2009年9月 5日

ブランド価値と仕入れへの影響について(梨、リンゴ)

ブランド価値について

 日経MJ誌に、ナシとリンゴのブランド価値に関する集計が 発表されました。ナシ、リンゴとも長野県産がトップとなりました。

ブランド ナシ:長野南水梨 ナシ:鳥取二十世紀 リンゴ:シナノスイート リンゴ:安曇野りんご
73 41 72 56
新鮮さ 24 25 30 30
供給の安定度 28 47 30 40
安全性 17 23 21 19
差別化ポイント 28 10 38 13
見た目 26 31 40 30
価格の妥当性 8 19 10 15
リピート需要 29 22 30 26
産地イメージ 24 50 37 43
知名度 30 56 35 37
トレーサビリティ 8 7 10 10
利益率 5 11 6 10
ネーミング 6 7 14 7
マーケティング戦略 6 14 4 5
 このなかで仕入れを決める判断基準は以下のとおりです。
  1. 味 95%
  2. 新鮮さ 62%
  3. 供給の安定度 62%
  4. 安全性 55%
  5. 価格 44%
逆に品種知名度や産地イメージは絶対的な基準でないとされている。 さらに、ネーミングやラベルデザイン及びマーケティング戦略の比率は それぞれ16%程度と低い。
※参考文献:日経MJ2009.08.31

comments

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form