2005年11月 アーカイブ

初冠雪と紅葉=妙高市冬到来=

冬支度と紅葉・新潟妙高市

以前から、紅葉と雪景色を両方とも写真に撮ってみたいと強く考えていました。今回、せがれさん 、まつい店長と誘い合わせて妙高市の撮影旅行となりました。
前日、雪山と紅葉があることを発見したときの驚き、そして午後からの雨交じりの天候を恨みました。 さあ、どうなったのでしょうか。

初冠雪と紅葉

「初冠雪と紅葉」:妙高市にも、いよいよ厳しい冬が到来したようです。

可憐に燃える

「可憐に燃える」:冬到来、しかし、燃え残した楓が可憐な命を主張します。

遠望す

「遠望す」:氷雨が降り止みません。でも、幸いなことにかすかに雪山が遠望できることに 感謝します

雑木林(ぞうきばやし)

「雑木林」:雑木林も静かに紅葉(黄葉)しています。

早瀬

「早瀬」:瀬を速み 岩にせかる滝川の 割れても末にあはむとぞ思ふ (崇徳院) 。

一瞬の陽光

「一瞬の陽光」: 新訳聖書 にあるように「神は自ら助くるものを助く」。一瞬の陽光が 初冠雪と黄葉に命を与えました。

新潟はもう、冬です=寒到来=

影絵を楽しむ

東大和・樹木の陰の世界

水原・瓢湖から一転して、太平洋側の東京・東大和です。影絵の世界をお楽しみください

扇状

「扇状」:幹を扇の軸として、静かに扇状に枝が伸び陰を形成します。

分岐

「分岐」:人生にもよくあることですが、分かれ道(分岐)の局面があります。 勇気を持って踏み出してゆこうと思います。

連理

「連理」:2つで組を作ることを連理(れんり)といいます。確か、高校の古文か漢文の 時間に教わりました。

伸張

「伸張」:中学の数学の時間、垂線を延ばして幾何の問題を解くことが好きな 子供でした。三角形に垂線を引く瞬間のときめきを思い出しました。

ちょっとした工夫で平凡な日常が楽しくなります。

瓢湖茜色

水原・瓢湖(ひょうこ)で白鳥を撮る

水原・瓢湖(ひょうこ)で白鳥の越冬地として広く知られています。いままで3回、撮影に 挑戦し敗北していたのですがリベンジとして、講座の後に30分間だけ立ち寄りました。

051116swan.jpg

「残照に飛ぶ」:太陽が沈み湖が暗闇に包まれる直前、私の目の前を白鳥が 飛び去ってゆこうとしました。

茜に染まる瓢湖

「茜に染まる瓢湖」:太陽が沈み、湖が茜に染まるとき、白鳥もオナガガモも 残照に染まります。

染まずただよう

「染まず漂う」:水鳥は悲しからずや、空の赤。湖の茜にも染まらず漂う「忠宏」
鳥の名前:オオバン

飛翔

「瓢湖飛翔2005」:白鳥はファミリ単位で湖の夕方帰還します。大概の場合、 子供を真ん中にした編隊を組むのです。子供を中心にして出歩くことは鶴も人間も同じです。

少しずつ、瓢湖の撮影のコツがわかってきました

2005年11月16日~19日のお食事

全国各地の美味いもの

今週は盛りだくさんで、全国のグルメを取り上げます。

宮崎の豚鍋
豚鍋 051114nabe.jpg

宮崎の豚鍋は、水を一切使わずに、最初に鍋に野菜を敷き詰め、それを蒸し野菜からでた水分で 煮立ててゆきます。

特性のたれを少しそそいで、沸騰したら出来上がりです。ITリーダの方々、ご馳走様です。

これは、安い! 水原の200円カレー
これがたったの200円! ドリンクのおまけつき

新潟県阿賀野市・水原にある、料理屋さんのランチメニューです。商工会のT経営指導員さんから 「加藤先生200円で食べられるカレーがあるけど」ということで、「是非、いきましょう」(笑い; となりました。カレーが200円にもびっくりしましたが、おまけにドリンクがなぜかつきます。
さらに、あろうことか、チキンカツ単品300円(^^;

チキンカツ単品300円
中小企業大学校・東京校講師食・昼食
ちらし寿司

講師食のちらし寿司です。去年は週一度でなかなかお眼にかかれませんでしたが、今年から、 毎日になったようです。洋食より美味しいので賛成です。

せがれさんと天丼を食らう!

せがれさんと、私は、社長さんに天丼をご馳走になりました。

天丼
ご馳走さまです。

2005年11月13日~19日 Web診断、講演の嵐、見参!

怒涛の1週間=一週間分をまとめてお届けします=

一週間で、松本→壱岐→宮崎2日→新潟水原→東京→新潟新井→新潟吉田へいってきました。

11月11日~12日 松本から壱岐へ
>
ラシェネガ神山さんと 松本空港から

松本商工会議所ITリーダ塾のあと、ご担当の島さん、元生徒さんの ラシェネガ神山さん らと、生徒さんの居酒屋で懇親会

松本空港は氷雨が降っていました。雨にぬれながら、一路、プロペラ機で博多へ飛びます。 松本空港は今回が初めてです。

11月13日 渡辺さん、へっぱくさん、果物屋さん、またね
果物屋さん 渡辺さん

壱岐から、ジェットホイールで博多、そして宮崎に飛びます。

11月14日、15日宮崎商工会議所

第二創業塾Web診断をやらせていただきました。

051114miyasemi.jpg
11月16日 水原商工会でCSS講座2
CSS講座2

新潟は寒かった。水原商工会で「スタイルシート講座2」です。SLYのお姉さん も付け爪でキータッチします。

コートを着てこなかったことを後悔しつつ、東京へ移動します。

11月17日 中小企業大学校東京校・中小企業診断士養成課程ゼミ
東京校の陽光 東京校の夕焼け

さあ、これから、長野新幹線を使って新潟新井までの移動です。立川で防寒対策として コートを買います。

11月18日 新井商工会議所Web診断・ITリーダ塾
和菓子屋さんのWeb診断 豆腐屋さんのWeb診断
撮影の後は試食だもんね

和菓子屋さんのサイトも楽しみ。デジタル一眼レフ で撮影後「撮影の後は試食だもんね」。だって人間なんだもの「た」

新井商工会議所へ帰って 「オーモリラーメンさん」のWeb診断。

新井商工会議所「あらeネット」も少しずつ成果が出ているようですね。良かった。

新井商工会議所
11月19日 新井で"越後写真道"の実技演習

弟子2号(まつい店長)、弟子3号(せがれさん)と新井に終結、朝から、新井リゾート近辺で 霙(みぞれ)降るなか写真撮影会

せがれが飛ぶ! ロックオン!

加藤が健康増進で縄跳びを朝していたら、せがれさんもやってきて・・・
「軽くヤバイ、せがれさんが飛ぶ」

【荒野のガンマン】
撮影の後、ガンマンの打ち合いのようになってしまいました。 左:せがれさん 右:まつい店長

11月19日(土曜日) 午後からまじめに仕事!
花

遊んだら、切り替えて午後から仕事!新潟吉田町です。

皆さんいつも、ありがとう

2005年11月12日 美しい壱岐・晩秋の暮色

晩秋の壱岐の夕暮れ

壱岐の夕暮れは悲しいくらいに美しくありました

松本から、博多、そしてジェットホイールで壱岐に到着しました。荷物を 宿において夕焼けを撮影しに向かったのですが、出迎えてくれたのは美しい 暮色でした。

晩秋・壱岐暮色

壱岐の暮色はきれいだと、「花売り乙女」さんからは聞いていたのですが、 こんなに美しいと思いませんでした。

輝く橋

もう暮色が始まっています、急がなければ、カメラを持って桟橋に向かいます

イカ釣り船暮色反映

・・・といいながら、イカ釣り船のランプと夕焼けの反射が気になり、足を止めて 撮影してしまいます

漁船の出港

なんの魚を釣るのでしょうか、美しい夕焼けの中、漁船が航跡を曳いて 出向してゆきます。

客船の入港

おそらく本土からはこの客船が最終便なのでしょう。大きな船が 港に着きます。闇は東から静かに忍び寄ってくるのです

また壱岐に帰ってこれるのはいつなのでしょうか

壱岐のご馳走

壱岐うまいもの

壱岐のうまいものを再び

壱岐のうまいものを再びいただいてきました。

mamaうさぎさんたちと懇親会

壱岐でグルメブロガーとしてmamaうさぎさんが 知られています。他、多くの方々と懇親会です。

麦焼酎

壱岐といえば、麦焼酎。これがないと宴会が始まりません。

刺身

刺身も新鮮、とても美味です

壱岐牛

壱岐牛もまいうです

雑炊

最後は、雑炊で〆るのです

宴会の途中で、担当さんが「俺の宿の部屋に黒いのがいるんだよね」と 意味深な発言。黒いのって、いったい何?

生徒さんから、生イカをもらう
生イカ

この新鮮な色をご覧ください、ありがたいことです、お世話になりました。

講座を終えての食事
ウニの炊き込みご飯

ウニの炊き込みご飯をいただきました。甘い味がします

アワビ刺身

アワビの刺身もいただきました、豪勢だな~!

皆さんどうも有難うございます
これから、博多に戻り、宮崎に飛ぶ・・・

11月12日 松本空港から博多に旅立つ前に小さな旅行

松本色づく秋

松本は萌えていました。

純粋なくらいに真っ赤かに萌える松本の、今年最後の秋をご覧ください

松本市・波多地区
木々の彩り

「木々の彩り」:木々は多くを語りませんが、色彩で 饒舌に語っているかのように見えるのです。

ハート模様

「情熱の赤」:時に自然は粋な造形をするものです

松本市・深志
松本城

「松本城の紅葉」:松本城の紅葉はいつも抑揚があって 好きです。空港へ行く時間をみつけて通いました。

楓のグラデーション

「グラデーションの美」:赤、オレンジ、黄色、緑の色彩が突然、眼に飛び込んできました。

透過する赤

「透過する赤」:たとえ雨が降っていても、私が撮影をはじめると、どこかから 薄日が差してくる。透過する赤は、こんなとき登場する。

松本空港

 壱岐に移動するために松本空港へ、ここにも秋がある。

枯葉の季節

「枯葉の季節」:松本にも枯葉の季節がやってきた。

さよなら、松本の秋

2005年11月12日~13日 壱岐第二創業塾最終回

壱岐第二創業塾発表会

ビジネスプランの発表会です

皆さん、パワーポイントを使いこなして流暢に発表です。

先鋒はアズアズ

壱岐でもっとも有名なブログはアズアズ でしょう。mamaうさぎさんも 有名ですが、なんたって、ライブドア飲食業ヒットランキング1位ですからね。

アズアズ

あずみちゃんに、「写真撮る」って聞いたら、喜んでくれて、 こんな彼女の自画像になりました。

あずあずの発表も優れていました。ブログで広島からお客さんが尋ねてきたり、 ブログを出してからお店、好調なようです。

立石亜純さん
男性陣の皆さん
渡辺さん

渡辺さんの発表は感動を呼んだ!なんと、彼は数年に渡り、サーファー仲間と 海岸を掃除していたのだ。

果物屋さん 林田さん
皆さん、また会えるといいね

松本の晩秋=最後の彩り=

松本色づく秋

松本は萌えていました。

純粋なくらいに真っ赤かに萌える松本の、今年最後の秋をご覧ください

松本市・波多地区
木々の彩り

「木々の彩り」:木々は多くを語りませんが、色彩で 饒舌に語っているかのように見えるのです。

ハート模様

「情熱の赤」:時に自然は粋な造形をするものです

松本市・深志
松本城

「松本城の紅葉」:松本城の紅葉はいつも抑揚があって 好きです。空港へ行く時間をみつけて通いました。

楓のグラデーション

「グラデーションの美」:赤、オレンジ、黄色、緑の色彩が突然、眼に飛び込んできました。

透過する赤

「透過する赤」:たとえ雨が降っていても、私が撮影をはじめると、どこかから 薄日が差してくる。透過する赤は、こんなとき登場する。

松本空港

 壱岐に移動するために松本空港へ、ここにも秋がある。

枯葉の季節

「枯葉の季節」:松本にも枯葉の季節がやってきた。

さよなら、松本の秋

2005年11月11日 ZUKUDASデジタル一眼レフ講座

ZUKUDAS一眼レフ講座

ZUKUDAS一眼レフ講座で撮影大会

ZUKUDAS@松本は財団法人松本ソフト開発センターが運営する異業種型ポータルサイトです。

男たちはカメラをもってきた
男たちは集まった デジタル一眼レフカメラ
撮影風景

3人の人がデジタル一眼レフをもってきていた。撮影がいま始まる。

商品の撮影は難しい

 とくにルイビトンのショルダーバックの撮影は、照明の反射を さえぎるのに苦労した。

水飴

松本では、水飴のことをたぐり飴というそうだ。

ルイビトン

中古のルイビトン。この撮影が難しかった。

信濃ワイン

信濃ワインさんは女性ながら、デジタル一眼レフを持って参戦

最後は食べちゃうんだもんね
たぐり飴を食べちゃう加藤

試食させていただきました。新橋飴、おいしいヨ!

正直、天気が悪く最悪の天候下での撮影の割りに、うまく撮影できました

番外編:松本商工会議所ITリーダ塾
セルジュトラバル セルジュトラバルは、銀のネックレスや指輪のブランドでフランス製です
(c)(有)アイ・リンク・コンサルタント 加藤忠宏

高知幡多地区の犬と猫

高知幡多地区のニャンコ・ワンコ

高知幡多地区(西部)は、公家さんが流された地区ゆえ、 やや京風の方言をもつといわれ、高知でも異色の文化を持つ地域とされて います。

四万十犬(大嘘!)
四万十犬

四万十川の朝日の写真を撮りに出て、何にも撮るものがないので散歩中の柴犬を撮影。 彼のプリッとしたお尻が好き!

過疎地に猫あり、の法則

 そうじて、過疎地は猫が多いという経験則を加藤はもっています。果たして 中村は?(そんなことないよね・・・)

クロネコ

警戒心が強く、人が通り過ぎてから姿を表しました。

トラネコ

最初は、私のことを警戒していましたが、だんだん慣れて

愛想の良い猫

この猫、野良猫の癖に、人の店に勝手に上がりこんで媚を売るのです

高知のたびは見ていて飽きない

四万十川沿いの旅

高知・大月・中村

高知県商工会連合会・高知よさこいコンビとの凸凹診断 旅行はまだ続きます。

小竹さん泣いちゃってください!

笹団子母さんこと小竹さんはここ、四万十市(旧 中村市ご出身です。

四万十川・鷺(サギ)

四万十川の朝日の写真を撮りたかったのですが曇りでした。これでは仕方がないと 思い、無理眼で四万十川のサギを狙いました、望遠レンズを持って出ればよかった。

大月の写真お蔵だし

 高知出身者の涙を誘ったところで、すかさず、失敗写真のお蔵だし(^^;

カモメが飛んだ 大月薄明かり
まだまだ高知にいます

四万十川を食らう!

高知・中村のうまいもの

高知県商工会連合会・高知よさこいコンビと飲み屋で夕食

 連合会・釣りキチコンビと中村で宿泊です。せっかくですから、四万十川の うまいものを喰いにゆこうということで、飲み屋で夕食です。

まずは高知名産の清水鯖とイカの刺身
イカ刺身

まずは刺身シリーズでということで、イカ刺!

清水鯖

通常、鯖は〆て食べるものですが、清水鯖は生臭さがなく、 カツオよりもあっさりとした味覚でした。

四万十川といえば、なんたって鰻
四万十鰻の鰻丼

釣りキチコンビはどちらかというと、「麺喰い」です。しかし、 加藤はご飯党です。だから、なんたって、四万十川とくれば鰻(うなぎ)。

まだ高知にいます

2005年11月9日 高知・宿毛・大月でWeb診断

高知・宿毛・大月にゆきWeb診断

高知県商工会連合会・高知よさこい市の仕事

 連合会・釣りキチコンビの運転で高知県最西端の町へWeb診断。

宿毛で血赤珊瑚をみる=宿毛珊瑚センター様=
血赤珊瑚です 指輪

宿毛では血赤珊瑚という珊瑚が取れます。血の色をした珊瑚だからです。

指輪を見せていただきました。この指は珊瑚ちゃん

大月で海産物加工業のWeb診断
社長1 社長2

海産物加工場にきました、ブログを作っていただきました。

社長がとにかく渋くて、田中邦衛みたいで、何枚も僕は写真を撮って しまった。

魚を捌く アオリイカ
アオリイカ加工後

上のアオリイカも瞬く間にこのように加工されちゃいます。さすが、プロ!

あっというまに日がくれてしましました。もうすぐ、ここは漆黒の闇に包まれます。

夕闇せまる・大月
翌日も高知・窪川です

シルエット浪漫 Vol.1[優しい陽光のもとで]

シルエット浪漫 Vol.1[陽光と影]=宮崎・高知=

 今回のテーマは光と影です。

イチョウの陰影

イチョウの陰影(宮崎市内):イチョウが苔の上に落ちていました。それを 朝日がやさしく見守っています。静かに朝の時間が流れます。

樹幹の木漏れ陽

樹幹の木漏れ陽(高知・窪川):ランチを食べていたときでした 背景にある林に心引かれて、撮影に立ち上がりました。

豊穣の季節

豊穣の季節(高知・仁井田):高知は窪川は寒暖の差が激しい地域ゆえ 仁井田米の産地です。田んぼの刈穂を撮影しようとした際に柿木に眼がとまりました

紅葉の明るさ

紅葉の明るさ(高知・宿毛):

仕事の合間にふと心を解きほぐす瞬間があります。 紅葉の赤は眼に優しく訴えかけます。
本日11月18日もよい撮影会でした、お楽しみに

光と影を追い求めて [1]

シルエット浪漫 Vol.2[陽光と影]=高知=

 今回のテーマも光と影です。今日のテーマは 薄明かりです。

水鳥の陰影

水鳥の陰影(高知市内):高知市内で目覚めました。運河に足を運ぶと 早くも鴨が到来しています。夜明けと共に静かに動き始めました

half moon

half moon(半月)(高知・大月):高知県大月は四角い夕日で有名ですが ここで私は美しい月をものにしました。

早朝のシルエット

早朝のシルエット(高知市内):朝日に輝く水面とハイビスカスの花。 この共存はいかがでしょうか。

一瞬の光彩

一瞬の光彩(高知・宿毛):平凡な森も一瞬 の陰影の変化で心動かす風景になります。

最後の輝き

最後の輝き(高知・窪川):楓の林も 最後の命を燃やし尽くそうとしています。

朝焼けに輝いて

朝焼けに輝いて(高知市内):心現れる風景が高知市内に映し出されました。

高知の美しい秋をお楽しみくださいましたでしょうか。

2005年11月15日 宮崎商工会議所でWeb診断

宮崎でWeb診断、そして高知への移動

宮崎商工会議所様で定例のWeb診断です

 宮崎の会員企業さんを2件、Web診断させていただきました。

結果は・・・
モーニングコーヒー

宮崎商工会議所へ早く着きすぎちゃいました。ホテルのサウナ入るとかして 結構、余裕にすごしていたのですが・・・。そこで会議所1階の喫茶店でモーニングコーヒー。

宮崎のWebはいかんとヨ

 診断結果を素直に会員さんにお伝えします。概略は次の通りです。

  • 1.自社Webを持っている人は業者にいいなり。結構スパムサイトが多い
  • 2.だから、キレイなサイトだけれど検索にかからず
  • 3.大手ショッピングモール参加者も多い
  • 4.よくないのは、それに頼りきりで工夫がない、経営戦略が明確でない
  • 5.だから、「自社Webを直してね」といってもタグの意味さえ知らない

 高知は眼が覚めつつありますが、宮崎はこれからです。

航空機トラブルで高知へ入るのが遅れる

 宮崎の診断を終えて、高知へ移動です。直行便がないので、一端、宮崎から 伊丹にバックして、高知行きの飛行機を待ちます。しかし、飛行機が来ないのです。 なんでも、松山発伊丹着の飛行機を使う予定だったのが、その飛行機が松山で 鳥をジェットかプロペラに吸い込んでしまったらしいのです。

 なんとか別のプロペラ機を使って高知入りしましたが、30分遅れに なってしまったのです。でも、まあ、いいか。

明日は宮崎でWeb診断です

2005年11月8日 宮崎の中心商店街をそぞろあるく(夜)

ほろ酔い加減で宮崎の繁華街をあるく

ご馳走をいただいた日、宮崎の中心商店街をホテルまで

 お腹いっぱいになった加藤は、酔いを醒ますため、ホテルまで歩いて帰りました。 徒歩にして15分くらいですが、少し寄り道をしたくなり、商店街をそぞろ歩きます

宮崎という街
宮崎は観光地だった
土産ものの犬

宮崎は県庁所在地という位置づけの他、日本有数の観光地の中心地 という位置づけもあるようです。このため、静岡に見られないような土産物 屋さんが存在します。

クレーンゲームでリラックマを仕留める

 ゲームセンターがあったので酔った勢いで入りました。他の人のゲームを 観察していて、アームの掘る深さが深いと読んで、リラックマのエプロンを 仕留めました。
 今年の春も駅のゲームセンターでリラックマの人形を仕留めていますので ゲンがいいですね。 平成17年3月19日(土)をご覧ください。

リラックマエプロン
明日は宮崎でWeb診断です

紅葉を求めて、=付録=

花はな,付録編

もみじを求めて旅する中で、出会った花々草木をお伝えします。
菊

「丸子路の菊」:人の心を沈静化させる花だと思います。

黄花秋桜子

「黄花秋桜子」:オレンジ色の花弁はよく目にしましたが黄色い花は この秋はじめてです。

ケイトウ燃えて

「ケイトウ燃えて」:ケイトウがキバナコスモスを従えて燃えています。秋です。

落葉松の果実

「落葉松の果実」:もう少したてばすべての葉が黄金色に輝きます

山葡萄

「山葡萄」:紫紺の落ち着きが私をフォトジェニックにさせます。

自然の恵みよありがとう

2005年11月14日 宮崎商工会議所第二創業塾後のグルメ

宮崎グルメ紀行=伊勢えび料理=

本来アップする写真を静岡に忘れてきてしまいました

チョンボですね。紅葉の写真は後で出しますので、まずは宮崎のグルメ 写真をご覧ください。

宮崎は9月から伊勢えびが解禁となります
伊勢えび 伊勢えび刺身
焼き牡蠣 松茸の土瓶蒸し
九州のうまかもの
タチウオの刺身

いや~!「タチウオの刺身は初めて」です。

九州の焼酎もうまか
黒霧島

 黒霧島(焼酎)、おいしいです。加藤は焼酎をお湯割にして、かつ、梅干を落として飲むのですけれど 変わった飲み方だといわれました。

料理の最後は、刺身で出てきた伊勢えびの味噌汁!魅惑の甘さ、濃厚さ。もう死にそうです

伊勢えびの味噌汁
おにぎり

おにぎりもおいしい

料理長も結構おちゃめ
料理長

料理長さんが最後に出てきました。

ご馳走様でした。

2006年11月6日 もみじを求めて丸子路へ、曇りのち雨

もみじを求めて

もみじを求めて、静岡市の丸子にいってきました。天気が悪かったのでどうかと 思いましたが,三脚に400mmレンズを固定して600mmサイズで撮影しました。

逆さもみじ

「逆さもみじ」:真っ赤なもみじも素敵ですが、色の多様性も 楽しいものです。

「多様性の美学」

「多様性の美学」:パレットに絵の具を散らしたような色彩。

流れ

「流れ」:本流となって水しぶきが香る。(静岡市清水山)

樹幹の彩り

「樹幹の彩り」:例え隠れていても美しいものはみつけてしまいます

色鮮やか

「色鮮やか」:色彩のあやなすメロディーに心が溶かされてしまいそうです

曇天を潜り抜けての撮影です、天気が悪いように見えますか?
400mmレンズありがとう

2005年11月6日 静岡の紅葉の彩り=紅一色=

から紅に水くくるかも

紅葉の楽しみ
カエデ

「薄日さす」:ほんのわずかな薄日が、楓を美しく装わせた(牧の原市)

くれないの実

「くれないの実」:街路樹がこんなにうつくしいなんて(牧の原市)

地表に映える

「地表に映える」:小さな命も必死です。(十日町)

命萌えつくすまで

「命萌えつくすまで」:この赤い色を見ているとふとそんなことを思い起こしてしまいます

(十日町)
漆の彩なし

「漆の彩なし」:怪しいまでの輝きです(静岡市清水山)

一輪の鮮やかさ

「一輪の鮮やかさ」:赤と緑のコントラストが素敵です

(静岡市清水山)
紅一色

2005年11月5日 静岡EC塾(静岡商工会議所)

世の中は大道芸で大騒ぎ

実は土曜日も仕事で静岡EC塾です
繁華街を通り過ぎて、静岡商工会議所へ向かう

皆は休みですが、加藤は仕事!です。大道芸に集まる人を横目に 静岡商工会議所に向かいます。

女性大道芸人 親爺の背中越しに

一般的に大道芸人は、舞台裏をのぞかれるの嫌がる傾向にあります。打ち合わせ中だからいいか・・・

欅通りはもっとも人気のある通りで、大道芸にも黒山の人だかりです。

ブログにCSSを語る

 静岡商工会議所の講座です。2時間で2つのテーマを方って欲しいとのこと。 欲張りすぎだよ杉山さん。

講演中の加藤

写真を撮る人間の苦労は、自分の写真を適切に撮ってもらえないことです。でも今回は、 うまく撮ってもらえて嬉しい。縄飛び効果でちょっとでているのか・・・と(横顔をみよ!) もう、マッシブといわせない

でもやっぱり夕焼けが気になります。

講座を終えて近くの清水山(きよみずさん)に登ってみました。

静岡県庁方面に沈む夕焼け

右に一段と高い建物が静岡県庁です。静岡市街地ではこれが限界でしょう。

まあ、人生は長いです。金持ちになってバリ島の夕焼けでも撮るかな(なんちゃって)

新潟県水沢商工会にてITリーダ塾

新潟十日町まで日帰り

ITリーダ養成塾です

ルートは、静岡→東京→越後湯沢→十日町です。

戦士の昼ご飯
商工会連合会鈴木さん

鈴木さん、お出迎え誠にありがとうございます。ご案内いただいたお店はお休みでうなぎですね。
新潟で「浜名湖名産うなぎ」とは妙ですが一興だと思いました。

鰻丼 お吸い物
JR飯山線土市駅

 十日町市水沢商工会はJR飯山線土市駅の近くにあります。

土市駅 鉄路は続く
周りに何もない 野の草も駅を見守る
講座ですから?ブログの話が受けましたね

やっぱ、ゼロ円ではじめられるのと簡単なのがいいんじゃないですか。

ブログを語る加藤 夕日

最初は丁重な反応ですが、後半部、ブログの話に切り替えたら、妙に関心を示していただきました。 やっぱ、ネットをつなぐのもダイヤルアップらしくインフラの整備の重要性を痛感したしだいです。

ホームで、夕日を待ちわびていました。しかし、電車の到着のほうが先でした。無念。

なかなか夕日が取れません。

文化の日、お茶文化を追求するために牧の原台地へ

子供と牧の原台地にゆく

次女が「宿題があるから牧の原台地にゆきたい」ということなので、 連れてゆくことになりました。

宿題はお茶の文化を知る

 JR金谷駅で降り、お茶の博物館にゆきました。普通市営の箱ものはたいしたことがないのです けれど、結構楽しめました。

wellcomeドリンク エスニック

wellcomeドリンクとして、今日のドリンク、紅茶が出ました

いきなり、お茶の歴史が始まりエスニックな立ち上がりとなりました。

和室に入り、茶道の見習い
花いけ 茶菓子

心静かにいけばなをみつめました。

和室に入ると特別料金を取られるのですが抹茶と和菓子がつくとなるとお得な 感じがします。

あるいて金谷駅へ
ススキ 帰り道

牧の原の大地をススキが静かにゆれています

帰り道:駅までの近道がみつかりました。

電車で静岡へ
寝る子は育つ

電車の中で眠ってしまいました。寝る子は育つ

久々に祝日を休んだように思います。

相模原商工会議所 「クリック&モルタル経営革新塾」最終回

ありがとう相模原クリック&モルタル経営革新塾最終回

6月から、どうもありがとう

 6月からのシリーズWeb創業塾、「クリック&モルタル経営革新塾」がいよいよ最終回です。今日はビジネスプランの 発表会です。

相模原商工会議所布施さん

相模原商工会議所布施さん,長らくありがとうございます。来年またお会いしましょう。感謝です。

相模原・記念撮影
懇親会
仕事の後のビール クロハチさん

仕事の後のビールはうまい。だけど、電車の時間が刻々と迫る。

相模原の若手後継者、 クロハチさんです。

人生のベテランの皆様ありがとうございます
相模チケットサービスさん

金券ショップ「サガミチケットサービス」 さん。ネットの売上増えているそうです

有馬さん

ベテランの有馬さん。ありがとうございます。お世話になりました。

さらば、相模原また会う日まで

2005年11月1日 宮崎はまだ南国だった(診断・空撮編)

宮崎でWeb診断

診断の前に散策

 宮崎商工会議所の前は気持ちの良い街路樹で覆われ、隣の区画の県庁には 花が。そして、11月というのに蝶が戯れています。

街路樹

このように街路樹が天まで多い、青い空に緑の木。こんな環境って素敵ですね。

花と蝶

花に戯れる蝶がたくさん。朝の風景としては最高です。さあ仕事、仕事。

シルエット

県庁の木々のシルエットが面白い文様を描き出します。

仕事を終えて、宮崎空港へ
赤い花

宮崎空港は南国ムードいっぱい。花だらけです。

紫の花:ブルーサルビア

この花の名前はなんだろう。気になります。ちあきちゃん曰く「ブルーサルビア」だって!教えてくれてありがとう

宮崎空港から羽田へ
カラクリ人形

宮崎空港にはカラクリ時計があり、1時間ごとに異なる人形が繰り出されます。

熊野灘を飛ぶ

ちょっと眠ったら熊野灘でした。新宮の皆様、那智勝浦の皆様お元気でしょうか。

夕闇迫る

夕闇が迫ってきました。そろそろ羽田が近いです。

宮崎のおいしいものをいただきます

宮崎のうまかもん

ちょっと番外編

 本当はこの時期、伊勢海老が解禁なんだそうですが、今回はなし。

本日のランチ

魚料理フランス料理風 食後のコーヒーがうまい

今日のランチはフランス料理風魚料理でした。上品で美味しいですよ

食後のコーヒー。無論、ブラックで。

懇親会で出てきた宮崎の寿司
宮崎の寿司

宮崎独特の寿司はちょっと変わっていて、漬物が乗っているものがあります。

次回はチャンスを見つけて、伊勢海老じゃ

2005年10月31日 宮崎商工会議所 第二創業塾

宮崎商工会議所 第二創業塾はじまりました

気合をいれて

飛行機の都合で15分遅れて宮崎到着。皆さん、お待たせしました。フォ~!

先週の金曜日と同様、小竹さんとのコラボレーション

癒し系といわれた加藤の講演

Webマーケティングの基礎を語る加藤

感動を呼ぶ小竹さん

小竹さんの講演は、皆さんの感動と共感をよんでいました。

懇親会一次会・二次会
小竹さんのスピーチ

←小竹さんスピーチで懇親会始まりました。彼女は人気があり、食事が取れないほど

二次会

…というわけで、二次会。宮崎の方々は男女ともお酒がお強い

お休みの風景
オネムの加藤ちゃん

皆さんは飲み足りなくて3次会にゆきました。小竹さんはマッサージだそうです。加藤はお子ちゃまですから、 そろそろオネムです。

明日に続く・・・

2005年30日 駿府公園の自然(散歩コースの鳥、花)

心静かに静岡の秋を楽しむ

母が育てた花々と駿府公園までの道のりで

 母が育てた花と、公園までの道のりでみた花をご覧ください。

母の育てた花々「ディユランタ タカラズカ」

母の自慢の花「ディユランタ タカラズカ」:どんな花なのか知らずに育てていたそうです。

散歩の途中にて

散歩の途中にて:ちょっとデザイン的に撮影してみました。

駿府公園の入り口にて
萩の花に出会いました

最後の萩の花:これで萩を見るのはこれが最後でしょう

落葉

落葉:落ち葉を踏みしめて、心静かに歩きます

欅(けやき)

さまざまな欅の色彩のバリエーションをお楽しみください。

欅

欅のある風景1

051030keyaki.jpg

欅のある風景2

欅

欅のある風景3

欅4

欅のある風景4

生き物と抜け殻と

林のなかにも、生き物の息遣いとそして生きた証が残されています。

キバシリ

キバシリ:泣き声がするので、居場所が特定できました。

抜け殻

抜け殻:夏の思い出がまだ残されていました。

美しい秋
大きな葉

大きな葉:何の葉でしょうか、妙に木になります

漆鮮やか

漆鮮やか:漆の葉が午前の光に溶け込んでいます。

気持ちの良い休日でした。

2005年10月28日~29日

某所経由、吉備きび、そして静岡

仕事人加藤は プロコンサルタントです。
仕事には楽しい仕事もありますが、結構、つらい仕事もあります

10月28日 某所で財務診断
電卓

 ある企業の財務診断をしました。しかし、 経営破たん寸前でショックを受けました。こんなときは経営者に厳しいことを いわなければなりません。

10月28日 夜から吉備きびスクエアでスタイルシートの演習
加藤拙者ならぬ接写 原地経営指導員

CSSをお教えしました。結構、熱心に実習参加、ありがとうございます。 ただし苦言を、加藤は皆さんに商品をネットで売っていただくために指導させていただいています。 加藤の技術で、HP作成業を営もうと考えている人、あなたは間違っている。

吉備きびの立役者、茶屋町商工会の 原地経営指導員です。吉備きび曲がり角に来ていると思います。参加者の奮起を 期待する。ちなみに原地さんは11月4日が誕生日だそうです。

10月29日 静岡商工会議所 第二創業塾 最終回
朝食

 昨晩、深夜に新横浜のホテルに投宿した。おきたら、新幹線発車30分前で焦った。 ホテルの機転で何とか間に合う。朝食は静岡で

お局様

 彼女の創業はお局ブログで順調に推移しているようです。創業への強い思いは届くでしょうか

強く願う人を叶えたい!そんな思いで真剣に活動しています

コンサルティングしていると色々な人の強い思いと出会う

2005年10月27日 奈良・大淀町の暮色

奈良・吉野 大淀町の夕景

大淀町は奈良県南部の町です。

講演でお寄りしたついでに、夕暮れの風景を撮影させていただきました。

斜光のなかで
斜光のなかで 赤い陰影

日没が確実に近づいています。太陽が傾き、斜光が赤みを帯びてきました

木の葉に木々の陰影が投影されます。不思議な気持ちになりました。

夕暮れのコスモス
コスモス1 コスモス2
コスモス3

夕暮れはすぐ、そこに迫っている。静かに吉野の風に身を任せ、コスモスがゆれている。

大淀暮色

 暮色が郷愁をさそうのはなぜでしょうか。まして、吉野夕暮れとなればなおさらです。

山の端に沈む

 ちょっと高台に車を走らせて頂きました。なんとか残照に間に合ったようです。山の端に沈む 暮色が静かに町を包み込み、ススキがそれを見守っています。

ススキと残照1 ススキと残照2
日本にはまだまだ美しい風景がたくさんあると思いました。

2005年10月27日 奈良県大淀町商工会で小竹さんとコラボレーショ

小竹さんと吉野にゆく

古の奈良の都の山桜

吉野といえば奈良ということなのですが、 正確にいうと吉野の一歩手前の大淀町という町へいってきました。

京都駅で特急電車を1時間待つ

 う~ん、不便ですね。 ・・・ということで京都駅にある手塚治ワールドへ行ってしまいました。

手塚治ワールド

・・・といってもとっても小さいのです。ビデオ鑑賞とお土産売り場だけ

とはいってもブラックジャックも鉄腕アトムもいます。
加藤らの 世代にはたまりません

ブラックジャック

駅で小竹さんにみつかってしまいました

奈良県大淀町商工会Web戦略セミナー

 二人で大淀町商工会さんで講演です。一見、長閑なようですが実は大変だったのです

講演風景 演歌歌手とマネージャ?

いきなり会場でネットがつながらない!、ハァ~?繋がらないと商売になりません。そこで、会場の前後を入れ替えて ピッチで対応します(冷や汗)

もはや小竹さんとのコンビは板についてきました。彼女の講演もうまくなりました。

帰りに再び京都による
京都タワー

夜の京都タワーって、東京タワーとまた違ってなんか色っぽいでしょう?

帰りに小竹さんは京都に住む、妹さん御一行と 豪華な食事をされたみたいですね

小竹さん宮崎でもよろしくお願いします

デジタル一眼レフ講座 Vol.13

デジタル一眼レフ講座 カメラのホールド

初心者におおいのが手振れです

手振れを防ぐ最大の方法は三脚を使うということなのですが、 パーティー会場等の写真を撮るときは、動的な環境でとるため三脚が使えないことが 多いです。そこで、今回はカメラの持ち方についてお話しましょう。

失敗事例の紹介

 まずは手振れ写真をみていただきましょう。

手振れ写真

手振れ写真です。後、上部の余白を考えずにフレーミングしているため中途半端な画像となりました。

そこで、左右の手を有効に活用しカメラをホールドする

 最近成長著しい若手のせがれさんに登場していただきましょう。

左手の使い方 右手の使い方

左手の使い方:左手はレンズをホールドしつつ、ピント合わせやズーミングに使います。

右手の使い方:右手はカメラボディーのグリップを握りつつ、シャッターボタン、シャッタースピードダイヤルや 絞りダイヤルを操作しますます

デジタル一眼レフは何を買う?

著者は最適なコストパフォーマンスはNIKON D70をお奨めしています。

NIKON D70

NIKON D70は私の購入したときでレンズ込みで15万円でした。価格的に抵抗感のある人、手の小さい 女性などはD50をお奨めします。

マニュアル撮影をお奨めします!
マニュアル指定

ボディ左上部のダイアルを見てください。カメラの撮影指定をここで行うのですけれど、 マニュアルを示す「M」になっていることがわかりますね。オートはちなみに「A」です。

オート撮影すると、平均的な測光での撮影になりますのでハイライト部分が飛んでしまったり、 暗く沈んでしまうことが良くあります。

マニュアル撮影では、自分で絞りとシャッタースピードを指定しなければなりません。
その関係は 露光=絞り * シャッタースピードとなります
絞れば画像はシャープになりますが、シャッタースピードは遅くなり手振れの要因になります。

それでは、マニュアル撮影したものをお見せしましょう

 製品の提供は眼鏡の松井さんです。彼はせがれさんのラバウル、違った(^^; 写真のライバルです。

サングラス1

サングラスの写真:接写に近い撮影

サングラス2

サングラスの写真:標準に近い撮影

本日のポイントはカメラの握りとマニュアル撮影です

デジタル一眼レフ講座 Vol.12

デジタル一眼レフ講座 早朝撮影と霧

長野県辰野 たつのの海 =霧を撮影する=

長野県辰野町は、松本の南にあります。かつては中央本線の 重要拠点だったのですが、中央線に別ルートができて、頬っておかれる町になりました。

霧の撮影は予測を立てる

 皆さんは「放射冷却」という言葉をご存知でしょうか。 良く晴れた冬の夜は寒い。そんな経験があるでしょう。冷えた夜の翌日、 特に湖や川には霧が発生します。そんな条件を予測して早朝撮影を敢行しました。

霧と黄葉
051025tatuno_happa_300.jpg

静かに煙る:沈黙の世界をどうぞ

紅葉

紅葉:かえでの紅葉に今年初めて出会いました。

たつのの海周辺を散策します
巨木の投影

巨木の投影:小さな花にピントを合わせると巨木のシルエットが浮かび上がりました。

白樺の小枝

白樺の小枝:白樺林から小道を見下ろします

霧の世界
俯瞰する

俯瞰する:小さい花が咲いていました

萌え出る

萌え出る:枯れ枝が萌え出る霧の中に浮かび上がります

朝日に映える

朝日に映える:早朝の逆光に黄葉が映えます

小さい秋
辰野の小さい秋

辰野の小さい秋:だってそうだろ、君が可憐な赤い装いを僕に見せることは間違いじゃない

地中の命

地中の命:地面の中にも命があることを僕に教えています。朝露がきれい。

さわやかな朝の空気の中、新潟に向けて移動を開始します

本日のポイントは立地と天候の観察です

2005年10月24日 母さん、せがれ塾懇親会

小竹さん、せがれさん、まついさん、笹団子ママ、夢女将と懇親会

越後長岡にて

10月24日に勉強会を終えて長岡で懇親会 をやってきました。

夜の長岡はとても静かで

 お~い、人が歩いていないよ~

ペコちゃん

寂しさのつれづれに、ペコちゃんに激写をくれて会場にせがれさんと向かいます。

会場は、4年前におじゃましたことのある寿司屋さんでした

寿司屋の懇親会

 ななな何と、まついさんがカメラを買っていました。

寿司 ふぐ鍋

加藤がカメラで料理の撮影を始めたときです。パシャパシャッ!、 若いカメラマンの負けじ魂の炸裂です
左:せがれさん、右:まついさん。

せがれさん&まついさん
新潟の酒を味わう

大失敗は、せっかく利き酒したのに、日本酒の記録を紛失したことです。残念!

利き酒セット 雑炊
11時半に解散して、ホテルで熟睡しました。皆さんありがとう

2005年10月25日 早朝、たつのの海にて【霧の撮影】

デジタル一眼レフ講座 早朝撮影と霧

長野県辰野 たつのの海 =霧を撮影する=

長野県辰野町は、松本の南にあります。かつては中央本線の 重要拠点だったのですが、中央線に別ルートができて、放っておかれる町になりました。

霧の撮影は予測を立てる

 皆さんは「放射冷却」という言葉をご存知でしょうか。 良く晴れた冬の夜は寒い。そんな経験があるでしょう。冷えた夜の翌日、 特に湖や川には霧が発生します。そんな条件を予測して早朝撮影を敢行しました。

霧と紅葉(color)=木々の彩り=
黄葉

静かに煙る:沈黙の世界をどうぞ

紅葉

紅葉:かえでの紅葉に今年初めて出会いました。

たつのの海周辺を散策します
巨木の投影

巨木の投影:小さな花にピントを合わせると巨木のシルエットが浮かび上がりました。

白樺の小枝

白樺の小枝:白樺林から小道を見下ろします

霧の世界
俯瞰する

俯瞰する:小さい花が咲いていました

萌え出る

萌え出る:枯れ枝が萌え出る霧の中に浮かび上がります

朝日に映える

朝日に映える:早朝の逆光に黄葉が映えます

小さい秋
辰野の小さい秋

辰野の小さい秋:だってそうだろ、君が可憐な赤い装いを僕に見せることは間違いじゃない

地中の命

地中の命:地面の中にも命があることを僕に教えています。朝露がきれい。

さわやかな朝の空気の中、新潟に向けて移動を開始します
本日のポイントは立地と天候の観察です

北信越+相模原講演紀行

2005年10月24日~25日 飯田、新潟豊栄~見附、相模原

例によって、家に帰らず、Web診断、講演、ITリーダ塾三昧です。

今回の行程は

  • 10/24 静岡→豊橋→飯田(お仕事)飯田→辰野
  • 10/25 辰野→松本→長野→高崎→新潟→豊栄(お仕事)車→見附(お仕事)→車→長岡
  • 10/26 長岡→東京→新横浜→相模原(お仕事)→新横浜→静岡

10/24 飯田市鼎商工会でWeb診断とITリーダ塾

飯田市鼎
新潟県豊栄市

新潟市豊栄商工会でITリーダ塾:ゆうこりん頑張ってね

見附市商工会

見附市商工会ITリーダ塾 詳報は「せがれ」「店長」ブログでのとおり

相模原商工会議所 第二創業塾(ラス前)

相模原商工会議所
落葉 逆光に映える

辰野では霧を見た、すべての土地で黄葉を見た。冬は近いな。 でも、せがれさん、松井さん、黒坂屋さん、小竹さん、ゆうこりん、新潟県連のT診断士、見附のS指導員 みな、有難う。また、頑張る。

冬が近いことを知るたびだった。

2005年10月30日 孤独に耐える強さをもとう

孤独というもの

散歩の途中で子猫をみつけた。親猫はそばにいるようすはない。 「お前、捨てられたな」と思った。
猫は擦り寄ってくる。他に頼りになるやつがいないのだな「でも、俺は もうすぐゆかないといけない」。結局は、人間も動物も最後は自分だけが 頼りなんだと独り言を言った。

子猫

 俺だって人間だ。感傷だってあるさ。しかし、 感傷は何も生まないのは知っているんだ。だから、叩かれても、笑われても前に出る。

母は日曜日に行った「お前は強くていいね」。「違うよかあちゃん、俺の ことわかっていないな」と言った。でも、人からはそう思われているらしい。 本当はそうじゃないのにね。 「怯えず、怖気ず、おもねらず」ラオウがいった。いい言葉や!
「よらば大樹の陰」なんて大嫌いだね。俺は俺の道を生きるよ。

ある生徒さんから、電子メールをもらった 生きてゆくことは、それなりに大変だ。
でも、あきらめちゃいけないんだ。

理解してくださる人、見守ってくださる人、そのために強く生きる!

2005年11月1日 宮崎商工会議所

今、授業中です

azuazuから、トラックバックを受けました いまから、お返しします

2005年10月24日 飯田で撮影

長野県飯田の午後

長野県飯田市鼎商工会へWeb診断ITリーダ塾 のお仕事でお邪魔しました。

美味しいバイキング

 飯田シルクホテルでランチバイキングです。

サラダ 海老チリ
駅前の公園で飯田の秋を撮る

同伴者のHさんはセミプロの方で、個展をひらかれたり、あるいは、写真集を出している方 であります。しかし、加藤の撮影した視点に驚かれていらっしゃいました。「こんなところで 撮影ができるんだ」と

公園のモニュメント

空はごらんのとおり快晴です

ポプラの黄葉と円形ボケの楽しみ

ポプラの黄葉と円形ボケをお楽しみください

そして飯田の秋
赤とんぼ

赤とんぼを撮影している間に、蝶に逃げられてしまった。無念!

猫じゃらし

「せがれさん」が逆光なら、おいらは順光で撮るよ

さあ、気分転換したから仕事へゆこう