2006年11月21日

「秀の心太 プラスティック製突き棒・タレ付セット」モニター募集終了

先日より静岡商工会議所主催、有限会社アイ・リンク・コンサルタント企画・運営のBtoB,BtoC,新商品開発型プロジェクト富士山静岡プロジェクト」に参加している有限会社桜井蒟蒻店さんが、「秀の心太 プラスティック製突き棒・タレ付セット」のモニターを募集していましたが、多くの方々にご応募いただいたことから、モニター募集を締め切らせていただきます。
皆さん、ご協力ありがとうございました。

BtoB専門のコンサルタント・アイリンクコンサルタントがお届けします。

2006年11月16日

スパムサイトにならないために

不自然なキーワード利用にご注意を

 秋ですね、空気が綺麗になって富士山も綺麗にみえるようになってきましたね
問題の提起

 「工具や娘」さんのブログがキーワード 「とりあえずBEER」で検索にかからなくなっています。
 Googleで検索1位は維持しているのですが、Yahooでは圏外になっているようです。

富士山

考察

この問題について私は以下のように考えています。

  1. 更新が不定期に滞る
  2. 同じキーワードが毎日、しかも何回も出現して不自然
  3. いかにブログといえども、あまり関連性のないコンテンツのなかでキーワード使用している
  4. この結果スパムサイトと考えられつつあるのではないか

これに対して私のサイトは「とりあえずBEER」でGoogle 6位、Yahoo 11位と安定しています。 その理由として次のように考えます

  1. 更新は毎日実施している
  2. 同じキーワードは、おなじ記事カテゴリごとに分類して使用している
  3. 関連性のある写真コンテンツや文書コンテンツを固めるように配置している
  4. 同じキーワードを持つコンテンツの
    タグで囲うなど取り扱い基準を明確にしている
  5. h系タグにもキーワードを入れている

皆さんはどのように思われますか?

スパムサイトに気をつけましょう

2006年11月13日

「秀の心太 プラスティック製突き棒・タレ突きセット」モニター募集

有限会社アイ・リンク・コンサルタントが企画、運営、コンサルテーションさせていただいている静岡商工会議所主催の「“売れるものづくりをバックアップ”富士山静岡プロジェクト」(平成18年度中小企業庁認定事業)は、地場産品振興のために、小規模事業者の方々の商品開発や販路開拓を徹底的にバックアップするBtoC,BtoB,新商品開発型プロジェクトです。

このたび、参加企業の有限会社桜井蒟蒻店さんが新商品開発に向けて、モニター募集することになりましたので、皆さん、お手数ですが「秀の心太 プラスティック製突き棒・タレ付セット」のモニターになってください。先着20名です。よろしくお願いします。

秀の心太」は、良質な西伊豆土肥「八木沢産」の天草と南アルプスの雪解け水を源流とする安倍川の清冽な伏流水を汲み上げた地下水を原料とする、心をこめた手作り・無添加無着色の「ところてん」です。

今回のモニター商品は、「ところてん」そのものの風味を極める5種類のタレ(「玄米黒酢スープ」「黒みつ」「わさびドレッシング」「すだち」「ゆず」)にプラスティック製突き棒をつけたバラエティセットです。

ご協力いただける方はE-mail:info@katoken.gr.jpあて次の事項をメール送信願います。

<記載事項>
1.ブログ上の名前(ペンネーム)
2.ブログ名(※ブログを開設されている方のみ、ご記入下さい。)
3.氏名(本名)
4.性別
5.年齢
6.住所(商品のお届け先)
7.電話番号(※基本的にはメール連絡になります。)

<注意事項>
1.商品および送料などの費用負担は、一切ございません。
2.お問合せ窓口は次のとおりです。
   有限会社アイ・リンク・コンサルタント(堺、玉置)
   E-mail:info@katoken.gr.jp (TEL:054-205-3320)
BtoB専門のコンサルタント・アイリンクコンサルタントがお届けします。

2006年11月12日

blogとアンカーテキストリンクの効果について

恐るべしMovable typeのSEO能力

一部のグループによるMovable Typeの研究

一部のグループがMovable TypeのSEO効果を研究している。そのなかで 民宿の方が かに料理に関するブログを書いている。その主力キーワードは次の通りだ。

  1. かに料理
  2. 北近畿
  3. 京丹後
  4. 久美浜
  5. 宿

などである。このキーワード含みでブログを書き続けているのだ。

参考になる評価サイトkizasi

blog評価サイトのひとつにkizasiがある。 このサイトは266万のblogサイトの5千万ページをクロールしてウォッチしているからである。
 そのkizasiのなかで、「かに」で検索してみました。その結果をみてください。 結構、おもしろいことがわかります。kizasiがしっかりと次のようなキーワードを「かに」に対して 共起するキーワードとして認識しているのです。

  1. 京丹後
  2. かに料理
  3. 北近畿
  4. 久美浜
  5. 宿
  6. ジャージー牧場
  7. アイスモナカ
アンカーテキストリンクの有効性

 上下の箇条書きを比べると、ひとつ矛盾に気が付きます。それは、キーワード「かに」と殆ど関連性のない キーワードである「ジャージ牧場」「アイスモナカ」が「かに」と相性のよいキーワードとしてあがっているのです。
 実はこのキーワードは、民宿の方がアンカーテキストで相互リンクしている方(アイス屋さん) に多く 含まれるキーワードだからです。ここからみてもブログ同士のアンカーテクストリンクの有効性が理解できるでしょう。

BtoB専門のコンサルタント・アイリンクコンサルタントがお届けします。

2006年11月 3日

コンテンツの作りこみとSEO対策の相関関係について

キーワード「BtoB」でYahooで3位になりました。

 bigキーワードである「BtoB」で当社サイトのSEO対策 能力を検証してみたくて次のような経過と対策をうちました。

ことの経緯

時期

Google順位

Yahoo順位

備考

05年10月

1位

1位

Yahoo、Googleとも1位です

06年5月

圏外

圏外

スパム行為を行っていないにもかかわらず、いきなり圏外にもってゆかれて驚きました

06年7月

5位

圏外

トップページ下に、「BtoB」関連のコンテンツを増やし、トップページのなかのクローラ の読みやすい位置にアンカーテキストを張りました。

06年7月

5位

5位

2週間遅れでYahooが対応しました。

06年10月

5位

3位

Movable Typeで「BtoB」ブログコンテンツをつくりトップページへリンクを張りました。

実証から得られた成果
  1. titleタグとh1タグ、cssファイルの外部化だけでSEO対策できる時代は終わった
  2. SEO対策するページの下に同じキーワードを持つ下位コンテンツが必要
  3. 上位コンテンツから下位コンテンツへのクローラ誘導の仕組みが必要
  4. 下位コンテンツから上位コンテンツへのアンカーテキストリンクが有効

 要はコンテンツの厚みを作らないと「関連ページ数の増加」が必要ということです。

SEOプロの盲点として

 SEOのプロはなぜ、このような点に着眼しようとしないのでしょうか。察するに、次のような事情があるようにおもわれます。

  1. 上記のようなコンテンツ数を増やす対策にはコンテンツを作りこむ能力が必要
  2. SEO対策のプロにはコンテンツを作りこむ能力を持つものは少なそうだ
  3. 上記のような対策は、多大な労力と、精神的なタフさが必要
  4. これはITの能力と無関係であり、そんな点で、IT技術だけでSEO対策を行おうとするプロには不向きである。

BtoB,SEO専門の アイリンクコンサルタントです。

要はコンテンツの時代なのです