でした。
名酒ずい
西都原古墳群:早朝撮影の後、西都原古墳群にいって昼間の撮影会をしました。
西都原古墳群
 西都原古墳群は宮崎県西都市にあります。もっとも古い古墳は3世紀末からで、主に4世紀の古墳を中心に311個もの古墳があるのです。
西都市のうなぎの入船:皆さんの合意で、西都原(さいとばる)古墳のあとは入船でうな重。
入船  入船は常時満員らしく12時前にいったにもかかわらず30分待ちの状態でした。ここで、赤ちゃん堂さんと合流し、皆さんでお食事です。
 入船では肝吸いの変わりに呉汁(ごじる)が出されます。呉汁は大豆をすりつぶした汁で、納豆汁のようなイメージで食べます。 呉汁(ごじる)
白焼きぬたあえ
 うな重が出てくる前に前菜がわりに白焼きのぬたあえをいただきます。サラダ感覚でおいしいです。
うな重
 うな重はとてもおいしいです。ひとこと補足すると、九州のうな重のたれは他県に比べて甘いです。
赤ちゃん堂さん差し入れ:のアイスです。
アイス  ウナギの後、入船さんの前の神社の境内で、赤ちゃん堂さんが差し入れたアイスをみなで食します。
 油っぽいもののあとで最高の味覚。アイスを並べている、どこかのおばあちゃんがきました。優しい赤ちゃん堂さんは分けてあげました。
人気blogランキングへ
工具や娘さん、懇親会の後、自動車に轢かれそうになる

楽しかった宮崎デジタル一眼レフ撮影会

無題ドキュメント

2006年3月21日 宮崎有志とデジタル一眼撮影会

 3月21日 宮崎県の有志、宮崎美老園様すみいちさん工具や娘さん赤ちゃん堂さん、K氏、 やいちんさんは空港へのお見送りのみでした。今日は、撮影会に参加された仲間をご紹介します。 工具や娘。編
お嬢さんできばえはいかが
お嬢さんできばえはいかが:懇親会の料理を撮影した。できばえはどうだったのだろうか。
初の望遠トライアル 初の望遠トライアル:彼女にとって、超望遠やマクロレンズの視野は初めてだった。このとき、下の崖ではイノシシが出没していた。猪は我々がレンズ交換をしている隙に逃げてしまった。残念だ。工具や娘さんは、ウグイスの写真を撮りたがっていた。しかし、ウグイスは基本的に藪の中にいるから無理だ。 マクロレンズトライアル
菜の花に埋もれて
菜の花に埋もれて:西都原(さいとばる)遺跡群の菜の花畑を夢中で撮影する娘さん。
日南海岸とシルエットロマンス
日南海岸とシルエットロマンス:堀切峠での早朝撮影にて、シルエットに浮かぶ娘さん。
懇親会・撮影会へ参加した皆さんフラッシュ!
やいちん
やいちん:やいちんは懇親会と撮影会後の空港にケンボー1号、2号、3号を引率して参加してくださった。
すみいちさん 赤ちゃん堂さん
すみいちさん:マクロレンズの重要性に気がついてくださった。 赤ちゃん堂さん:午後から参加してくれた。ランチ、フラワーフェスタ撮影会参加だった。
すみいちさん、加藤、旦那様、娘さん すみいちさん、娘さん、加藤、赤ちゃん堂さん、旦那様
早朝5時に起きて、6時から日南海岸堀切峠で撮影。午後場所を西都の古墳群で撮影し、最後はフラワーフェスタでした。 人気blogランキングへ
皆さん早朝から一日、どうもありがとうございます。

中華料理と日本茶の考察

無題ドキュメント

2006年3月20日経営革新支援

 3月20日 宮崎美老園様をご訪問させていただき、日本茶にかかわる経営革新支援をさせていただきました。  まずはシェラトンホテルでランチと中国茶の考察をいたしました。(^^;
中華レストラン 中国茶
シェラトンシェラトンホテルの藍海でランチを。 中国茶:ブーツを脱いで朝食を、ではなく、まずはランチ前に中国茶をいただく。
ホタテときのこのスープ エビチリ
ホタテときのこのスープ:金色に輝くスープは舌を陶酔に導く エビチリ:単なる甘辛いエビチリではない。多様な食べ方を提案してくれる
飲茶(餃子三品) 前菜
肉料理
肉料理:上品なチンジャオロースに舌鼓を打つ。
中華粥 中華粥:舌に踊る多様な味覚を洗い流すかのように中華粥をいただく
杏仁豆腐:杏仁豆腐は中華料理のデザートとしての王道を貫く。
杏仁豆腐
 いただいた中国茶は金色をしていた。一種のウーロン茶なのだろうけれど、的確に中華料理にフィットしていた。
茶と経営革新支援と新製品開発
茶粉末 茶粉末とアイスクリーム:茶粉末を自分で作り、アイスクリームと混ぜて出来上がり(新製品)
お茶と和菓子:お茶と洋菓子との相性を教えていただいていると羊羹とお茶をだしていただきました。 お茶と和菓子
ギフト用高級茶 ギフト用高級茶
 ギフト用の高級茶は、金の帯が反射するので撮影が難しいとのことです。
久保社長ありがとうございます。

春の晴れたる日に富士の撮影にゆく

3月19日 赤富士と桜の蕾

 3月19日 午後から晴れるというので桜と富士を撮影するためにいつものポイントにゆきました。
赤富士
赤富士:日は既に沈んだ。私はあせる心を静めつつ、富士が茜に染まるのを待った。
赤き蕾
赤き蕾:期待していた姿とは異なるけれど、おまえの優しい姿を見て、いま暫くのときが必要であることを知った。
 本当は桜に囲まれた富士の撮影を目的としていました。でも自然は自分の思うようにゆかないから、また良しなのです。
来週の土日曜日が楽しみです。晴れますように

2006年3月 長野県旧四賀村の福寿草祭り

3月17日 松本市・旧四賀村で福寿草撮影

 3月17日 長野出張の折、旧四賀村で福寿草を撮影しました。
陽光に輝く 陽光に輝く:陽光を反射して花弁が金色、ガクが銀色に輝いている。四賀村の山沿いの斜面に群生する福寿草。生命の息吹と尊さを感じざるをえない。春を待つ信濃路に春を告げる福寿草。良いものを拝見させていただきました。
福寿草・陽光に開く
福寿草・陽光に開く:陽光を燦燦と浴びて福寿草が精一杯背伸びしている。
穂高・有明
早春の光を浴びて:昨日までの暗雲と氷雨は去った。雲を従えた燕(つばくろ)岳が早春の光を浴びて残雪が輝く。
フキノトウ
フキノトウ:南風吹いたら、流れ雲流れて本棚の写真帳色あせました。昔あったなこんな唄。by フキノトウ
秋の忘れ物
秋の忘れ物:どうして君はそこにいるの。と優しく問いかけながら、秋の忘れ物の栗を撮影した。
 季節の遅い、信濃路にも春は着実に忍び寄ってきている。
もう少しの我慢さ。暖かい季節の囁きが耳元に聞こえるよ

2006年3月 弥生の朧月夜=モノトーンの世界=

3月15日 モノトーンの美学

 静かな月夜、そして人知れず咲く、下田のソメイヨシノを取り上げます。
朧月夜
朧月夜:桜舞うような夜に満月が静かに中天に舞う。2006年3月15日 東京都東大和にて
お吉が淵のソメイヨシノ
お吉が淵のソメイヨシノ:下田には、ペリーの愛人、お吉が身を投げたお吉が淵がある。その淵のソメイヨシノは他の株に先駆けて3月に咲く。2006年3月14日 伊豆・下田蓮台寺・お吉が淵
 色彩が少ないことが、季節への思いを深めることもあるのだと思う。

人気blogランキングへ

静かに日本の春が通り過ぎてゆくことを楽しむ

早起きして、河津桜の撮影に行く

3月14日 河津桜・桜並木をゆく

 3月14日下田出張のおり、ちょっと早く起きて河津桜をみにゆきました。
河津桜満開
河津桜満開:河津桜は大島桜と寒桜との亜種といわれ、日本一早い桜として知られています。
蜜を求めてメジロ
蜜を求めてメジロ:メジロが花から花へと飛び盛ります。
桜と菜の花
桜と菜の花:河津桜のピンクと菜の花の黄色いコントラストは、まるで軽快なクラッシック音楽を聴いているかのような錯覚を抱かせます。
櫻蔭の水仙
櫻蔭の水仙:櫻は野にじゅうたんをひいたごとく散った。木の下で静かに水仙が息づく。
菜の花街道
菜の花街道:堤防沿いに菜の花が街道を作る。僕はどこまでも歩いてゆけそうな錯覚を抱く。
 鮮やかな色彩に埋もれた感動がひたひたと押し寄せてきます
一足早い伊豆・河津の櫻をめでた喜びはひとしおです。

メジロ、クロサギ

3月14日 河津 野鳥の観察

 3月14日下田出張のおり、河津で野鳥観察もしました。
メジロ
メジロ:メジロが群れを成して、桜の木を花から花へ飛び回っていた。
桜とスズメ
桜とスズメ:「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」という故事成語があるが、雀はかわいいから好きだ。
河口のクロサギ
河口のクロサギ:川べりにクロサギがコサギと一緒にいた。コサギは私を警戒してすぐにいなくなったがクロサギは逃げなかった。10年ぶりくらいだなあ。
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ:河津駅で電車を待っていると、綺麗な声での囀りが聞こえた。駅の鉄骨にイソヒヨドリがいた。
 偶然、面白い鳥に出会った。旅先に望遠レンズを持ち歩く楽しみが増える。
明日は・・・

2006年3月第二週 講演紀行 怒涛の快進撃?

2006年3月13日~17日 5日間で8本仕事

 今週は3日間静岡で仕事が出来たのが大きかった。(^^;でも、最後は強行軍でした
沼津商工会議所 講師加藤
3/13 沼津商工会議所:バーチャル・オンリーワンショップ指導最終回でした。打ち上げでイカの沖付けをご馳走になりました。 イカの沖付け
河津 3/14 伊豆下田商工会議所:ITの相談会にお邪魔してきました。ちょっと早起きして河津桜を見てきました。報告は後日。
3/15 焼津信用金庫:まるせい千客万来.comのご指導です。今日は落石があって、JRに大幅遅れが出ていました。 3/15 焼津信用金庫
まるせいのふくむすめ 稲盛さんありがとう:そのため、稲盛さんに静岡まで送ってもらいました。その後、東京・東大和へ旅立つ。写真すみにふくむすめさんが写っています。
中小企業大学校 3/16 中小企業大学校:中小企業診断士養成課程の卒業論文発表会です。この写真は懇親会のもの。夜、松本に入る。
ミキティ ゼミ長さんの発表
四賀村商工会 3/17 長野県3件Web診断:手始めは、松本氏に合併された四賀村商工会でタカラちゃんのWebショップ、 頑固社長最後が長野アークスさんでした。
060316carry.jpg
タカラちゃん、カレーライスご馳走様!おいしかったよ。
暑いんだか、寒いんだかわかりゃあしないですね

2006年3月初旬 岡山の花

晴れの国・岡山の輝く春

 3月7日、9日、10日、晴れの国・岡山の早春を撮影しました。
駅前に咲く
駅前に咲く:岡山駅前の花壇でいままさに花開こうとしている。
山茶花華麗
山茶花華麗:岡山市芳賀にて撮影。
駅前の梅 岡山駅前の梅:岡山駅前のバスロータリーで撮影。
名前は知らず 名前は知らず:同じく、岡山駅まで撮影しました。
岡山の春は着々と歩みを速めています

霧に煙る岡山の撮影会

無題ドキュメント

3月11日 ミスティ~=霧に煙る岡山=

 明日は天気!と思いきや早朝5時に起きると岡山市内は一面の濃霧でした。
霧と白梅
霧と白梅:下津井神社の境内に美しい梅が咲いていました。濃霧で太陽が撮影できない代償です。
白梅と紅梅
白梅と紅梅:紅梅を背景として白梅を撮影しました。
朝露にぬれて
朝露にぬれて:朝露にぬれた白梅と桃色の山茶花が淡く霧の中で咲き誇る
下津井漁港のアオサギ
下津井漁港のアオサギ:漁港に出てアオサギの舞いを撮影する。
霧に煙る池沼
霧に煙る池沼:さえぎられる視界。霧に煙る池沼は沈黙の世界だ。
わいさん有難う:撮影するわいさんです。yamaさん四代目有難うございます
060311wai.jpg
皆さん、お疲れ様でした。またお願いします

撮影設備の無い状況での工夫

岡山県財団さんでブログ講座

 3月10日ブログ講座で商品撮影会しました。撮影キットがないので、工夫して撮影します。
ルーツバッグ い草飴
照明の調整ルーツのスポーツバッグです、放っておくとテカって撮影にならないので、照明を一部遮断します。 逆光撮影:包装によって乱反射する素材は逆光で撮影すると乱反射を予防できて便利です
弁の部品 マクロレンズを有効に使う:小さな部品は接写が必要です。接写では被写体に近づいてゆくとき、被写界深度が浅くなります。よって、ピントを深くするために、絞りをF11以上に設定します。
ジャケット内側 ジャケット後ろ
品質を強調するところを写す:服の内側など、見えない部分(タグ、刺繍、ロゴ等)の品質を表現しやすい部分について強調して撮影をします。 試着してみる:ただ、服を撮影するのではなく試着してみて撮影します。
後で考えるとモデルにポーズを取らせるべきでした。
赤の発色を重視する
 この生地、生田さんは撮影するときに結構、赤の発色に苦労していた生地なんです。この発色をいかに適正に出すか。というテーマでWB(White Balance)を操作して撮り比べます。
モデルのポーズを考える
赤の発色を重視する:赤の発色を重視するためホワイトバランス(WB)を変更します。 モデルのポーズを考える:モデルはベラ牧野の生田さんです。モデルの手と顔の方向に注目してください。
い草草履 季節感の強調:ツジワさんのい草草履です。季節感を重視して菜の花を背景に添えてみました。
 ちょっとした工夫で、商品が春らしく装うことができるでしょう。これは男性用の草履です。
女性用い草草履:足の指のきれいな人を使って撮影します。
 足の指の色形も重要なので、若い女性の受講生にご協力をいただきました(^^;感謝!
女性用い草草履
 仕事や研修の後は、岡山市内の中華料理屋で懇親会です。
春巻き
海老チリ 生春巻き
杏仁豆腐
デザイアー  二次会はカラオケです。中森明菜のデザイアーを歌いまいた。3月はM県へ、そして4月~5月和歌山、新潟にお邪魔することが決定しています。遊んでください。~なんてね!
 主催者のMさん(左)もノリノリです。Mさんの顔を出すとやばいかなと思い黒塗りしました。別に犯罪者ではありません。
 Mさんは公的機関の方なんですが、とても中小企業の面倒見がよい。だから、信頼されるのです。右側が会社の社長さんなんですが、とても幸せで楽しそうですね。こんな人間関係素敵です。
Mさん
結局、デーザートのしめは杏仁豆腐でした。

2006年3月8日 歴史の街足利探訪

歴史の街、栃木県足利市を訪ねる

 3月8日~9日に足利市にゆきました。足利市は足利幕府創設者尊氏の生まれ故郷です。
商工会議所 格子窓
 足利商工会議所は、破綻した足利銀行跡に入居しています。そのため、元金庫跡にはこのような鍵の痕跡がそこここに残っています。  ちょっと、会議所から歩けば、ばん阿寺(ばんなじ)の門前にゆきつきます。由緒ある町並みと格子窓のある風景が似合います。
白壁の蔵 渡良瀬川の夕焼け
 白壁が目にやさしく、穏やかに歴史の重みを語りかけます。  市内を流れる渡良瀬川にかかる渡良瀬橋の夕暮れの風景です。
足利学校 蝋梅
 足利学校は平安初期に小野篁が創建したという説がある伝統の学び舎です。  境内にはいると蝋梅(ろうばい)がわずかに咲き残っていました。
 仕事をして、散歩をしてかつ、撮影をして結構歩いたのでお腹がすきました。ホテルの本格派カレーセットをいただくことにしました。
グラスと蝋燭 カレー
タンドリーチキン ナン
フルーツカクテル 杏仁豆腐
マクロレンズの威力発揮です

相田みつをゆかりのそば屋・なか川

無題ドキュメント

2006年3月9日 めん割烹なか川様

 相田みつをゆかりの店にWeb診断でお邪魔しました。
父親 蕎麦を打つ
父がさばく:父親が刺身をさばく 蕎麦をうつ:職人が蕎麦をうつ
蕎麦きり包丁 蕎麦きり包丁:これでうまい蕎麦を切る
店格のある店内 店格のある店内:抑え目の照明が店格と伝統をかもし出している
調度 調度:調度ひとつにも相田みつをゆかりの品々が…
かつ煮蕎麦 かつ煮蕎麦:生まれて初めてかつ煮蕎麦を食べた。
刺身もつく 刺身もつく:尊氏という定食は刺身もつく
なか川さんの足利から一路岡山へ

2006年3月12日 駿府の里に、桜さく

3月12日 静岡の春を味わう

 静岡の春をお届けします
そよ風にゆれるソメイヨシノ
そよ風にゆれるソメイヨシノ:小学校の校門の前で、日曜日の風にゆれてソメイヨシノが咲き誇っている
散り際の輝き
散り際の輝き:昨夜の風雨は最後の梅の蕾をも散らしてしまった。
紅色の誇り
紅色の誇り:高いこずえの上、胸を張るように紅色のモクレンが咲いていた。
華やかな白
華やかな白:白モクレンの白はとても華やかだ。遠目でも存在感を感じ取ることができる。
馬酔木(あせび) しなやかにタンポポ
馬酔木(あせび):馬酔木(あせび)の花でくれないの花弁は珍しい。 しなやかにタンポポ:タンポポは冬をしなやかにしのぎ再び春を迎える
花曇(はなぐもり)の物憂い日に

3月上旬、出張攻勢

講演紀行3月6日~3月10日 一気にフラッシュ!

 清水、岡山、足利、岡山。無我夢中で怒涛のラッシュ!
清水商工会議所 3/6清水商工会議所ITリーダ塾:今年最後のITリーダ塾が終わった。
岡山財団IS事業 試食
3/7 岡山県財団IS事業:ブログの素材を作るためデジタル一眼レフ撮影講座。右の画像は小池さんちの桜餅 桜餅
足利商工会議所Webセミナ 3/8足利商工会議所Webセミナ:売れるキャッチコピー講座をやらせていただきました。
3月10日 岡山県財団IS事業最終回:ビジネスブログ講座最終回でした。皆さん満足されましたか? 3/10 岡山県財団IS事業
講座の詳細と3月9日の詳報は翌日以降に

全国各地の早春の風景

Spring has come.=日本各地の春模様=

 日本各地の春の様子をお届けします 鳥取県・郡家(こうげ)の峠の早春
氷つく峠の風景 氷つく峠の風景:鳥取県・郡家(こうげ)の峠はまだ凍りついていた。
郡家の夕暮れ
郡家の夕暮れ:山陰の山にも日が沈む時間が来た。私は帰宅の準備を急ぐ。
静岡市丸子の梅園の春
白梅
白梅:柔らかな春の日差しの中で、最後の白梅が花開こうとしている。
明日を夢見る蕾
明日を夢見る蕾:緑の光のなかで蕾が息づいている
去り行く季節
去り行く季節:命が生まれ行く季節のなかで、梅の花は静かに散ってゆく。
陽光に輝く竹
陽光に輝く竹:誰も立ち止まらないけれど、私は君をしっかり見つめている。
早春から春へ、季節は動く

鳥取の料亭で、諏訪泉を飲む

鳥取でかきちゃんと食事する

 鳥取でWeb診断です。前の日に岡山から鳥取へ入った私はかきちゃんと夕食をいただきます。
料亭は雨 料亭は雨:ご案内いただいた料亭の庭です。今朝の雪が雨に変わっていました。雫がたれる。
蟹の和え物 蟹の和え物:おとうしで蟹の和え物が出てきました。
前菜 前菜:前菜は、はまぐり、海老、そして卵焼きの串です。
鳥取の名酒、諏訪泉 鳥取の名酒、諏訪泉:鳥取県智頭町の蔵元諏訪酒造。夏子の酒のモデルになった酒蔵。上品な味がします。
かきちゃん1 かきちゃん2 かきちゃん3
 かきちゃんは、鳥取県の在住の中小企業診断士です。私の弟子に相当する方で、お客さんでもあります。気を使わず、 お酒の好きなかきちゃんは我が家の娘たちのアイドルです。
山菜チラシ寿司 山菜チラシ寿司:ほのかで暖かい味がします。おいしい。
雑炊 おいしいお漬物
最後の雑炊、漬物まで最高でした。

紀伊の実、ち~さんの太腕繁盛記

新宮・紀伊勝浦の美味いもの

 ちーさんは和歌山新宮でみかんジュースを販売しています。太腕繁盛記はじまりはじまり。
みかんジュース みかんジュース:おいしいみかんジュースです。ちーさんが選んだみかんを工場でジュースにしてもらいます。
ジュースを飲むち~さん ジュースを飲むち~さん:当たり前だけど、本当のみかんの味がします。氷は入れないで飲んでね。
朝食とみかんジュース 朝食とみかんジュース:私も朝食時にいただいてみました。みかんジュースを飲んでトースト食べて、そしてコーヒー。最高です。
ちーさんのみかんジュースは、大瑠璃セレクションで販売しております! 大瑠璃セレクション
紀伊勝浦からいただいたマグロ 紀伊勝浦からいただいたマグロ:まるまる一匹いただきました。魚屋さんで裁いてもらいます。
新宮、那智っておいしいんだなあ

2006年2月27日 紀伊勝浦駅漁港の夕景

2月27日 那智勝浦の美しい夕焼け

 那智勝浦・漁港の夕暮れの風景をお届けいたします。
夕焼けに舞う
夕焼けに舞う:夕焼けは漁港の空をオレンジ色に染めた。トビが大きく輪を描く
波模様
波模様:明日の天気予報は雨。しかし、今日の漁港の波模様は穏やかそのものだ
漁船より
漁船より:多くの漁船が港に停泊している。波の反射が1日の終わりを告げる
ランプと夕焼け ランプと夕焼け:漁船は何を釣るのだろうか。ランプを通した夕焼けがやけにまぶしい。
茜色の空
茜色の空:空はオレンジ色から茜に変わった。夜の帳が近い。
美しき・熊野古道

2006年2月28日 熊の古道・早朝の山並み

熊の古道 妙法山

 今日は朝5時半におきて熊の古道妙法山の早朝撮影会です。鶏さんちーさん のぶさんと4人の撮影隊です。
蒼き連山1=熊の古道=
蒼き連山1=熊の古道=:早朝の朝靄に煙る熊の山々は蒼かった。
蒼き連山2=熊の古道=
蒼き連山2=熊の古道=:沈黙の山々。
蒼き連山3=熊の古道=
蒼き連山3=熊の古道=:そして心の安静。
つかの間の夜明け
つかの間の夜明け:夜明けにもこのような静かな夜明けがあることを知った。
山陰に咲く
山陰に咲く:人目につかず静かに咲く。大半の梅が誰にも見取られずに咲き、そして散る。
雨模様に煙る
雨模様に煙る:昨日と一転して雨模様となった。雲は山を取り巻くように煙る
熊野川雨情
熊野川雨情:熊野川を河口からさかのぼると景色が一変した
分け入っても分け入っても山また山・熊の古道

和歌山新宮・寿司屋龍

新宮のうまいすし屋「龍」

 どど~んと、意表のグルメねた3連荘です。またまた昼前に見た人はごめんなさい。  鶏さんちーさんと3人でお邪魔しました。寿司屋「龍」。
鯛 :鶏さんのご紹介のお店にゆくと、いきなり鯛が。これがまさか…と思いきや。それは単なる始まりに過ぎなかった。
鯛の内臓のおつくり 鯛の内臓のおつくり:初手から打ちのめされました。心臓、肝臓、皮
皮おつくり 皮おつくり:ほのかに身をつけて薄切りにした鯛の皮。軽くあぶってある。いい仕事や。
鮑貝柱とひも 鮑貝柱とひも:びっくりです。こんなもの食べたことがありません。
マグロトロ マグロトロ:やっと始まりました。初手からトロです。もうトロトロ。
アワビ アワビ:さっぱりとして、しっかりとした味がついています。トレビア~ン♪
牛の握り 牛の握り:牛の握り、鯛の握り、鯛のエンガワ。
ウニ巻きとマグロ ウニ巻きとマグロ:いいなあ。言葉は要らない。俺は幸せだ
うなぎの握り うなぎの握り:このパリパリと香ばしい感じがなんともたまりません。
今度また行きたいな。と思わせる店、龍よ~

那智勝浦・旅館・万清楼に泊まる

那智勝浦の万清楼とお料理

 意表をついて、2日続けてグルメねたです。昼前に見た人はごめんなさい。。
万清楼 老舗・万清楼:那智勝浦で有名な浦島グループが運営する。天然掛け流しの湯が有名です。
万清楼・室内 万清楼・室内:以前は食事だけでしたが、今回は宿泊します。
 さて、豪勢なお料理をいただきましょう。
おつくり おつくり:かつお叩き、マグロ、ほたて、貝ひも、イカ。
牛・鉄板 牛・鉄板:うまい牛肉を鉄板でじやじや焼いて食らうのです。うまい。
ゆでガニ ゆでガニ:ポン酢でいただきます。
鯛あらだき 鯛あらだき:美味。目玉や頬肉まですべていただきます。
最後はお茶漬け 最後はお茶漬け:これがまた美味いんだな!
昼食前に見た方、謹んでお詫び申し上げます

秩父・石川県のうまいもの

2月最終週、グルメフラッシュ!

 グルメねたも飽和状態になっていまして、フラッシュでお届けします。怒涛の攻撃です。昼前に見た人は悲劇です。
秩父・小鹿野須崎旅館=夕食編=
 笹団子母さんといただきました。仲居さんは、不思議なペアだと思ったようです。
秩父日本酒試飲セット いわなの塩焼き
秩父日本酒試飲セット:秩父小次郎という酒が甘口、秩父錦が端麗辛口だった。 いわなの塩焼き:やはり山国にきたら、日本酒といわなの塩焼きがたまりませんクゥ~!。
 まだまだつづく、豪勢なお料理。
馬刺し 馬刺し:内陸部の味覚馬刺しです。
しんじょ しんじょ:和食の味覚がこたえられません。
夏みかん 夏みかん:デザートです。
秩父・小鹿野須崎旅館=朝食編=
こんにゃくと納豆豆腐 こんにゃくと納豆豆腐:ヘルシーな朝食です。皿に温泉卵やデザートがつきます。
温泉卵 温泉卵:これが朝食に着くと加藤はご機嫌です。ムフムフ…
湯豆腐 湯豆腐:そういえば、湯豆腐を忘れていました。
デザートの柿 デザートの柿:朝食といえどもデザートが無いと機嫌の悪い加藤です。
秩父・小鹿野須崎旅館=昼食編=
 笹団子母さんと経営指導員さん、社長さんと4人で秩父名物の蕎麦をいただきます。
てんぷら蕎麦 てんぷら蕎麦:以前きたときも、昼食は天ぷらそばだったような気がします。
石川県のお土産に寿司をいただく
 Web診断先の方が料亭さんだったので、社長さんが板さんにいってちらし寿司の巻物をお土産にもたせてくださいました。
ちらし寿司巻物 ちらし寿司巻物:トロも入っていて豪勢です。長女はタラコが嫌いなのでだめでした。
楽しんでいただけましたか?明日は…

秩父の懐かしい家並みを尋ねて

素敵秩父

 母さんと講演でいった秩父は昔ながらの日本が残っていました。
須崎旅館美人女将 須崎旅館美人女将:2月23日は須崎旅館に泊めていただきました。美人女将のお子さんと遊びました。
須崎旅館の花 鉄瓶
須崎旅館看板 須崎旅館看板:清潔な感じの玄関です。
秩父の家並みと秩父歌舞伎の看板
 秩父・小鹿野の風情を堪能してください。
格子戸 醤油屋さんの看板
秩父歌舞伎 秩父・小鹿野:須崎旅館のある、秩父・小鹿野は秩父駅から40分くらい山間に入った町です。 町中いたるところに秩父歌舞伎の看板があります。
秩父歌舞伎看板2 秩父歌舞伎看板3
古きよき日本の町並みを知る

年度末誕生日をはさんで怒涛の講演フラッシュ!

講演紀行2月23日~3月4日一気にフラッシュ!

 怒涛の年度末です。花粉症を発症してきましたががんばります。
笹団子母さんと秩父へ行く
萌え萌えかをりたん 萌え萌えかをりたん:秩父へ向かうため東京駅へゆくと、コンコースにかをりたんがコスプレで…
2月23日 秩父で講演です。静岡→東京→熊谷→皆野(秩父鉄道) 秩父鉄道の寄居駅で笹団子母さんが乗ってきました。 母さんは自分の通過してきた駅を思い出せません。それでも着くのはさすが! 講演加藤
秩父講演前 講演
秩父講演前:2月24日Web診断の後、秩父地場産センターで講演です。 講演:相互に30分しか講演時間が無いので、めんどくさいからコラボレーションしてしまいました。
秩父夜景 秩父夜景:母さんは帰りましたが、加藤は居残り、交流会と懇親会にでます。
2月25日 石川県:Web診断で石川県にゆきます。蕎麦定食をいただきます。 蕎麦定食
とろろご飯が美味しい やっぱりcoffee
 一度、家に帰ります。
那智勝浦で講演 2月27日那智勝浦商工会で講演:ご存知ちーさんのぶさんのお顔が見えます。
新宮セミナー 2月28日新宮商工会議所で講演:Web診断2件のあと、写真講座を行いました。
3月1日,2日 清水商工会議所で講演:今年度最後のITリーダ塾です。朝6時に起きて、新宮から京都経由で5時間半掛けて移動です。 清水商工会議所セミナ
清水町商工会セミナ 3月2日 静岡県駿東郡清水町商工会でブログ講演:清流柿田川べりの商工会です。
岡山県財団でISセミナ 3月3日岡山県財団でISセミナ:BtoBセミナなのに吉備きびから応援が来ました。 この後、岡山から鳥取へ移動。
郡家(こうげ)商工会 風車
Web診断 3月4日 誕生日です:鳥取県・郡家商工会でWeb診断2件です。
2月は逃げる、3月は去るだそうで

撮影キットを使って撮影しよう=WB編=

デジタル一眼レフ講座 ホワイトバランス

 WB(White Balance)について語りましょう。WBとは、蛍光灯のしたで撮影すると被写体が青くなったり、ランプの下で撮影すると赤くなったりしますね。 その結果、白いものが青く撮影されたり赤く撮影されたりします。これを正しく白く撮影する仕組みがWBです。実際に撮影した結果を見ていただきましょう。
色温度とホワイトバランス
 色温度が高いという色は青、低いという色は赤となります。
晴天モード 電球モード
晴天モード:色温度5200Kで撮影しました。青く写っています。 電球モード:白熱電球3000K程度で撮影しました。赤く写っています。
蛍光灯モード 蛍光灯モード:蛍光灯モード4200K程度で撮影しました。適正な色を出しています。
簡易撮影セットでの撮影
 簡易撮影キットを使いホワイトバランスに気をつけて撮影します。
のど飴の撮影 のど飴の撮影:ご提供は天野屋さんです。
餅 :和菓子屋さん御提供の餅。牛皮のような粘りと美味い餡。
WBをご理解いただけましたか?

2006年2月~3月 美しき日本の春

2月22日~3月4日 

 静岡、駿東郡清水町、鳥取県の春の風景をお届けいたします。
寒桜
寒桜:静岡県駿東郡清水町の柿田川湧水でみかけた寒桜、可憐です。
光り輝く菜の花
光り輝く菜の花:菜の花が春の陽を浴びて光り輝く。幸せな気分になる
新芽の季節
新芽の季節:鳥取県八頭・郡家の山中で見つけた新芽。がんばれ!
花の季節と野鳥
梅とメジロ 梅とメジロ:静岡市清水区馬走。鶯色した鳥はメジロ
冬の使者ジョウビタキ 冬の使者ジョウビタキ:静かに林で春を待つ。
日本の春は美しい・・・

2006年2月22日 梅林(船越堤公園花盛り)

2月22日 梅林・駿河静岡

 静岡駿府公園・清水公園、清水・船越堤公園にて。
白梅薫る
白梅薫る:沈黙の中に白梅が香る
滝と紅梅
滝と紅梅:滝のヘリに紅梅が静かに咲く
梅林に映える
梅林に映える:梅林はけして一輪の美しさのみならず。
蓬色の梅
黄色の梅:紅梅白梅だけが梅の花の色でないことを知った。
薄紅色
薄紅色:薄紅色の可憐さに心動かされた。
陽光に輝く白梅
陽光に輝く白梅:花弁を透過する陽光が春の音づれを告げている。
竹林の木漏れ日
竹林の木漏れ日:淡い陽光が木漏れ日となって竹林を美しく彩る。
撮影甚六さん 撮影甚六さん:高知からの 甚六さんも撮影に集中。
木頭村の風さんは迷子になるも、なんとかリカバリー。
○○○○娘さん、今日もグルメねたでなくてごめんね!
木頭村の風さん、迷子には気をつけましょう

船越堤公園からの早春の富士山

2月22日 陽春の静岡・富士山を求めて

 高知から甚六さんと木頭村の風さんがいらっしゃいました。富士山をご馳走します。
陽春富士山
陽春富士山:清水区船越堤公園展望台から
朝焼け空を染める
朝焼け空を染める:日の出は近い、静岡鉄道狐ヶ崎駅から展望台を目指す我々の前に朝焼けが広がる。
輝く朝
輝く朝:船越堤公園の清冽な朝。
 甚六さん,木頭村の風さん富士山堪能していただけましたか?
明日、また続編をお届けいたします

早朝の高知・スローシャッター撮影

2月21日 早朝に起き、高知駅に向かう

 高知駅7:00に間に合わせつつ、高知の早朝の町を彷徨う。
高知日航ホテルロビー 早朝のホテルロビー:朝5:50に高知日航ホテルを立ち高知駅に向かいます。
鏡川払暁 鏡川払暁:日の出前、朝まだきの鏡川の風景。スローシャッターで撮影です。
高知早朝歩道橋からの風景 高知早朝歩道橋からの風景:高知早朝歩道橋からのスローシャッターで撮影です。
冬の運河の朝 冬の運河の朝:しまった、望遠レンズを持ってくるのでした。後悔さきにたたず。
暁の鉄塔 暁の鉄塔:JR高知駅、京丹後に旅立つ前の爽快な風景
 高知・好きです
この旅を終えると、高知から来客あり

江府町・高知・久美浜・静岡

2月18日~22日 鳥取・高知・京丹後・静岡

 鳥取のあと。いったん、家に帰りでなおします。
江府町セミナ 2/18 江府町商工会セミナ:鳥取でもITのムーブメントを引き起こせ!
高知・加藤 高知県連吉川さん
2/19 高知県連ITリーダ塾:この後、もう一件訪問してコンサルテーションした。 高知県連吉川さん:渋く哀愁をたたえるよっすぃ~。何を思う。
2/20 高知を朝、5:30に起床して、7:00の高知発南風号に乗る。岡山で新幹線を乗り継いで一路、京丹後へ。 久美浜市商工会ITリーダ塾
久美浜湾の風景 この建物なんだ?
甚六さん・木頭村の風さん・加藤 2/22 来年度の高知よさこいfactoryの打ち合わせ:高知から甚六さん・木頭村の風さんが来ていただきました。
静岡・加藤 静岡・加藤:2月22日静岡商工会議所ビジネスブログセミナー。多くの聴衆、感謝です。
 鳥取→静岡。静岡→東京→高知→岡山→姫路→豊岡→久美浜
久美浜→豊岡→京都→静岡
皆さん、多くの仕事を下さって有難うございます。