« 平成22年度(2010年)システム監査技術者試験 小論文 解答速報 | メイン | 平成22年(2010年度)プロジェクトマネージャ試験 午後II 解答例 »

2010年4月20日

2010年システム監査技術者試験小論文 概況

2010年システム監査技術者試験 午後II 小論文の総評

■総評
  1. 非常に意欲的で、システム監査技術者としての実力を問うようなテーマが出題された
  2. 問2の内部統制報告と問3の事業継続計画はもしかすると、予想が当たった方もいると思う。
  3. 全3問のなかで問2が一番難しいなと思った。

全体的に良く練られていて、相対的に難しい。小論文試験では、その意図を 解答者が読み取って、網羅的に小論文を執筆することが出来るかが合否を分けるポイントであろう。あえて言うと 問2がもっとも難しい問題ではないかと思われる。

■難易度

[難易度]★が多いほど難しい

  • 問1 ★★★★☆
  • 問2 ★★★★★
  • 問3 ★★★★☆

 上記の難易度を決めた理由は次の通りである。

  • 問1:システム管理基準にシステムの安全性の確認事項が掲載されている。自分勝手に論文を書くと合格できない。
  • 問2:文書の共有化とアクセス管理のトレードオフの問題。両者のバランスの取り方が難しい
  • 問3:システム管理基準の該当箇所を今回のテーマである「IT運用コストの削減」に置き換えれば 簡単に解答できる
■問題別、小論文戦略

 合格できるか、否かについての基準を示そう。

問題 問題の必須条件 合格のための工夫
問1 システム管理基準が理解できているか システム開発工程に遡っての監査がかけるか
問2 アクセス管理と文書共有化の妥当な共存点をみつけられるか 電子文書の共有化の有効性と監査証跡とを合理的に結び付けられるか
問3 システム管理基準が理解できているか コスト削減の実現性とコスト削減のリスクの両論を明確に書き抜くこと
■総評と解答速報
総評
●午後Ⅱ
■2010システム監査技術者試験 解答速報目次に戻る
■システム監査技術者試験小論文合格講座



投稿者 kato : 2010年4月20日 17:58