« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月23日

2006年PM午後II小論文 問3 解答速報

問3 業務の開始日を変更できないプロジェクトでの変更要求への対応について

1 プロジェクトの概要と変更概要
1.1 プロジェクトの概要

A社は人材派遣業である。最近の人材派遣の流れのネット化に対応して、また、地域の経済界の要請 を受けて製造業、そして特定地域に特化した就職転職WebサイトXの構築と運営に関与した。このサイトXは 翌年3月までにカットオーバしなければならない。

1.1.1 情報システムの概要

 サイトXは、WebサーバとデータベースおよびCMS(Contents Management System)によって構成されている。 従ってWebサーバは静的なhtmlファイルをおかずに、利用者のアクセスに応じて動的Webを提供する仕組みとなっている。

1.1.2 プロジェクトの概要

 サイトXをインフラを構築した上で、コンテンツを構築し、登録している人材・企業データをデータベース システムに移行する。プロジェクトの編成は、プロジェクト管理者である私と、契約・文書管理スタッフ1名、 ネットワーク構築チーム2名、コンテンツ制作3名、データ移行チーム2名の計9名である。

1.2 変更概要
1.2.1 業務開始日を変更できなかった背景

 A社は半年以内にまずWebサイトを立ち上げ、ビジネスをスタートしなければならない。これは地域経済界の 社会的使命であり、既にプレス発表なども済んでしまっている。また、人材募集には離職の多い時期(賞与、 異動時期)を狙う必要があり、カットオーバの遅れは地域全体のニーズへの未対応となりシステムへの信頼の喪失につながると 判断された。

1.2.2 変更要求

 サイトXの仕様について、要件定義が終了し外部設計に着手したタイミングで①静的Webでシステムを構築して 欲しい。②理由は検索エンジンを意識した対応(以下SEOという)、③SNS(Social Networking System)機能の追加であった。

2 変更要求への対応
2.1 検討した内容

 ユーザの要求を全て満たすと、大幅な工数増加につながる。その結果、大きなプロジェクト遅延要因につながる ため、次のような内容の検討が必要だった。

  1. 全てのページにSEO対応が必要なのかの検討
  2. 追加工数を受け入れるリスクをユーザを含めた検討が必要
  3. 緊急対応が必要なケースと不要不急なケースとの切り分けが必要
  4. そのうえでの段階的導入、中断するタスク等の明確化が必要

 以上の内容を、ユーザを含めて、スコープ管理委員会で議論した。そこで私は次のような意見を表明した。

  1. 人材サイトの全てのページにSEO対応を設置するとセキュリティ上の課題が発生するので、トップページコンテンツおよび 20P程度のhtml対応にとどめるべきではないか
  2. 追加工数を受け入れた場合、大幅な工数増加200%以上となり、カットオーバに間に合わない
  3. まずは人材募集サイト、マッチングサイトからスタートすべきであり、そのために必要な人材、企業データベース 移行を優先すべきではないか
  4. そのうえでの段階的導入、中断するタスク等の明確化が必要

 このサイトXの場合、地域活性化を目的としていることから、 情報戦略書の記載内容に基づいてプロジェクト計画書を見直すことが、ユーザにとっても当社にとっても 得策と考えたためである。

2.2 結果

 以上の検討の結果、次のような結論を得た。結論はスコープ委員会で了承され、 プロジェクト開発計画書および要件定義書が見直された。プロジェクトの遅延5%は予備工数で 対応できるとみられた。

  1. SEO対策を含めた静的ファイル化は20コンテンツ(開発工数の5%程度に とどめる
  2. カットオーバの時期は、経済環境等を考慮して変更しない。
  3. 人材サイト、データベースサイトはセキュリティを重視してSEO対策しない
  4. 人材データベース登録機能、人材データの移行の作業を優先作業とする
  5. SNSサイト構築は第二次開発とする
2.3 重要な観点

次のような観点でユーザと交渉し、また、配慮した。

2.3.1 利用部門の利便性について

利用部門は、カットオーバの時期を十分確保できるうえ、新たな課題であったSEO対応もTOPページ コンテンツを中心にして確保できる見込みである。また、必要以上のサイトの公開は業界事情を鑑みて セキュリティ上の課題があることを「工程見直し計画書」で指摘した。

2.3.2 運用部門の負荷について

むしろサイトX内部にCMS的要素を多数のこしたことによって利用部門の負荷(サイトXのコンテンツ改定を 含めて)は大幅に軽減されることが予想されることをユーザに提言した。

2.3.3 チームリーダの周知

チームリーダのうち、工数が5%程度増加する可能性のある、コンテンツ作成チームのリーダを事前に呼び出しておき 交渉の過程や、ユーザへの提案書、スコープ委員会の議論の内容について情報共有しておいた。そして事前に、 新ニーズに関する「工程見直し計画書」が採択された場合を想定した、新たな進捗計画書の作成を指示しておいた。

要員についてもチームリーダと同伴して、プロジェクトサブ会議の席上で、ユーザからの要望、交渉の経緯の概略を 説明し、工数が大幅に増加しない結果となっていること、余裕工数を残した作業ゆえ不安はないことを表明して、見直し計画を説明し メンバーの質疑応答を得た。

3 評価と改善
3.1 評価

   プロジェクトは納期内の完了した。また、当初絞り込んだ機能(人材登録、募集、マッチング機能)は ユーザの当初の要望を十分満たした。プロジェクト内部の工程も当初5%増加と見込んだ工数どおりに推移した。

3.2 改善

   今回は、偶然、当社の見直し計画がユーザの利害に合致してうまく交渉が進み、大過なくプロジェクトを終えることが できた。しかし、今回のようなケースが全てのケースに当てはまらないこともあり。
 そこで、ユーザからの問題のある提案や計画の見直しを受けた場合、契約書に準拠した交渉法、問答集などを整備する必要があると考えて 当社幹部と、今回の経験を元に整備を計画している。 以上

■2006年 プロジェクトマネージャ解答速報目次に戻る
■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kitta : 10:15

2006年10月22日

プロジェクトマネージャ試験2006小論文の総評

2006年PM午後II小論文の総評

■総評
  1. 問題を出し尽くしたせいか、既出問題の焼き直しが2問とも出題された
  2. 全体的に各問題の設定が大雑把で、題意の詳細な把握が難しかった
  3. 問1はいきなり飛びつくと精神論を書く可能性があるから注意して取り組む必要がある

それぞれの問題は過去問題にヒントを得た問題で特に新傾向はない。ただし、問題をよく読むと、一筋縄ではないかな課題が潜んでいる。 その課題を解答者が読み取って、いったん整理して、おちついて小論文を執筆することが出来るのかが合否を分けるポイントであろう。 あえて言うと問3が最も小論文を執筆しやすい問題ではないか。

■小論文を書く上での留意事項

それぞれの小論文を書く上で次の点に注意が必要である。

  • 問1:混乱したプロジェクトの問題解決法がポイントになる、どれだけ熱く、冷静に論述できるかけるが 合否の分かれ目となる
  • 問2:実務的に良くあるケースと思うが、普段担当しない費用管理の仕組みと、顧客との合理的折衝をしっかりかけるかがポイント
  • 問3:設問アの段階で、どのようなシステムに、どのような顧客の方針変更で予定が変更になったかの条件設定を しっかり書いておく必要がある
■難易度

[難易度]★が多いほど難しい

  • 問1 ★★★★★
  • 問2 ★★★★☆
  • 問3 ★★★☆☆

[結論]

 上記の難易度を決めた理由は次の通りである。

  • 問1 経営戦略に立脚した骨太の計画書の立案ができれば合格が近い
  • 問2 BPRに立脚したQR(Quick Response)、そのための情報の共有化。データ統合、業務改革を書けばよい
  • 問3 を考慮しなければならない
■問題別、小論文戦略

 合格できるか、否かについての基準を示そう。

問題

問題を必須条件

合格のための工夫

問1

チームワークやリーダーシップが正しく理解されているか

プロジェクトが混乱したときの収拾方法を方法論として論じる必要がある

問2

設問アの部分で費用管理の仕組みを体系的に説明できるか

ユーザクレーム対応によって発生した予算超過対策を契約や顧客に及ぼす影響範囲を明確に論じられるかが課題である

問3

設問アで採点者が納得できるような合理的な影響因子を論述できるか

解決しなければならない複数の要因を体系的に切り分けて論述する

■2006年プロジェクトマネージャ試験解答速報目次に戻る

■プロジェクトマネージャ試験小論文講座

投稿者 kato : 05:43

2006年10月21日

プロジェクトマネージャ試験2006年解答速報 目次

2006(平成18)年度プロジェクトマネージャ試験午後Ⅱ解答速報

※留意事項

この解答速報は、プロジェクトマネージャ小論文試験等の 「合格のためのガイドラインを予測するもの」 です。完全性を保障するものではなく、また、 利用される皆さんの合格を保証するものではありません。その点を十分、 ご留意いただいたうえでご利用ください。

新版CD「システム監査技術者試験合格講座」は
2006年12月中旬 リリース予定!
Coming soon!

新版CD「プロジェクトマネージャ小論文突破講座(第3版)」は
2007年中旬 リリース開始!
ライバルは既に持っている!
基本的仕様:CD
オプションで午後I,午後IIの添削がつきます。

■合格のためのガイドラインと正答率

 合格と足切りのガイドラインは以下の通りであると予想します。

表1.平成18年度PM試験の合格のガイドライン

試験

足切りの得点率

足切り割合

備考

午前 68%程度 ①=受験者×50%程度

IRT方式の採点。経営科学、標準化と法規などが出来ないと苦しい。
50門中34問以上取れないと、恐らく合格出来ないでしょう。

午後I 70%程度 ②=①×40%程度

全体的に業務改革ものが多く出題された。なかでも問2のKJ法が象徴的だ。

午後II 60%程度 ③=②×40%程度

午後Iの生き残りだけが採点されます。正答率が55%程度まで合格の可能性があるかもしれません。

※これは試験センター発表の正式情報ではありません。弊社の推測値です


■IRTと足きり
午前の足きりライン

 午前の通過は、スコア値600点です。全体の受験者の約50%が足きりになります。

午後Iの足きりライン

 午後Iの通過は、スコア値600点です。午後Iに採点が回った受験者の約60%が足きりになります。 従って、午後IIの小論文を採点してもらえる受験生は全体の約20%です。

■総評と解答速報
総評と解答速報
●午後Ⅰ
●午後Ⅱ

投稿者 kato : 20:52

2006年10月20日

システムアナリスト2006 午後I問4

問4

設問1

①商品納入時の自動検品機能と修正機能

②返品商品受け入れ時の在庫修正機能

設問2
(1)

全国の売れ筋商品、新規売出し商品提示機能。

(2)①

各店舗の商品管理情報。

(2)②

各店舗からの商品発注情報。

設問3
(1)店舗業務の効率化について

商品の品揃え、検品、陳列支援機能

②標準化の視点について

標準商品コード体系と取引先との商談手続き。

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る


■システムアナリスト小論文講座

投稿者 kato : 00:42

2006年10月19日

システムアナリスト2006午後I 問3

問3

設問1

①月別需要精度向上による物流センタの在庫削減

②販売代理店からの発注に対する欠品ゼロ体制確立

設問2
①K社の観点

物流倉庫ごとの在庫推移の監視と倉庫間移送の最適化。

②販売代理店の観点

物流倉庫から販売代理店までの輸送期間の短縮化。

設問3
①製品について

代理店別の思惑や物流事情が陸送か開運かの違い

②補修部品について

地域別の故障部品特性と代理店別の物流距離。

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る


■システムアナリスト小論文講座

投稿者 kato : 23:06

システムアナリスト試験2006 午後I 問2

問2

設問1

(1)①アジア向けの輸出が伸びているため売上増加が期待できるから。

(1)②商社が海外輸出に強く輸出関連業務手続にも精通しているため。

(2) 同一塗装材料を使う製品を続けて生産し切替工数を削減する。

設問2

クレーム情報

汎用規格の鋼板を使った低価格化の実現

設問3

生産負荷の可視化による工場間の仕事量調整、 生産計画システムや製造仕様データベースと の連携と全社的最適化。

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る


■システムアナリスト小論文講座

投稿者 kato : 22:22

2006年10月17日

2006年 システムアナリスト試験 午後I 解答速報

問1

設問1

(1)関連法規で行うべき業務が詳細に規定されているから。

(2) 各社間の差異が少なく、他の業務との関連性も低いから。

設問2
(1)①

社員や組織のコード体形の統一化が可能になる。

(1)②

各社で異なる人事データの様式を統一化できる。

(2)事務効率向上の観点

人事情報と給与情報の一元的入力を行うことによる事務効率向上。

設問3
(1)

事務処理期日や決済手順の統一化を図る

(2)

退職金などの制度の標準化を実施する。

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る


■システムアナリスト小論文講座

投稿者 suzuki : 16:32

2006年10月16日

2006年AN午後II小論文 問1 解答速報

問1 情報システム投資の中長期計画の策定について

1 投資計画の概要と経営戦略
1.1 経営戦略の概要

A社は人材派遣業である。最近の人材派遣の流れのネット化に対応して、また、地域の経済界の要請 を受けて製造業、そして特定地域に特化した就職転職WebサイトXの構築と運営を計画している。

1.1.1 経営戦略の骨子

 A社にとって地域経済界からの要請は、高いWebサイト利用が望め、そして、A社の利益率向上に貢献する ビジネスチャンスであり。構築から運用に至る3ヵ年の経営戦略書に中長期計画を整理した。その要点は、 次の通りである。①地域製造業の人材供給シェアを40%までもってゆく、②人材派遣依頼件数、紹介件数共に 現状の2倍の需要を達成する。③人材マッチングを適切に行い、紹介労働者の早期退職率を5%以下にする。 ④その結果、地域企業の信頼を獲得する。

1.1.2 経営戦略上の課題

 サイトXをインフラとした経営戦略上の課題は①ヒット数を高く持ってゆくことによって、人材登録数を 十分確保すること、②反面、他同業者に登録人材情報や提携企業情報などの機密情報を安全に確保すること。 ③システム構築を早期に実現する反面、一端、運用を開始すると急激な需要増大が予測されるため、 将来的な投資に企業体力が耐えられるか。④企業の求める人材を適切に紹介する機能を保持できるか。 である。

1.2 投資中長期計画の概要
1.2.1 情報システムの構築

 A社は半年以内にまずWebサイトを立ち上げ、ビジネスをスタートしなければならない。そのために、①1.5GB 以上の容量を持つサーバの確保、②データベースシステム、CGI,PHP機能の実装、③CMS(Contents Management System)の実装を実現しなければならない。このインフラを隠した後に、10,000件以上労働者でターのデータベースデータを Webサーバ側に移行を、1500件の顧客データを移行しなければならない。

1.2.2 情報システムの運用

 サイトXは、A社にとって重要な営業インフラとなるため、①24時間365日無停止の仕組み、② 1日3,000件を超えるヒット、また重複した時間帯のヒット数に耐えるレスポンス能力、③需要増加 に伴う2重化、ミラーリング、キャパシティプランニングの対策が必要となる。
 サイトXでは、中長期計画終了年のヒット数は、現在の3倍と見込んでいるため、定期的な システム増強計画を実現してゆかないといけない。また、新技術が提起された場合の対応も検討しなければ ならない。

2 投資計画で重要視したこと
2.1 結論

 次の方針で私は「戦略性」を重視した投資計画を立案して、A社経営者の承認を得た。

  1. インフラの整備は開発後1年の性能を満たすインフラ投資とすること
  2. インフラの投資計画は各年度末ごとに、キャパシティプランニング、システム運用管理報告書に基づいて見直しを実施すること
  3. インフラの見直しと投資計画の修正に当たっては、経営層と情報システム担当者のシステム委員会を開催して判断すること
  4. 投資計画の見直しにおいては、A社財務状態を最重要項目として、投資回収法はDCF(Discount Cash Flow)法を採用すること

 その理由は次の通りである。

  1. 地域経済界の需要を早期に満たすことが、A社発展の最重要要点であること
  2. このチャンスを逃すと他の企業の先行を許し二度と追いつけない可能性があること

 ネットビジネスの場合、先手必勝の特性がある。また、早期に投資したコストを回収し、段階的に 投資を繰り返すほうが財務的に得策と考えたためである。

2.2 検討した内容について
2.2.1 戦略性投資について

 早期にWebを立ち上げ地域経済界の支援を得つつ、ビジネスを起動に載せる。そのうえで、 労働者と企業のマッチングを適切に行い、経済界の信用を確保するために次のような仕組みが 必要である。

  1. 登録した労働者の情報属性と契約コミットの際の条件との相関性の研究投資
  2. 地域経済界が24時間いつでも安心して使える、インフラの安定性投資
  3. ADSL回線で端末レスポンス2秒を確保するデータベースの検索能力投資
  4. 労働者が意欲的に人材登録したくなるような企業属性の情報の研究投資
2.2.2 コンプライアンス投資(緊急度) について

 人材派遣業においては機密性が重視される。また、情報システムで配慮が必要な法規として、 「労働者派遣法」「個人情報保護法」「労働基準法」がある。このコンプライアンスを保持するために 次のような投資が必要となる。

  1. サイト外からサイトへ登録する際の認証の仕組みへの投資
  2. サイトへ転送する情報のSSLにての暗号化の仕組みへの投資
  3. システム運用室の物理的隔離のための施錠、盗聴防止の遮断のファシリティ投資
  4. サイト運用者のA社セキュリティポリシへの遵守への教育的投資
  5. 労働基準法などの関連法規の変更があった場合の投資への予備予算の確保
2.2.3 経営的課題の重要度

無論、経営的課題の解決は重要である。しかし、サイトXの計画が成功すれば、A社は急成長 企業となる可能性を秘めている。また、A社の財務状態は健全であるため、投資プライオリティはあえて低く設定した。

2.2.4 投資額の決定について

A社のキャッシュフローは過去3ヵ年増加傾向にある。また、無借金経営であるため、過去の内部留保の結果を 考慮して次のように評価した。

  1. キャッシュフローの算定に当たっては、情報化投資額の単年度償却額を算定基礎に加えること
  2. 投資効果の時間的効果と利子負担(2%)を評価算定根拠に加えること
  3. 時間的効果は経営学会で評価の高い正味現在価値法を採用すること
  4. 以上の結果、単年度の投資可能額は最大1億円と算定された。

投資可能額1億円は、A社の投資額、運用コストを吸収しうる金額であることは確実である。

2.3.3 経営者の承認と人事部門との調整

(1)人事計画の立案

上記のプランを立案した上でA社経営者に相談し、人材の必要性を訴え、予算を確保すると ともに、おおよその内諾をえて人事部門長と相談を開始する。そのうえで人事部門長の意見と 自分の考えの変化を再度計画書に反映し、経営者の承認を得る。

3 評価と改善
3.1 評価

   Webシステムへの軽微な投資から初めて、ビジネスモデルの早期開始を実現することによって、同業他社を差別化でき、 地域における安定した企業基盤を確保することができた。マスコミ等に取り上げられるWebサイトとなり、 利用者数をは当初の1.5倍の推移となっている。  この結果、A社の収益は予定通り、当該事業部門の予想の2倍程度となっている。このため、経営層の承認が得られ、 次年度以降の追加投資も円滑に実施できる運びとなっている。

3.2 改善

   予想以上の反響で、アクセス数が増加しているため、当初よりも設備増強計画を前倒しで実施しなければならなくっている。 この点は予想不能な結果であった。このため柔軟な計画の見直しの必要性が発生している。また、アクセス数の増加に伴い 離職率が増加するというケースも顧客企業から報告されている。このためビジネスマッチング機能の強化が 必要となっている。
以上

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る
■システムアナリスト小論文講座

投稿者 kitta : 10:57

2006年10月15日

システムアナリスト2006年、小論文試験の総評

2006年AN午後II小論文の総評

■総評
  1. 問題を出し尽くしたせいか、既出問題の焼き直しが3問とも出題された
  2. したがって、全体的にオーソドックスな出題だった
  3. 問2はBPR(Business Process ReEngineering)を見極めて書く必要がある

それぞれの問題はオーソドックスではあるが、問題ごとに深い出題意図が潜んでいる。その意図を 解答者が読み取って、小論文を執筆することが出来るのかが合否を分けるポイントであろう。あえて言うと 問1がやはりもっとも小論文を執筆しやすい問題ではないか。

■小論文を書く上での留意事項

それぞれの小論文を書く上で次の点に注意が必要である。

  • 問1:経営戦略への理解の深さがポイントになる、どれだけ濃厚に経営戦略を理解しているかを書けるが 合否の分かれ目となる
  • 問2:この問題がBPRの問題であるという理解がないと、論点がずれた解答になる可能性がある。
  • 問3:最も論点が拡散しやすいテーマだ。総花的に書くと内容の薄い論文になりやすいのでコンパクトに要点をまとめて 書く必要がある。
■難易度

[難易度]★が多いほど難しい

  • 問1 ★★★★☆
  • 問2 ★★★☆☆
  • 問3 ★★★★★

[結論]

 上記の難易度を決めた理由は次の通りである。

  • 問1 経営戦略に立脚した骨太の計画書の立案ができれば合格が近い
  • 問2 BPRに立脚したQR(Quick Response)、そのための情報の共有化。データ統合、業務改革を書けばよい
  • 問3 を考慮しなければならない
■問題別、小論文戦略

 合格できるか、否かについての基準を示そう。

問題

問題を必須条件

合格のための工夫

問1

情報戦略の基礎となる経営戦略を詳細に説明しているか

経営戦略に基づいて作成されているシステム投資計画と目的を明確に書く

問2

競争環境の合理的解説とQRに寄与するIT化計画の論述

情報化システム案を実現するための業務プロセス改革をBPRの観点で書くことができるか

問3

設問アで採点者が納得できる業務統合化計画を説明できるか

設問アと設問イとの役割の違いを理解して、論理的な計画の根拠を示せるか。

■2006年 システムアナリスト解答速報目次に戻る

■システムアナリスト小論文講座

投稿者 kato : 21:03

2006年システムアナリスト試験・解答速報目次

2006(平成18)年度システムアナリスト試験午後Ⅱ解答速報

※留意事項

この解答速報は、アナリスト小論文試験等の 「合格のためのガイドラインを予測するもの」 です。完全性を保障するものではなく、また、 利用される皆さんの合格を保証するものではありません。その点を十分、 ご留意いただいたうえでご利用ください。

新版CD「システム監査技術者試験合格講座」は
2006年12月中旬 リリース予定!
Coming soon!

新版CD「システムアナリスト小論文突破講座(第4版)」は
2007年中旬 リリース開始!
ライバルは既に持っている!
基本的仕様:CD
オプションで午後I,午後IIの添削がつきます。
「提案型システムコンサルタント養成講座」セット販売もあり!

■合格のためのガイドラインと正答率

 合格と足切りのガイドラインは以下の通りであると予想します。

表1.平成18年度AN試験の合格のガイドライン

試験

足切りの得点率

足切り割合

備考

午前 68%程度 ①=受験者×50%程度

IRT方式の採点。経営科学、標準化と法規などが出来ないと苦しい。
50門中34問以上取れないと、恐らく合格出来ないでしょう。

午後I 70%程度 ②=①×40%程度

全体的に業務改革ものが多く出題された。なかでも問2のKJ法が象徴的だ。

午後II 60%程度 ③=②×40%程度

午後Iの生き残りだけが採点されます。正答率が55%程度まで合格の可能性があるかもしれません。

※これは試験センター発表の正式情報ではありません。弊社の推測値です


■IRTと足きり
午前の足きりライン

 午前の通過は、スコア値600点です。全体の受験者の約50%が足きりになります。

午後Iの足きりライン

 午後Iの通過は、スコア値600点です。午後Iに採点が回った受験者の約60%が足きりになります。 従って、午後IIの小論文を採点してもらえる受験生は全体の約20%です。

■総評と解答速報
総評
●午後Ⅰ
●午後Ⅱ

投稿者 kato : 20:21