2008年1月15日

BtoCの進展と他の流通情報についての考察 07/12

 しかし、団塊の世代にも格差が出ているようで、それが1ヶ月に消費できる 金額に現れています。

  • 【1ヶ月に消費できる金額】(昨年対比)
  • 上・中の上・・68,000円(△5,000円)
  • 平均・・・・・44,000円(△11,000円)
  • 下・中の下・・30,000円(△12,000円)

 記念消費ですから普段買えなかったものを購入する。確かに自分もよく撮影に出かかけるのですが 団塊世代の方々が、有名撮影スポットに素晴らしいカメラを持って撮影にこられているのをみると 納得です。反面、ある山間地を訪ねてきたのですが高齢化が進み経済的にも低落傾向にあり、 そのような方は生活を切り詰めてゆかないと生きてゆけないのだなと思いました。

 
楽天の流通総額 07年上期2,495億円
 その概要は以下の通りです
  • 楽天市場と楽天ブックスの07年上期流通総額2,495億円
  • これは前年度対比30%増加です
  • 百貨店と比較すると売上6位の丸井2,368億円を上回ります
 その詳細は以下の通りです
  • 食品に加えてファッション系、ショルダーバッグ系に伸びが顕著
  • 購買主力が30代~40代から10代後半~20代後半へ拡大

この結果は、単に、物販の消費が増えただけでなく、①携帯電話サイトでの売り上げ増加( おそらく12%程度貢献)、②楽天トラベルの利用増加があると思われます。
 また、若年層の増加は当社の予測を裏付ける結果になりました。

米国でネット通販増加による家電店圧迫

 ネット販売が進捗すると路面店が圧迫されるのは道理です。米国ではその傾向 が顕著に出ています

 フォレスター・リサーチ調査06年(3,875人)、07年(2,521人)9月調査の結果は次の通りです。

  • 【ネット購入の割合07年】(06年)
  • コンピュータ(hard/soft)・・63%(46%)
  • 家電・・・・・・・・・・・ 69%(55%)
  • 衣料品・アクセサリ・・・・ 80%(71%)
  • 宝飾品・・・・・・・・・・ 63%(50%)

 過去の経緯をみると、この傾向は益々、顕著になると思われます。これは単に米国の事例 だけでなく、わが国でもその傾向は急速に現れてきていると思われます。従って、中小企業が 商店街単位で大規模店に対抗する時代ではなく、ネットを使い大企業の足元を脅かす時代に なったという認識が必要でしょう。

  • =参考文献=
  • 「団塊の世代の記念消費」日経新聞2007.12.20
  • 「楽天・楽天ブックス07年度上期の流通総額」日経新聞2007.12.20
  • 「ネット躍進苦しむ専門店 米の家電販売 相次ぐ撤退」日経流通新聞2007.12.21

BtoB専門のWebコンサルタント
(有)アイ・リンク・コンサルタント 代表取締役 社長 中小企業診断士/システムアナリスト/システム監査 加藤忠宏

comments

comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form