新しいブログへ!新しいステージへ!

伯爵様のデジタルフォトdiaryへGo!

伯爵様のデジタルフォトdiaryへGo!

コメントの投稿が出来るようになりました。

 講演紀行Pert2をご愛顧、誠に有難うございます。サーバ容量満杯により、新しいステージに進みます。会社も加藤忠宏のコンサルティング能力の頼った企業ではなく、Mt-temlateや大瑠璃セレクションなど総合的なネットサービスをご提供する企業に 変革してゆこうと考えております。
 講演紀行も4年半に及び1647エントリーを投稿しました。新ブログもなにとぞ、ご愛顧下さいませ!

静岡駐屯地打ち上げ!

6/6 ホタル撮影会後の大宴会
 上手く撮影できた人、後悔を残した人。それぞれの思いを抱いて 11人は御門台の宴会場に集まる。飛び入りも途中で3人加わるなど 楽しい会になりました。

宴会
宴会:宴会開始時点で女性はぶにゃさんだけ。 まあ、多分、彼女も気にしていないでしょう。
静岡割り



人気のしぞ~か割り
静岡割りとは焼酎をお茶で割ったもの。人気です。なお静岡人は、
母音が二つ重なると、どちらかを省略する傾向にあります。



  1. 静岡(しずおか)=shizuoka

  2. uとoが重なっている。→"u"が省略される!

  3. しぞ~か!




食べる人


食べる人:この日の料理はおいしく個性的で・・


 かつ、撮影会の後だから、お腹が減っている。だから、食欲が増して!


ゴルゴD300(クニさん)


ゴルゴD300:その男の名はゴルゴD300,新しい武器の試し切り中!


激辛軟骨


激辛軟骨:確かに美味かった。しかし、このトウカガラシの
量を見て欲しい。皆さん、くちに唐辛子を含んで火を噴いていた!


生クリームパスタ


生クリームパスタ:非常に美味しかったが夜更けには危険な
味覚だった。


生ビール欲しい人!


生ビール欲しい人!:男達の嬉しそうなこの表情を見よ!

静岡駐屯地の楽しさをご理解いただけたら。  人気blogランキングへ
思わず、終電にピンチの時間帯となっていました

静岡発ネット研究会駿河の会の発会

6/6 駿河の会、発会
 つぼひ隊長が音頭とりとなって駿河の会がスタートです。 これは元々、「勉強したのに、加藤のセミナーが静岡で少ない」 そこでアイリンクコンサルタントとしてさる3月23日に「MTによる らくらくHP作成講座」を実施したのですが、「フォローアップする仕組みが欲しい」ということで 駿河の会スタートとなりました。
6月3日 清水商工会議所3Fでセミナー
セミナー風景
セミナー風景:カリキュラムはMTテンプレート活用による HP制作の応用編とYahoo新アクセスログアナライザなどの設置技術支援でした。
有料支援の訳
無料支援として「静岡駐屯地」があります。これは
  1. 秘密作戦としての、販売促進支援
  2. 懇親会開催
  3. 撮影会開催
有料支援としては
  1. 新技術動向などのメルマガ発信
  2. 当社スタッフによる技術セミナ無料開催
です。
 地域によっては当社の支援が終了したり、開催回数が少なかったり、 今後の予算が危ない地域もあります。そのような方々に月額2000円で 情報提供しようとする仕組みです。
 私は教えませんが(スタッフの邪魔していますだけ)、若いスタッフが開発した 新技術のテストケースになっていただくなど相互にメリットがあると考えました。
 他地域でもスカイプで最新技術セミナーが受講できます
 担当 平野 054-205-3320
参加いただいた皆様
ゴルゴD300とパンツ屋さん
ゴルゴD300とパンツ屋さん:ゴルゴD300さんは、 新兵器を持参!また、パンツ屋さんはブログの交流はあっても実物として 初見参です。
 ゴルゴD300さんのお隣が洋服屋さん。猛烈に店舗展開されているお店の 御曹司!
なかむ嫁さんとつぼひ隊長
なかむ嫁さんとつぼひ隊長:なかむさんのお嫁さん 美人でしょう!水泳教室で見つけたそうです。つぼひ隊長は2人目のお子さんが 生まれるそうです。
グアダマハラさん
グアダマハラさん:新潟出身の家具屋さん。知育教材がネット売れています。
 福島県からもネットで受講参加いただく方がいるのでスカイプを使って動画送信です。
セミナー風景
セミナー風景:一番左側がぶにゃにゃんさんです。 宝塚ファン!カッター会社の後継者です。会社の大きさは溶射屋さんと同じくらいかなあ~!
当社の若きスタッフ達
イケメン軍団
イケメン軍団:社長はともかくとしてスタッフの年齢がぐっと下がりました。 MTやサーバ系、script、データベース系、画像加工技術などの技量を備えた スタッフを採用できました。皆さんのご要望にお答えできるのではと思っております。
社長が一番、やばい!
皆さんお元気でしょうか!
皆さんお元気でしょうか!(社長は賑やかしだけ(^^;):早朝7時40分の電車で福知山を出て11時半に自宅に帰り 昼食を食べ、着替えてきました。
 なぜ、アロハシャツなのかって?気にしない。気にしない(笑い;
静岡の秘密作戦成果が出ています!
  1. クニさん:4月に作ったサイトが検索Y1位、G1位、月商*0万円達成!いやあ~!SEOって凄いなあ!
  2. なかむさん:GWの1週間で月商●0万円達成!
  3. つぼひさん:毎月、畳替えの仕事ネットからきます。
  4. ikeさん(税理士):プロのSEO業者よりも、俺の方がSEOうまいんだよね(笑い;顧問先に喜ばれています
  5. パンツ屋さん:昨晩も■万円売れました。検索順位も上がっています。
 以前からmixiで秘密作戦やっていましたが、内容が古くなりました。
同じことをやっても阿呆なので、 ひねりを加えたら、思った以上の結果がついてきました。改良SEO+Xで望みます!
 興味のある方はMTテンプレートと共に!
 他地域でもスカイプで最新技術セミナーが受講できます
 担当 平野 054-205-3320

駿河の会の成果と講座の雰囲気が伝わったら!  人気blogランキングへ
静岡ネットビジネスモデル創るぞ~!

MTによるネット型経営革新塾、始まりました。

6/1~5 講演紀行
 徐々にピークのシーズンになってきました。
6月1日~2日 顧問先訪問
新潟の回転寿司
イカゲソ
新潟の回転寿司:新潟、石川県の回転寿司はレベルが高く大好きです。 特に太平洋側の私的には、日本海側のねたが新鮮です。
 寿司定食+いかゲソ(追加)How much!
仕事?ちゃんといたしました。
顧問先社長におともして新潟市内の割烹あさいへ
新潟は枝豆が旬になりつつあります!
新潟は枝豆が旬になりつつあります!:社長は〆張鶴、 部下の日とは朝日山。私もビールを頂いてから、朝日山。辛口でいけます!
 枝豆は弥彦姫。うまい!
甘エビ
甘エビ:甘エビ、イカ、鯖、カツオなど旬の刺身が並びます。
最後の締めは稲庭うどん
最後の締めは稲庭うどん:新潟の食文化として、東北秋田の文化も日本海を通じて 受け継いでいるようです。料理屋のうどんは稲庭うどんですね、殆ど。
 喉越しゆたかでさわやか。つるつるっていけちゃいます。
初夏の新潟駅
初夏の新潟駅:翌朝は移動日。気持ちのよい初夏の青空の下、新潟駅から帰る。
ビックリカメラの店員とのカメラ談義(白黒論争II)
 カメラをご検討中の方のご参考までに!(このような話を書くと、必ず「CANON派を・・・」との 声が起こりますがけしてそのような意図はありません。)
加藤「ガイドナンバー800のストロボを教えてください」
店員「○○ろうの飛翔を撮影する場合、純正以外の部品をお教えします」
 私はカメラの○タムラは、店員が横柄ですし、カメラの知識もないのに上から目線で話すから、 消耗品の調達のときにしか入りません。
 これに対してビックリカメラは店員に必ず詳しい人がいるので便利です。
加藤「ストロボの件はわかりました。フルサイズカメラ、NIKON D700とCANON 5Dについて 教えてください」
店員「フルサイズカメラについては、やはりCANONが優勢です。有効画素数も1210万画素万画素と2110万画素と差があります

加藤「確かにある方の作品なんかでもトリミングしたときの画像も凄いですよね」

店員「ただしCANON 5Dは気をつけなければなりません

加藤「それはどういうことですか?」

店員「使えないレンズが多すぎるということです!」

加藤「もっと詳しく教えてください」

店員「撮影時にミラーアップしますが、その際に跳ね上げたミラーがレンズに
当たるのです」

加藤「実はD700も視野に入れているのです。商品撮影でフルサイズの
質感や階調が必要になってきました。自分の撮影した写真のよしあしで
売れ行きが左右されるようになってきたのです」

店員「D700は構造上、きちんとそのような点が配慮されています

加藤「要は、NIKONとCANONの設計思想の違いですね」

 最近、NIKONとCANONのものづくりとしての思想の違いが明確になってきました。
CANONの場合1DMarkIIと5D及びその他のカメラではっきりユーザーを区分しているというか、分断されているように思います(悪口ではありません)。


 NIKONはD90→D300→D700と段階的にスキルアップできるようになっているかのようなつくりです。レンズも殆ど継承されます。

店員「お客さんはプロですか?」

加藤「アマチュアです。D300ユーザです。」

店員「あれは名器です。特に望遠撮影においてコストパフォーマンス、性能とも抜群のできです」

加藤「確かに画質、性能共に満足しています」

店員「ただ、生産中止になる可能性もあります。NIKONとしては、上位機種を伸ばす気配があるようです」

6/3 みなかみ町商工会、ネット(Web)経営革新塾

やばいぞ新潟、やばいぞ日本


やばいぞ新潟、やばいぞ日本:東京駅から上越新幹線たにがわに乗るも、
指定席に乗客の影はなし。特に熊谷までは自分を含めて3人いたが高崎を過ぎたら私だけ。
大丈夫?







依頼者は悪役商会さん!

依頼者は悪役商会さん!
悪役「先生、飲むか?」(・・といいつつ、リポビタンデーを持ってくる)

加藤「いいっすね、悪役さん、例のポーズしてください」

悪役「ファイト~ッ!一発!」

みなかみ町商工会経営革新塾


みなかみ町商工会経営革新塾Movable Typeを使った
経営革新塾スタートです20人募集が32人!


 昼ごはんどきに、僧兵さんと僧兵さんの同僚のSさんが仕事の打ち合わせにいらっしゃいました。
一端、自宅に帰ります。


6/4~5日朝まで 京都府福知山市商工会、ネット(Web)経営革新塾

京都府福知山市商工会、ネット(Web)経営革新塾


福知山市商工会、ネット(Web)経営革新塾:春先のコンサルが
経営革新塾に繋がりました。18名募集でやはり32人。おかげさまで人気講座になりつつあります。


 やっぱり、自分でコンテンツを管理する方が安価で機動力がありますよね。


ホテル生活


ホテル生活:福知山駅前のアールインというホテルに泊まりました。
新しいホテルで快適です。


 朝食は680円でパスタ料理屋の洋食系。セルフなんだし有料だからもっと
質的向上が期待されます。この程度なら、ルートインや東横インなら
無料朝食の範囲だと思います。


 土曜日、静岡で講座があるので7:40分の電車に乗って静岡を目指す。


 途中、浜松からブラジル人の集団に囲まれて、香水の臭いや煩さに弱りつつ
静岡へ!

講座各地の雰囲気が伝わったら!  人気blogランキングへ
仕事、頑張りです!

ぼんやりと駿府公園内を散歩する

5/30 散歩道
 散歩していると色々な発見があったり、気分転換ができます。
駿府公園内であったこと
老犬 老犬:散歩中に年配の女性に話しかけてワンコを撮らせていただきました。 かわいいですね。大人しい犬です。なんでも女の子でもう結構なお年だとか。大きい犬は寿命が短いと 聞いているのでなんとか頑張って欲しいですね。
ドクダミ:この次期、白い花を咲かせます。確か、薬効効果があると聞いています。 自分としては梅雨=ドクダミもしくはアジサイというイメージを持っています。 ドクダミ
そういえば、梅雨というと!
キノコ
キノコ: 公園内でじめじめしていたり、木の根元で苔が生えているところを欲観察してください。 キノコが生えています。
 食べるか食べないかは別として被写体としては楽しめそうです。
芝桜
シバザクラ: 最後は自生するシバザクラを撮影して

のんびりした雰囲気が伝わったら!  人気blogランキングへ
月曜日から、また仕事です!

静岡市内でホタル撮影の季節になりました

蛍の季節の到来(5/24,26,30)
 静岡では5月25日を越えると毎年蛍の季節になります。
 去年のホタル撮影結果もどうぞ

青い刻
青い刻:逢魔が刻(おうまがとき)といえるような青が支配する時刻がある。 静に光り始めたホタルはふわり、ふわりと舞い上がる。
  1. 2009/05/30 19:30頃
  2. NIKKOR 50mm F1.8(film用レンズ)
  3. F3.5 ISO400,30S
  4. RAW撮影データをカメラ内部の操作で2枚重ねた(多重露光)
※考察:30秒以上開くと少なからずノイズが出る。そこでISO感度800で30秒でシャッターを 切ったがわずかにノイズが発見された。そこで、ISO感度を400にしてみた。
ノイズは発見されなかった。
金色の刻
金色の刻:青い刻の少し前の時刻。ホタル撮影において 重要なヒントを掴んだ写真。要は闇の中で川が写るような設定であれば、ホタルは写る ということである。
  1. 2009/05/24 19:25頃
  2. NIKKOR VR 105mm F2.8
  3. F8 ISO800,35S
※考察:要は明るいレンズを使うこと。土手の上などから撮影する場合はホタルまでの距離があるので 望遠レンズが有効である。
ホタル乱舞
ホタル乱舞:ホタルの乱舞は7時代後半から8時代前半まで。量的な満足感を得られた 作品。
  1. 2009/05/30 20:05頃
  2. NIKKOR VR 105mm F2.8
  3. F8 ISO800,35S
※考察:明るい時間帯はマニュアルレンズが綺麗でよかった。 しかし、暗くなると撮影条件を変更する必要がある(当初の設定では写らない)。 マニュアルレンズでは設定がパネルモニタで確認できないので設定に手間取る。 そこで、105mmレンズに変更して撮影した。
光の流れ
光の流れ:撮影に夢中になってしまうと時間の経過を忘れる。そんな1枚。
  1. 2009/05/24 19:59
  2. NIKKOR VR 105mm F2.8
  3. F8 ISO800,35S
※考察:ホタルは川の両岸にある葦の上を飛ぶ。だから縦構図でかまえ飛行ルートを押さえておく 必要がある。それを把握した今年度初期の1枚。
撮影環境
ホタルは里山の清流を好む
ホタルは里山の清流を好む:日中は竹藪にいたり、 葦の葉の裏側などにいる。竹やぶにいるものは夕暮れ時にふわりと舞い上がり、 木などを経由して川に下りる。

基本装備
  1. 撮影開始時刻 19:10~20:30
  2. NIKON D300 RAW,長時間ノイズ低減,WB=太陽光
  3. 三脚ベルボン645,レリーズ
※ホタル見学者へのお願い: お互いに気持ちよく撮影するために、ご協力下さい。
  1. 自動車はホタル自生地より数100m前に駐車する
  2. ライトをホタルに向けない:ホタルが光らなくなる
※負けじ魂!(広い心でお読み下さい):  ある方が、コンデジで適当に撮影したホタルを「まあ、皆こんなもんだろう」とコメントしていたのでちょっと発奮しました。(けんかを売っているのではありません、発奮材料にさせていただきました。)
 だって、NIKON D300もっていて、「ホタル撮れないなんていえないじゃん!」こういう、意地っ張りな自分がどこかにいます。でも、こんな負けじ魂でここまできましたので許してください。

ホタル撮影の難しさをご理解いただけたら。  人気blogランキングへ
撮影場所:静岡市駿河区

好評!快適自炊シリーズ=ピラフ編=

ピラフを作ろう!
 以前からピラフを作りたいと思っていました。 決心がつかずに迷っているとき、チャンス到来。妻が子供達とカラオケにゆくというのです。
 以前もこんなことがあったら「とんでもない」という声が上がったのですけれど、 内情をお話しすると「子供達がおやじに歌を聞かれるのを嫌がっている」のです。
食材集めから
食材
ピラフの食材:以前、TVの料理番組でだいたいどんな ものを集めたら良いのかは分かっていました。また TWINSさんのブログでもパエリアが掲載されていたので、 あとはやってみるだけだなと思っていました。
お米を炒める
お米を炒める
ピラフ作りはお米を炒めるところから: 最初にアサリをバターで炒めてそのだし汁をとっておき、ブイヨンを溶かした お湯と混ぜてお米と同量にキープしておきます。



 その後、お米をタマネギと一緒に透き通るまで炒めて


だし汁と一緒に15分間弱火で炊く!

炊き上がり


炊き上がり:10分ぐらい適当に蒸してできあがり。
まあ、食べられないことはないでしょう。


ピラフの盛り付け例

盛り付け例


海鮮ピラフ
なんだか、パエリアのようですが、まあ、あまり気にしないことにします。
実際に食べられるのでOKでしょう。
反省点はご飯が少し硬かったのでいま少しお水を。あと、野菜のうまみや
海鮮のうまみをどうだすか。サフランなどの色を入れてみてくれをどうするかでしょう。


サラダにはアスパラを!


サラダにはアスパラを!:そうそう、料理の師匠のTWINSさんのブログにはアスパラガスをとの記述が。
後からいれるのもなんだしなあ~。サラダにしてしまえ!


 スーパーで見切り品50円2本いりのものを買って来て、そのうち1本を
使ってサラダのできあがりです(笑い;


 凄いいい加減だなあ~!写真もそうだし、料理も適当、男の料理です。

稲庭うどん物語
 大瑠璃セレクションは地域のおいしいグルメ商品をお届けしております。
稲庭うどん
稲庭うどん:うどんというとさぬきうどん。稲庭うどんはおいしいけれどブランド負けしていました。 この商品をなんとか売り出したいと私は考えたのです。
 そこで、工夫したのが写真!良い写真を出せば買ってもらえるのかもと考えたのでした。 そこから半年に及ぶ苦闘が始まるのです。
  1. 稲庭うどんは乾麺、茹であげから5分が撮影のピーク
  2. タレをつけて撮影するとおいしそうでない
  3. 逆光の方が美味しく見える
 今回は、秋田の本田商店さんの商品を使わせて いただき、撮影助手に母を使って撮影にトライアルしました。
喉越しさわやかな稲庭うどん
喉越しさわやかな稲庭うどん:稲庭うどんはお吸い物にも良いし、温麺としてもおいしい。 でも、その喉越しのよさを活かすのはさらしうどんでしょう。 トッピングは桜海老のかき揚げとソラマメの天麩羅をつけてみました。

男の料理を気に入っていただけたら。  人気blogランキングへ
アバウトな性格、そのまんまです

静岡市の花菖蒲の名所を訪ねる旅

静岡でみる花菖蒲
 梅雨が近づいてきて花菖蒲が美しい季節になってきました。
静岡市・加藤島・水道局の花菖蒲
花菖蒲と水車
花菖蒲と水車
清涼感
清涼感:かつて補助金があったころは、花も多く開花時期も早かったように思う。 次第にやせ細る花菖蒲園。私達はいいものがみたいから100円ずつ入場料を取ったらいいと思う。 そう願いつつ、シャッターを切る。

大きな地図で見る
水道局へのお願い:以前は休日でも自由に出入りができた。今年は6月1日から1週間しか出入りできない。なぜ? そういう情報はしっかりHP等で公表すべきではないかと思った次第。
昨年の作品花菖蒲とタチアオイが綺麗な場所なんです。皆さん、大切に。
静岡市駿府公園紅葉山の花菖蒲
 上記の理由で他の場所を開拓しようと思いネットで検索していたら、 家から徒歩5分の場所にあることが判明。150円の入館料を払って撮影してきました。
晴天に笑う
晴天に笑う:この日と翌日は凄く変な天気でした。午前中、雨が降っていたと思うと 午後になったら晴れ始めたり。ちょっと日差しが強いですがご愛嬌です。
八橋のジグザグ模様と花菖蒲
八橋のジグザグ模様と花菖蒲:八橋って、思うに建築家の造形美、美意識から創作されたものではないかと 考えながら撮影した。
日差しを浴びて
日差しを浴びて:白い色はとてもまぶしい、午後の陽光を浴びて天を指す 花菖蒲

錦鯉
錦鯉:池のなかに睡蓮があった。開花はいまひとつの状態ですが、錦鯉をいれて撮影しようと思い 15分くらい粘ってみた。

大きな地図で見る

花菖蒲の姿態が振袖のようだなと思うなら。  人気blogランキングへ
今年も花菖蒲を有難う、静岡におこしやす!

撮りバカ日誌5 7/7 初夏の森の命を食べる

山の命を食らう旅
 時は五月、山も映ずる季節です。無論、山菜もいわんや。
山に生きる山菜達
新緑とコゴミ
新緑とコゴミ:新緑がまぶしい。地面にへばりついて撮影した。
コシアブラ
コシアブラ:これがコシアブラ。天麩羅にすると抜群にうまい。
ゼンマイ
ゼンマイ:ゼンマイたちの談合。何を話し合っているのか。
コゴミとゼンマイとの違いについて:多分、お局様も ご存じないに違いない(ゴメン!)
識別ポイント コゴミ ゼンマイ
葉の色 緑色 茶色
白い毛がある 白くない
調理 あくがないで楽 あくが強い。
タラノメ
タラノメ:歩いてまわった先のタラノメは大概既に 先客にむしりとられていた。かろうじて、この程度の芽を撮影することができた。


山の命を天麩羅にして

 山菜。スーパーの袋1/3程度もってきてしまいました。
だって、これって蕎麦屋さんや居酒屋さんで食べたりすると600円くらいするんだもの


撮影現場について

青い月さん「先生、またコゴミがありましたよ(笑い;」

佐藤氏「青い月さんはいいんですか」

青い月さん「僕らはそこいらにありますから」

伯爵「このコシアブラって料理屋で食べたらごちそうです。」





佐藤氏「お二人とも、あの方を見てください。」(・・・と見知らぬ人を指で指す)

伯爵「すげぇ~、ポリ袋2袋も山菜とってやんの」

山菜天麩羅


山菜天麩羅:山菜を家に持ち帰り、母に半分あげて、残りを妻に天麩羅にしてもらいました。


伯爵「コシアブラって高級品なんだんぞ~!」

妻「少し苦いわね」



天麩羅は塩でいただく!


天麩羅は塩でいただく!:やっぱり旬の味覚を天麩羅で食べる場合は塩でしょう。

ほどよい塩味と苦味が美味と理解できるなら。  人気blogランキングへ
山菜天麩羅おいしゅうございました!

撮りバカ日誌5 6/7 滝と川と雪渓と

川の源流を辿る旅
 休憩をとった青い月さんを車に残して、Zukudas@佐藤氏と伯爵の 異常元気コンビは雨飾山の麓を流れる川の源流を辿るを旅することになりました。
ミズバショウ咲く木道
ミズバショウ群落
ミズバショウ群落:就職した初年度の最初のGW、私は雪の尾瀬を訪ねた。 ふとそんなことを思い出させるミズバショウの群落。
木道と残雪
木道と残雪:暖冬とはいえ、日陰になりやすい谷あいは残雪が多く残っていた。
清流とミズバショウ
清流とミズバショウ:木道脇のそこここで湧き水が流れる。 ミズバショウは柔らかで湿り気のある土壌が好きだ。
雪渓に咲く
 植物の不思議は苛酷な環境にじっと耐えて根を張り花を咲かせることだ。
雪渓と色彩
雪渓と色彩:木道脇の雪渓を少し上ってみた。ブナの若葉とヤマツツジの赤が妙に印象的だった。
猫柳笑う
猫柳笑う:雪渓の根元にさく猫柳に光があって綺麗。考えることは同じようなもの。 NIKONのカメラで猫柳を狙う方がいた。会釈して自分も撮影する。
ほとばしる水
天駆ける水
天駆ける水:水は崖にあたると天を駆け、一気に舞い落ちる。
滝
:滝の勇壮さ、エレガントさは人をひきつけて止まない。

日本が水の国だと理解できるなら。  人気blogランキングへ
水と森共生を撮影しました。