2006年1月 アーカイブ

八ヶ岳物語 =小淵沢の森の野鳥=

美しき八ヶ岳の野鳥達

冷え込んだ森林帯、冬の野鳥をたずねました。

カワラヒワ アカゲラ

カワラヒワ:カワラヒワはちょっとした森であればどこでも見かけるかわいい野鳥です。

アカゲラ:アカゲラがえさを食べに森の中からふわふわ飛んで出てきた

コゲラ

コゲラ:コゲラはカラのようにちょこまかと動き回り落ち着きがない

シメ

シメ:シメはそんなに大きくない鳥であるが、何故か存在感のある鳥である。

リスに会えないのがちょっと残念でした。

ペンション・アルビオンの朝食

八ヶ岳のうまいもの

小淵沢のペンションのアルビオンさんの朝食とマナスル山荘のうまいもの。

朝食

ペンションアルビオン:昨年GWで知ったこのペンションが快適であることを僕は知っている。

パン

パン:パンは何個でも。As you like.

ヨーグルト

ヨーグルト:食事の後のデザートはココロときめくものがある。

食後のコーヒー

食後のコーヒー:心地よい酸味と苦味が好きだな。

雪山トレッキング・マナスル山荘のうまいもの
凍りつく野沢菜

凍りつく野沢菜:寒さ厳しい山荘ゆえ、野沢菜すら凍り付いている。このシャリシャリ感が良い。

名物黄な粉餅

名物黄な粉餅:揚げた餅を緑色の黄な粉に絡める。うまい。¥700円なり

次回は雪山登山編だ!

2006年1月22日 八ヶ岳物語=早朝の茜色=

美しき八ヶ岳の早朝

早朝、小淵沢のペンションビレッジから徒歩で撮影ポイントへ

甲斐駒ケ岳

秀峰・甲斐駒ケ岳:早朝の冷え込んだ空気の中、甲斐駒ケ岳は茜に装った。

雲海

雲海:山腹にたなびく雲海と雪とのコントラストを私は楽しんだ。

赤く染まる針葉樹

赤く染まる針葉樹:朝日は針葉樹の一枝ひとえだも漏らさず赤く染める。

早朝の八ヶ岳を望む

早朝の八ヶ岳を望む:早朝の八ヶ岳は、美しい山並みを私にみせた。

落葉雪化粧

落葉雪化粧:落葉に淡雪が降り積もっていた。結晶ひとつひとつが私には良く見える ようだった。

粉雪幻想:粉雪の一粒ごとに命があるがごとく、太陽の光を受けて宝石 のように輝く。真円の一粒、一粒ごとの煌きに心ときめいてしまった。暖かい朝食を食べに帰ろう。

粉雪幻想
フレアと太陽

フレアと太陽:しばれる夜が開け、新しい朝が来た。刺激的な虹彩を放ち 太陽が昇る。
後日談:緑のフレアが強烈に出てしまった。でもしょうがないかな。

手が痛いくらいにかじかんでしまいました

2006年1月21日 朝もやの中の幽玄な世界の追求

飯田市幽玄の世界

 笹団子母さんとせがれさんと私の三人で1月21日早朝、飯田市郊外で撮影を行いました。

幽玄の世界

幽玄の世界:朝靄が立つ森は水墨画のように陰影のみ世界を演出した。

置き去りにされたリンゴ

置き去りにされたリンゴ:暫くして周囲を見渡すと、我々の立っているところは林檎畑だった。置き去りにされた林檎の肩に 雪は積もる

水墨画の森

水墨画の森:幾重にも重なる立ち木、そして、覆い隠すような朝靄が幻想的風景を作り出している。

母さんせがれ

母さんせがれ:笹団子母さんとせがれさんとのコラボレーションは今回が初めてだ。それぞれの 組合わせごとにチームの個性が異なり、撮影が楽しい。

 撮影後、ホテルにかえり朝食をゆっくりとすませ、塩尻に移動しました。

とても静かで爽快な朝でした。

2006年1月27日 静岡県庁、いわき市、飯田鼎、塩尻

いわき、飯田そして塩尻

1月19日から21日まで泊り込みで長距離移動、ダブルヘッダの嵐です。

静岡県マーケティング室講演
生産者持参の野菜 県庁から見る富士山

毎年恒例の静岡県主催、農業生産者のマーケティングセミナーです。

そろそろ移動しないとヤバイ。しかし、県庁17階からみる富士山がきれい。

移動途中の上野駅にて
上野駅 SUICA

「ふるさとの訛りなつかし 停車場の人込みの中に そを聞きに行く」石川啄木

 電車が来なくて暇なので、suicaキャラクタのペンギンを撮影する

いわき市、ITセミナーシリーズ1
加藤1 加藤2

30分遅れで電車は福島県いわき市に到着、タクシーで会場に駆けつけます。

 福島県の方々はとても良い方ばかりで、楽しい講座でした。

飯田市鼎商工会=長野ものづくりネット=
ポータルサミット長野 ITリーダ塾

長野ものづくりネット、のお披露目に「eこって柏崎」「磨き屋シンジケート」「新潟朱鷺市」 「風林火山ビジネスネット」さんたちが応援に駆けつけてくださいました。 有難うございます。

 夜はITリーダ塾を行いました。その間、小竹さんは温泉にゆく

記念写真

記念写真です、皆さん、本当にお疲れ様です。

塩尻商工会議所 ITリーダ塾最終回
塩尻商工会議所

サイトの好感度分析についてお話させていただきました。

1週間にダブルヘッダ4日は疲れる。

2006年1月16日~18日 新潟・三条の風景

新潟・三条の夕景

1月16日から18日まで泊り込みでいた中小企業大学校三条校からの 風景をお届けいたします。

三条・残照 針葉樹

三条残照:既に日は沈んだ。残ったわずかな輝きが北国のしばれる夜の 訪れを告げているかのようだ。 

針葉樹:校舎前の駐車場に植えられた針葉樹にも夕闇が静かに迫っている。

丘の樹木 針葉樹茜色

丘の樹木:校舎を見下ろす丘の上にぽつんと立つ樹木。僕にはその孤高の潔さが気になっていた。

針葉樹茜色:空を茜に染めた夕焼が針葉樹を昼間以上に美しく化粧している。

蒼く輝く弥彦

蒼く輝く弥彦:新潟のような雪国は、午前中だけ晴れていて午後に吹雪くケースが多い。 輝く弥彦山の風景を僕は網膜に焼き付けておきたかった。 

さらば三条校、僕はまた来るだろう

2006年1月16日~18日 新潟・三条シリーズ

新潟・三条 3日間で5つの仕事

1月16日から18日まで泊り込みで中小企業大学校三条校で経営指導員 能力強化研修でした。

1月16日 三条校+豊栄商工会
三条の夕焼け 豊栄商工会でITリーダ塾

 大学校三条校で4時40分まで授業して、せがれさんの車で豊栄までGO!

 豊栄市商工会でITリーダ塾、今年度最終回。水原等から大勢お集まり!

清酒立山

 豊栄市商工会から深夜宿舎に帰ったら、懇親会ということで2時間ほど皆さんとお酒を飲む

1月17日 三条校+加茂山口昇税理士事務所
ワイン

 三条校授業でもデジタル一眼レフ講座もやりました。

チラシ寿司 加茂ITリーダ

 仕事の前に従業員さんたちとチラシ寿司をいただきました。

 約1年ぶりのITリーダ塾です。皆さんお久しぶりです。最新Web動向 をお伝えします。

1月18日 三条校 
昼食

 講師食もフライ等があるので、今日は軽めに、うどん+おにぎりで いただきます。

さすがに深夜まで働くと疲れます。上越新幹線爆睡で帰ります

まつい店長とせがれさんと飲む!

まつい店長、せがれさんと魚魚屋へ

 まつい店長、せがれさんとバードウォッチングと撮影後に、魚魚屋(ととや)で飲み会を行ました。

刺身のお頭つき おつくり

刺身のお頭つき:新鮮な日本海の魚介類のお刺身です

おつくり:なんてゴージャスなお刺身なんでしょう

お寿司

お寿司:お寿司もおいしかったですよ

カニ

カニ:まつい店長がカニとカニミソ両方を頼みました。かなり豪勢になってきました。 お勘定は大丈夫なんでしょうか。

撮る!せがれ まつい店長の後ろを取った!

撮る!せがれ:せがれさんファンの方、これがせがれさんですよ~♪

まつい店長の後ろを取った!:まつい店長、隙あり!

結果、お勘定はお一人様9600円となりました。凄え~!

佐潟でマガンとチュウサギを見る

新潟・佐潟(さがた)の鳥見紀行

 新潟へ行く出張があったので、まつい店長、せがれさんと打ち合わせ、 1月15日に佐潟(さがた)へゆき、バードウォッチングと撮影を慣行しました。

チュウサギの油断

チュウサギの油断:チュウサギは明らかに油断していた。葦原にいれば安全だと彼(彼女?)は確信していたのではないか。 でも彼の姿はわれわれのファインダーに捉えられていた。

せがれの油断・マガン

せがれの油断・マガン: せがれさんは明らかに油断していた。マガンは珍しい鳥だ。臆病であるため、特にこんなに近接した撮影が難しい鳥である。 せがれさんはマガンを水原で見ているはずだったのに「でっけえ鴨かと思いました」と述べていた。

白鳥の飛翔

白鳥の飛翔:佐潟には白鳥も多く飛来する。当日は曇天だったため、青天井(あおてん)の 撮影が困難だった。

蒼き蒲穂

蒼き蒲穂:夕闇は静かに近づいている。蒲の穂は蒼くその身を染めて静かに佇む

マガモの逆立ち

マガモの逆立ち:マガモは採餌するときに逆立ちする。そんなユニークな姿を描写した。

まつい店長、せがれさん有難う。またゆきましょう

2006年1月14日韮崎市で小竹さんと仕事=第二創業塾=

韮崎市商工会第二創業開講です

エース小竹さん登場!

 午後から小竹さんに来ていただいてお手伝いいただきました。

小竹さん講演

 小竹さんのパワーに皆、圧倒されています。相変わらずすごい!

マロンケーキ イチゴショート

講座の後、懇親会があり、ケーキが出されました。加藤はマロンケーキがあたりました。

ANAのフィギア カニさんから干し柿

娘へのお土産でANAのスッチーフィギアを買って帰りました。中身を確認できなくて心配でしたが 偶然2人とも同じものがあたり喧嘩にならずよかった

仕事を終えて静岡の家に帰るとカニさんから干し柿が届いていました。

カニさん有難うございます。

2006年1月13日 宮崎商工会スタイルシート講座

宮崎第二創業塾最終回 Vol.3

SEO対応スタイルシート勉強会

 皆さんの有志を集めてCSSの勉強会を行いました。

チラシ寿司

 皆さんとランチバイキングにゆきました。和食好きの加藤はチラシ寿司をいただきます

ちょっとカレーも

男性の人でカレーを大盛りにされている方がいました。ちょっと触発されて…

最後は杏仁

実は杏仁豆腐が大好きなんです。デザートはこれがないとだめ

空港の花

仕事を終えて、雨の中タクシーで空港に向かいます。

カトレア

空港の花は雨に打たれてきれいです

シクラメン

クリスマスの花・シクラメンも寂しそうです

I shall return.

宮崎の皆さん、親切にしてくださって有難うございます。

宮崎商工会議所第二創業塾発表会

宮崎第二創業塾最終回 Vol.2

第二創業計画発表会

 皆さんの有志が第二創業計画を発表されます。

いよいよ発表です タニさん

皆さん、パワーポイントで資料を作成されて立派に発表されました

タニさんも、緊張されていたと思いますが丁寧にかつきちんと発表されました。

日本茶旦那様 工具や娘さん

★準優勝は日本茶旦那様★すみいちさんも同点の準優勝でした。

★優勝は工具や娘さん★工具や娘さんのファンの方、おめでとうございます。記念品は加藤の 著書「提案型システムコンサルタント養成講座」です

皆さん、どうもお疲れ様でした。

2006年1月12日 宮崎八点鐘のランチ

宮崎第二創業塾最終回 Vol.1

ランチでグルメ・本日のランチ

 盛り上がった、宮崎第二創業塾も今回で今年度最終回です。そのまえに…

サーモン

レストラン八点鐘で1500円のランチ。オードブルはサーモンです。

サラダ

皆さん、デジタル一眼を購入されるようになった写真レベルが向上しているので、ある程度の 写真を出さないと恥ずかしくなりました。

ポークステーキ

今日は、ポークステーキです。少し赤いところがあるのが美味いそうです。

洋ナシタルト

デザートは洋ナシタルトです。

昼間ごらんにならない方がよいと思います(^^;

品川プリンスホテル・ディナーバイキング

品川プリンスホテル・パプナのバイキング

1月11日特急あずさに乗って、東京に着いた加藤は翌日の宮崎への移動に 備えて品川プリンスホテルに入りました。夕食はこの冬初めて、ディナーバイキングで 大枚3,150円を払いレストランパプナに行きました

オードブルから
オードブル

オードブル:オードブルは舌平目のムニエルです。

 この日はお客さんが少なかったせいか、料理長が丁寧に料理について説明してくれました。ちなみに、 宿泊者にはワンドリンクサービスです。

カニを食べる
カニ

ゆでガニ:最近、量を食べると太るので、取る料理も高価なものを効果的に 食べることにします。

メインディッシュ
ビーフシチュー

ビーフシチュー:メインディッシュは洋食系を選択しました。

デザート:実はパプナバイキングの魅力は多様な デザートにあるのです。そこまで腹を残しておきます。(^^;

デザート
たくさん食べました。明日の縄跳び必須と、朝食は軽めにします

絞り込んで風景写真を撮影する

信濃追分からみる北アルプス

信濃追分(長野県池田町)から、北アルプス有明岳を撮影します。

安曇野俯瞰

安曇野俯瞰:池田町立美術館の丘から、安曇野平野を 見渡して有明岳を撮影する。

夕景有明岳

夕景有明岳:安曇野にも夕闇が迫ってきました。北 アルプの雲を赤く染めて1日が終わります

まさかと思われるでしょうが、2番目の写真は工場の駐車場からの風景

社長、撮影ご協力、まことに有難うございます。

長野赤田工業さんを訪問する

長野県でWeb支援

今日から長期の出張です。皮切りは長野県池田町の赤田工業さんです。

長野池田町・赤田工業さんのWebご支援
顕微鏡装置 検査する手

顕微鏡装置: これが顕微鏡装置の台になります。

検査する手: 無口な行員さんが、こうやるんだと行動で示してくれました。

今日の工程は静岡→松本→信濃追分→松本→東京→品川です。

品川プリンスホテルで眠る

2006年1月10日 事実上の講演旅行のはじまり=2006=

沼津と焼津で2件仕事しました

1日二件は大変ですけれど、頑張りましょう。まずは沼津から

マグロツミレ定食

腹が減っては戦ができないですから、部下の堺と沼津駅前でマグロツミレ定食 をいただきます。

沼津加藤 焼津加藤

沼津商工会議所のバーチャルオンリーワン商店街でご指導です

焼津信用金庫様の千客万来ドットコムでご指導です

焼津駅茜に染まる

焼津駅茜に染まる:沼津から焼津にJR在来線で1時間15分程度です。 焼津駅に到着したら焼津駅が燃えるがごとく茜に染まっていました。

富士のあたりで富士山がきれいでした。でも、仕事がありますから 「写真撮りたい」欲望は抑えて・・・

明日から約1週間の遠征、頑張ります

パパ帰ったよ!お土産!

魅惑の小樽・北海道修学旅行おみやげ編

 1月9日に静岡へ帰ってきました。以前から娘にせがまれていたものと、妻への土産を持って家路へ。

ネックレス

雪の結晶ネックレス:次女から頼まれていたのは北一硝子のネックレス。

次女はクロスのネックレスを希望していましたが、その場で、冬季限定品の雪の結晶が素敵なので携帯電話で連絡を取り合って決めました。良く似合っています。

雪の結晶ペンダント

雪の結晶ペンダント:長女と妻から頼まれていたのは北一硝子のピンバッチです。

別のタイプが良かったらしいですが、これでも良いとのこと。ほっとしました。ちなみにモデルは次女。

女性の頼まれ物は気を使います。

カニツメボールペン

カニツメボールペン:次女ご愛読の 「こげぱん」に書いてあったカニツメのボールペンを買って帰りました。

正直、レアなものなので 見つかるかどうか不安だったですが、何とか、狸こうじにある土産の専門店でみつけました。

夢から覚めると現実が待っています。私も仕事の鬼になります。

明日から猛烈に仕事します

さらば、美しき札幌

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.5

 1月9日、今日は帰宅日です。ホテルが無料バスで送ってくれるというので並んでいたら、定員オーバーとの ことで、駅まで歩くことになりました。

北海道道庁雪景色

北海道道庁雪景色:駅までの道すがら、再度訪れた北海道道庁は見事な雪景色でした。 しまった、こんなに綺麗だったら早朝に来るのだった。

雪で化粧した北海道庁は西洋のお城のように優雅に佇んでいました。

雪とペットボトル

雪とペットボトル:初日の購入した2Lのペットボトルも連れて帰ります。工業製品だけれど、 妙に雪景色に合うのです。

記念撮影
撮影者I氏 記念撮影

 ゼミ生は11人ですが、風邪等で欠席が居て私を含めて合計8名でした。本当は全員が良かったけれど、 それぞれが楽しみ、そして美味いものを食べられて良かったのだと思います

皆さん、行き帰りの飛行機で試験勉強大変だね。

凍える札幌の夜

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.4

 札幌の名所の1つであるすすきのと大通りを飲食後、そぞろ歩きました。

凍える街

凍える街:日が沈み、1時間もたたないうちに気温は急激に下がった。街は凍えている。

さっぽろテレビ塔 すすきの十字路夜景

さっぽろテレビ塔:大通り公園の名物、さっぽろテレビ塔です。通常、 昼間の写真が多いさっぽろテレビ塔も別の風景に見えてしまいます。

すすきの十字路夜景:すすき交差点です。人間の欲望、発散、あるいはビジネス。政令指定都市 には多くの人がゆきかいます。

 札幌の歩道を歩いていると、湯気が立っていて雪が積もっていません。たぶん、すすきのの歩道は 地下に熱源があるのだと思います。

札幌の夜は凍えていました

北海道の味覚を求めて大通り、すすきのへ

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.3

 無事に手稲から帰ってきたスキーチームとカニとジンギスカンを食べにすすきののGARAへ GARAはSUNTRYの直営店。ツアーのパンフを持ってゆくと1割引になりました。

突き出し

突き出し:上がレンコン・ごぼうの煮付け、下がホッキ貝と昆布の和え物

ほたての焼き物

ほたての焼き物:ほたての焼き物です、大ぶりのほたてが殻つきで出てきました。流石、北海道。

ほっけ ジンギスカン

ほっけ:北海道の居酒屋といえばホッケの焼き物。これを食べる前には帰れません。大根 おろしをかけていただきます。

ジンギスカン:ジンギスカン専用鍋でいただきます。皆さん、羊は臭いというイメージがあって敬遠されていた ようですが、結果的に一番人気でした。

イカソーメン

イカソーメン:イカをソーメン状に捌いたものを、タレにうずら卵を 落としてツルツルっといただきます。函館名物ですよね。

カニ三品盛り

"カニ三品盛り:ケガニ、花咲ガニ、タラバガニの三品盛りです。2,000円也。

味噌ラーメン

味噌ラーメン:GARAを出て、北海道最後の味覚を食しにラーメン横丁へ。味噌ラーメンを食す。皆は バターを落としたりコーンをトッピングしていた。

 体が冷えるといけないので、ホテルに帰って風呂に入り寝る。すすきのに多い客引きはなんとカラオケ。 カラオケ激戦地なのか?

一割引が効いて、1人5000円を割り4,600円でした。

ふくろうをさがしに野幌森林公園へ

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.3

 1月8日は自由行動日です。皆は温泉、スキー。でも加藤はふくろうを見たくて野幌森林公園へ。野幌森林公園へは、 地下鉄南北線(すすきの→大通り)、東西線(大通り→新さっぽろ)、夕鉄バス(新さっぽろ→大沢口)。7時に起きて、 朝飯抜きでちょうど8時20分ころに着きました。

 親切な人に教えていただき、せっかく場所をふくろうの居る場所を教えてもらいましたが、前夜の雪で 洞(巣穴)が雪に埋まっていて、ふくろうは見当たりません。なんと前日にはふくろうが見れたのでした。

キレンジャク

キレンジャク:ふくろうの外道(はずれ一位)はキレンジャクでした。尾が赤いのがヒレンジャク、黄色いのがキレンジャク 300mmぐらい先のこずえで啼いているのをうまく見つけることができました。キレンジャクを見るのは15年ぶり位です。最初、撮影したときには キレンジャクと確信が持てなかったのですが、写真を拡大して確認できたとき喜びが満ち溢れてきました。美しい 鳥です。
この写真だけトリミングしています。

キレンジャクは、連雀と書くくらい、雀のように鈴なりに木に止まるものなのでが、今回は1匹だけみつけました。 チリチリと鈴の鳴るように啼くのが特徴です。

森の朝

森の朝:野幌(のっぽろ)森林公園はとてつもなく広大な森、その森に朝がきた。 清清しい陽光が木々の合間からのぞく

深い雪

深い雪:深い雪をラッセルして1時間、ふくろうの居るはずの木の洞まであるきます。 長靴をもっていったのですが、靴の中まで雪が入ってきて冷たい。

アカゲラ♀

アカゲラ♀:森のなかでも、アカゲラを撮影しましたが、きれいに撮影できなかったので 場所を代えてデジスコ撮影です。アカゲラの♀は頭頂の赤い色が少ない。

吹雪とミヤマカケス

吹雪とミヤマカケス:吹雪の中にミヤマカケスが佇んでいます。北海道のカケスはミヤマ カケスといって、通常のカケスの亜種で頭の模様が違います。

ヤマガラ

ヤマガラ:ヤマガラは神社でおみくじを引く鳥として使われる鳥です。かわいい文様が 好きだな。

ハシブトガラ

ハシブトガラ:ハシブトガラとシジュウカラは親戚のような鳥なのですが、見分け方は シジュウカラには腹にネクタイ模様があるのに対してハシブトガラにはネクタイがありません。

ホテルの喫茶室にて

ホテルの喫茶室にて:吹雪いてきたので、バスと地下鉄を乗りついでホテルに帰ります。 誰か帰ってくるのかと思い通りに眼を凝らすのですけれど、誰も帰ってきません。そのとき…

加藤が喫茶室で画像加工しているとき、スキーチームの乗ったバスは雪にスタックしていました。 また、定山渓温泉にいったチームはバスが遅延して、最終的に帰ってきたのは9時頃だったのです。 つまり、無事に帰ってこれたのは単独行動の加藤だけでした。

スキーチームと加藤は合流できるのでしょうか。

うまい、安い、一心太助の海鮮料理

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.2

 小樽情緒を味わった後は、居酒屋・一心太助で北海道の味覚を味わいます。 一心太助は、以前から知っていた店で、新鮮な魚介類を豊富にかつ安価な価格で味わうことができます。

レンズが結露してしまいました。
刺身盛り合わせ ご機嫌、加藤

刺身盛り合わせ:カメラがピンチです。せっかくのご馳走が撮影できない。いったん、寒い中で 小樽の夜景を撮影したため凍結し、暖かい室内に入ったので結露してしまいました。大失敗です。

ご機嫌、加藤ちゃん:とはいえ、あまりの旨さにほっぺたが落ちそうです。皆も感激していました。

鮑とボタンエビ

鮑とボタンエビ:カメラが生き返ってきました。ボタンエビはぷりぷりの特大です。

1人前2,500円で出てきた刺身が、ボタンエビ、ツブ貝、鮭、鯖、蛸、いくら、 ハマチ、そして、特注で 鮑を1品1匹ずつ。

魅惑のいくら丼
いくら丼

いくら丼:いくら丼です。なんともいえません。

いくら丼リフティング:箸で持ち上げてみました。これを2人で分けて豪快に食します。

いくら丼リフティング
一心太助流「親子丼」
一心太助流「親子丼」

一心太助流「親子丼」:間違ってはいけません。いくら丼に焼き鮭が乗っています。

皆さん、これで1人いくらだと思いますか?飲んで、食べて、最後はいくら丼。これでなんと、 5,350円です。

後日談、ある人が一心太助に行く前に、焼き鳥屋の前で「ここであえて焼き鳥という手はは無いな」といったら、 店の人が小耳に挟んで、「それどういうことだ」と怒ってこられました。商売が激烈な寿司屋横丁ゆえ、 発言には気をつけたいものです。

海鮮料理に満たされて札幌のホテルにチェックイン!

2006年1月8日 北海道修学旅行=魅惑の小樽1=

魅惑の小樽・北海道修学旅行編Vol.1

 中小企業大学校のゼミ生の修学旅行にお付き合いして、北海道までいってきました。 まずは羽田から千歳に飛んで、快速で1時間15分で小樽です。

北一ガラス工房 オルゴール館

北一ガラス:妻、長女、次女にお土産を頼まれて北一ガラスへ。冬限定のブローチ等を購入しました。 雪の結晶のデザインです。

オルゴール館:北一のはす向かいにあるオルゴール館へ。写真の等身大ドールはなんと オルゴールなんです

雪と街灯

雪と街灯:オルゴール館をでると雪は本降りになっています。街灯の下にはツララ がぶる下がっています。これが一層の寒さを感じさせます。しかし、 街灯の明かりがやさしく瞬いて います。

輝くドーム:オルゴール館の迎いに輝くドームがありました。光の輝きが魅惑的に思えます。

輝くドーム

小樽運河には時間が無かったのと、雪が本降りになったので断念しました。残念! 

さて、これから、海鮮料理を食べに一心太助へ

義母のミカン畑を訪ねてみました

義母の蜜柑・ハッサク畑を世の中へ

 お正月に義母の蜜柑・ハッサク畑をたずねました。義母はとても美味しい蜜柑を作ります。

ハッサク畑

ハッサク畑:蜜柑畑は休養に入っていました。だから、ハッサク畑に案内してもらいました。

義母:義母です。妻のお爺さんの育てた蜜柑苗を大切に守っています。 関与先様には好評の蜜柑はここで生産されるのです。

義母

 大瑠璃セレクションで農産品を売ってあげようか、と私が言ったら「頼む」といって くれたのでハッサクや夏みかん、農産品を売ってもらうことにします。
最近、悪い人が多くて、無人販売店に蜜柑をおいておくとタダで持ってゆく人が多いので悲しんでいます。だから、 美味しいハッサクや夏みかんをネットで売る。そんな気持ちでおります。

義母さん、頑張ってください

キジトラ猫2態

猫2態

 診断の旅をで出会ったキジトラ猫と、自宅の近くでであった猫の2態。

キジトラネコ(南国市)

南国市の猫:Web診断でお邪魔した企業にいた猫です。経営者に可愛がられています。

 飼い主に大切にされている猫もいれば、捨てられる猫もいます。

捨て猫(静岡)

静岡の捨て猫:次女を連れて静岡の自宅近くを散歩しているときに捨て猫を見つけました。

この捨て猫は、最初、礎石の上で背中を向けて日向ぼっこをしていました。猫が気がついてないので、加藤は カメラを取り出したとき、次女が声を上げました。これで猫が気がついてしまい、このポーズです。

猫は、犬に比べて不思議な動物です。

2006年1月6日 平凡な中に、出会うと楽しい森の友達

お正月の鳥見

 お正月、健康増進のためカメラを抱えてバードウォッチングです。

カワラヒワ

カワラヒワ:キリリと可憐に啼くこの黄色い鳥を僕はこの冬、何回撮影するのだろうか。
静岡市、市民文化会館近く

コゲラ

コゲラ:たった15cmの小さい体は敏捷に動く。バードウォッチングを始めたころ、 コゲラは「ギーと啼く」と教わったっけ。
静岡市、船越堤公園

森林性の小鳥たちは可憐で可愛い。それがどこでも見かけることができる鳥 であっても。

セグロセキレイ

セグロセキレイ:セキレイの仲間は水のあるところだったら環境を選ばないのだろうか。

シジュウカラ

シジュウカラ:カラ類は木々を器用に集団で渡り歩く。そんなとき、森林には彼らの 「ヒッ、ヒッ!」という啼き声が響く。シジュウカラの見分けのポイントはお腹にある ネクタイ

キジバト

キジバト:「デデー、ポッポー」という啼き声はキジバトだ。

平凡な人生と同じように平凡な鳥との共存も楽しい

今年は戌年! ~雑種もかわいい~

旅先で出会ったお犬様

 診断の旅を続けていると、全国のお客様のおうちで犬を見かけます。

独歩堂さんちの犬

独歩堂さんちの犬:土佐山田町の独歩堂さんちの犬です。

シェットランドシープドッグ

シェットランドシープドッグ:散歩先で出会いました。ちょっと人相悪し。

 南国市の山奥で出会った、(株)益製作所さん ちの雑種たち。かわいくないとこが可愛い。

雑種黒

雑種黒:最初はめちゃくちゃ吠えたけれど、後はしっかりなついた。なんとなく狼に似ている

雑種の赤犬

雑種の赤犬:手をなめさせたら、簡単に信用した。潤んだ瞳が可愛い。

義母の家のブルボン
猛犬ブルボン

猛犬ブルボン:この犬猛犬につき、取り扱い注意。何年もたつが一向に、親戚を覚えようとしない

今年は戌年。皆さん元気で

大空に舞う鷲のように生きたい!

縁起物、一富士、二鷹

 北海道で撮影したオジロワシ。鷲や鷹は古来から縁起物として有名です。

オジロワシ1

狙いを定めるオジロワシ:このブログで初めて掲載した写真(再掲載)。
2005年2月13日14時10分:北海道阿寒町(現:釧路市),タンチョウ観察センター

晴天に飛ぶオジロワシ

晴天に飛ぶオジロワシ:オジロワシはオオワシに次いで大きなワシです
2005年2月13日14時05分ころ:北海道阿寒町(現:釧路市),タンチョウ観察センター

 スズメ

スズメ:特に珍しくないですが、かわいいでしょう
2005年2月11日15時00分ころ:北海道阿寒町(現:釧路市),タンチョウ観察センター

鷲鷹について

 年末にせがれさんがハヤブサの撮影に成功しましたが、ハヤブサは鳩くらいの大きさの猛禽類です。 つまり、皆が考えているように大きくはなく、例えば鳶(トビ)などは大きいほうの鷲鷹類です。

 トビと他の猛禽類との見分けは尾で行います。トビは、尾の先が内側にへこんで三味線の撥のような 形をしていますが、他の猛禽類はその反対で外側に出ています。オオワシなどはトランプのダイヤのような ひし形をしています。

独身なら、とっくに北海道に飛んでいってますね

2006年1月3日 今日も晴天なり!

娘と神社にいきました。娘は初詣です。その後、妻の実家にゆきました。

浅間神社の巫女の舞 捧げ持つ

浅間神社の巫女の舞:祈祷をお願いした人のみ、舞を舞ってくれるみたいです。

捧げ持つ:祈祷したお札だと思いますが、何か渡しています。

絵馬

絵馬:神社とくれば絵馬でしょう。絵馬には人の祈り(心)がこめられています。最近は受験の 絵馬が多いように思います。静岡は清水と合併して激戦区になりました。

 娘と駿府公園を散歩した後、義理の母の家に妻子をつれてゆく。

蜜柑農家

蜜柑農家:義理の母の家は蜜柑農家です。おいしい蜜柑で、あちこちのお使い物に使わせて もらっています。この蜜柑は亡きおじいちゃんが丹念に育てたものです。

うまい、小竹さん家の餅!
餅が膨れてきた

餅が膨れてきた:第一事務所の電熱器の上に網を置き、焼いてみました。ふくれてきたぞ!

餅が焼けた

餅が焼けた:餅が焼けてきました。そろそろ醤油を足そうかな。

備前焼きの器と磯辺

備前焼きの器と磯辺:おいしそうな磯辺になりました。加藤の好みです~♪

元日に作った汁粉

元日に作った汁粉:母が小豆を煮てくれました。餅を落として汁粉していただいてみます。

いろいろあった1日でした。明日も晴れればいいですね

お正月スペシャル~土佐β作戦海賊版~

土佐の男、甚六さん

 昨年、12月、高知で土佐β作戦という撮影小旅行を実現しました。 その主役は甚六さんです。彼の魅力を伝えましょう

根津甚八か?

根津甚八か?:根津甚八かと?思うくらいの男ぶり、渋すぎます。

狙いを定めて

狙いを定めて:400mmレンズを構えた姿も格好いい!指先のタバコもアイテムです。

桂浜にて

桂浜にて:桂浜にて、鵜とタンカーの写真をものにした瞬間。

 彼と行動をともにして思うことは、クールに見える側面と、感動する風景やシーンに出会い、納得のゆく写真が取れたときの感動をあらわにする素直な側面の2つの側面を目にすることができる。しかし、そのいずれも彼の正しい姿であり嘘偽りはない。彼、独特のダンディズムをもっているのだと思う。

戦士の休息

戦士の休息:快心の撮影行の後のモーニングコーヒーはうまい。リラックスのひと時

甚六塾のますますのご繁栄をお祈りします

続きを読む

2006年1月2日 華麗タンチョウの舞い

正月にタンチョウの舞いはいかがですか

 タンチョウは瑞鳥として知られています。

タンチョウの舞

タンチョウの舞:タンチョウのつがいは求愛行動としてダンスを踊ります。
2005年2月12日10時05分:北海道阿寒町(現:釧路市),タンチョウ観察センター

タンチョウの編隊飛行

タンチョウの編隊飛行:タンチョウは大概、つがいかつがいプラス幼鳥を伴って 編隊飛行します。実は撮影の最終日、いったんカメラを収めバス停に向かおうとした矢先、殆ど人気のなくなった 空間にタンチョウが舞い降りようとしていたのです。
2005年2月13日午後2時55分ころ:北海道阿寒町(現:釧路市),タンチョウ観察センター

タンチョウの撮影について

 午後3時ころに撮影終了というと、ずいぶん早いように思いますが、北海道・釧路は日本の 相当東側にあるため日の入りが午後3時過ぎなのです。私は初心者なので旧阿寒町のタンチョウ 観察センター(近くに温泉宿泊施設あり)で撮影をします。

タンチョウの学名について:ツル類ツル科

 人は時にタンチョウヅルといいますが、正しい学名は「タンチョウ」です。タンチョウの名は頭の 血管が皮膚浮き出していて頭が赤いため名づけられています。

また撮影にゆきたいと思います

2006年1月1日 元旦

謹賀新年 元旦

皆さん明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

夕焼けの茜指す富士山

夕焼けの茜指す富士山:12月30日午後4時30分日没。夕焼けの茜指す富士山です。12月31日早朝にもトライアルしたけれど 雲に隠れてだめだったので。夕焼けですが。
場所:静岡県清水区船越堤公園展望台から

大晦日の早暁

 朝、5時45分におき、50分をかけて電車と軽いハイキングを行い再度、船越堤へ。

払暁の影絵

払暁の影絵:第一希望の富士山は雲に隠れていた。しかし、私は諦めない。レンズのなかに 払暁の影絵が登場した。12月31日午前6時55分。
場所:静岡県清水区船越堤公園展望台から

残照に輝く山々

残照に輝く山々:12月30日午後4時20分。夕焼けの茜指す富士山の最適な状態を待つ私。 風は差すように冷たい。北の山にも夜が訪れようとしている。
場所:静岡県清水区船越堤公園展望台から

皆さんの頭上に幸多かれ!