2008年1月 7日

不良コンサルタントにご注意を!

ちょっと困っています

代表取締役の加藤忠宏です。最近、弊社を退職した社員や私の名前をかたった IT業者が横行しており苦慮しています。

こんな事例にご注意下さい -1
  • 静岡県内で、弊社を退職した元社員Sが、弊社を退職した事実を告げずHPの開発や改定を受託しています
  • 静岡県内で、弊社を退職した元社員Sが、弊社退職後も在職中の顧客に連絡を 取る等の行為をしております

 この元社員Sは健康上の理由で退職したはずですが、無断で独立開業届けを出したうえ、
弊社のビジネスにマイナス行為を与えています。当然、急に病気という名目で
辞めた訳ですから、仕掛の仕事を多数残して退職しており、在職している
職員は彼の尻拭いをさせられたわけです。

 その間に元社員Sは当社の顧客に働きかけたり、当社時代の販路を利用するなど、
非常識的な行為を行なっております。

 Sについては、当社としても多大な損害があるため法的手段を含めて
検討しております。

 お客様におかれましては、十分留意されることを節に希望いたします。

こんな事例にご注意下さい -2
  • 新潟県内で、加藤の名前を使ってITビジネスを行うものが現れています
  • また、一部、私の弟子を標榜し、mixi上から私の顧客に対しても「自分のセミナ」への 勧誘をするなどの行為をしております
  • さらに、加藤のセミナーに出なくてよい、「俺が代わりに聞いて説明してやる」
  • と標榜されています。
 この方はこのような方です
  • あるIT企業を退職する際に顧客を抱えて退職しています
  • そのことを指摘した私に「顧客が付いてきたのだから仕方が無い」と 嘯いています
 果たしてこのようなビジネスの在り方が許されるのでしょうか。 私には信用がならないと思っております。

 この方については複数件の苦情が寄せられています。それを取上げます。

  • 加藤と仕事をコラボしていると、勝手に名前を使っているようだ
  • あるIT企業とトラブルを起こして出入り禁止になっている
  • 加藤が参画するあるITプロジェクトに参画していたが出入り禁止になっている
  • 試しにセミナーに出席したけれど内容がくだらない、雑誌の聞きかじりだ
中国地方でも類似事例が出ています

 中国地方でも、加藤の講演タイトルと全く同じタイトルで講演を行っているIT事業者 がいるなど大変迷惑しています

私には弟子はおりません!

 基本的に上記のような方々とは、ビジネス上の関係は一切ありませんの ご注意下さい。
加藤の弟子を標榜する人は偽者です!

BtoB専門のWebコンサルタント
(有)アイ・リンク・コンサルタント 代表取締役 社長 加藤忠宏

comments

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form