« まだまだ間に合うシステム監査直前対策 | メイン | システム監査試験、直前対策は基本に返れ! »

2006年3月31日

システム監査小論文執筆の心構えについて

直前対策の進め方・受験準備の心構え

AU試験も近くなってきました。そろそろ本気モードにならないとまずい気がするので、読者の皆様をご支援する目的で直前対策講座を実施します。
システム監査基準の暗記の仕方
 システム監査試験では、システム監査基準の暗記が必須となります。そこで監査基準の暗記方法についてお教えします。
  1. システム監査基準とシステム管理基準はコピーしてスーツのポケットに入れておく
  2. 出勤時、客待ち時間、昼休み等の時間を利用して繰り返し暗記する
  3. 同基準のうち、システムの開発とシステムの保守・運用はあまり出題されないので除く
システム監査・小論文執筆の心構えについて
 システム監査試験の小論文を執筆する上で重要な心構えをまとめておきます。
  1. 問題の選択にあたっては、システム監査基準に比較的準拠しやすいテーマの問題を選ぶ
  2. 個人情報保護法など話題の時事ねたにこだわらずに論文を書く
  3. 偏狭な経験や体験談は書かない
  4. 実務的におかしいと思っても、問題文の指定に則って書く
 1の理由は「監査基準が暗記できていれば、判を押したように書けるから(頭を使わないですむ)」、 2の理由は「試験出題者はおそらく皆が予測するテーマをはずしてくるから」「また、矮小なテーマに固執するのは危険」という理由。 3の理由は「システム監査試験は経験を問わない試験、物事の考え方を問う試験だから」である。 4については次の項で説明する。
実務的におかしいと思っても、問題文の指定に則って書く
 ある方から次のようなご質問を受けました。
質問の概要
 平成15年問1 保証型監査の問題で、監査証跡について触れるのはおかしい。保証型監査の書式に監査証跡を付けると書いていないから。
問題文をよく読もう
 確かに、システム監査基準をみても、システム管理基準を見ても保証型監査で監査証跡を付けろとは書いていないから、一見すると 正しいように思います。でも、問題文をよく読んでほしい。上記の質問が正しくない理由を列挙します。
  1. 設問ウで「監査報告書を利用して内部監査を実施する場合」とある。
  2. ここから察するに保証型監査の結果を鵜呑みにして信用するのではないことがわかる
  3. 保証型監査の結果をうけて、それが正しいか検証する作業が入るということ
  4. 当然ながら、内部監査は保証型監査の結果が正しいか検証するので監査証跡が必要
  5. そうしないとなぜ、そのような結論に至ったかを証明できない
 また、上記の方の質問は次の点で課題があると思います。
  1. 保証型監査のガイドラインに固執して柔軟に論文の意図を考えていない
  2. ガイドラインはあくまでガイドライン。監査証跡を添付して悪いとは書いていない
  3. 論文の意図は保証型監査の後のこと(報告書を活用した事後監査)を主題としていることに気がついていない
  4. 決定的なことは、試験と実務とは違うことを理解していない
  5. 実務では仮に添付書類がなくても良いかもしれないけれども、試験では監査の能力があるか、あるいは、応用的問題への解決策が提示できるかなどが考査されることを理解していない
 要は、①自分がシステム監査人としての資質および知識があるか試されていることを自覚すること、 ②試験で監査基準にない内容も要求される場合があるので、適宜「自分の考え」で考察しなければならないことを知っているべきでしょう。
(c)有限会社アイ・リンク・コンサルタント 加藤忠宏



投稿者 kato : 2006年3月31日 14:47