2007年6月10日

eこって柏崎が経済産業省報告書の掲載

掲載された事例について

 柏崎商工会議所が運営するポータルサイトである 「eこって柏崎」小竹食品です。
 特に「eこって柏崎」は06年度「3億6000万円の受注成果を挙げている 。「eこって柏崎」は典型的BtoC型サイトであることから。 非常に大規模な成果を出した稀有の例といえる。

経済産業省が認めたeこっての成功要因

eこっての成功要因は以下のとおりである。

  • ヤル気を出すためのeこって柏崎IT研究会
  • "モノ"ではなく"コト"を売るスタンス
弊社の関与と、報告書のなかでの掲載事項について

eこってと著者との関与について次のように触れている。

  • P19:加藤忠宏氏の書いた本の事例を見てセミナー講師として 2003年4月に招請した。そこで「ヤル気と本気:を合言葉に始めた 「eこって柏崎IT研究会」
  • P20:会田氏は「見てもらう・運営する」事に重点を置き、加藤氏の協力を仰ぎながら 「SEO、ログ分析」を中心としたビジネス動向情報収集、販売促進などの研修を始めた

SEO対策で1位を獲得することにより、小竹食品はネットで売れない といわれた笹団子を一躍主力商品にしたと報告書は記載している。

eこって柏崎の月商実績(2006年→2007年)
  • 実績なし    39%→43%
  • 月商1万円未満 11%→ 8%
  • 月商10万円未満 21%→17%
  • 月商50万円未満 18%→13%
  • 月商100万円未満 3%→11%
  • 月商100万円以上 8%→ 8%

 この結果から報告書は「eこっての課題は、 ”会員間の意識格差の拡大”」とし、その問題解決には 「適切な人材の育成」と「適切なノウハウの共有」が必要としている そのためのIT勉強会は重要だと位置づけている。

平成18年度地域活性化推進調査研究委託事業:
「地域コンテンツとITの融合による新たなビジネス創出の可能性把握調査」

comments

謙信IT研究会も、柏崎レベルに近づく為にがんばらねばと思います。
みんなで協力し合わなければと思いますが、
まだその意識が少ないかも知れません。
でも、やらなければいけないと思います。

  • あい
  • 2007年6月21日 10:29
comment form

(BtoB/BtoC及びSEOの基礎知識 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form