2006年10月30日

Googleが検索を個人仕様に

米国Googleが個人使用のサービス発表

 利用者の好みや嗜好に合わせて検索条件の設定や検索画面が設定できるサービス 「Googleカスタム・サーチエンジン」を無料で提供することを発表した。
 まだ詳細は不明だが、おそらく将来のGoogle検索はこうなると思う。

  1. 検索スパムサイトは意味をなくする可能性が高い
  2. 検索者の詳細なニーズを深く追求した検索キーワード選択の必要性が高まる
  3. ロングテールキーワードの研究が進む
  4. そのためにGoogle suggestのようなサイトの研究が必要である
  5. しかし、基本を重視したSEO対策の維持も必要と思われる

 一般的なSEOは姿を消し、マーケティングに深く根ざした、SEO対策が必要になるだろう。  google suggestは 検索者の検索特性や嗜好を理解するのに最高のサイトである。

Google suggestは、キーワードアドバイスツールを上回るか

2006年10月29日

Web階層とSEOの最適化について

CSSによる最適化の落とし穴

 いま、明日の仕事のために、土曜日ですが、甲府のビジネスホテルに います。皆さんから大変ですといわれますけれど、自分の仕事が認められ 幸せな人生です。

秋田の秋です

秋田の秋です:秋田は既に、10月中旬にして冬の装いです。紅葉も終わりに近いですね。

あるネット店長Aさんの悩み

 この方は、SEO上の次のような悩みを持っています。

  1. cssの外部ファイル化を実施している
  2. tableタグを使わない、Webを構築している
  3. SEOチェックツールでも高得点
  4. しかし、Yahooでは上位検索されない

 処々、検討したのですがスパムと認定される要素がありません。むしろ、googleで「偏光サングラス」で 1位ですから。数人で検証した結果、次のような結論に達したのです。

  1. 第三階層が薄いのではないか
  2. 検索エンジンはcssで最適化しているWebをSEO対策しているWebと認知している のではないか
  3. SEO最適化しているWebはピラミッド型の構造が望ましいとクローラは考えているのでないか
  4. ここでピラミッド構造とはディレクトリ構造をさすのではなく、クローラが第三階層と認知する Webのことをさしているのではないか

私のWebは第一階層が1ページ、第二階層が50ページ程度、第三階層が数百ページあります。したがって、Yahoo,Google 満遍なくかかります。一般にSEOのプロは次のように考えるでしょう。その事情を検索エンジンは良く知っているのではないでしょうか。

  1. 1枚のWebでSEO最適化を完了したい
  2. SEO最適化のために多大なサイト運用努力を払いたくない
  3. 階層を深くすると客動線が深くなるので敬遠される
  4. 階層を深くするとページランクが下がるので敬遠される

BtoB,SEO専門の アイリンクコンサルタント

2006年10月28日

新商品開発の富士山しずおかプロジェクト Vo.1

藍ちゃんママのおいしい桜海老召し上がれ!

 静岡商工会議所はいま、地場産品振興のため、富士山しずおかプロジェクトを 主催しています。有限会社アイリンクコンサルタントは企画、運営、コンサルテーションを 一貫して行い。静岡商工会議所を支援させていただいております。

今回は、われわれのブログ仲間である、タキシタさんの登場です。タキシタさんは 静岡市用宗で、海産物の加工を行っている方です。イカの加工が特に得意で、その他にも 桜海老、生シラスも扱っています。ちなみにブログは藍ちゃんママの駿河湾日記です。  私は、この方の商品はBtoB,BtoCどちらでも有望と思っているのです。それではタキシタさんの新製品をご紹介しましょう。

桜海老かき揚げ

桜海老かき揚げ:惜しかった、作りたてをいただくべきでした。濃厚な海老の味がいたします。箸でつまんで。

塩でいただく

塩でいただく:おいしい天麩羅は塩でいただくのが、通(ツウ)というものです。おいしい塩の写真を撮らせていただきました。

夕飯前に、おいしいものをいただいてしまいました

2006年10月24日

SEOの最新の傾向

SEO最近の動向

2006年も10月後半になりました。季節の移ろいも早いものです。今、秋田県にいてIT研修中なのですけれど、 秋田は雨で紅葉も終わりに近いです。

秋田の枯葉

最近のSEO(Search Engine Optimizing)、「検索の最適化のこと」なのですが、動向を「仮説」として整理してみました。皆さん、どう思われますでしょうか。

  1. Wikipediaのような辞書型Webを好む
  2. 更新、blog pingなどのトラフィックの多いwebを好む
  3. XML濃度の濃いWebを好む
  4. ピラミッド型の階層をもつWebを好む

2006年10月21日

BtoCとBtoBとの業態の違いについて

BtoCとは

BtoC(Business to Consumer)のことです。つまり対消費者取引のことです。 わかりやすく言うとネットショップのことです。私の仲間には、新潟に「眼鏡のまつい」さんという方がいて、その方はネットで偏光サングラスに特化したWebをつくられています。
 これに対して「お局様のビジネスマナー講座」というブログは、企業向け研修を誘引するブログですから、BtoB(対事業者取引といえるでしょう)

2006年10月20日

BtoCコンサルテーションの難しさ

BtoC専門家としての考察=BtoCコンサルの難しさ=

 BtoCというと、楽天やYahooショッピングが有名ですが、中小企業診断士の自分としては小規模商店の売上活性化に寄与したい ところです。しかし、BtoBよりも普及が難しいような気がします。その要因を次のように分析しています
  1. SEO(Search Engine Optimizing)の競合相手が多い
  2. SEM用キーワードの高騰
  3. アイキャッチ画像の撮影センス
  4. サイト内客動線の作りこみの必要性
  5. アイキャッチコピーの作りこみ
 特にSEOとアイキャッチや客動線は互いにトレードオフの関係にあって、SEOを重視するとサイトのデザイン性が崩れるなど 問題も発生しやすくなるので、今後の研究が必要ですね
 BtoCといえばわれわれの仲間であるマンシング ・ ルコック等ゴルフウエアの水口屋 も山梨県で頑張っておられます。昨年の韮崎市商工会の経営革新講座に参加するなどして、サイトの研究を繰り返し継続ています。
 現在では、Movable Typeのブログ網をSNS(Social Networking System)的に使い、BtoCの仲間と共同研究をしているところです。
 こんなミニ知識を含めて、BtoCに関連する内容を少しずつお届けいたします。

2006年10月15日

製造業の工業出荷額について

BtoB専門家としての考察=工業出荷額と経済規模=

 経済規模を評価する指標として、工業出荷額があります。静岡の場合は、16兆円程度です。お隣の山梨県が2兆円、私の良く行く高知県が5400億円ですから、たいした金額です。
 工業出荷額ベースで静岡県を考えた場合、独立国とみなすと世界で23位だそうで、ちなみにシンガポールが僅差で22位なので、シンガポール1国と等価な経済規模の県ということになりそうです。
 工業出荷額ベースといえば、トロサーモンなど海鮮グルメ専門店 タキシタ㈱などは静岡の食料品製造業といえますね。静岡の食料品製造業の工業出荷額は1兆570億円です。また 、新潟県になりますが新潟ラーメン販売のオーモリラーメンも工場があるから製造業かもしれませんね。
 工業出荷額のなかで特に大きいのが輸送機器製造業で4兆7000億円の規模を誇っています。たしかにバイクのヤマハ、ヤマハ発動機、ホンダ、日産系の子会社、トヨタ系の小糸製作所など有名企業が目白押しです。
 こんなミニ知識を含めて、BtoBに関連する内容を少しずつお届けいたします。

2006年10月10日

BtoBの有利性

BtoBの有利性はいうまでもなく市場の大きさです

なぜなら、BtoBは、2004年の統計によると120兆円の市場規模を持っているからです。

これはBtoCの8兆円を大きく上回ります

2006年10月 4日

BtoCの促進のための画像写真

画像加工ソフトを使って女性の写真の加工をしました

画像加工ソフトJTRIMを使います。
BtoC(Business to Consumer:対消費者取引)を促進するためには 写真画像が命です。女将の優しさを表現しました。
どうでしょうか。

061004okami.jpg

阿賀野市・村杉温泉の割烹旅館室町の美人女将にモデルなっていただきました。
ご協力ありがとうございます。がんばってみてください

 JTRIMの加工>ソフトレンズ処理を利用してみました

2006年10月 3日

BtoB(Business to Business)の基礎知識

BtoBとは

 BtoBとはBtoB(Business to Business)のことです。これを日本語訳すると、対事業者取引と訳されます。
 多くは、製造業をイメージされる方も多いでしょうが、製造業のみならず、卸売業、教育産業、コンサルタント(中小企業診断士)などのサムライ業などもこれに当てはまります。

e-comの発表によると2004年ベースでのBtoBの総額は102兆円だそうで、2004年ベースで5兆数千億円のBtoCに比べて20倍程度の市場の大きさになっています。

さぬき名物:地場産品の手ぬぐいです
さぬき名物:地場産品の手ぬぐいです

1996年から一貫して「中小企業のBtoBを応援する」
有限会社 アイ・リンク・コンサルタント