2008年12月23日

カカクコムにみるEC消費動向

カカクコムと消費動向について

カカクコムの田中実社長の取材記事が出ました

日経MJを見ていたら、カカクコムの田中実社長の取材記事が出ました
 興味深いので、概要を整理してみました。彼が言っていることはこんなことです。

不況に強いネットサイト
  1. 消費者は、カカクコムを消費の前段階で利用して商品情報収集している
  2. 景気が悪化するほど、カカクコムの価値は高くなる
  3. その理由は、少ない可処分所得のなかから最大限の消費を引き出させるから
  4. このため、宣伝企業側も、削られやすい広告宣伝費ではなく販売促進費のなかからカカクコムへの 広告費を捻出しようとしている

 一見すると「当たり前じゃん」ということなんだろうけれど、これがマーケティング的に 面白い。なぜなら、消費の前段階を分析するツールがいままでなかったからです。 POSなどが販売分析ツールとして有名ですけれど、消費の後段階の分析なので、 購入の意思決定をするまえに何を消費者が迷い、何と比較したのかはマーケッターなら欲しい 情報ですよね。

消費の前段階の分析について

 消費の前段階については既に当ブログで掲載したとおりです。 カカクコムでは、最低価格の推移、自社製品のクリック率、口コミ情報などのアクセス数や相関分析を行うことができる。

考察

 本記事を読んで、私はネットショップオーナーについて以下のように助言したいと思います。

  • 消費の前段階を意識して、マーケティング活動しよう。
  • それは価格だけの問題ではない
  • たとえばリフォーム業者や畳屋などの場合はブログをよく読んでいる行動形態がある
  • すなわち、消費の前段階を意識した情報発信とその形態が重要とされるのである
参考文献
  • 「ゆるく広げる顧客の輪」日経MJ20081214

comments

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form