« 改正パートタイム労働法について | メイン | 2008年春、システム監査技術者試験 小論文解答速報 »

2008年4月 7日

システム監査技術者試験=どこを暗記すればいいのか=

システム監査の基本的用語について

CD購入者の方からご質問いただきました
Q1 どの程度の暗記が必要なのか

CDを読むと”システム監査試験の小論文は暗記が重要”とありましたので、素直に暗記しようと考えております。
ところが、どこを暗記していいのかわかりません。どの程度の暗記が必要なのでしょうか。
「サンプル論文を読ませていただきましたが、システム管理基準のあちこちを引用されたり、 ISMSなどのいろいろなものを引用されています。すべて覚えるのは不可能ですよね。

ご回答

「Q1 どの程度の暗記が必要なのか」について
基本的にヤマは張りたくないのですが、すべてを覚えたくない方も多いと思います。
なので、ヒントを書いておきます。ただし、ヤマが外れた場合の責任は持ちません
自分の経験に基づいて語ります。 そのうえで試験対策は次のように考えます。

  • CDに、小論文試験テーマを整理した欄があるので、まずそこをご覧下さい。
  • 試験に良く出る場所を覚えて、出ない場所を外す。これが試験の鉄則です。
  • よく出る分野は、ITガバナンスIT投資とIT戦略の有効性監査証跡の確保
  • つまり、システム開発系は出題されにくい。
  • ITガバナンス、IT化計画系は出題されやすいから徹底して暗記。
  • 過去に出題されたテーマで、システム監査基準やシステム管理基準にない内容を 他のスタンダードから引用、眼を通す。

 よって自分が受験したときは、システム管理基準のなかのITガバナンスを集中的に暗記しておき、システム開発は暗記から外し、運用や報告書作成などのところは眼をとおしておきました。

Q2 システム監査基準を重視すべきか、システム管理基準を重視すべきなのか

また、事務的にシステム監査基準に即して監査項目を列挙する。
ここは、「監査基準」ではなく、「管理基準」でいいですか?

ご回答

「Q2 システム監査基準を重視すべきか、システム管理基準を重視すべきなのか」について
結論から言うと、システム管理基準を重視と考えます。
しかし、これについても前述と同様です。すなわち。

  • 試験テーマによく出題される部分を集中的に暗記する。
  • 新・旧のスタンダードでテーマがかぶる部分があったら、新基準を参照。
  • それで不足ならISO27000等を参照。
要はどこを暗記するかによって勝敗がわかれる。

 システム監査試験は知らなければかけない論文です。だから、どこを暗記するかが合否の鍵を握る。
そのために試験傾向の把握が重要です。CDに良く出る分野が書かれていますので、 その部分を暗記すれば当たる確率が高いでしょう。

システム監査技術者試験、小論文対策講座(有)アイ・リンク・コンサルタント



投稿者 kato : 2008年4月 7日 10:00