2008年10月22日

ネット通販概況(BtoC)

EC(BtoC)市場概況

 日経流通新聞に経済産業省が取りまとめた2007年度電子商取引の結果がでました。
概況
 市場規模の概況は次のとおりです。
  1. BtoC市場規模:5兆3400億円:21.7%増、イオンマートの連結決算額より巨大です
  2. ケータイ市場規模:600億円:20%増
  3. 日用品への拡大(Yahooショップ) :ティッシュ類が前年同月比で60%増、トイレタリ60%増、シャンプー50%増
  4. カタログ通販4.4%減(過去5年で最大の下げ幅)
 他の消費が低迷するなか、ネット通販市場は拡大傾向にあります。ケータイ市場の成長が鈍化したのは、 規模拡大が成熟化したからとの見方が強まっております。
規模拡大要因
 市場規模拡大要因は次のように分析されています。
  1. ガソリン代の高騰による、外出控え
  2. 消費者のネット通販に対する、抵抗感の薄れ
  3. それに伴う、趣味性の高い商品から日用品への購入の拡大
  4. ネット通販の価格の安さ、利便性が評価されている
 高齢者も便利に日用品を買い始めているようで、また、ケータイサイトとPCサイトの 差もなくなってきているようです
高齢者へのネット通販の拡大

 ネット通販は高齢者層にも拡大しています

  1. 買い物が辛い高齢者に日用品販売は好評
  2. 高齢者は旅行などにニーズがある。国内外の旅行もSNS(趣味人倶楽部)サイトなどを通じて好調
 カタログ通販が減少し、ネット通販が益々拡大するものと予想されます。
参考文献
日経流通新聞 2008年10月15日 eショップ通信販売調査。

Recent Entries

  1. ネット通販概況(BtoC)
MTビジネステンプレート販売