2008年6月16日

blog更新を監視しているGoogle!

Google クローラ恐るべし

たった15分で更新を検知!

 2008年6月15日 blog「BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識」を更新しました
 更新時刻: 2008-06-13 16:25:39
 CMS(Contents Management System)ツールはMovable Typeです。
 その15分後にGoogleで「BtoB」で検索しました。検索画面が以下のとおりです。
 検索時刻:このページは、G o o g l e で 2008年6月8日 16:40:35 GMT に保存された http://www.katoken.gr.jp/BtoB/ のキャッシュです。

検索画面
図.ブログを更新した直後15分後に「BtoB」で検索した画面
たった15分で更新を検索結果への反映

 ここでわかると思いますが、更新内容が15分で検索結果に反映されていることです 「恐るべきGoogle」です。逆に言うと更新頻度が「SEO」にとってとても重要なことがわかると思います。

想定されることは

 一般に言われているSEO対策を裏付ける結果となりました。ここから想定されることは以下のとおりです

  • クローラは更新を検知して、サイトをキャッシュする
  • したがって更新頻度を高めたサイトが有利
  • Movable TypeはSEOに強い

2008年6月13日

風林火山ビジネスネットが政府刊行物に掲載されました

BtoBサイト、風林火山ビジネスネットがメジャーに!

当社の支援事例が政府刊行物に

経済産業省系政府刊行物「いっとじゅっけん」2008年5月P22に弊社が支援させていただいている 風林火山ビジネスネットが掲載されました。

080612ittojyukken.jpg
図.「いっとじゅっけん」2008年5月P22
関東経済局+財団法人経済産業調査会 編
風林火山ビジネスネットとは

 風林火山ビジネスネットとは 風林火山ビジネスネット運営委員会が運営するBtoB型ポータルサイトです。 主催者として幹事である韮崎市商工会のほか、北杜市商工会、南アルプス市商工会、市川三郷町商工会 などの 商工会、及び甲府商工会議所、さらには山梨中央銀行、甲府信用金庫、山梨信用金庫、山梨県民信用組合の 金融機関が加わった組織形態をとっています。
 もともと、韮崎市商工会の12社で始まった流れが、周囲に広まり、商工会、会議所の垣根を越えて、 さらには金融機関のリレーションシップバンキングの業容も示すようになってきました。年間の受注成果は 約4億円です。

成功要因

 本書では風林火山ビジネスネットの成功要因を次のようにあげている

  • SEO対策の成功
  • 経済団体、金融機関の関与しているサイトゆえの安心感、信用度
  • 豊富な、被リンク

 (有)アイ・リンク・コンサルタントは、BtoBサイトである風林火山ビジネスネットの 企画段階から関与し、サイトの構築、運営及び経営者のIT教育まで一貫的に支援させていただいております。

2008年6月12日

BtoBサイトの企画と運営の要点

BtoB型仮想工業団地の構築を企画されるお客様へ

 年に1~2件ですけれどもBtoB型仮想工業団地の構築を希望される お客様がいらっしゃいます。このような方のために、基本的な考え方を ITコンサルタントとして 示しておこうと思いました。

仮想工業団地の定義

 BtoB型仮想工業団地の基本的な定義と目的は次のとおりです。当社が関与 させていただいたサイトを事例として紹介申し上げます。

仮想工業団地は製造業だけのWebシステムか?

 仮想工業団地BtoB型受注システムであるため、 比較的製造業が多くなりますが、けして他の業種を拒むものではありません。さいたま仮想工業団地では、旅館業の方も 参加されています。
 製造業オンリーで仮想工業団地を構築するかを考えるときに考慮すべきことは 次のとおりです。

  • 地域産業の産業集積の密度、企業数:密度が濃ければ製造業のみならず、業種特化できます
  • 地域の産業特性:例えば農村部などの場合、製造業が少ない地域は異業種型の企業集積をお勧めします
  • サプライヤの存在の考慮:資材提供の卸商、CADオペレータ、製造業支援の広告代理店などの存在
  • 木彫り職人などの職人集団の存在への考慮、茶業加工場などの農業系作業場の存在への配慮

 従って、商工会等で仮想工業団地を構築する場合、地域の状況を十分考慮して 企画する必要があるのです。

仮想工業団地の自主運営

 仮想工業団地はWebサイトであるから、成果を出すためには定期的に更新、リニューアル、見直し などが必要です。
また、新規参加企業の追加作業、退会企業の削除などの措置が円滑に行われなければなりません。 そのためにWebの運営組織が必要になるのです。この運営組織は補助金等が切れた場合を考えて、 自主運営的組織でなければならないのと、市町村合併の伴う商工会の合併などに備えて、商工会組織と 形の上であっても切り離しておくと、環境変化に対応しやすくなるでしょう。
 そのためのヒントを示しておきます。

  • 仮想工業団地自主運営組織の整備が必要
  • 仮想工業団地、Web運用組織の組織化、あるいはアウトソース先の決定が重用
  • 組織を整備したうえで、会費徴収の仕組みの整備が必要
  • 自主運営組織と、Web運用組織と,会員企業との役割の整備をルール化する必要がある
  • 以上のことの明文化、規約整備が重要
  • 環境変化に対応できるため、自主運営に移行できるように財源の確保が重要:そのためには会員数 100社程度が理想

 一番、危険な考え方として企画組織が仮想工業団地を構築すれば、後は、サイトを 適当に更新して置けばよいと考えているケースがままあります。しかし、これはサイトが機能しなくなる 可能性が高い。
実は、当社が支援する仮想工業団地がなぜ成功するのかというと、定期的な更新などの 保守作業が成功のバックグラウンドの大きな要因になっているからです。

仮想工業団地・成功の鍵

 仮想工業団地の成功の鍵をいくつか列挙しておきます。

  • Webサイトの保守が重要:リンク先確保、定期更新、企業情報の改廃、更新、サイトリニューアル
  • 保守作業は多い場合、1週間で60時間、少なくても数時間かかることを知っておくべき
  • 製造業特有のSEO対策が必要
  • 製造業特有のWebサイト作りが必要
  • 会員企業増加を行うために、会員企業の教育の仕組みが必要:経営革新塾との連動などが理想

 成功している仮想工業団地風林火山ビジネスネットなどを見ていると 毎年経営革新塾など教育の仕組みの提供をすることによって、 意欲のある商工会会員を募集して会員として会員増強ができるいる事例があります。
 また、リレーションシップバンキングとの関係で金融機関を巻き込んだり、隣接する商工会議所を巻き込むなどの 活性化作も重用でしょう。

2008年6月 9日

アイリンクコンサルタントの支援事例が2年連続、中小企業白書掲載

笹団子母さんメジャーに!

当社の支援事例が中小企業白書に

 笹団子母さんで有名な小竹食品さんが、中小企業白書の P92第3章 中小企業によるITの活用・第3節 ITの活用による効果「事例2-3-4」に取り上げられました これは、昨年の磨き屋シンジケートに続いて当社支援事例が2年連続の快挙です!

中小企業白書平成20年度版
図.中小企業白書平成20年度版
52歳から挑戦

 笹団子母さんこと小竹佳代子さんとは2003年に柏崎商工会議所で出会いました。 その後、1ヶ月半でHPを立ち上げられ「笹団子、ちまき、たらこ」の3品目でネット営業を開始、SEO効果、 アクセスログの有効活用、新商品開発、年間販売計画の成功もあいまって現在月商数千万円を上げられております。

2度の地震を乗り越えて

 小竹佳代子さんは中越地震、中越沖地震の2度の震災を乗り越えて、盛業を勝ち取っておられます。 今後も、ぜひがんばっていただきたいと考えております。皆さんもよろしくご支援ください

2008年6月 8日

BtoB,BtoC普及活動と地元リーダとのコミュニケーションについて

皆様にへお願い(別件)

 先日、ある受講生から「先生は、どの人を信頼していますか」と個人的問いかけがありました。 ときどき、各地からこんな問いかけがあるので回答しておきたいとおもいます。
  • 講座に来ていただく限り受講生は全員平等です
  • 基本的に、悪意の無い方であるならば全員まずは信頼をおくのが私のスタンスです
  • 来るもの拒まず!これが私の対人的基本です
  • また、少なくとも1回はその方を信用することにしたいと考えております
 しかし、次のような方は親身にお世話させていただくことがあります。
  • 弊社と顧問契約、お取り引き契約等を締結されている方
  • IT普及地区の世話役、中心的な立場の方
  • 加藤のコンサルティング活動に社の命運を賭けている
  • 加藤の研究調査活動に常ならずご協力いただいている
  • 弊社の社会的信用向上にご協力いただいている
 写真撮影、小旅行、懇親会、登山、ハイキング等を受講生の方々とさせていただくことがありますが、 次のようなスタンスです。(以下、懇親会等)
  • 懇親会等は私と受講生の予定や都合さえあれば基本的に拒まない
  • お時間のある方は、おっしゃってください
  • 懇親会等に参加したからといって講座のなかで特別優遇扱いはしない
  • ただ、懇親会等への参加は、相互の人間性理解に役立つと考えています
  • 皆さんを、まったく信用していないのであるならば私は懇親会等に参加しません
  • だから、「俺を信用していますか?」と聞くことは申し訳ないながら愚問です。信頼していなければお邪魔しません
  • 信頼なきコンサルティングはなんらの価値も持ちません。
 また懇親会等活動と直接支援業務との関係を次のように考えております
  • 懇親会等活動と講演等とは無関係、影響の出ないように考えております
  • 懇親会等の活動で、講演等を遅刻、欠席したことは全くございません
  • 懇親会等は、私的時間に実施することにしています
  • また、主催者が私的時間に「○○と会うな、■■の会員と会うな」というのはおかしな話と思います
  • 以前ありましたが「主催者の活動には積極参加しないのに、加藤と会っている。許せない」 と問題になったケースがありましたが、異なる次元のものを同列に論じられるのは大変迷惑です
  • また、皆様におかれましては、加藤とお会いすることを地元活動を欠席する理由に振り返ることはなにとぞ なさいませんように謹んでお願い申し上げます
 今後も、この方針を堅持する所存です、皆様はなにとぞご理解のうえ、ご協力いただきますよう お願い申し上げます。

2008年6月 3日

感情表現と指及び腕の使い方

人物撮影と商品撮影

モデルを使った撮影
スタイリッシュ

 ファッションサイトなどでスタイリッシュさを 表現したい場合について考えて、撮影にあたり次のような工夫をしてみました。

  • モデルに横を向いてもらい、さらに体を正面にひねってもらう
  • モデルの腕を腰に当ててもらう

 腕に置き場所によって、随分、写真の写りが違うことがわかり収穫でした。

優しさの表現
優しさの表現

 以前から、指や手と共に商品を撮影すると 優しさが表現できることは分かっていましたが、あらためて 手と感情表現との関係が確認できました。
 撮影にあたって留意した点と反省点は以下のとおりです。

  • 指の綺麗な女性に商品を持っていただく
  • 指先の表現にもっと気を使うべきだった

 使用機材と撮影条件は以下の通りです。

  • ボディ:NIKON D80
  • レンズ:NIKKOR(フィルム用レンズ)50mm F1.8
  • ISO感度:100
  • ライティング:自然光(夕方)