« プロジェクトマネージャ試験小論文レッスン-2(マル秘密、必勝 | メイン | 2005年9月12日 高齢者を巻き込んだEUC成功事例 »

2005年9月11日

2005年9月11日 缶コーヒーにみる競争戦略

激化する缶コーヒー商戦

缶コーヒー市場の勝者が清涼飲料水市場を制す

缶コーヒー市場をめぐる争いが激化している。それは 「缶コーヒー市場の勝者が清涼飲料水市場を制す」と いわれているからだ。

利益率の高い缶コーヒー市場

 缶コーヒーは清涼飲料水の市場の中で25%のシェアを持つ といわれている。その特性は次の通りである。

  • 強み:【定額販売】自動販売機の売上が70%を占めるから値引きがない
  • 強み:【収益性の良さ】1缶あたりの容量が小さい
  • 弱み:【成熟市場】市場成長率が横ばい

このため、毎年缶コーヒー市場では激烈なシェア争いが繰り広げられている。 有名ブランドのシェアは次の通りである。

  • コカ・コーラ【ジョージア】:39%
  • サントリー【ボス】:16%
  • ダイドー:9%
  • キリンビバレッジ【ファイア】:7%%
  • アサヒ飲料【ワンダ】:6%
  • ポッカ:3%
  • JT:3%
  • UCC:3%

出所:2004年業界の推定に基づく

topシェアのコカ・コーラはもともと、コーラが冬売れないため缶コーヒー 市場を開発した経緯がある。もともと、缶コーヒーは米国になく日本独自の 文化として始まった。また、コカ・コーラは今年清涼飲料水市場でのシェア 低下に悩んでいる。

缶コーヒー市場をめぐるブランド戦略

 缶コーヒーでは毎年、①ブランドロゴの変更、②缶のパッケージの変更、 ③CMに有名人を起用などによりブランド力の強化を行ってきた。 今年も、「ジョージア」のパッケージデザインが変更になった。 ジョージアの戦略はパッケージデザイン変更による若者の取り込み である。

システム監査人加藤の所見

 もともとから、この分野がかなり厳しいシェア争いをしていることは知っていた。 現在ではシェアの低くなったポッカも、缶に書かれた青年のイラストも時代に 応じて、人相や髪型を変えていたくらいだからだ。

 また、ある企業から今年は緑茶市場の戦いが激烈 とのうわさが聞こえていた。何しろ、成熟化している缶コーヒー市場に比べ 緑茶市場はミネラルウォーター市場と同様に2けた成長が続くからだ。

 新聞記事にもあったように、今後は、缶コーヒー市場だけでなく 緑茶市場も合わせた「二面戦略」(混合戦略) が展開されるものと関係者はうわさしている。

参考:日経MJ 2005年8月29日「缶コーヒー商戦火ぶた」
(c)アイ・リンク・コンサルタント 加藤忠宏



投稿者 kato : 2005年9月11日 23:50