« ITガバナンスと内部統制との違い | メイン | システム監査技術者小論文=スタンダードの引用について= »

2008年2月15日

システム監査技術者試験・小論文の完成度について

システム監査技術者試験の小論文の完成度について

読者の方からご質問いただきました

午後1に関するご指導「完璧を目指すのでなく足きり通過を目指せ」がございますが、午後2についても 「完璧主義じゃなくて良い」は通用するでしょうか?
 アドバイスいただきたくお願いいたします。

ご回答

 小論文の完成度という議論は難しい質問ですが、とりあえず考えられることを述べてゆこうかなと 思っております。

システム監査基準、システム管理基準暗記の完成度

 システム監査技術者試験は、他の試験と異なりシステム監査基準、システム管理基準(以下、システム 監査基準等)をしっかり覚えていないと小論文が書けません。
 その完成度について意見を述べます。

  • 税理士試験などでは一言、一句暗記が必要ですが、システム監査基準の一言一句までの暗記は不要
  • しかし、システム監査基準等の内容を損なわない程度の暗記は必要と思われる
小論文の完成度

 論述試験では、100点の答案作成は不可能であること理解したうえで論述を行う必要があるでしょう。
そのうえでの留意事項は次のとおりです。

  • 点数的には70点を狙い、実際の得点は60点を目指す
  • そのために、出題者の題意をしっかり読みぬく必要がある。題意さえ読みぬいていれば、 完璧な答案でなくても合格できる
  • 採点者が「この人はシステム監査人としての素養がある」と思えれば合格である

 60点を取るための留意点は次のとおりです。

小論文の留意点
  • 題意の読みぬきで、洞察力や注意深さが考査されている
  • システム監査基準等の記述によって、最低限の素養が学習済みであることを考査される
  • 題意に添った論述表現で監査報告書作成能力が要求される
  • 論旨の一貫性の確保で、論理的思考能力が考査される
まとめ

 要は完璧は必要ないですが、採点者の考査のポイントを抑える必要があるということです。

システム監査技術者試験、小論文対策講座(有)アイ・リンク・コンサルタント



投稿者 kato : 2008年2月15日 08:05