« 2006(平成18)年度システム監査試験 午後Ⅰ問2解答速報 | メイン | 2006(平成18)年度システム監査試験 午後Ⅰ問4解答速報 »

2006年4月24日

2006(平成18)年度システム監査試験 午後Ⅰ問3解答速報

午後Ⅰ 問3

設問1

システム開発部においてユーザへの影響度が小さいと判断された場合、UATは省略される。


設問2

(1)③を放置した場合のリスク
 本番移行後、運用部のオペレーションが困難になる。障害発生時に仕様書が無いので対応が困難になる。
(2)④を放置した場合のリスク
 システム開発部の開発担当者によって予告無く不正に改ざんされる可能性があり、その検出が困難である。


設問3

本番環境に対するアクセスログを精査し、本番環境に対するアカウントとパスワードを変更する。


設問4

修正中のプログラムが緊急変更された場合、一端隔離し、緊急変更を含めた対応が施されるまで本番移行しない。

以上

■2006年 システム監査解答速報目次に戻る



投稿者 kitta : 2006年4月24日 11:34