2008年8月10日

マクロレンズを使ってシルバーアクセサリを撮影する

貴金属の撮影とマクロレンズ

シルバーアクセサリーを撮影する機会に恵まれました。

 松本市のシルバーアクセサリープライドさんの アンティーク系のシルバーアクセサリーを撮影させていただくチャンスをいただきました。

アンティーク系のシルバーアクセサリー
撮影の難しさについて

 シルバーアクセサリーの難しさは次のように点にあると考えます。

  • 刻印などのディテールを表現できるか
  • アンティーク系のもつ質感を表現できるか
  • 高級アンティークの持つ空気感を表現できるか
撮影設備

 私の装備と撮影条件は次の通りです。

  • 撮影場所:長野県安曇野市スイス村、サンモリッツ
  • 自然光:天候晴れ
  • ボディ:NIKON D80
  • レンズ:AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
  • F8,ISO感度200,WB:AUTO

 アクセサリの撮影にはマクロレンズが必須です。今回はプライドさんお持ちの「AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)」を お借りして撮影してみましたが、その味のよさ、切れ味のよさに感動してしまいました。

背景の工夫

 商品としてのディテール感を出すとともに高級感や空気感をだすために背景や、テーブルの状態も重要です。 工夫したことは次のとおりです。

高級感や空気感をだすために背景処理
  • 背景はサンモリッツの池(睡蓮が植えてある)
  • 晴天の自然光を活用
  • デスクは光沢のないつや消し黒
  • 敷物も利用してみました
敷物の利用

 商品のディテールも表現するのにマクロレンズは本当に有効だと思いました。

シルバーリング

 最後に手モデルに登場してもらいました。肌の色がシルバーに写りこんで綺麗でした。

手モデルを使った撮影

comments

記事にしてくださってありがとうございます!

先生に撮影していただき、とても新鮮で勉強になりました。

背景を変えると、商品の表情もいつもと違って見えます。
マクロレンズ、まだまだ使いこなせていませんが(^^;)
私もいろいろと工夫をしてみたいと思いました♪

プライドさん
 お返事遅れました(汗;

>背景を変えると、商品の表情もいつもと違って見えます。
 そうです
 宝飾関係の撮影法が少し見えてきました
>マクロレンズ、まだまだ使いこなせていませんが
 105mm、いいレンズですね。
 買ってしまいました

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form