« システムアナリスト解答速報目次 | メイン | 2005年 AN午後II 問1 解答速報 »

2005年10月16日

2005年 システムアナリスト小論文の総評

2005年AN午後II小論文の総評

■総評
  • 1.最近の傾向として主題に対して条件設定がはまるケースが多くなった
  • 2.2004年度試験にくらべてオーソドックスな出題が多かった
  • 3.問1はANの職位や職能および資質ならびにスキル標準を見極めて書く必要がある

どの問題をとっても実力がある人であれば合格は容易である。しかし、一番 気をつける問題は問1であろう。システムアナリストの人材像を間違うと合格 できない。

■小論文を書く上での留意事項

それぞれの小論文を書く上で次の点に注意が必要である。

  • 問1:情報システムの役割の変化が明快に定義できないといけない
  • 問2:ビジネス戦略とIT基盤整備との関係を明確化する必要がある
  • 問3:中長期経営計画の変更とその背景がしっかりと理解されている必要がある
■難易度

[難易度]★が多いほど難しい

  • 問1 ★★★★☆
  • 問2 ★★★☆☆
  • 問3 ★★★★★

[結論]

 上記の難易度を決めた理由は次の通りである。

  • 問1 情報システム要員の人材像をしっかり定義できれば合格が近い
  • 問2 従来によくあった出題意図であり、過去問題を研究していれば合格できる
  • 問3 中長期計画の変更と投資計画及び費用対効果などを考慮しなければならない
■問題別、小論文戦略

 合格できるか、否かについての基準を示そう。

問題

問題を必須条件

合格のための工夫

問1

情報システムの役割の変化を合理的に説明しているか

人材像の明確化、キャリアパスの定義、スキルアップ手段の明示、スキル標準、人事政策を記述

問2

ビジネス戦略とそれに基づくIT基盤のあるべき姿を定義できるか、信頼性や可用性の意味を正しく理解できているか

技術動向の技術検討には標準化を盛り込むこと、移行・運用まで配慮して論述をすること

問3

中長期計画の変更理由が合理的なものか。情報化投資への影響を説明できるか

継続投資・抜本的見直しの合理的基準を示せるか。情報化投資の 効果の見極めをしっかりと計数的(会計的)に書く

■2005年 システムアナリスト解答速報目次に戻る



投稿者 kato : 2005年10月16日 23:17