« 2005年9月5日 PM午後II平成14年問3の解答例 | メイン | プロジェクトマネージャ試験小論文レッスン-2(マル秘密、必勝 »

2005年9月 6日

PM平成14年午後II問3の解答例の解説

PM平成14年午後II問3 小論文解答例

問3 問題発生プロジェクトへの新たな参入について

 問題文の前段を読んで以下のポイントをチェックする必要がある。

論文を作成する前の重要事項
1.1 プロジェクトの概要

成果物の機能不備、品質不良というテーマで論述すべき。

問題の早期解決→究極の命題

成果物の品質の問題

要員のモチベーション

顧客の信頼回復

問題の原因究明の具体策
問題解決の手順について
  • 1.情報システムの特性をよく理解する(状況の把握)
  • 2.プロジェクト管理上の問題を調査する
  • 3.項目の検証
  • 4.原因究明する
  • 5.対策の検討の実施
想定するプロジェクト事例

 上記の出題意図を満たすために、プロジェクト事例事前に設定してから 論述に取り掛かることにします。

24時間無停止のデータベースシステム上の業務アプリケーション開発
当社(開発側、PM側)
  • 1.24時間無停止のDBMS技術を保有する企業
  • 2.その技術を元にして、APの開発を受託
顧客側
  • 1.ネットワーク機器とサーバを用意
  • 2.機能要件を定義して、そのうえでDBMSとAPとのインターフェースを開発する
事故事例
  • 1.開発の結合テスト段階で、DBMSを利用したAPが機能せず
  • 2.顧客のクレームが多発している状態
いままでのPMの管理上の問題点
  • 1.テストで不具合が発生すると、対処的に問題を解決していた
  • 2.しかし、結合テストが進捗すると事態が深刻化した
  • 3.要員を順次投入して火に油を注いだ
原因究明の結果判明したこと
  • 1.DBMSには問題がない
  • 2.顧客が開発したインターフェースに問題があった
  • 3.APに若干の軽度なバグがあった
  • 4.これが総合して深刻な事態を発生させていた
(c)(有)アイ・リンク・コンサルタント 加藤忠宏



投稿者 suzuki : 2005年9月 6日 09:32