« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 8日

プロジェクトマネージャ2006 午後Ⅰ問4

問4

設問1
(1)通信設備の影響で性能目標が達成できない。
(2)ピーク時間帯の最大受付件数。
(3)シミュレータを導入しアルゴリズム別の性能を評価する。
設問2
(1)性能目標達成の観点で機能を評価する。
(2)1.メリット:進捗管理を帳票画面数で評価できる
  2.デメリット:各工程間の依存関係で進捗管理できない
設問3
P社からの仕様変更依頼を一端保留し、その内容をL課長に報告する。
設問4
(1)追加開発依頼を実現した場合、納期遅延が発生する可能性がある。
(2)追加開発はP社経営会議の承認を得ているか。

■2006年 プロジェクトマネージャ試験解答速報目次に戻る

■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kitta : 09:21

2006年11月 7日

プロジェクトマネージャ2006 午後Ⅰ問3

問3

設問1
(1) 製造・単体テスト:追加メンバを開発経験者が指導できるから。
(2) 開発未経験者の参加による生産性の低下。指導工数の発生。
(3) 追加開発による工数増加と手戻りの発生。
設問2
(1) 1 レビュー参加者に内部設計書を事前にレビューさせる。
  2 レビューの指摘漏れを防止することができる。
(2) レビューでの指摘事項の一覧を対応完了を確認するためのチェックリストとする。
(3) 指摘事項反映確認の捺印欄
設問3
(1) 内部設計書の構成要素別に品質の良し悪しを識別している。
(2) 内部設計書に記述漏れや、検討の深さが足りないことが予想される。
(3) プロジェクトチーム

■2006年 プロジェクトマネージャ試験解答速報目次に戻る

■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kitta : 11:44

2006年11月 6日

プロジェクトマネージャ2006 午後Ⅰ問2

問2

設問1
(1)現行システムの改修内容が新システムとして必要かどうかの検討。
(2)内部設計以降に発生した改修作業コストは再見積りを行う。
(3)システム改修内容の新システム反映への期限の設定。
(4)コスト

設問2
1.内部設計、製造・単体テストで使った要員が手すきになり、再活用できる。
2.結合テストで十分検証した上で第二次開発するのでプログラム品質を確保できる。

設問3
(1)1次開発、2次開発間のプログラム検証
(2)2次開発での修正の影響が1次開発チームに反映されない

■2006年 プロジェクトマネージャ試験解答速報目次に戻る

■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kitta : 09:35

プロジェクトマネージャ2006 午後Ⅰ問1

問1

設問1
各部で使用する帳票や画面が異なっていて、これを標準化しなければならないため。

設問2
(1)帳票・画面ごとに設計着手から完了承認まで一貫して管理できる。
(2)タスクの完了基準が明確に記述されていない。

設問3(1)
1.DBチーム
2.入出力チーム
3.プロセスチーム
設問3(2)
1ヶ月目でCVがすでに-3,300だから。

設問4(1)
1.設計完了後、利用者承認がないと出来高比率は20%となるから。
2.設計の完了時
設問4(2)
利用者の要求によって手戻りが発生する。

設問4(3)
d 高くなる
e 高くなる
f 変わらない
g 高くなる

■2006年 プロジェクトマネージャ試験解答速報目次に戻る

■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kitta : 09:25

2006年11月 3日

キャリア形成の順序と会計的知識について

比較的年齢の若い方のキャリア形成について

 20代の大学を出たばかりのSEOの方からキャリアアップについてのご質問をうけました。概要は次のような内容です。

ご質問の内容

  1. システム監査を目標資格として受験しようと思っている。
  2. しかし、システムアナリストにも目移りがする(魅力的だ)
  3. どうやら、両方の科目には会計科目の習得が必要そうだ
  4. どの程度会計を深く勉強したらよいだろうか
  5. ちなみに友人は日商簿記の1級を取得した

結論

  1. システム監査を受験する場合、IT的素養と会計的素養が必要
  2. IT的素養の確保のために、基本情報処理技術者等の資格はあって邪魔にならない
  3. システム監査合格のためには可能であれば、日商簿記2級程度の会計的知識がほしい
  4. 要は、会社会計の知識が必要ということで、日商簿記1級は必ずしも必要ではない

システム監査を受験するか、システムアナリストを受験するか お悩みの方はこちらをごらんください

。人の性格の向き不向きがありますから、よく試験の内容を確認されることです。
自分のキャリア形成の順序について

参考までに自分のキャリア形成の過程を示します。

時期

資格名称

備考

昭和58年3月~10月

日商簿記3級、2級

スクーリングすれば半年で習得可能です

昭和59年8月

税理士財務諸表論

簿記を始めて1年で取得できました。

昭和60年8月~10月

税理士簿記論・二種情報

旧基本情報に関する資格です。

昭和63年

一種情報処理

税理士試験を断念、清算しました。

平成元年

中小企業診断士一次試験

3ヶ月の勉強で合格しました。会計の知識・一種合格の科目免除がいきました。

平成2年

中小企業診断士二次試験

勉強を開始して1.5年で合格です

平成6年

システムアナリスト試験

情報診断士の力量で、ほとんど勉強しないで初回合格です

平成8年

上級シスアド

システムアナリストの力量で、ほとんど勉強しないで初回合格です

平成13年

情報セキュリティ

ISO17799を勉強していたため、なんとか初回合格です

平成15年

プロジェクトマネージャ

実務ではなんとか対応していたのですが、PMBOKを勉強しなおしたのが正解でした

平成16年

システム監査

システム監査基準を暗記して合格しました。苦労しました

自分はなぜ独学で試験に合格できたか
  1. 会計に関する深い知識を持ち、それを他の試験に応答したから
  2. ITに関する基本理論をソフト、ハードともしっかりと学習したから
  3. 学んだ知識を大学院等に通って、ブラッシュアップしたから
  4. 関連する資格を順に取得してゆき、試験の仕組みをよく理解したから

 国家試験の場合、試験を作った段階から合格させたい人材像がすでにあるので、それに沿って 受験勉強してゆくことが合格の近道です。

システム監査小論文試験専門の教育は アイリンクコンサルタントです。

若い皆さんのご検討をお祈りします

投稿者 kato : 10:58