2007年1月29日

書評:「グーグル八分とは何か」(吉本敏洋著)

「グーグル八分とは何か」(吉本敏洋著  ISBN4-86167-146-9 株式会社九天社)

グーグル八分とは何か
概要

 グーグルは本来、Webサイトをコンピュータのみで評価し、意図的に、あるい は作為的にWebサイトを削除することはないといってきた。しかし、現実にはWeb サイトがGoogleで検索できないことがあり、この結果、幾つかのサイトとGoogle との間で裁判が行われるなど問題が発生している。

 また、中国で天安門事件がGoogleで検索しにくいなどの情報統制に関与してい るとのうわさもあり社会問題となっている。  著者の吉本氏は、この問題に自社サイトが直面し削除された。吉本氏は「悪徳 企業を告発するページ」を運営している。しかし、悪徳企業からGoogleに働きか けがされたらしく、その結果、本来削除されるべきでない吉本氏のサイトの方が 削除されてしまったのだ。

 ここで重要なことは、一般にGoogleは「スパムサイトを削除することがある」 ということは良く知られているがそれ以外に我々のサイトが削除され、 検索されず、その通知も、抗弁の機会も与えられないという点に問題 があるのだとこの本では警鐘を鳴らしている。

この本で学んだこと

 この本で学んだことは以下のとおりである

     
  1. 1.善良なWebサイトも「グーグル八分」となる場合がある
  2. 2.一端そうなると回復は難しい
  3. 3.「グーグル八分」にはスパムサイト駆除と「1」のようなケースがある
  4. 4.「グーグル八分」を検索する方法があり、それは「info:http://www~」と打てばわかる

感想

 Googleは非常に有益なWebサイトであると思う。しかし、企業が過大になりす ぎると、従来は独占禁止法などの法のネットをかけられたが、現在は、Googleを 統制する法は無いことなどから、Googleが仮に誤った施策を講じてもこれを監視、 批判、是正を求めることはできない。

 Googleは私企業ではあるが、日本で言うとJRや電力会社のように社会インフラ になっていることを自覚すべきであると思う。また、各国は、このような情報統 制にかかわる独占状態を緩和するための施策及び法制度の整備が必要であろう。

NHKのGoogle革命を見た所感

1月21日 NHK放送 Google検索革命

 同番組を直接見ることはできなかったものの妻が録画しておいてくれたために見ることができた。 私の関与先企業は「たいしたことは無かった」。という意見が大半であるが、断片的に重要な事項が 垣間見ることができた。
重要な単語の含有率15%
 Googleにキーワードを含むと効果的なことは誰でも知っている。しかし、どの程度含ませると 効果的なのか、また、逆に危険なのかは正確な数字が把握できないでいた。今回の番組では、 1P中に含まれるキーワードの個数は全体の15%程度ということが放送されていた。 これは大いにヒントになる示唆だ。今後のSEO指導に役立ててゆきたい。
PPCのアフィリエートについて考えていること
 番組では、月80万円の収入をアフィリエート広告で得る若者が出演していた。情報を発信する 行為は無償の行為とされていたが大いに収入を得ることができると認識した。弊社も一昨年など ヒット数を収益に転換しようとして「講演紀行のヒット数確保」に力をそそいだが、必ずしも 目的の収入を得られなかった。  しかし、講演紀行の読者がどうしても欲しい情報をPPCとして、すなわちアドセンス広告として 講演紀行ブログに掲載すれば、もしかしてクリックしていただけるのではないかと考えている。 ちょっとそのような試みをしてみたい   BtoB,SEOコンサルティングは (有)アイ・リンク・コンサルタント

2007年1月24日

検索数の多いキーワードは本当に有効なのか

検索数の多いキーワードは本当に有効なのか

キーワード検索ツールについて
SEO対策として重要なキーワードを分析するサイトとして次のようなサイトがある。
  1. Yahoo系のキーワード(Overture提供):キーワードアドバイスツール
  2. Google系のキーワード(Google提供):キーワードツール,Google Suggest
  3. blog系のキーワード:kizasi
 これらの特徴と長所は次のとおりである。
  1. キーワードアドバイスツール:表示されたキーワードをクリックすると二次的分析が可能
  2. キーワードツール:同じキーワードを競う企業とキーワード検索ボリュームの相対比較が可能
  3. Google Suggest:キーワードツールでは検索ボリュームが数字で表示されないが、Google Suggestでは数的把握が可能
  4. kizasi:ブログウォッチャーなので、今、旬なキーワードを把握することができる
キーワード検索ツールを使う上での課題
 これらのキーワードツールは大変便利なツールだ。これらのツールを使いこなしてゆく上で 次の点が課題となる。
  1. 過去の情報である
  2. 時系列的ヒットボリュームの掲載がない
  3. 検索数は表示されているが、実際にクリックされているかは不明

特に課題なのは、3番目の検索ボリュームの多いキーワードの有効性の評価が課題なのである。
必ずしも、検索ボリュームの多いキーワードが重要なキーワードとはいえないからだ。
われわれは売れるキーワードを知りたい。

有効なキーワードの把握方法の課題
 有効なキーワードを把握するために一番の方法は実売の実績と、アクセスログの丁寧な対比 が一番であるこというまでもない。しかし、それ以外の方法となると見つけるのが難しかった。


有効なキーワードの把握方法

 新たに提案する方法は以下のとおりである。

  1. GoogleもしくはYahooで検索する
  2. 検索後、カーソルを一番下まで下げる
  3. そうすると有効とおぼしき関連検索キーワードが列挙されている

 たとえばGoogleを使って「博士論文」と検索すると関連キーワードとして以下のような語が提示される。

  1. 博士論文 製本 、博士論文 目次
  2. 博士論文 表紙  、 博士論文 印刷
  3. 博士論文 書き方

 これらはビジネスで明らかに役に立つキーワードであることは間違いがないだろう。