2008年6月 8日

BtoB,BtoC普及活動と地元リーダとのコミュニケーションについて

皆様にへお願い(別件)

 先日、ある受講生から「先生は、どの人を信頼していますか」と個人的問いかけがありました。 ときどき、各地からこんな問いかけがあるので回答しておきたいとおもいます。
  • 講座に来ていただく限り受講生は全員平等です
  • 基本的に、悪意の無い方であるならば全員まずは信頼をおくのが私のスタンスです
  • 来るもの拒まず!これが私の対人的基本です
  • また、少なくとも1回はその方を信用することにしたいと考えております
 しかし、次のような方は親身にお世話させていただくことがあります。
  • 弊社と顧問契約、お取り引き契約等を締結されている方
  • IT普及地区の世話役、中心的な立場の方
  • 加藤のコンサルティング活動に社の命運を賭けている
  • 加藤の研究調査活動に常ならずご協力いただいている
  • 弊社の社会的信用向上にご協力いただいている
 写真撮影、小旅行、懇親会、登山、ハイキング等を受講生の方々とさせていただくことがありますが、 次のようなスタンスです。(以下、懇親会等)
  • 懇親会等は私と受講生の予定や都合さえあれば基本的に拒まない
  • お時間のある方は、おっしゃってください
  • 懇親会等に参加したからといって講座のなかで特別優遇扱いはしない
  • ただ、懇親会等への参加は、相互の人間性理解に役立つと考えています
  • 皆さんを、まったく信用していないのであるならば私は懇親会等に参加しません
  • だから、「俺を信用していますか?」と聞くことは申し訳ないながら愚問です。信頼していなければお邪魔しません
  • 信頼なきコンサルティングはなんらの価値も持ちません。
 また懇親会等活動と直接支援業務との関係を次のように考えております
  • 懇親会等活動と講演等とは無関係、影響の出ないように考えております
  • 懇親会等の活動で、講演等を遅刻、欠席したことは全くございません
  • 懇親会等は、私的時間に実施することにしています
  • また、主催者が私的時間に「○○と会うな、■■の会員と会うな」というのはおかしな話と思います
  • 以前ありましたが「主催者の活動には積極参加しないのに、加藤と会っている。許せない」 と問題になったケースがありましたが、異なる次元のものを同列に論じられるのは大変迷惑です
  • また、皆様におかれましては、加藤とお会いすることを地元活動を欠席する理由に振り返ることはなにとぞ なさいませんように謹んでお願い申し上げます
 今後も、この方針を堅持する所存です、皆様はなにとぞご理解のうえ、ご協力いただきますよう お願い申し上げます。

comments

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form